*

パタヤタイのクイジャップユアンは40バーツで豚骨、手羽先、うずら卵入り

公開日: : グルメレポート


またしても、クイジャップユアンを取り上げる。
クイジャップユアンとは、うどんのような米麺を使ったベトナム風ヌードルスープのことね。
はたしてこれで何度目か。
個人的な嗜好だが、普通の米麺のクイティアオよりクイジャップユアンのほうが好きなもんで、クイジャップユアン屋台を見かけると食べずにはいられないのである。
ベトナムから遠く離れたパタヤだが、意外とクイジャップユアン屋って多いんだよね。

SPONSOR LINK

クイジャップユアン屋台

今回の屋台は、パタヤタイのトゥッコム先のロータリーあたりに見つけた。

Vietnamese pork noodle soup (1)

青いテントみたいな屋根が張ってあるところね。
Vietnamese pork noodle soup (7)

屋台外観
Vietnamese pork noodle soup (6)

典型的なタイの屋台食堂ですな。
のぼりには、Vietnamese Pork Rice Noodleと英語で書いてある。間違いなく、クイジャップユアン。

「クイジャップ」とだけオーダーしても通じる。

Vietnamese pork noodle soup (2)

テーブルで待つ。どうやら、この屋台の上の建物はゲストハウスになっている模様で、長期滞在系のファラングループがコーヒーのみながら、だべっている。
あとは、バイタクの運転手やら近所で働くタイ人が集まってくる。

クイジャップユアン到着。

Vietnamese pork noodle soup (3)

典型的なクイジャップユアンですな。

細い米麺、とろみのあるスープ。
血のゼリー、ムーヨー(豚ソーセージ)、薬味の野菜。

まず返すと、いろいろ出てきた。

Vietnamese pork noodle soup (4)

あばら部分とおぼしき豚骨、ふにゃふにゃになるまで煮込まれた手羽先、それにうずら卵。

大きな豚骨はクイジャップユアンの定番。手羽先はやや珍しいか。
どちらも骨が多くて、可食部分は少なめ。肉を食べるというよりは、しゃぶりついてエキスを吸い取るべし。
うずらの卵(カイノッククラター)が、ちょっとうれしい。

スープの味は、いたって普通のクイジャップユアン。化学調理料満載感は否めないが、そんなものタイ全土の屋台でも同じこと。
麺のもっちり感は並。量はちょっと少ないかも。
晩飯としてより、お昼に軽く食べるのに向いているかな。

これで40バーツ。
移動式屋台でない食堂タイプで40バーツは安いほう。
他の店はおおむね50バーツするんで。

Vietnamese pork noodle soup (5)

他には、カオカームー(Rice stewed pork leg)も置いてある。
さらに、気になるのが、Boiled pork bloodというやつ。血をかためたゼリーにたれをかけて食べるみたい。ちょっと強烈そうな料理だなあ。

昼過ぎには、カオカームーがほぼなくなっていた。
クイジャップユアンはもう少し余裕がありそう。
訪れるなら、正午前後にどうぞ。

正直なところ、そこまで美味しいと言えるクイジャップユアンでもないんで、たまたま近所へ用事があった時に寄り道する程度でいいかな。
ただ、昼間からパタヤ中心部でバイクも使わず気軽にクイジャップユアンを食べられる屋台は貴重かも。夜になるとサードロードやパタヤタイ通りの奥のほうなんかでクイジャップユアンは何軒も営業しているが。

地図

トゥッコムから歩いて2,3分。

ロータリーの斜め向かい側には、最近改築を終えたホテル「ザ グランド デイ ナイト (The Grand Day Night)」が建っている。
以前はぼろぼろだった外見がかなり綺麗になっている。

The Grand Day Night Hotel (1)

The Grand Day Night Hotel (2)

Agodaの写真を見るかぎり、部屋も綺麗になっていそうな雰囲気。
33平米の部屋、朝食付きで1150バーツほど。

トゥッコム至近でソイブッカオもウォーキングストリートも徒歩圏内。周囲にローカル屋台多数。
かなり便利な立地。ようやくホテル予約サイトでも取り扱いが始まった。

Aogdaでザ グランド デイ ナイト (The Grand Day Night)をチェック

 

このホテル名が由来だと思うが、このあたりのソイをSoi Day Nightとか言ったりする。ま、トゥッコム近くと覚えておけばいいでしょう。

SPONSOR LINK

関連記事

Steak chogun (4)

サードロードの新しいステーキ屋、Steak Chogunは49バーツから

パタヤ・サードロードに新しいステーキ屋がオープンしている。 おそらく以前は普通のタイ料理レスト

記事を読む

イーノENO (1)

タイのコンビニで買える胃腸薬、ENO FRUIT SALT(イーノフルーツソルト)は6秒で効く?

調味料が多く、油っこいタイ料理は胃腸に負担がかかるもの。 さらに連日連夜飲み歩きしていると、さ

記事を読む

kebab-soi-lengkee-2

ソイレンキーの新しいトルコケバブ屋。チキンサンドイッチがおすすめ。

ソイダイアナからソイレンキーにかけては、ケバブ屋台が乱立しており、さながらケバブ銀座の様相を呈し

記事を読む

ブッカオ名無し食堂のガパオムー

【定点観測】ブッカオ名無し食堂のガパオムーサップ

ソイブッカオの中ほど、LKメトロ近くにある食堂。 毎度おなじみブッカオの名無し食堂だ。

記事を読む

ブッカオ常設市場のナムトックムー (2)

ブッカオ常設市場のナムトックムー屋台

ソイブッカオ北側にある、ブッカオ市場。 ブッカオとパタヤタイ交差点近くに火曜日と金曜日限定で開

記事を読む

モーファイ (1)

タイ料理のモーファイ(火鍋)は、大盛りの激辛トムヤムラーメンだった

以前、ワンタンスープで紹介したサードロードの屋台。 ここの売りは、モーファイ(火鍋)のようなん

記事を読む

ドリーステーキフィッシュステーキ (1)

(閉店)ソイユメの新しいステーキ屋でドリーフィッシュステーキを食べる。79バーツ。

ここしばらくマイブームとなっているパタヤのローカルステーキ屋探し。 いやあ、60バーツほどでス

記事を読む

MALEE3マリーレストラン (1)

MALEEレストランの日替わり99バーツセット。ソイレンキーに新MALEEオープン。

MALEE(マリー)は、パタヤで数店舗展開しているレストラン&ゲストハウス。 今回訪れたのは、

記事を読む

tuktuk-noodle-soup-2

トゥクトゥク屋台のクイジャップユアンを年越しうどんがわりにした

年が明けても、年越しそばは食べられずじまい。 いや、関西人のわたしとしては、そばよりもうどんが

記事を読む

nana-burger-bangkok-2

今さらながら、あえてナナバーガーを食べる

ナナバーガー。 熱心なバンコクリピーターには説明不要。 ナナプラザ愛好家には言わずもがな。

記事を読む

アドステア

アドステア

丸亀製麺パタヤ店 (6)
パタヤの丸亀製麺Express実食レポート、ぶっかけうどんとカツ丼とカレーライス

パタヤに誕生した丸亀製麺。 7月7日にオープンしたばかり

Image
TG・タイ国際航空がバンコク行き往復33,000円のタイムセール中

タイ国際航空(TG)がタイムセール中です。 TGア

Chonburi Department Of Land Transportation Banglamung (1)
パタヤでタイの運転免許証を取得してきた。2017年最新情報。

昨日のこと、パタヤの陸運局でタイの運転免許証を無事に取得してきた。

Pattaya immigration (4)
【2017年7月最新情報】タイの居住証明書の取得方法。パタヤイミグレーション。

タイの居住証明書をパタヤのイミグレーションで無事に取得してきた。

Jasmine coffee and restaurant (12)
サードロードのカフェ、JASMINE COFFEE & Restaurant。ブレックファーストもあるよ。

サードロードのソイ19入口にあるカフェ、JASMINE COFEE

→もっと見る


PAGE TOP ↑