*

あひる肉のせラーメン、バミーヘンペット。パタヤタイのトゥッコム裏手。

公開日: : グルメレポート


パタヤタイのトゥッコム裏手を歩いていると、店先にぶら下がったアヒルたちを見つけた。

roast-duck-dry-noodle-9

こんがりと焼けていて、実にうまそうだ。
ふらふらと引き寄せられるように店内へ。まあ、店というより、普通の屋台ですが。

厨房ガラスケースの裏手にまわりこんで、あひるさんたちを間近で見物。

roast-duck-dry-noodle-8

首をシメられ、だらりと垂れ下がったボディ。
うーん、うまそう。食べるって残酷だけど、人間、生きなきゃね。

SPONSOR LINK

バミーヘンペット

店頭のメニューがこちら
roast-duck-dry-noodle-7

アヒル肉が乗ったクイティアオかどんぶり飯が基本。

注文は、「バミーヘンペット」と告げてみた。

バミー=中華麺
ヘン=乾いている。汁なしのこと。
ペット=あひる

つまり、あひる肉乗せ汁なしラーメンとなる。英語なら、Roast Duck Dry Noodleか。

あひる(Duck)は、タイ語でペット。
辛いの「ペット」とはもちろん発音が違う。
まあ、あひる専門店だし、てきとーな発音で通じるでしょう。
実際、わたしは通じた。それでいい。

お世辞にもきれいとは言い難いテーブルに座って到着を待つ。

roast-duck-dry-noodle-3

おじさんとおばさんのタッグチームが熱心に調理。おじさんがかわいいあひるをぶった斬り、おばさんが麺を茹でている。

はい、到着
roast-duck-dry-noodle-4

なかなかの迫力ではないか。
別容器のスープも量が多いなあ。

roast-duck-dry-noodle-5

あひるの肉もたっぷり乗っている。やっぱり、うまそうだなあ。
実際、うまかった。肉が柔らかくて、うまみがある。癖はまったくない。
あひるの肉と聞くとちょっと敬遠してしまいそうだが、北京ダックや合鴨のステーキだと思えば、急に高級そうなイメージに変化。
ものは言いようだ。
そもそも、アヒルと鴨は生物学的には同じものだし。英語ではどちらもDuck。
そんな理屈はどうでもよくて、とにかくアヒル肉はうまい。

麺も多い。
汁なし麺ではあるけれど、実際には、どんぶりの底にタレが入っている。

roast-duck-dry-noodle-6

一見、濃厚で辛そうにみえるけど、食べてみると意外とあっさりしている。思ったよりも食べやすい。といっても、それなりに甘辛いし、麺によく絡むんで、口の中はベトベトになりがち。バミーヘンペットあるある、1個だけありました。
そんな時は、付け合せのスープでさっぱりさせましょう。カオマンガイのスープと同じようなやつです。

これだけの量で40バーツ。
素晴らしい。

地図

見たまんまです。トゥッコムの裏手です。

TUKCOM1
トゥッコム東側(正面から見て左手)のソイを入っていく。
ファミリーマートの角を少しだけ路地に入ったところ。ファミマの向かい側。

roast-duck-dry-noodle-1

ファミマのすぐ横には何でも料理屋台があって、いつも客でにぎわっている。

パタヤタイのこのあたりは、ローカル向けの屋台や食堂が多数出ている。
まだまだ安くてうまい料理が眠っていそうだ。順次発掘していこう。

なお、あひる肉のバミーを一番気軽に食べるなら、フードコートに行くこと。
セントラルフェスティバル地下フードコートにも置いてある。

でも、このパタヤタイのバミーペットのほうが、間違いなく味も量も上。値段も安い。
ぜひとも、パタヤタイへどうぞ。
営業時間は不明。まあ、昼間に行けば大丈夫でしょう。
おいしいアヒルさんに会いに行きましょう。

SPONSOR LINK

関連記事

ソイダイアナのギンジェー屋台 (3)

パタヤのギンジェー。ソイダイアナの仮設テント販売所で揚げ豆腐と焼きそばを食べてみた。

ギンジェー 現在、タイはギンジェーの真っ最中。 黄色に「齊」の漢字が目印。

記事を読む

49b-steak-5

ソイブッカオの新しいステーキ屋は49バーツから

ソイブッカオの南側に新しいステーキ屋の看板が上がっていた。 たしかに49バーツと書

記事を読む

ドランクンダックの99バーツブレックファースト (2)

ソイLKメトロのDrunken Duckの朝食は、ビッグサイズで99バーツ

たまに、がっつりと朝食が食べたくなる時がある。それもタイ料理の朝食ではなくて、洋食系、特にイング

記事を読む

ハーバーパタヤKFC (1)

ハーバーパタヤのKFCはお得。セット90バーツ、BOX99バーツ。あと十勝豚丼のチョコカレー。

タイの外資系ファストフードといえば、KFC(ケンタッキー・フライド・チキン)かマクドナルドだろう

記事を読む

ヤム屋台 (1)

タイのサラダはヤム。屋台のヤムタレーは具材がよりどりみどり。

タイでは、あまりサラダを食べない。ここでいうサラダとは、日本や欧米で普通に食べられている新鮮な生

記事を読む

カオカームー (3)

ワットチャイ向かい側の屋台群でカオカームーを食べる。とろとろの豚足がうまい。

ワットチャイ前屋台通り 夜になると、パタヤタイ通りの路上で営業を開始する屋台群がある。

記事を読む

チムチュム2

パタヤの中心部でチムチュム

チムチュム チムチュムとは、イサーン地方の鍋料理のこと。 日本では、タイ風ハーブ鍋と呼ば

記事を読む

ヌアヤーン

カオトムプラジャンバンのヌアヤーンがうまい。ヤムプーマーやクンパオもいける。

パタヤカンのフードランド斜め向かい側にあるレストラン、カオトムプラジャンバン。

記事を読む

ソイ6食堂 (1)

ソイ6のど真ん中にあるローカル食堂

パタヤビーチロードソイ6といえば、とてつもなくいかがわしい通りである。 普通の観光客が

記事を読む

豚のトン焼 (1)

ししゃもフライと豚のタン。ミミガーも買えるよ@ブッカオ常設市場。

庶民の台所といえば、市場(タラート)。 パタヤの中心部では、パタヤタイのワットチャイモンコン向

記事を読む

アドステア

アドステア

Bachelor (2)
【LKメトロ】カオスは混沌、レディラブは盛況、バチェラーは門職人

先週訪問したLKメトロのゴーゴーバー3軒のレポート。 一週間で3軒だ

no image
ザ LD ブティック宿泊レポート。サードロードなら新築で広い部屋のホテルが700バーツ。

Agodaのパタヤのホテル地図をチェックしていると、見慣れぬホテル

Drinking street
ノースパタヤで軽くバービアめぐり。ドリンキングストリートとソイ3バービア群。

沈没日記4 友人二人はパタヤ4日目。 3日目の昨晩、初パタヤの

D Xpress apartment (9)
ソイブッカオ近くのサービスアパート、D エクスプレス アパートメント宿泊レポート。屋上プール付き!

ソイブッカオとサードロードの間にあるサービスアパートメントに泊まっ

Prajanban foods (12)
カオトムプラジャンバンは、いつも安定したおいしさ。カエルも食べてみたよ。

日本から友人がパタヤへ遊びに来たら、必ず立ち寄るタイ料理レストラン

→もっと見る

PAGE TOP ↑