*

あひる肉のせラーメン、バミーヘンペット。パタヤタイのトゥッコム裏手。

公開日: : グルメレポート


パタヤタイのトゥッコム裏手を歩いていると、店先にぶら下がったアヒルたちを見つけた。

roast-duck-dry-noodle-9

こんがりと焼けていて、実にうまそうだ。
ふらふらと引き寄せられるように店内へ。まあ、店というより、普通の屋台ですが。

厨房ガラスケースの裏手にまわりこんで、あひるさんたちを間近で見物。

roast-duck-dry-noodle-8

首をシメられ、だらりと垂れ下がったボディ。
うーん、うまそう。食べるって残酷だけど、人間、生きなきゃね。

SPONSOR LINK

バミーヘンペット

店頭のメニューがこちら
roast-duck-dry-noodle-7

アヒル肉が乗ったクイティアオかどんぶり飯が基本。

注文は、「バミーヘンペット」と告げてみた。

バミー=中華麺
ヘン=乾いている。汁なしのこと。
ペット=あひる

つまり、あひる肉乗せ汁なしラーメンとなる。英語なら、Roast Duck Dry Noodleか。

あひる(Duck)は、タイ語でペット。
辛いの「ペット」とはもちろん発音が違う。
まあ、あひる専門店だし、てきとーな発音で通じるでしょう。
実際、わたしは通じた。それでいい。

お世辞にもきれいとは言い難いテーブルに座って到着を待つ。

roast-duck-dry-noodle-3

おじさんとおばさんのタッグチームが熱心に調理。おじさんがかわいいあひるをぶった斬り、おばさんが麺を茹でている。

はい、到着
roast-duck-dry-noodle-4

なかなかの迫力ではないか。
別容器のスープも量が多いなあ。

roast-duck-dry-noodle-5

あひるの肉もたっぷり乗っている。やっぱり、うまそうだなあ。
実際、うまかった。肉が柔らかくて、うまみがある。癖はまったくない。
あひるの肉と聞くとちょっと敬遠してしまいそうだが、北京ダックや合鴨のステーキだと思えば、急に高級そうなイメージに変化。
ものは言いようだ。
そもそも、アヒルと鴨は生物学的には同じものだし。英語ではどちらもDuck。
そんな理屈はどうでもよくて、とにかくアヒル肉はうまい。

麺も多い。
汁なし麺ではあるけれど、実際には、どんぶりの底にタレが入っている。

roast-duck-dry-noodle-6

一見、濃厚で辛そうにみえるけど、食べてみると意外とあっさりしている。思ったよりも食べやすい。といっても、それなりに甘辛いし、麺によく絡むんで、口の中はベトベトになりがち。バミーヘンペットあるある、1個だけありました。
そんな時は、付け合せのスープでさっぱりさせましょう。カオマンガイのスープと同じようなやつです。

これだけの量で40バーツ。
素晴らしい。

地図

見たまんまです。トゥッコムの裏手です。

TUKCOM1
トゥッコム東側(正面から見て左手)のソイを入っていく。
ファミリーマートの角を少しだけ路地に入ったところ。ファミマの向かい側。

roast-duck-dry-noodle-1

ファミマのすぐ横には何でも料理屋台があって、いつも客でにぎわっている。

パタヤタイのこのあたりは、ローカル向けの屋台や食堂が多数出ている。
まだまだ安くてうまい料理が眠っていそうだ。順次発掘していこう。

なお、あひる肉のバミーを一番気軽に食べるなら、フードコートに行くこと。
セントラルフェスティバル地下フードコートにも置いてある。

でも、このパタヤタイのバミーペットのほうが、間違いなく味も量も上。値段も安い。
ぜひとも、パタヤタイへどうぞ。
営業時間は不明。まあ、昼間に行けば大丈夫でしょう。
おいしいアヒルさんに会いに行きましょう。

SPONSOR LINK

関連記事

tammourタムモア@ハーバーパタヤ (3)

綺麗で安いイサーン料理レストラン、タムモア(TUM MOUR)の手羽唐揚げとソムタムがおいしかった@ハーバーパタヤ

日本から来た友人二人をハーバーパタヤへご案内。 あまりローカル過ぎるタイフードは苦

記事を読む

vietnam-noodle-soup-kuijap-4

腓骨と鶏足入りクイジャップユアンは、デカいどんぶりで50バーツ@パタヤサードロード

クイジャップユアンとは、ベトナム式の米麺を使った麺料理のこと。フォーとは違う。 ラオスでは

記事を読む

アンヘレスSMデパートフードコート (12)

【アンヘレスの食事処】SMデパートのフードコードは使い勝手良し

今回のアンヘレス滞在で2回通ったのが、SMと呼ばれる大型ショッピングモールのフードコードだ。

記事を読む

フーターズパタヤフードメニュー (3)

フーターズパタヤ店(Hooters Pattaya)を訪問してみた

2016年1月16日に無事にグランドオープンを迎えたフーターズ・パタヤ店。 突貫工事が心配されたが

記事を読む

ジョムティエンナイトマーケット (2)

ジョムティエンのナイトマーケットは、シーフードからファラン飯まで何でも揃う屋台街

ジョムティエンのビーチロードを走行していると、ナイトマーケットに遭遇した。 こんな場所があった

記事を読む

ペルシャ料理屋の40バーツケバブ

ブッカオにあるペルシャ料理屋の40バーツケバブサンドを食べてみた。肉もパンもうまし。

少し前にソイブッカオにオープンしたばかりのペルシャ料理のお店。 ケバブ40バーツの看板が上

記事を読む

chiangmai-restaurant-pattaya-8

パタヤのチェンマイ料理レストランでカオソーイを食べる。あと、深夜食堂とたこ焼き情報。

パタヤでカオソーイを食べるシリーズ第3段。 今回は正統派のチェンマイ料理レストランへ。

記事を読む

イサーン屋台 ラーブムー(3)

ラーブムー。ソイレンキー入り口のイサーン屋台がうまい。

ナムトックムーにつづいて、イサーン料理のご紹介。 今回は、ラーブムー。 ラー

記事を読む

バミーナム1

ブッカオのおすすめバミーとカオムーデーン屋台

バミーナム ブッカオの南端近くにある屋台のバミー。 焼き豚(ムーデーン)とワ

記事を読む

ハーバーパタヤ (27)

ハーバーパタヤは、パタヤの新ショッピングモール。マックスバリュもあるよ。

パタヤカン沿いに新しくオープンした大型ショッピングモール、ハーバーパタヤを訪問してきた。 地下

記事を読む

アドステア

アドステア

walking-street-201612
2016年12月タイ、バンコク・パタヤ夜遊びスポットの現状

ここ数日間、バンコクとパタヤの夜遊びの現状を調査してきた。 国王

pattaya
約100日のアジア周遊旅行とパタヤ沈没生活の出費報告書

香港からスタートして、パタヤ沈没でゴールした今回の旅行。 全日程

nana-to-donmuang-airport-4
日本帰国と3ヶ月に渡る長期海外旅行の振り返り。そしてまたパタヤへ。

沈没日記36最終回 帰国日である。 エアアジア便で日本

magic-food-park-donmuang-airport-5
ドンムアン空港第3のフードコート、MAGIC FOOD PARK。

なにかと物価の高いドンムアン空港にあって安い食事どころといえば、マ

therme-cafe
テーメーカフェでさくっと連れ出してタイの最後を締めくくる

沈没日記35 バンコクのホテルにチェックインを済ませて、スクンビ

→もっと見る

PAGE TOP ↑