*

あひる肉のせラーメン、バミーヘンペット。パタヤタイのトゥッコム裏手。

公開日: : グルメレポート


パタヤタイのトゥッコム裏手を歩いていると、店先にぶら下がったアヒルたちを見つけた。

roast-duck-dry-noodle-9

こんがりと焼けていて、実にうまそうだ。
ふらふらと引き寄せられるように店内へ。まあ、店というより、普通の屋台ですが。

厨房ガラスケースの裏手にまわりこんで、あひるさんたちを間近で見物。

roast-duck-dry-noodle-8

首をシメられ、だらりと垂れ下がったボディ。
うーん、うまそう。食べるって残酷だけど、人間、生きなきゃね。

SPONSOR LINK

バミーヘンペット

店頭のメニューがこちら
roast-duck-dry-noodle-7

アヒル肉が乗ったクイティアオかどんぶり飯が基本。

注文は、「バミーヘンペット」と告げてみた。

バミー=中華麺
ヘン=乾いている。汁なしのこと。
ペット=あひる

つまり、あひる肉乗せ汁なしラーメンとなる。英語なら、Roast Duck Dry Noodleか。

あひる(Duck)は、タイ語でペット。
辛いの「ペット」とはもちろん発音が違う。
まあ、あひる専門店だし、てきとーな発音で通じるでしょう。
実際、わたしは通じた。それでいい。

お世辞にもきれいとは言い難いテーブルに座って到着を待つ。

roast-duck-dry-noodle-3

おじさんとおばさんのタッグチームが熱心に調理。おじさんがかわいいあひるをぶった斬り、おばさんが麺を茹でている。

はい、到着
roast-duck-dry-noodle-4

なかなかの迫力ではないか。
別容器のスープも量が多いなあ。

roast-duck-dry-noodle-5

あひるの肉もたっぷり乗っている。やっぱり、うまそうだなあ。
実際、うまかった。肉が柔らかくて、うまみがある。癖はまったくない。
あひるの肉と聞くとちょっと敬遠してしまいそうだが、北京ダックや合鴨のステーキだと思えば、急に高級そうなイメージに変化。
ものは言いようだ。
そもそも、アヒルと鴨は生物学的には同じものだし。英語ではどちらもDuck。
そんな理屈はどうでもよくて、とにかくアヒル肉はうまい。

麺も多い。
汁なし麺ではあるけれど、実際には、どんぶりの底にタレが入っている。

roast-duck-dry-noodle-6

一見、濃厚で辛そうにみえるけど、食べてみると意外とあっさりしている。思ったよりも食べやすい。といっても、それなりに甘辛いし、麺によく絡むんで、口の中はベトベトになりがち。バミーヘンペットあるある、1個だけありました。
そんな時は、付け合せのスープでさっぱりさせましょう。カオマンガイのスープと同じようなやつです。

これだけの量で40バーツ。
素晴らしい。

地図

見たまんまです。トゥッコムの裏手です。

TUKCOM1
トゥッコム東側(正面から見て左手)のソイを入っていく。
ファミリーマートの角を少しだけ路地に入ったところ。ファミマの向かい側。

roast-duck-dry-noodle-1

ファミマのすぐ横には何でも料理屋台があって、いつも客でにぎわっている。

パタヤタイのこのあたりは、ローカル向けの屋台や食堂が多数出ている。
まだまだ安くてうまい料理が眠っていそうだ。順次発掘していこう。

なお、あひる肉のバミーを一番気軽に食べるなら、フードコートに行くこと。
セントラルフェスティバル地下フードコートにも置いてある。

でも、このパタヤタイのバミーペットのほうが、間違いなく味も量も上。値段も安い。
ぜひとも、パタヤタイへどうぞ。
営業時間は不明。まあ、昼間に行けば大丈夫でしょう。
おいしいアヒルさんに会いに行きましょう。

SPONSOR LINK

関連記事

thips-cafe-8

カイガタもあるよ。Thip’s cafeのブレックファースト。クラブサンドイッチもどうぞ。

パタヤカンとサードロード交差点にあるThip'S Cafe。 パタヤでは老舗の部類の入

記事を読む

コンビニの缶コーヒー (2)

タイの缶コーヒー11種類飲み比べ。ナンバーワンはDAOコーヒー。

コーヒーが好きだ。 カフェで飲む本格的なコーヒーもいい。 タイの屋台で売っている甘っ

記事を読む

LEELAカフェ (4)

サードロードのオシャレかつ気軽なカフェ、Leela Coffee&Restaurant

パタヤのカフェシリーズ。 今回紹介するのは、サードロードにあるLee La Coffee &a

記事を読む

khao-soi-pattaya-third-road-11

サードロードのカオソーイ食堂「ルアンカオプン」に、日本語看板とメニューができていた。マッサマンカレーもおいしいよ。

以前紹介したサードロードのカオソーイ食堂。 カオソーイもうまいし、カイジアオ定食も

記事を読む

蓮の実 (1)

珍味?タイの屋台で売られている蓮の実を生で食べてみた。パックブア。

タイでは、いろんな野菜や果物が屋台で売られている。 トラックに満載された果物が売られていること

記事を読む

RETOXGAMEONブレックファースト (3)

RETOX GAME ON@ソイハニーのブレックファースト95バーツ。肉厚ベーコンと本格的ソーセージがうまい。

パタヤのファランな朝食シリーズ RETOXは、ソイレンキーにあるスポーツバーだ。 ここの

記事を読む

バミーナンファーのシーフードトムヤムママー (3)

シーフードトムヤムクイティアオの新店、バミーナンファー(天使のバミー)

サードロードに新しいバミーの店ができていた。 どうやら、海鮮トムヤムスープが売りの

記事を読む

ぶっかけ飯屋1

長期貧乏滞在者の強い味方。ブッカオ市場のぶっかけ飯屋。

【ブッカオの市場】 タイ語で市場はタラートという。 ソイブッカオには大きな市場が2つある

記事を読む

スルメ屋台 (1)

【まとめ】タイ屋台料理・おつまみ編。タイ語や注文の仕方も。

タイと言えば、屋台料理。 安くてうまいB級グルメの宝庫だ。 その中でも、酒のアテや肴としても

記事を読む

カオカームー (2)

サードロードの中華屋台でカオカームー。豚の豚足煮込みご飯。

以前から少し気になっていたサードロードにある屋台。 大きな中華スタイルの寸胴が置い

記事を読む

アドステア

アドステア

Walking street 201704 Palace
GW直前のウォーキングストリート日本人向け人気ゴーゴーバーめぐり。パレスオープニングから全部で7軒。

ゴールデンウイーク特別企画と称して、昨日木曜日の晩にウォーキングストリ

LK metro (1)
GW直前のパタヤ。ソイLKメトロのゴーゴーバーめぐり。

いよいよゴールデンウイークが目前。 少しずつだが、パタヤにも日本人の

Bar beer
父親のバービアで息子がペイバー。ファラン親子のバービア物語。

沈没日記2 パタヤ2日目。 食事はソイニュープラザで 昼飯は

Bakadin (13)
バーカディンは、パタヤタイのムーガタとチムチュムとイサーン料理の店。1と2があるよ。

パタヤタイにあるムーガタとチムチュムのオープンレストランへ行ってき

Huawei P9 lite (4)
SIMフリースマホはこれで決まりでしょ、HUAWEI P9 LITE。タイでもばっちり4Gが使えます。

日本を出発する直前に、新しいスマートフォンに買い替えた。 以前使

→もっと見る

PAGE TOP ↑