*

モザイクラグジュアリーアパートメンツ(Mosaik Luxury)宿泊レポート。長期滞在用サービスアパートメントでも短期滞在にも便利。

公開日: : ホテル情報


モザイクラグジュアリーは、パタヤタイのトゥッコム近くにあるサービスアパートメントだ。

パタヤ好き長期滞在者の間では、そこそこ有名。
サービスアパートメントながらも、普通に日貸しもしていて、ホテル利用が可能となっている。
お試しで1泊だけしてみた。

SPONSOR LINK

モザイク ラグジュアリー アパートメンツ(Mosaik Luxury Apartments)

薄いベージュの壁をしたアパートメントで、レセプションの場所がちょっとわかりづらい。

mosaik-luxury-apartments-23

以前は変なペンギンの像が目印だったのだが、いつの間にかなくなっている。

ここがレセプション
mosaik-luxury-apartments-29

チェックインはスムーズ。
デポジットなし。

係の人が、部屋まで案内してくれる。
アパート入口がいくつもに分かれおり。各入り口はオートロックで施錠。

mosaik-luxury-apartments-21

わたしは、レセプションの左側の入口だった。
2階の部屋だったので階段で。

mosaik-luxury-apartments-20
酔っ払っていると、横から落ちてしまいそうだ。要注意。

奥にエレベーターあり。
mosaik-luxury-apartments-19

廊下
mosaik-luxury-apartments-18

おそらく隣の棟とつながっている。

客室のドアにはの錠前が2つあって、セキュリティは厳重。
もちろん、鍵は2つある。

mosaik-luxury-apartments-17

丸いトークンのようなものが、、建物入り口オートロック解除用。

エクスクルーシブデラックス(Exclusive Deluxe)部屋内部

宿泊したのは、Exclusive Deluxeというグレード。
部屋タイプがたくさんあるようだが、たぶん一番下のグレードだと思われる。

mosaik-luxury-apartments-2

mosaik-luxury-apartments-4

mosaik-luxury-apartments-5

まずまず広い。Agoda情報によると30平米。

設備は揃っている。

手前にキッチン。

mosaik-luxury-apartments-3

キッチンといっても、流し台があるだけだ。電気コンロは置いていない。

無料の水が2本。
電気ポッドあり。インスタントコーヒーも置いてある。

棚の中に食器類が揃っている。これは便利。

mosaik-luxury-apartments-8

キッチン下にセーフティボックス。なんでこんなところに。

mosaik-luxury-apartments-9

残念なことに、キッチンまわりは、ちょっとカビ臭い。
離れるとまったく臭わないので、それほど大したことはないが。

ディスプレイ付きのインターフォンが室内に設置されているが、使っていないので詳細不明。
mosaik-luxury-apartments-1

冷蔵庫は中型。ミニバーは無し。
mosaik-luxury-apartments-16

テーブルにイス2脚
mosaik-luxury-apartments-6

大きなダブルベッド。サイドテーブルあり。コンセントもある。
mosaik-luxury-apartments-13

TVの下には、DVDプレイヤーもある。
mosaik-luxury-apartments-10

これまた便利。大きな声では言えないが、すぐ近くのトゥッコムへ行けば、二束三文の価格でDVDソフトが手に入る。

エアコンとクローゼット
mosaik-luxury-apartments-7

カードキータイプではないので、外出時もエアコンつけっぱなしはオッケー。

なお、室内喫煙可能だった。

バルコニー

mosaik-luxury-apartments-12

網戸付きの扉がうれしい。

広さは充分。
部屋によりけりだろうが、真正面は他の部屋のバルコニー。眺めはゼロ。

mosaik-luxury-apartments-11

洗濯物は干しにくい。
でも、誰かがフックを取り付けていて、ハンガーをかけられるようになっていた。
創意工夫で乗り切りましょう。

浴室

mosaik-luxury-apartments-14

シャワーと洗面台の間には、仕切りあり。

シャワーの水圧と温度とも問題なし。というか、かなり熱いお湯が出た。

mosaik-luxury-apartments-15

洗面台横にコンセントもあり。ドライヤーは付いていない。

アメニティは、石鹸、ボディーソープ、シャンプー、コンディショナー、シャワーキャップ、歯ブラシ。手ぶらでチェックしても何とかなる。

mosaik-luxury-apartments-30

バスタオル2枚とハンドタオルが1枚。
わりと充実している。

ただ、この浴室内もキッチンまわり同様、ちょっとかび臭かった。
排水が弱いかも。

Wi-Fi無料。繋がりはいたって普通。
また、ジョイナーフィー無料。そもそも、レセプションを通らずに部屋に入るシステムのため、チェックのしようがない。

地図と周辺設備

地図

初めての人は、トゥッコムの裏手を歩いていれば見つかるはず。
ただ、前述の通り、似たようなガラス扉のオフィスや入り口が多くて、どこがレセプションかわかりづらい。
ピンクの看板を目印にしよう。

mosaik-luxury-apartments-22

トゥッコムの地下にTOPSスーパーマーケットがあって買い物に不自由はしない。

mosaik-luxury-apartments-24tukcomtopsmarket

トゥッコム内に、8番ラーメンやスターバックスもある。

日本料理屋「大阪」も近所。
mosaik-luxury-apartments-25

このパタヤタイ界隈は、ローカル食堂や屋台が多数出ている。

ワットチャイモンコン前は、夜になると一大屋台群が出現。
食事に困ることない。

一例⇒ワットチャイ向かい側の屋台群でカオカームーを食べる。とろとろの豚足がうまい。

パタヤタイ通りまで徒歩1、2分。
通りまで出て流しのソンテウに乗れば、あっという間にウォーキングストリート入り口近くまで行ける。

mosaik-luxury-apartments-28

宿からウォーキングストリートまでは徒歩10分もかからない。
パタヤタイ通りではなくて、裏側のセカンドロードソイ16を歩いていくと、ウォーキングストリートのソイダイヤモンド向かい側へ直接出られる。このソイ16にもいろいろ屋台や食堂があっておもしろい。

パタヤタイ通りを渡れば、ソイブッカオの入り口。パタヤタイのソイ22がソイブッカオに相当する。

mosaik-luxury-apartments-27

この交差点で夕方以降に営業するカオマンガイ屋はパタヤ随一の有名店。個人的にはカオモッガイのほうが好き。
ブッカオとサウスパタヤ交差点にあるカオマンガイ屋台の鶏肉が肉厚かつジューシーでおいしかった。
カオモッガイ@ソイブッカオとパタヤタイ交差点のカオマンガイ屋

ブッカオ入り口付近では、火曜日と金曜日に大型市場が開かれる。
ソイブッカオの火金市場。安い衣料とローカル気分を求めるならここへ。

ソイブッカオを走る乗り合いソンテウに乗れば、5分足らずでLKメトロへ。

少しパタヤの地理がわかっていれば、とてつもなく便利な立地条件だ。

宿泊料金と予約先

わたしが宿泊したのは10月のこと。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88_093016_070314_pm
%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88_093016_070451_pm

じゃらん海外ホテルで予約して、税込み一泊2220円だった。約740バーツ
アゴダでも似たような価格だが、エクスペディア系(じゃらんやホテルズドットコム)のほうが安いかも

直接予約の場合は、1泊1000バーツ
マンスリーは、1ヶ月16000バーツ(4月から10月)。ハイシーズンは直接確認のこと。

電気水道代別。電気は1ユニット7バーツで、これはサービスアパートメントにしては標準的か少し安いくらい。水道代が1ユニット40バーツだが、元々水道代は安いのであまり気にしなくてもよい。せいぜい1ヶ月数百バーツのはず。

一日中エアコンを使えば、電気代は2000バーツくらいかかりそう。ほどほどに使えば1000バーツほどか。
光熱費込みで1ヶ月18000バーツほど見ておけばよさそう。
ルームクリーンサービスは有料。6ヶ月以上のロングステイだと週1回無料になるみたい。
これはどこのサービスアパートメントやホテルの月貸しも似たようなものだが、モザイクはちょっと厳しいかな。無料のルームクリーンは週1、2回くらいが基本。もしくは、掃除は毎日するけど、ベッドシーツの交換は週1回とかいったホテルもある。

あ、もちろん、モザイクでもホテル利用の場合は、毎日掃除あり。これはどこのホテルも同じ。予約サイトを通じて30日間予約したなら、ルームクリーンや備品の補充は30日間毎日が基本。たまに手を抜くところをあるけど。

ホテル利用にせよ、月借りにせよ、部屋のグレードがいくつも分かれている。
エクスクルーシブデラックスの一つ上のグレードのジュニアスイートは60平米あって、リビングルーム付き。

image
(Agodaより)

さらに広い部屋もある。
お好みと予算に合わせて、部屋を選びましょう。

また、いきなり長期滞在で一ヶ月利用するのはおすすめできない。
まずは、おためしで宿泊してから、長期契約を結ぶようにすべし。
他人がどんなに薦めていても、自分には合わないことなんてザラにあるんで。

モザイク ラグジュアリー アパートメンツ(Mosaik Luxury Apartments)予約先

アゴダ

エクスペディア

ホテルズドットコム

じゃらん

ブッキングドットコム

直接予約する場合は、下記ホームページからどうぞ。
アゴダなどを通したほうが安くなるはずだが。

http://www.mosaikpattaya.net/home.html

総評

水回りのカビ臭さが少々気になるが、寝室は清潔に保たれていて、まったく問題なし。
ほどほどに広くて圧迫感は無い。
かといって、一泊1500Bするような中級ホテルに比べると、やはり見劣りはする。
ぼちぼち快適な部屋で中長期滞在しようと考えている人には向いてます。もちろん、数泊程度でもよし。
ホテル内の設備やサービスに期待してはダメです。基本的にほったらかしなんで、食事や細々とした日常生活については自分で解決しましょう。

SPONSOR LINK

関連記事

AAパタヤヴィレ (2)

AAパタヤヴィレホテル宿泊レポート@サードロードソイ14

日替わりホテルレポート第4弾はサードロードへ。 AAパタヤヴィレというホテルだ。

記事を読む

march-hotel-pattaya-5

マーチホテル (March Hotel)宿泊レポート。ほぼ新築で清潔、コスパ高し。

日本人固定ファンの多いオーガストスイート、エイプリルスイートと同系列のマーチホテルに泊まってみた

記事を読む

r-con-hotelsiam-10

R コン ホテル アット サイアム (R-Con Hotel @ Siam)宿泊レポート@ソイブッカオ

ソイブッカオ北側にあるRコンホテルアットサイアムに泊まってみた。 一番下のグレードでも部屋がと

記事を読む

スーパーベッドオテル室内 (3)

スーパーベッドオテル(Super Bed ‘otel)宿泊レポート@ソイブッカオ

連続ホテル宿泊記第2弾は、ソイブッカオ南端近くにあるスーパーベッドオテルをお届けする。 ア

記事を読む

3ハウホステル室内 (2)

アソーク近くにある格安カプセル型ホステル、3ハウ ホステル @ スクンビット21宿泊レポート。トランジットや寝るだけに最適。

バンコクで安いゲストハウスといえばカオサン通りがあまりにも有名。 でもカオサンは都会のバンコク

記事を読む

チャップリンイン (7)

チャップリンイン(Chaplin Inn)宿泊レポート@サードロード。穴場的ホテルで長期滞在可能。

日替わりホテルシリーズ後半戦の2軒目はサードロードへ。 パタヤタイとの交差点近くにあるチャップ

記事を読む

ドゥアンナムイン1

ソイブッカオ沿いのおすすめホテル、ドゥアンナムイン

ドゥアンナミン ホテル パタヤ (Duannaming Hotel Pattaya)

記事を読む

khonkaen-chada-veranda-hotel-3

コンケーン中心部のおすすめホテル、チャダ ヴェランダ ホテル (Chada Veranda Hotel)宿泊レポート

コンケーンは、イサーンの中核都市の一つ。 街の規模は大きい。 とはいえ、中心部は限られていて

記事を読む

じゃらんホテルクーポン年末まで (7)

年末の宿泊までオッケー。じゃらんの1万円クーポン配布中。残り3日。

以前の記事でも取り上げた「じゃらん」の最大1万円割引クーポン配布。 それ以降も、ずっと継続中。

記事を読む

サワディサンシャイン (1)

朝食付きで1泊250バーツから。ローシーズンパタヤのお得な長期滞在ホテル。

シルバーウィークで日本人旅行者が増えてきたとはいえ、基本的にはローシーズンで客の少ないパタヤ。

記事を読む

アドステア

アドステア

nana-burger-bangkok-2
今さらながら、あえてナナバーガーを食べる

ナナバーガー。 熱心なバンコクリピーターには説明不要。 ナナプ

moonlightplace-pattaya-hotel-6
ソイハニーの隠れ家的ホテル、ザ ムーンライト プレイス (The Moonlight Place)宿泊レポート

ソイハニーイン(略してソイハニー)は、何かといかがわしい通りだが、

pheromon-club
ウォーキングストリート新規OPENゴーゴー、フェロモンクラブとバイパス訪問レポート

パタヤを一ヶ月ほど留守している間に、新しいゴーゴーバーが2軒オープンし

walking-street-201612
2016年12月タイ、バンコク・パタヤ夜遊びスポットの現状

ここ数日間、バンコクとパタヤの夜遊びの現状を調査してきた。 国王

pattaya
約100日のアジア周遊旅行とパタヤ沈没生活の出費報告書

香港からスタートして、パタヤ沈没でゴールした今回の旅行。 全日程

→もっと見る

PAGE TOP ↑