*

ワットチャイ向かい側の屋台群でカオカームーを食べる。とろとろの豚足がうまい。

公開日: : グルメレポート ,


SPONSOR LINK

ワットチャイ前屋台通り

夜になると、パタヤタイ通りの路上で営業を開始する屋台群がある。
場所は、ワットチャイモンコン向かい側。ワットチャイモンコンを略してワットチャイとタイ人は呼んでいる。
ウォーキングストリートから非常に近くて、仕事終わりのバーの女性たちがよく買い食いしている。

こんな感じで、ずらっと屋台が並んでいる。

パタヤタイワットチャイ向かい屋台群 (1)

以前は、ワットチャイ側の道路沿いにももっと屋台が出ていたが、最近は少ない。
道路上にもテーブルを並べていて、さらにバイクを停めたりするんで、4車線ある車道は、1.5車線くらいになってしまう。

屋台の他に常設店舗もあって、夜中でも普通に八百屋があいていたりと、この通りを歩いてるだけでも楽しい。

パタヤタイワットチャイ向かい屋台群 (2)

軽く屋台を見ていこう。

パタヤタイワットチャイ向かい屋台群 (3)

やはり、クイティアオやカオマンガイなどのさくっと食べられる屋台料理が多いか。

魚の塩焼きも定番。

パタヤタイワットチャイ向かい屋台群 (4)

お菓子系屋台もある。
おっと、珍しく夜にパートンコーが売っている。

パタヤタイワットチャイ向かい屋台群 (6)

焼き鳥からフルーツまで何でも揃う。
実に楽しいところだ。

カオカームー

今回は、カオカームーをいただくことにした。

カオ=ご飯
カー=足
ムー=豚

つまり豚足ご飯である。
タイ料理というより中華料理っぽい。

ざっと見たところ、3軒の屋台でカオカームーを扱っているようだ。

さて、どこにしようか。

一番流行っている屋台にしよう。

カオカームー (1)

見るからにうまそうな豚足が山盛りだ。

店の人が、脇目もふらずに豚の足の肉を包丁で調理中。
テーブルもあるし、利用しやすい。
ここに決定。

注文は「カオカームー」と告げるだけ。

ほどなく、スープと一緒にテーブルに運ばれてきた。

カオカームー (2)

アップでもう一枚。

カオカームー (3)

肉の量が多い。
豚足といっても部位はいろいろあるようだが、ここのカオカームーは、ほどよく各部位が配置されている。
しっかりした肉から、コラーゲンのかたまりまで。

どの部位も柔らかいこと柔らかいこと。
とろっとろの食感である。
特に脂身の部位は、甘噛みするだけで溶けていってしまうほどだ。
この食感はクセになりそう。

カオカームーといえば、中華香辛料の八角を使っており、その独特の匂いが強烈だ。苦手な人はとことん苦手だろう。
ここのタレは、そこまで強烈な刺激はない。わりとマイルドで食べやすい。
匂いが苦手でカオカームーを遠慮していた人も、ここなら大丈夫かも。

野菜は二種類あって、ちょっと酸味の強い漬物みたいなものと、カナー(カイラン菜)かな。
ゆで卵はマストである。

パタヤでこれまた食べたカオカームーの中では、一番おいしかった。
なかなか、これはうまいと言えるカオカームー屋って見つからないが、ここは普通においしい。

一皿40バーツ。

まあ、比較的マイルドなタレではあるが、豚足ご飯だけに、深夜に食べるとかなり腹にこたえる。
特に飲んだ後にはヘビーである。
できれば、酒をがっつり飲む前の空腹時に食べるほうがいいでしょう。
営業時間はたぶん夜9時か10時くらいから、深夜遅くまで。屋台群自体は、早朝5時くらいまでは平気でやってます。

今回いただいたカオカームー屋台の場所は、だいたいこのあたり。

地図

赤い看板の金行の前に屋台が出ている。

カオカームー屋台

道路の斜め向かいに、青い看板のKRUNGTHAI銀行。
パタヤタイワットチャイ向かい屋台群 (5)

銀行の隣には24時間営業のカノムジン屋がある。

関連記事:パタヤタイのカノムジーン屋は種類豊富。ウォーキングストリートからも近くて便利。

夜遅くならないと食べられないが、ウォーキングストリートから近いこともあり、夜遊びのついでにカオカームーでもどうぞ。
おいしいですよ。

SPONSOR LINK

関連記事

アンヘレスウォークアバウトホテル前ホットドッグ屋 (2)

【アンヘレスのグルメ】ウォークアバウトホテル前のホットドッグ&ハンバーガー屋

軽い朝食を求めて、ウォーキングストリート内をうろうろして見つけたのが、この屋台。

記事を読む

ウォーキングストリート夜 (1)

ウォーキングストリートで安く食事が取れる屋台やレストランは?ぶっかけ食堂からマリーンシーフードまで

パタヤのウォーキングストリート。 文字通り世界中から観光客が集まってくる。 よっ

記事を読む

ソイARのブレックファースト99バーツ (5)

ペルシャ人レストランでイングリッシュブレックファーストを食べる。99バーツ。

パタヤカンのソイ12(通称ソイAR)をずっと進むと、長期滞在向けのホテルやサービスアパートメント

記事を読む

ラーメンチャンピオンのカツライス (2)

ラーメンチャンピオンでカオムートートと注文するとカツライスが出てきた

カツ丼が食べたくなった。 海外滞在中でも日本食へのこだわりは、ほとんどない。 これまで海

記事を読む

thai-sweets-pak-mo-5

【タイのスイーツ】カオグリヤップパックモーとサークーサイムー

ちょっとおもしろいタイのスイーツ屋台を見かけたのでご紹介。 なにやら、鍋の蒸気でク

記事を読む

パタヤタイカオマンガイ (1)

ブッカオとサウスパタヤ交差点にあるカオマンガイ屋台の鶏肉が肉厚かつジューシーでおいしかった。

ソイブッカオとサウスパタヤロード(パタヤタイ)の交差点にあるカオマンガイ屋台に行ってみた

記事を読む

クイチャーイ (3)

クイチャーイは揚げニラ饅頭。他の味もあるよ。タイの変わった屋台お菓子シリーズ。

少し変わった屋台を発見した。 ガラスケース内に、饅頭のようなものが陳列してある。大

記事を読む

ice-frost-bingsu-pattaya-6

パタヤで巨大かき氷。韓国式かき氷屋「ICE FROST」は噂通りの山盛りだった。

以前ちょろっとだけ日記に登場したはずの、かき氷屋「ICE FROST」。 パタヤタイのスクンビ

記事を読む

ブッカオ常設市場のナムトックムー (2)

ブッカオ常設市場のナムトックムー屋台

ソイブッカオ北側にある、ブッカオ市場。 ブッカオとパタヤタイ交差点近くに火曜日と金曜日限定で開

記事を読む

gafae breakfast coffee (10)

カフェ「gafae」のコーヒーとブレックファースト@パタヤタイ

トゥッコムのすぐ近く、パタヤタイ通り沿いに、わりと利用しやすいカフェがある。 その名も、gaf

記事を読む

アドステア

Comment

  1. Silver Bullet より:

    そこです、僕が食べた店
    お口に合って幸いです
    そうなんですよね、なかなかこれだけ肉の盛りが良くて何も調味料をかけなくても美味しい店って無いです。

    ブッカオ入口付近のパタヤタイ沿いにもカオカームーの屋台がありますが、肉の塊が皆無だし、味付けも何だかボンヤリって感じでイマイチかな

    今日の昼にバンコクに戻って明日の朝のスクートで日本に帰国します。
    楽しい1週間でした。
    ちなみにバンコクのホテルはナナホテルなのでタイ最後の夜も刺激的なものになりそうですw

    今回の旅でもここの記事を色々参考にさせていただきました。
    有難うございます。

    • 千夜一夜 より:

      やはり、このカオカームー屋台でしたか。一番流行ってましたね。
      おかげさまで、おいしいカオカームーに辿りつけました。ありがとうございます。
      ブッカオ入り口近くのカオカームー屋は、見た目からしておいしくなさそうなんで、敬遠しています。
      (バカラ情報は、記事内容違いなんで、わたしの心の中にとどめておきます。126番ですね。確かめておきます。)

アドステア

Sutus court room (2)
ソイブッカオの老舗格安ホテル、Sutus Court(サタスコート)宿泊レポート

ソイブッカオのかなり有名なホテル、Sutus Court。

Soi Kho pai Japanese Restaurant Curry (6)
ソイコーパイのローカル向け日本料理食堂で、エビ天ぷらカレーを食べる。79バーツ。

テパシット通りからソイコーパイ(Soi Thep Prasit 6

VELVET CLUB SOI BONGKOT (1)
ソイボンコットの新しいジェントルマンズクラブ、VELEVET CLUB訪問レポート

VELVET CLUB ソイボンコットに新しいジェントルマンズクラブ

Chicken steak kai gata
パタヤタイの39バーツステーキ屋再訪。ポークカツとカイガタと白身魚フライ。

おそらくパタヤ最安値であろう39バーツステーキ屋がパタヤタイのスク

Thaniya street (2)
タニヤの日本カラオケ遊びふたたび

沈没日記2 ほんの10日ほど前に、はじめて遊んだタニヤの日本カラ

→もっと見る

PAGE TOP ↑