*

ワットチャイ向かい側の屋台群でカオカームーを食べる。とろとろの豚足がうまい。

公開日: : グルメレポート ,


SPONSOR LINK

ワットチャイ前屋台通り

夜になると、パタヤタイ通りの路上で営業を開始する屋台群がある。
場所は、ワットチャイモンコン向かい側。ワットチャイモンコンを略してワットチャイとタイ人は呼んでいる。
ウォーキングストリートから非常に近くて、仕事終わりのバーの女性たちがよく買い食いしている。

こんな感じで、ずらっと屋台が並んでいる。

パタヤタイワットチャイ向かい屋台群 (1)

以前は、ワットチャイ側の道路沿いにももっと屋台が出ていたが、最近は少ない。
道路上にもテーブルを並べていて、さらにバイクを停めたりするんで、4車線ある車道は、1.5車線くらいになってしまう。

屋台の他に常設店舗もあって、夜中でも普通に八百屋があいていたりと、この通りを歩いてるだけでも楽しい。

パタヤタイワットチャイ向かい屋台群 (2)

軽く屋台を見ていこう。

パタヤタイワットチャイ向かい屋台群 (3)

やはり、クイティアオやカオマンガイなどのさくっと食べられる屋台料理が多いか。

魚の塩焼きも定番。

パタヤタイワットチャイ向かい屋台群 (4)

お菓子系屋台もある。
おっと、珍しく夜にパートンコーが売っている。

パタヤタイワットチャイ向かい屋台群 (6)

焼き鳥からフルーツまで何でも揃う。
実に楽しいところだ。

カオカームー

今回は、カオカームーをいただくことにした。

カオ=ご飯
カー=足
ムー=豚

つまり豚足ご飯である。
タイ料理というより中華料理っぽい。

ざっと見たところ、3軒の屋台でカオカームーを扱っているようだ。

さて、どこにしようか。

一番流行っている屋台にしよう。

カオカームー (1)

見るからにうまそうな豚足が山盛りだ。

店の人が、脇目もふらずに豚の足の肉を包丁で調理中。
テーブルもあるし、利用しやすい。
ここに決定。

注文は「カオカームー」と告げるだけ。

ほどなく、スープと一緒にテーブルに運ばれてきた。

カオカームー (2)

アップでもう一枚。

カオカームー (3)

肉の量が多い。
豚足といっても部位はいろいろあるようだが、ここのカオカームーは、ほどよく各部位が配置されている。
しっかりした肉から、コラーゲンのかたまりまで。

どの部位も柔らかいこと柔らかいこと。
とろっとろの食感である。
特に脂身の部位は、甘噛みするだけで溶けていってしまうほどだ。
この食感はクセになりそう。

カオカームーといえば、中華香辛料の八角を使っており、その独特の匂いが強烈だ。苦手な人はとことん苦手だろう。
ここのタレは、そこまで強烈な刺激はない。わりとマイルドで食べやすい。
匂いが苦手でカオカームーを遠慮していた人も、ここなら大丈夫かも。

野菜は二種類あって、ちょっと酸味の強い漬物みたいなものと、カナー(カイラン菜)かな。
ゆで卵はマストである。

パタヤでこれまた食べたカオカームーの中では、一番おいしかった。
なかなか、これはうまいと言えるカオカームー屋って見つからないが、ここは普通においしい。

一皿40バーツ。

まあ、比較的マイルドなタレではあるが、豚足ご飯だけに、深夜に食べるとかなり腹にこたえる。
特に飲んだ後にはヘビーである。
できれば、酒をがっつり飲む前の空腹時に食べるほうがいいでしょう。
営業時間はたぶん夜9時か10時くらいから、深夜遅くまで。屋台群自体は、早朝5時くらいまでは平気でやってます。

今回いただいたカオカームー屋台の場所は、だいたいこのあたり。

地図

赤い看板の金行の前に屋台が出ている。

カオカームー屋台

道路の斜め向かいに、青い看板のKRUNGTHAI銀行。
パタヤタイワットチャイ向かい屋台群 (5)

銀行の隣には24時間営業のカノムジン屋がある。

関連記事:パタヤタイのカノムジーン屋は種類豊富。ウォーキングストリートからも近くて便利。

夜遅くならないと食べられないが、ウォーキングストリートから近いこともあり、夜遊びのついでにカオカームーでもどうぞ。
おいしいですよ。

SPONSOR LINK

関連記事

ウドンのクイジャップ

ウドンターニーの朝食なら、うどんでしょ。ウドンバスターミナルで食べるクイジャップがうまい。

タイ東北部イサーンの主要都市の一つ、ウドンターニー。 ウドンタニとか、ウドンタニーとか、カタカ

記事を読む

chiangmai-restaurant-pattaya-8

パタヤのチェンマイ料理レストランでカオソーイを食べる。あと、深夜食堂とたこ焼き情報。【追記あり】

パタヤでカオソーイを食べるシリーズ第3段。 今回は正統派のチェンマイ料理レストランへ。

記事を読む

ソイボンコットのムーガタムーカタ屋 (9)

食べ放題で139バーツ、ソイボンコットのムーガタ屋

パタヤのムーガタ屋で有名なのはニンジャ。 わたしも過去何度も訪れている。 おおよそ200バー

記事を読む

Moogata puang

チムチュムとムーガタの有名店、プアン

その昔、ソイブッカオ沿いの空き地にプアンというチムチュムとムーガタとイサーン料理を扱うレストラン

記事を読む

串かつとカノムトーキョー (2)

屋台の串かつとカノムトーキョー。パタヤに大阪と東京を見た。

ソイブッカオからソイエキサイト方面へ歩いていると、ふと気になる屋台に出くわした。 通り過ぎそう

記事を読む

ヌアヤーン

カオトムプラジャンバンのヌアヤーンがうまい。ヤムプーマーやクンパオもいける。

パタヤカンのフードランド斜め向かい側にあるレストラン、カオトムプラジャンバン。

記事を読む

Terminal 21 Pier 21 (5)

バンコクターミナル21のフードコードでナムトックコームーヤーンを食べる

バンコク・スクンビットにある巨大ショッピングモール・ターミナル21。 都会のど真ん

記事を読む

クィティアオ屋の煮込み豚肉

ソイレンキーの新しいクィティアオ屋は、薬膳スープと煮込み肉が名物。(追記)

パタヤ滞在中の友人二人と昼食を取りに行くことになった。 タイラーメンが食べたいとのリクエスト。

記事を読む

チャイヤプーン食堂 (2)

ソイチャイヤプーンにある食堂。ぶっかけ飯、イサーン料理、洋食まで何でもそろって、日本語も通じるよ。

前回のパタヤ沈没でお世話になった食堂を紹介したい。 ソイチャイヤプーンにある食堂だ。 た

記事を読む

カップ麺ママートムヤムクン

タイのカップラーメン、ママーのトムヤムクン味には2種類+αあるよ。トムヤムナムコンがおすすめ。

日本発祥の食べ物ならが、もはやタイの国民食と化した感のあるインスタントラーメン。 タイで一番メ

記事を読む

アドステア

Comment

  1. Silver Bullet より:

    そこです、僕が食べた店
    お口に合って幸いです
    そうなんですよね、なかなかこれだけ肉の盛りが良くて何も調味料をかけなくても美味しい店って無いです。

    ブッカオ入口付近のパタヤタイ沿いにもカオカームーの屋台がありますが、肉の塊が皆無だし、味付けも何だかボンヤリって感じでイマイチかな

    今日の昼にバンコクに戻って明日の朝のスクートで日本に帰国します。
    楽しい1週間でした。
    ちなみにバンコクのホテルはナナホテルなのでタイ最後の夜も刺激的なものになりそうですw

    今回の旅でもここの記事を色々参考にさせていただきました。
    有難うございます。

    • 千夜一夜 より:

      やはり、このカオカームー屋台でしたか。一番流行ってましたね。
      おかげさまで、おいしいカオカームーに辿りつけました。ありがとうございます。
      ブッカオ入り口近くのカオカームー屋は、見た目からしておいしくなさそうなんで、敬遠しています。
      (バカラ情報は、記事内容違いなんで、わたしの心の中にとどめておきます。126番ですね。確かめておきます。)

アドステア

Pattaya soi7
スレてない新人バービア嬢を探せ。19歳初日宿無しと遭遇。

沈没日記6 パタヤのバービアめぐりの醍醐味の一つが、田舎から出て

Pattaya klang karaoke street
パタヤの日本カラオケ屋通り調査報告。サクラ、エリコ、キューピッド3店を調べてきた。

パタヤカン(セントラルパタヤロード)沿いに、日本カラオケ屋が3軒密集す

Steak Surprise (10)
リニューアルしたステーキ屋SURPRISEの170gハンバーガー

BBQポークリブのおいしい店として紹介したことのあるSURPRIS

Duannaming hotel pattaya (14)
ソイブッカオおすすめホテル、ドゥアンナミン(ドゥアンナムイン)は居心地良好のままだった

以前、ソイブッカオのおすすめ格安ホテルとして紹介したドゥアンナミン

Ginza
ギンザ閉店?と数年ぶりのワッツアップ(What’s Up)訪問

昨日の深夜、ウォーキングストリートを訪れた。 時刻は26時過ぎ。

→もっと見る

PAGE TOP ↑