*

パタヤカンでサテ20本一気食い!

公開日: : 最終更新日:2017/08/07 グルメレポート, 屋台もの(焼き鳥や唐揚げやつまみ)


サテが好きだ。
元々はインドネシアやマレーシアで食べられている串焼きだが、タイでもポピュラー。
イスラム系とは違い、タイでは豚肉のサテが多い。ムーサテーとか呼んでいる。

パタヤで気軽に食べられるところは多いようで意外と少ない。
一番楽なのはセントラルフェスティバル地下のフードコートだが、1本10バーツと割高。

サードロードのソーポン市場では1本3バーツと激安。

Satey sophon market (1)

関連記事:ソーポン市場のサテがうまい。10本で30バーツ。

安くてうまい。
が、やはりちょっと遠い。

比較的パタヤ中心部といえるパタヤカン・ソイ12から少しだけ路地を入ったところにサテの看板を発見。

パタヤカンのサテ Satey Pattaya Klang (6)

うむ、うまそうだ。
さっそく食べてみよう。

SPONSOR LINK



サテ20本!

パタヤカンのサテ Satey Pattaya Klang (5)

サテ専門店ではなくて、基本的にはタムサン食堂。つまりは、ガパオとか炒め物やトムヤムクンなどのスープ物を客の注文に応じて調理してくれる。

サテの料金を尋ねると、10本50バーツ、20本100バーツとのこと。つまり1本5バーツだが、10本単位のオーダーとなるようだ。
ムーサテは1本あたりの量が少ない。

ノンカーイで食べたサテも、ソーポン市場で食べたサテも10本では物足りなかった。
しかも空腹でおなかぺこぺこ。
一気に20本オーダーしてみた。

食堂だけにイートイン可能。
最近オープンしたようで、店内は普通に綺麗ですな。水は無料です。

グリルでサテを焼き始める。

パタヤカンのサテ Satey Pattaya Klang (4)

完成。
一気に20本どーん!

パタヤカンのサテ Satey Pattaya Klang (1)

焦げ目に少々ばらつきがあるし、串によって肉の大きさでがばらばらだが、20本もあるとなかなかの迫力。

ピーナッツを配合した甘めのソースがどっちゃり添えられている。あと、紫玉ねぎときゅうりの漬物も定番。
これぞタイのサテセット。

パタヤカンのサテ Satey Pattaya Klang (2)

よし、食うぞ。
ピーナッツソースをたっぷりつけて、一気呵成に串を口に運びつづける。
ピーナッツソースは見た目はどろどろで濃厚そうに見えるが、意外とあっさりしている。まあ、そこはタイのこと、あっさりと言っても、しっかり甘いけれど。
サテの脂身のない部分は蛋白で食べやすい。ピーナッツソースとの相性も良し。でも脂身があったほうが、やはり脳内の快楽物質の放出量が違う。断然うまい。
1本食べ終わるごとに、漬物をつまむ。酸味が効いていて、ちょうどいい口直しになる。

この一連の流れを黙々と20回繰り返す。

完食
パタヤカンのサテ Satey Pattaya Klang (3)

さすがに最後のほうは飽きてきた。
20本食べても満腹にはならないけれど、もういらないと思える量。

ピーナッツソースではご飯に合わないだろうし、食事というより、ビールのあてに良さそうだなあ、サテは。
もしくはパンには合いそうな気がする。

この食堂でのサテの味よりも、ソーポン市場のほうがややおいしいと感じた。ソーポン一番はサテ専門屋台で、しかも1本3バーツと安い。
おすすめは、ソーポン市場のほう。
でも、営業はたぶん夕方以降だろうし、場所も遠い。

その点、今回の食堂は昼間から営業しているし、わりとパタヤ中心部に近い。

地図

PATTATA KLANG 12 8というややこしいソイの標識を曲がった先に食堂がある。

パタヤカンのサテ Satey Pattaya Klang (7)

パタヤカン大通りから歩いて5分くらい。決して歩けない距離ではない。
でもそこまで無理して訪れるほどでもない。

近所には、手頃で綺麗なホテルが多いし、日本人もたくさん滞在しているエリアだ。

新築ホテル、ノヴァ エクスプレス パタヤ ホテル (Nova Express Pattaya Hotel)宿泊レポート
新築で清潔!洗濯機付と日本語TV放送あり。アットマインドプレミアスイーツホテル宿泊レポート@パタヤカン
PJインパタヤ宿泊レポート@パタヤカンソイ12

食堂の営業時間は聞いていないが、夜7時過ぎでも営業しているのは確認した。
おそらく昼過ぎから夜9時か10時くらいまでかなあと。
近所に滞在している人は、気軽にお立ち寄りのほどを。
サテは一人10本にしておくのがよさそうです。

SPONSOR LINK

関連記事

ジョーク屋台 (3)

飲み疲れの夜と二日酔いの朝には、ジョークを食べよう。タイのおかゆ。

酒や油っこい料理で疲弊した胃袋にやさしいものといえば、おかゆ。 タイ料理なら、ジョークである。

記事を読む

タイの焼き芋1

タイの焼き芋は紫イモでうまし。タイと日本とじゃがいもと。

屋台の焼き芋 いもの収穫時期なのかどうかは知らないけれど、9月から10月にかけて焼き芋屋台をよ

記事を読む

マイクショッピングモールフードコート (6)

マイクショッピングモールのフードコート、眺めはいいけど、やっぱりしょぼかった

マイクショッピングモールとは マイクショッピングモールはパタヤ老舗のショッピングモール。

記事を読む

バミーナンファーのシーフードトムヤムママー (3)

(閉店)シーフードトムヤムクイティアオの新店、バミーナンファー(天使のバミー)

サードロードに新しいバミーの店ができていた。 どうやら、海鮮トムヤムスープが売りの

記事を読む

Jasmine coffee and restaurant (12)

サードロードのカフェ、JASMINE COFFEE & Restaurant。ブレックファーストもあるよ。

サードロードのソイ19入口にあるカフェ、JASMINE COFEE(ジャスミンコーヒー)。

記事を読む

小鳥の丸焼き屋台 (2)

小鳥の丸焼き、ノックヤーン屋台

変わり種のタイ屋台料理シリーズ。 バービア群でかわった屋台を発見した。 何やら棒

記事を読む

RETOX朝食 (4)

RETOXの朝食99バーツは王道イングリッシュブレックファーストで食べごたえあり

ソイレンキーにオープンしたブリティッシュスタイルのスポーツバー、RETOX(リトックス、もしくは

記事を読む

fryay-hamburgerchips-1

値上げしたマクドナルドよりも、FRYDAYのハンバーガーを食べよう

タイのマクドナルドは、毎年のように値上げを繰り返している。 また、店舗によって価格設定が違う。

記事を読む

Prajanban foods (12)

カオトムプラジャンバンは、いつも安定したおいしさ。カエルも食べてみたよ。

日本から友人がパタヤへ遊びに来たら、必ず立ち寄るタイ料理レストランがある。 それがカオトムプラ

記事を読む

ブッカオ名無し食堂のガパオムー

【定点観測】ブッカオ名無し食堂のガパオムーサップ

ソイブッカオの中ほど、LKメトロ近くにある食堂。 毎度おなじみブッカオの名無し食堂だ。

記事を読む

アドステア

アドステア

タイ・パタヤの丸亀製麺のしっぽくうどん (1)
丸亀製麺のしっぽくうどんで日本の田舎を思い出す

用事があってBIG C Extraへ行った際に、ふと気になり、丸亀

ウォーキング夜景 1
【最新2017年版】パタヤ夜遊び相場一覧。ゴーゴーバー、バービア、ソイ6、MP、いくらで遊べるの?

2017年8月最新更新。 大元は2015年4月にアップした記事となり

サイアムビューレジデンス Siam View Residence (7)
サイアム ビュー レジデンス (Siam View Residence)宿泊レポート

パタヤカンのソイ12にあるサイアムビューレジデンスに泊まってみた。

TANTRA タントラ
Tantraレベルアップ、Iron Club再開、Super Girl変わりなし、Windmill復活

8月18日、昨晩のウォーキングストリートの様子をレポート。

ソイユメのカオマンガイ屋 (1)
ノースパタヤバスターミナル近くのおいしいカオマンガイ屋さん@ソイユメ

ソイユメとパタヤヌア(ノースパタヤ)通りの交差点近くにカオマンガイ

→もっと見る


PAGE TOP ↑