*

The Den-ソイチャイヤプーンの新ジェントルマンズクラブ訪問レポート

公開日: : 夜遊び情報

ソイチャイヤプーン(サードロードのソイ25)に新しくオープンしたジェントルマンズクラブ、THE DEN(ザ・デン)を訪問してきた。

The den pattaya (1)

バンコクにも、THE DENというジェントルマンズクラブがあったような気がする。
経営陣が移ってきたのか、それとも姉妹店なのか、そういう内部事情は知りません。

店員に聞いたところ、オープンしたのは2週間前とのこと。調べてみると、グランドオープンが6月2日。
業態は、いわゆるジェントルマンズクラブだ。ジェントルメンズラウンジとも呼ぶ。

場所は、ソイチャイヤプーンのサードロード寄り。
ソイブッカオから歩いて5分もかからない。ただし、ソイチャイヤプーンは未舗装のデコボコ道なんで雨の日は大変。

派手な看板はないが、やさぐれたソイの中では、ひときわ重厚感ある入口だ。
セキュリティがドアの開け閉めをしてくれる。

店内は広い。
赤を基調としたインテリアで、中央のバーカウンターの上には巨大な水槽。ファランボスご自慢だというサメが何匹も泳いでいる。いや、小さいサメだけど。
入って左側には、ちょっとゴージャスなソファー席。
右側は大きなテーブル席が二つ。テーブルごとに7,8人くらい座れそうだ。

The den pattaya (4)

その奥にビリヤード台と小さなテーブルが二つほど。ビリヤードは無料。
さらに奥にはトイレがあって、すごく綺麗。小を足しながら、顔だけ出しながら、直に店内を眺めることができる造りとなっている。
壁には液晶テレビが何台もあって、音声なしでスポーツ中継を流している。BGMは控えめの音量の洋楽。
エアコンはばっちり効いている。涼しい。
やや高級なラウンジといった雰囲気。
内装にかなり額を費やしているはずだ。

ジョムティエンにあるジェントルマンズクラブ、KIT CATに似ているかな。規模はTHE DENのほうが上。

関連記事:KitCat(キットキャット)は、ジョムティエンにある新しいジェントルマンラウンジ

でも、大きなテーブルがあるところは、キンナリーっぽい。

関連記事:キンナリープレイス(KINNAREE PLACE)訪問レポート。遊び方と行き方も。

照明は明るめ。キンナリーよりはるかに場内を見渡しやすい。が、中央のバーカウンターが邪魔で反対側はよく見えない。

午後4時過ぎの訪問で、出勤嬢は15人ほどだろうか。
客は7,8人くらい。わたし以外はすべてファラン。
手の空いている女性は、左側のソファーに座って待機していた。
20代半ばから後半くらいの年齢層が多い印象。
話し相手になってくれた女性の話では、日によって出勤人数が大きく異なるそうだ。
いわゆるフリーランス(サイラーイ)が多いようで、給料の出ない彼女たちはきまぐれ出勤のため、どうしてもばらつきが出る。
なお、話相手の彼女もサイラーイ。毎日は出勤していないそうだ。元々はウォーキングストリートの某ゴーゴーバー勤務。
ちょっとだけ日本語の単語を知っている。

客のドリンク代は、瓶ビール85バーツ。他は不明。ドラフトビールもあるようだ。

保冷バッグにも、THE DENのロゴ入り。

The den pattaya (3)

ライオンのマークが誇らしい。
DEN(洞窟、穴)という意味から、タイガーマスクの「虎の穴」を連想させるし、ライオンマークは新日本プロレスを彷彿とさせる。ちなみに、初期パンクラスやUFCで活躍したケン・ウェイン・シャムロックが主催する道場の名前は、ライオンズデン(獅子の穴)。
ま、たぶん、この店のDenは、隠れ家とかそういう意味もかけているだろうけど。

レディドリンク(ウィスキーソーダ)130バーツ。

2階にショートタイム用ルームあり。
部屋代、チップすべて込みで2000バーツとのこと。

うーむ、けっこう高いな。
ジェントルマンズクラブにしては高額の部類。
キンナリーだと、部屋代350Bにチップ1000Bの合計1350B。
ジェントルマンズクラブで高級路線はやめてほしい。

ペイバーして外へ連れ出すことも可能。が、バーファイン1000バーツ。ゴーゴーバー並だ。
チップは聞いていないが、ショート1500Bくらいだろうか。
わりと高くつく。

ま、飲むだけでも楽しかった。
ビール1本とレディドリンクで合計215バーツ。
暑い昼間に涼しくて広い店内で快適に飲める。
中にいると、ここが魔境ソイチャイヤプーンだとは思えない。

営業時間は午後1時から午後11時くらいまで。

地図

ソイブッカオからソイチャイヤプーンに入って、ずんずん進んで右手にある。

The den pattaya (2)

隣のソイであるソイエキサイトには、エキサイトクラブが健在。
ここは、トータル1300バーツで遊べるはずだ。

関連記事:エキサイトクラブ(EXCITE CLUB)はソイエキサイトにある新しいショートタイムバー。トータル1300バーツなり。

もちろん、ソイチャイヤプーン内にはスペシャルなマッサージ屋が密集している。
こっちは、マッサージ代200バーツ+スペシャル代1000バーツのトータル1200バーツがデフォルト。

狭い範囲に固まっているんで、暑い昼間でも、THE DENとエキサイトクラブとマッサージ屋めぐりが可能。
昼から遊びたい人はぜひどうぞ。

ソイチャイヤプーンといえば、チャイヤプーンインホテル。

チャイヤプーンインChaiyapoon Inn (3)

関連記事:チャイヤプーンイン宿泊レポート@ソイチャイヤプーン。一泊450バーツの格安老舗ホテル。

THE DENの斜め向かいにある。
いっそのことソイチャイヤプーンに泊まってみるのもおもしろいかもね。

ほぼ新築で豪華なホテルがいいなら、THE DENから徒歩1,2分のところに高層ホテルが建っている。サードロードを渡るだけ。

LKプレジデント (19)

関連記事:LKグループの新築ホテル、LK Presidentが営業開始。ホテル部屋内部の様子をレポート。

更新しました!綺麗なホテルに泊まるなら
パタヤ新築ホテル情報2017年2月(更新)


関連記事

ウォーキング夜景 1

【最新改訂版】2016年パタヤ夜遊び相場一覧。ゴーゴーバー、バービア、ソイ6、MP、いくらで遊べるの?

2015年4月にアップした記事の最新改訂版となります。 ベースとなる記事はそのままに、値上がり

記事を読む

カオタローブーズラウンジ

ソイカオタローに行ってみた【パタヤダークサイドのジェントルマンズクラブやバービア】

パタヤダークサイド パタヤのスクンビット通りの東側に広がるエリアのことを、イーストパタヤと呼ぶ。

記事を読む

Walking street 201702

フロッグクイーン再訪とインフィニティとシャンペーンとクリスタルクラブ。

禁酒日から明けたパタヤのゴーゴーバーの様子。 ウォーキングストリートもLKメトロも、い

記事を読む

walking-street

クリスマス直前のウォーキングストリートとLKメトロの様子。バーファイン値上げ。

すっかりクリスマスモードとなったパタヤ。 あちこちでクリスマスツリーが飾られ、バーではサンタ帽やト

記事を読む

Pattaya Darkside bar (6)

【パタヤダークサイド】ソイカオタローとソイカオノイのジェントルマンズクラブめぐり

パタヤダークサイドというところ パタヤダークサイドとは、スクンビット通り以東の山側エリアのこと。イ

記事を読む

昼間のテパシットソイ8

テパシット通りソイ8のローカル置屋を見学

昨日(6月6日)の夜11時頃、たまたまテパシット・ソイ8を通る機会があったので、ローカル置屋をちょっ

記事を読む

クライマックスゴーゴーバー

Climax(クライマックス)、ソイLKメトロの新ゴーゴーバー

パタヤのソイLKメトロに最近オープンしたゴーゴーバー、クライマックスに寄ってみた。 店内への訪

記事を読む

Walking street 201704 Palace

GW直前のウォーキングストリート日本人向け人気ゴーゴーバーめぐり。パレスオープニングから全部で7軒。

ゴールデンウイーク特別企画と称して、昨日木曜日の晩にウォーキングストリートへ出向いてきた。 LKメ

記事を読む

pattaya20161014night-2

昨晩のパタヤ。バービアはほぼすべて通常通り、ゴーゴーバーも一部営業。

昨日10月14日夜のパタヤの様子を、日中編に続いてレポート。 国王死去のニュースが流れた当日は

記事を読む

禁酒日のウォーキングストリート (1)

意外と営業店舗多し。昨晩、禁酒日のウォーキングストリート、ゴーゴーバーの様子。

昨日、2月22日はマカブーチャというタイの仏日だった。 酒類販売が禁止。いわゆる禁酒日だ。

記事を読む

アドステア

アドステア

Yakitori Nongkhai (1)
ノンカーイは意外なグルメタウン。赤提灯日本式焼き鳥屋台とカオニャオマムアンで舌鼓。

ラオス・イサーン旅行記16 (15「タイビザ取得後、国際バス

Tree town steak lungyai (7)
TREE TOWN PATTAYA内の39バーツステーキ屋は風前の灯火か

ソイブッカオ北側の空き地にできたTREE TOWN。

Vientiane to Thailand Bus (8)
タイビザ取得後、国際バスでビエンチャンからノンカイへ

ラオス旅行記15 ラオンダオホテル1でたっぷり朝食を取っ

Pattaya soi6 (2)
規制強化中、パタヤ・ソイ6の現状。18時前でもオープンしているのか。

パタヤのソイ6。 昼過ぎからバーがオープンして、妖艶な女性たち(一部

La ong dao hotel1 (27)
ビエンチャンで夜遊び。ラ オン ダオ ホテル 1 (La Ong Dao Hotel 1)に泊まって併設置屋からお持ち帰り。

ラオス旅行記14 (13「ビエンチャンでガイヤーンと山盛りカオニ

→もっと見る

PAGE TOP ↑