*

アパートを解約して帰国。アジア夜遊び旅行の終わり。

半年以上にわたったパタヤ沈没生活とアジア夜遊び旅行も、終わりの時が近づいてきた。

そろそろ本格的な帰国準備に入る。
まずはアパートを引き払うところからだ。

タイのアパートの退去

タイでも1ヶ月前に退去を知らせる必要がある。日本と同じだ。
ちゃんとしておかないとデポジットが戻ってこないかも。
逆にいえば、デポジットを放棄する覚悟があるなら、いつでも好きなときに退去可能だ。

最後に電気代と水道代を精算。
管理人による部屋の最終チェック。
他のアパートはどういうシステムかはしらないけど、このアパートの場合、鍵の交換代などで600バーツ引かれた。
でもその程度。
デポジットから引かれて、残りが返金された。

これがその時の明細書
アパート解約明細書

デポジット6000バーツから、電気代と水道代とサービス代が引かれて残り4013バーツが返却された。

これですべておしまい。

掃除用のほうきやちりとりは面倒なので、そのまま放置しておいた。
明らかなゴミ以外は、有効利用してくれるはずなので、残置しておけばいいと思う。
人力リサイクルシステムが稼働しているタイランド。
捨てるなんてもったいない。

アパート3

慣れしたんだアパートの部屋ともこれでお別れ。
いままでありがとう。

ホテルへ移動

タイから日本へ帰国する航空券の日付がもう少し先だった。
それまではホテル暮らしだ。

アパート近くで空のソンテウをつかまえて、引っ越しトラックがわりにした。
チャーター代が150バーツ。
安い引越し代だ。

ドゥアンナムイン1

この頃の定宿、ドゥアンナムインへ。
帰国までに数日間を過ごす。
まあ、別にアパート滞在と大きな違いはない。
昼は何もせず、夜になれば動き出す生活。
ホテルにプールがついているので、ひさしぶりに泳いだくらい。

あっという間に帰国の日。

とにかく荷物が多い。

バスタオルや洗面用具類。
電気スタンド。
ざぶとん。
衣類。
などなど。

生活期間が長いので、どうしても荷物が増えていってしまった。

バックパックもあるし、小型のスーツケースもある。
でも、それでは到底入りきらず、大型の収納袋を購入してきた。
とにかくこれに一切合財をつめこむ。

ホテルのフロントに頼んで、倉庫に荷物を置かせてもらった。
これでばっちり。

何度もパタヤへ来る人は、定宿を作って、従業員と仲良くなっておこう。
いろいろと融通をきいてくれるようになるし、大きな荷物を置かせてもらうことだってできる。
そうすれば、日本とタイの往復は小さなデイバック一つあれば充分になるのだ。
これは便利。
大規模なホテルではちょっと難しいだろうけど、小規模でフレンドリーなホテルなら意外と無理も聞いてくれる。
あくまでサービスなんで、荷物がなくなっても何の責任も取ってくれないだろうけど。

タイ出国。でもオーバーステイ

スワンナプーム空港

パタヤに別れを告げて、一路スワンナプーム空港へ。
実は、ちょっと計算が狂ってしまい、タイ滞在期限が二日ほど過ぎていた。
たった二日のためにわざわざビザランするのも馬鹿らしい。
空港の出国の際にイミグレーションで見つからないことを願った。

が、あっさり発覚。
やっぱり無理か。

別室に連行されて、そこで手続きしろと言われた。
罰金一日500バーツ。二日で1000バーツ。
手続きはものの5分くらいで終了。簡単なものだった。
他にもオーバーステイしているファランが何人もいた。
無事にイミグレーション通過。

さらばタイランド。
半年以上もありがとう。

どうせ、すぐに再会するだろうけど、元気で。

まとめ

これにて2012年パタヤ沈没とパタヤ発アジア夜遊び旅行終了。
途中ヨーロッパへの遠征もあったが、基本アジアで過ごした。

3月にスタートして、終わったのが10月。
バックパッカー時代も含めて、過去最長の海外旅行だった。
ただし、2回ほど一時帰国しているので、あまり長いという印象がない。
あっという間に時間が過ぎていった印象だ。

基本、パタヤ沈没。
たまに、アジア諸国漫遊。
タイ、インドネシア、シンガポール、ミャンマー、ラオス。
番外編としてヨーロッパのチェコがある。

国の数だけで言うと、意外と少ない(ヨーロッパは10カ国ほど移動したけど夜遊びしたのはプラハだけなので割愛)。
マレーシアやカンボジアは過去に訪問済み。今回はパスした。

もっといろいろ回ればよかったという思いもあるけど、予算の都合上、あきらめた。
パタヤから動かずにじっとしていれば、カネが浮く。そのぶん、長く滞在できる。
まあ、パタヤ沈没とアジア夜遊び旅行の両方が体験できたので、結果的には満足しているかな。

人生には、このような期間も一回は必要じゃなかろうか。
旅行が好きでアジアが好きで夜遊びが好きな男にとって、たまらない時を過ごした。

もしも、予算が潤沢にあり、体力もばっちりなら、次は世界一周夜遊び旅行を実行してみたい。
まだ見ぬ南米とかおもしろそうなんだけなあ。
でも、やっぱり慣れしたんだパタヤの魅力には抗しがたい。

パタヤを拠点にして、世界へ。
パタヤ発世界紀行か。
うん、ちょっと夢が広がるな。
これぞ、男の野望だ。

うーん、いったい実行できることやら。
死ぬまでには実行したい。

おしまい

更新しました!綺麗なホテルに泊まるなら
パタヤ新築ホテル情報2017年2月(更新)


関連記事

コラートバスターミナル

三度目のコラートへ。ローカルレストランとゴーゴーバー探訪。

モーチットからバスでコラートへ モーチットのチケット売り場がタイ語表記ばかりで、少々わかりづらい。

記事を読む

myanmar-flag

メーサイとタチレク。タチレクの置屋めぐりをしてみた

本日はメーサイとタチレクに挑む。 どちらも初訪問の土地だ。 昔、バックパッカーをやってい

記事を読む

chiangrai-tower

チェンライへ。チェンライの夜遊びスポット、リトルパッポン。

チェンマイには、たった一泊しかしなかった。 もっとゆっくりしていけばいいものを、なんか、もう満足し

記事を読む

万里の長城

日本~北京~パタヤ~コラート

北京へ まだまだ続くアジア夜遊び紀行。 日本への一時帰国を挟んで、ふたたびパタヤへ。 もち

記事を読む

chiangmaigirl

チェンマイの夜遊びスポット。チェンマイのゴーゴーバーは寂れていた。

さくっとチェンマイ観光を終えて、ホテルで一休み。 日が暮れはじめた。 夜遊び開始である。

記事を読む

オピウム博物館

ゴールデン・トライアングルとチェンセーン

翌日はチェンセーンに移動した。 まず、ゴールデン・トライアングルを見学。 この日は、完全に観光モ

記事を読む

ラオス国際バス

ビエンチャン発ウドンターニー行き。やはりバービアは落ち着く。

さらばラオス、ただいまタイランド ワンダーランドでラオス最後の夜遊びを終えた翌朝。 昼前にホ

記事を読む

ゴーゴー嬢@チャン島

パタヤでアパートさがしwithゴーゴー嬢

ゴーゴー嬢を呼び出す インドネシア・シンガポール旅行からパタヤへ無事帰還。 次のミッションは

記事を読む

チェンコン・フエサイ国境1

ラオス上陸。チェンコンからフエサイ、そしてスローボートでルアンパバーンを目指す。

メコン川を渡ってラオスへ チェンセーンから一気にラオスまで移動することにした。 まずは、ソンテウ

記事を読む

laos-flag

ラオス夜遊び旅行まとめ。ルートや費用、ガイドブックなど。

フエサイからスタートした今回のラオス夜遊び旅行。 終点はビエンチャンだった。 簡単にまとめてみた

記事を読む

アドステア

Comment

  1. eiji より:

    面白く、夜遊び情報がすごく勉強になりました。
    私も正月休みにバンコクに遊びに行って楽しかったですが、今度はパタヤに遊びに行きたいです♪
    これからもブログ楽しみにしてます。

    • pattayan night より:

      パタヤは楽しいですよ。ぜひ、遊びに行ってください。
      これからも当ブログをよろしく。

アドステア

スクリーンショット_032317_055159_PM
GWにも年末年始にも。サプライス(Surprice)の5000円割引きクーポン配布中。

格安航空券販売のSurprice(サプライス)が、恒例の割引きクー

Walking street201702
パタヤラストナイト。じゃんけんに勝ったらショート1500Bでいいというゴーゴー嬢をペイバー。

沈没日記12 (11からの続き) 早くもパタヤラストナイトだ。

Navin mansion2 (12)
パタヤ長期滞在向けサービスアパートメント、ナビンマンション2宿泊レポート

ナビンマンション2は、日本人には定番のサービスアパートメント。

Book of Philipin pub (2)
おもしくて一気読み。「フィリピンパブ嬢の社会学」中島弘象。

最近各所で高評価の新書、「フィリピンパブ嬢の社会学」(中島弘象)を購入

Yak statue
パタヤ復帰後はカラオケ嬢と付かず離れずで。ノーブンブンライフも悪くない。

沈没日記11 (10からの続き) バンコクからパタヤへ シーロム

→もっと見る

PAGE TOP ↑