*

マニラからプエルトガレラへの行き方。シーカット(Si-kat)利用での往復。


プエルトガレラ旅行記1

マニラは一泊だけですませて、さっさとプエルトガレラへ向かう。

マニラからプエルトガレラへの行き方。
事前に調べた情報では、大きくわけて2つの方法があった。

・シーカット、スワグマンのジョイントチケットを購入する

・ローカルバスとボートを自力で乗り継ぐ

後者のほうが料金的にはお得だが、わたしは初マニラだし、なるべく面倒は避けたいところ。
ジョイントチケットは、バスとボートがセットになっていて、添乗員が案内までしてくれる。よくわからない場合は、ジョイントチケットを購入してしまうのが楽でいい。これ、海外旅行の鉄則の一つ。都市部から島へ行く場合は特にそう。トータルでかかる費用はローカル交通乗り継ぎとそれほど変わらないこともある。

そんなわけでシーカットを利用することにした。スワグマンでもいいが、有名なのはシーカットのほう。アンヘレスからマニラまではスワグマンのフライザバスを利用したんで、プエルトガレラ行きはシーカットにしよう。

SPONSOR LINK



シーカット(Si-kat)

チケット販売所並びにツアー出発地点は、シティステートタワーホテル(City State Tower Hotel)。

City state tower hotel manila

地図

エルミタの中心部にある。
アンヘレス行きのフライザバスが出るスワグマンホテルからも余裕の徒歩圏内。ロビンソンデパートも目と鼻の先。

チケット販売所は、ホテルロビーのエレベーター脇にある。
ホテルの入口が2個所あるけど、北側の入口のほうね。

Si-kat Manila to Puertogalera (1)

よくわからなければ、入り口のガードマンに聞けば教えてくれる。

販売所はエレベーター脇
Si-kat Manila to Puertogalera (2)

昼間は係員が常駐しているようだ。

Si-kat (2)

最初は無愛想かと思いきや、すぐににこやかな笑顔で対応してくれた。写真撮影もピースサインで。ほんのちょっとだけ日本語も話せる。

Si-kat (1)

ボートの行き先が2個所ある。
Sabang Beach(サバンビーチ)かMuelle Beach。
購入時にどちらへ行くか尋ねられる。
ダイビングや夜遊び目的ならサバンビーチを選択しよう。
あとは、出発日を指定するだけ。マニラ発は1日1便なので時間指定は不要。毎日朝8時15分集合、8時30分出発だ。

料金は800ペソ。

往復でも買える。Round TripとかRound Ticketとか言えばいい。ゴーアンドリターンでも、通じれば何でもいい。
往復だと1600ペソ。割引きはないみたい。帰りのチケットは、プエルトガレラの埠頭でも簡単に買えるんで無理に往復で買う必要もないが、どうせ帰ることは確実だしペソの出費は先に済ませておいてもいいだろう。

わたしは往復で購入した。

Si-kat (3)

チケットが2枚あるんで、なくさないようにね。

なお、帰路のチケットの日付指定はされていない。

Si-kat (4)

「復路便は到着時あるいは24時間前にコンファームしろ」との注意書きがしてあるが、係員に聞いたところ、別に予約は要らないそうだ。
帰る当日の朝9時にプエルトガレラの船着き場へ直接行って、シーカットのチケットブースでチケットを見せればいいだけ。

マニラからプエルトガレラの道

8時15分にはシティステートタワーホテルに行くべし。
日中のエルミタの治安はほとんど心配いりません。普通に歩けます。

てっきりロビーのチケットブース前で集合かと思いきや、すでにバスはホテル前で待機していた。
やけにハイテンションな女性係員が呼びに来てくれて乗車。

Si-kat Manila to Puertogalera (3)
車体側面に、Si-Kat PUERTOGALERAの文字。わかりやすい。

Si-kat Manila to Puertogalera (39)

直接バスへ向かえばいいみたい。
大きな荷物は車体下部のラゲージスペースへ。

車内の様子
Si-kat Manila to Puertogalera (4)

日本の典型的な観光バスと同じもの。

蛇足ながら、このバス車体、元は日本の野鉄観光株式会社のもの。

Si-kat Manila to Puertogalera (41)

野鉄のHPを見てみると、同じカラーリングのバスが掲載されている。
どうりで日本の観光バスを連想させたわけだ。

チケットに座席番号が指定してある。
添乗員がいて、座席を案内してくれる。

わたしは最後に乗車したので、座席番号は無視して最後尾に座らせてもらった。横には誰もおらず快適。

乗車率は7割ほどか。客のほとんどは欧米人、もしくは欧米人の連れのフィリピン女性。アジア系単独客はわたしのほか一人か二人ほど。

マニラからバタンガスへのバス

8時30分定刻通りに出発。

明るい女性添乗員から挨拶。あとの流れを説明をしてくれる。もちろん英語のみだが、別に大したことは言っていないのでスルーしても大丈夫。

車内には説明書きもしてあるんで、リスニングが苦手な人はこれを参考に。

Si-kat Manila to Puertogalera (40)

車内では、ドリンクやサンドイッチの販売もある。
腹が減っている人は、サンドイッチでもどうぞ。価格は不明。

マニラ市街を抜けると、のどかな風景に。でも雲行きも怪しい。少し雨も降ってきた。

Si-kat Manila to Puertogalera (5)

午前10時、高速道路料金所付近でバスは一時停車して、トイレ休憩。

Si-kat Manila to Puertogalera (6)

あるのはトイレだけです。売店なし。

午前11時7分、港が近づいてきた。

Si-kat Manila to Puertogalera (7)

Port Batangasと書いてある。バタンガス港だ。

バタンガスからプエルトガレラへのバンカーボート

11時15分、バスが停車。
バタンガス埠頭に到着。ここで全員下車。

Si-kat Manila to Puertogalera (8)

荷物を回収して、徒歩で船着き場へ向かう。
この時、ポーターが寄ってきて、荷物を運んでもらうこともできる。荷物一個あたり20ペソとチップ少々を+して1回50ペソくらいだそうな。

船着き場へは一本道なので迷うことはない。
慣れている客は自分でさっさと向かっていた。

Si-kat Manila to Puertogalera (9)

ここでもバスの添乗員がついてきてくれるので心配な人は一緒にどうぞ。

Si-kat Manila to Puertogalera (37)

土産物売り場を通って、入り口へ。

Si-kat Manila to Puertogalera (10)

まず、右手にあるTerminal Ticket CounterでTerminal Feeを払う必要がある。
これはシーカットのチケットには含まれていない。

Si-kat Manila to Puertogalera (11)

窓口でシーカットのチケットを見せて、ターミナルフィーを払う。
料金は30ペソ。

これが、PASSENGER TERMIAL TICKETの現物
Si-kat Manila to Puertogalera (12)

それから、ターミナルの中へ入る。

Si-kat Manila to Puertogalera (13)

このあたりの流れは、つねに添乗員が誘導してくれるんで、彼女のそばにいれば大丈夫です。
もしくは慣れていそうなバスの同乗者のあとにくっついていけばいい。
なお、バスの添乗員の同行はここまで。あとはターミナル内の係員の指示にしたがいます。

Si-kat Manila to Puertogalera (14)

ターミナル入り口ではX線荷物検査あり。
まあ、ほとんど形だけみたいですが。

荷持検査を終えると待合室へ出る。わりと広い。

Si-kat Manila to Puertogalera (15)

ゲートがいくつもあるが、「シーカット!シーカット!」と係員が誘導してくれるんで、そのまま搭乗口へ。

どうやら、シーカットのバスの到着時間に合わせてボートが出港するようだ。無駄がなくていい。

歩いてボートへ。

Si-kat Manila to Puertogalera (16)

これがプエルトガレラ行きのバンカーボート。それなりに大きいが、フェリーとは違うんで、けっこう揺れそうな予感。

Si-kat Manila to Puertogalera (17)

最後にもう一度チケットを見せて、乗船。

Si-kat Manila to Puertogalera (18)

まるで山賊やゲリラのような強面の海の男が手助けしてくれる。けっこう揺れるんで要注意。

ボート内部
Si-kat Manila to Puertogalera (19)

全席自由席。
お好きなところへどうぞ。

側面の席のほうが海が近くて眺めはいい。
が、よく揺れる。船のエンジンの振動がダイレクトに伝わってきて、体がしびれてくる。さらに、波のしぶきがかかることもある。
船酔いが心配な人は、船体中央のベンチシートに座るのがおすすめ。
揺れも少なくて、過ごしやすいと思う。

Si-kat Manila to Puertogalera (21)

ちなみに、船尾にはトイレもある。CRと書いてあるのがトイレのこと。Comfort Roomね。SHEが女性用です。
トイレ付近では喫煙可能。SMOKING AREAときちんと指定してある。灰皿もあった。
無料の水もあります。あと冷えたビールやコーラも売ってましたね。

誰もライフジャケットは着用していないが、心配な人はどうぞ。

11時35分、出港。ヨーソロー。

Si-kat Manila to Puertogalera (20)

海の子どもたちが手をふってバイバイ。

バンカーボートは、一路、プエルトガレラへ。
ばしゃしゃと水しぶきをあげて、水面を突っ走る。

Si-kat Manila to Puertogalera (22)

心配された天候も回復。青空が映える。

気持ちいい~と言いたいところだが、まあそこそこ揺れること。

海は穏やかなほうだと思うけど、それでも揺れる。

グロッキー状態で寝ている人もいましたな。
船酔い体質の人は酔い止めを服用したほうがいいかも。
あと、エンジン音がかなりうるさい。

12時40分。島が近づいてきた。

Si-kat Manila to Puertogalera (23)

バンカーよ、あれがプエルトガレラか。

Si-kat Manila to Puertogalera (26)

フローティングバーから手を振る人よ。

Si-kat Manila to Puertogalera (24)

そして、ちびっこ海のギャングが船に飛び乗ってきた。

Si-kat Manila to Puertogalera (25)
ギャングどもは、手を差し出して、チップチップくれくれ攻撃。かわいいもんです。

12時45分、サバンビーチ埠頭に接岸。

船はこのあとホワイトサンドビーチへ向かうらしい。8割ほどの乗客はここサバンビーチで下船。

Si-kat Manila to Puertogalera (27)

桟橋を渡って、いよいよプエルトガレラ上陸。
テンションも上がる。

と、最後の最後に関所が待ち構えていた。

Si-kat Manila to Puertogalera (28)

何やら環境維持税のようなものを徴収される。EUFというようだ。

Si-kat Manila to Puertogalera (29)

全部まとめて50ペソ。
これを払わないとプエルトガレラ上陸は無理みたい。大人しく払いましょう。

あと、船を降りたところで、ポーターが寄ってきますね。
フィリピン人の英語の発音では「ポルター」と聞こえる。
ビーチ沿いあるホテルへの道は舗装がしっかりされておらず、かなり歩きづらい。大きなスーツケースがある人は頼んでもいい。
料金はやはり50ペソほどらしいが、もっと要求されるかも。

これにてプエルトガレラのサバンビーチへ到着。
シーカットツアーも終了となる。

Si-kat Manila to Puertogalera (30)

あとは自力でホテルへどうぞ。
埠頭から徒歩5分以内にホテルはたくさん並んでいます。
予約していなれば、埠頭付近に呼び込みがたくさんいるんでついていってもいいだろう。
できれば、1泊目くらいはホテル予約サイトで事前予約していったほうが安心だと思いますけどね。

往路まとめ

マニラのシティステートタワー前を8時30分に出発して、プエルトガレラのサバンビーチに上陸したのが12時45分。
全部で4時間15分の道のりだった。

Google Mapでのルート検索した結果がこちら

シーカットがたどったルートかどうかは不明。

バスの乗車時間が2時間45分。
ボートの乗船時間が1時間10分。
あとは乗り継ぎの時間となる。

バスは日本の観光バスなんで快適。
ボートは、揺れるとはいえ、1時間ちょっとなんで我慢できる範囲。
ぼーっと海を空を眺めていれば、あっという間です。

トータル4時間は、ちょっとした小旅行としてはほどよい所要時間でしょう。

シーカットを使えば、マニラからプエルトガレラまでは楽々ですね。
片道800ペソ(約1760円)の料金はフィリピンの物価を考えるとちょっと高いけれど、この快適さと便利さには代えがたい。
熱心なプエルトガレラリピーターでもないかぎり、シーカット一択でいいような気がします。

サバンビーチがあなたを待っている。

Si-kat Manila to Puertogalera (31)

青い海と青い空。うーん、気持ちいい。

プエルトガレラからマニラへの帰路

シーカットを利用するなら、帰りも簡単です。逆にたどるだけですね。

軽く説明しておきます。

往復でチケット購入済みなら、指定の時間に埠頭へ行けばいいだけ。
バタンガス行きシーカットボートの集合時間は午前9時。

Si-kat Manila to Puertogalera (34)

シーカットのブースがあって、そこでチケットを提示する。
まだチケットを購入していないなら、その場で購入可能。800ペソ。

Si-kat Manila to Puertogalera (33)

チケットとは別に、Safety and Security Feeなるものの支払いが必要。
安全保安税といったところか。20ペソ。

チケットブースの横のテーブルに置かれた乗員名簿に名前を記入する。
9:15AMと書かれたほうへどうぞ。

Si-kat Manila to Puertogalera (32)

往路はなかったなあ、こんなの。

ボートに乗り込む。

Si-kat Manila to Puertogalera (35)

出港予定時刻は午前9時15分。
実際に出港したのが9時25分。

バタンガス港に到着したのが、10時45分。

バタンガス到着時には、シーカットのサインボードを持った係員がお出迎えしてれる。

Si-kat Manila to Puertogalera (36)

係員についていって、マニラ行きのバスへ乗る。
行きと同じバスですな。添乗員のおばさんも同じ人。いやあまた会ったねと挨拶。

Si-kat Manila to Puertogalera (38)

11時5分、マニラ行きバスが出発。

途中、往路と同じ場所でトイレ休憩。

午後1時55分、エルミタのシティステートタワーホテル前に到着。
実に簡単です。迷う心配ゼロ。
海外に不慣れな人でも安心してプエルトガレラ往復ができます。って、シーカットのまわしものみたいだけど、それくらいきちんとしていますよ。フィリピンだからいいかげんなんてことはないですね。

SPONSOR LINK

関連記事

Angeles walking street (2)

アンヘレス初日のバーファインは23歳新人嬢。母乳が出るほどフレッシュ。

アンヘレス夜遊び日記1 そんなわけで、関空から香港を経由してクラーク空港に到着。 すぐさまタ

記事を読む

Angeles perimeter bar (4)

アンヘレス2日目はプリメタ地区で昼間から遊んでみる。これが三軒茶屋?

アンヘレス夜遊び日記2 今回のアンヘレス訪問の目的の一つが、プリメタ地区捜索だった。 ウ

記事を読む

Si-kat Puertogarela to Manila (7)

プエルトガレラからマニラへの道。エルミタのロビンソンで暇つぶし。

プエルトガレラ旅行記7 早くもプエルトガレラを立つ時がやってきた。 やはり2泊だけではも

記事を読む

Midnight (2)

プエルトガレラの夜遊び。ディスコという名のゴーゴーバーめぐりをしてみた。

プエルトガレラ旅行記3 プエルトガレラ、サバンビーチに夕闇が迫る。 そして夜がや

記事を読む

Manila UBE airport bus (3)

マニラ国際空港とマニラ市内を結ぶエアポートバスは快適で便利

マニラ市内(エルミタ)からマニラ国際空港へ向かう。 わたしはマニラ市内滞在はこれが初めて。

記事を読む

Manila Ermita bars (16)

はじめてのマニラ夜遊び。エルミタの連れ出し置屋バーとマカティの民家置屋。

マニラ夜遊び日記2 LAカフェのあと、何かを求めてエルミタをうろうろ。 まあ雑然

記事を読む

Centauro

連夜のウォーキングストリートバーホッピング

アンヘレス夜遊び日記3 滞在しているダニエラズプレイスで仮眠から覚める。 すでに辺りは暗くな

記事を読む

TG625 (4)

マニラからバンコクまで片道90ドル、TG625便搭乗レポート。マニラ空港の喫煙所について。

とても快適なエアポートバスでマニラ空港第1ターミナルに到着。 通称、NAIA1である。ニノイ・

記事を読む

Sabang beach disco kady (4)

サバンビーチのディスコでバーファイン。まったりロングで過ごす。

プエルトガレラ旅行記5 今回のプエルトガレラ滞在はわずか2泊だけ。 当初は3泊しようと思って

記事を読む

KIX to CLARK (15)

同日乗り継ぎで関空から香港経由でクラーク(アンヘレス)まで飛んでみた

アンヘレスの最寄り空港であるクラーク国際空港まで日本からの直行便は飛んでいない。 ソウルや香港

記事を読む

アドステア

アドステア

スヌーズゾテル Snoozzotel pattaya (1)
2017年改築新装オープンホテル、スヌーズゾテル (SnoozZotel)内部見学レポート

ホテル予約サイトを眺めていると、見慣れぬホテル名を見つけた。 ス

スクリーンショット_072317_043908_PM
AIS、12callの7日間ネット使い放題パッケージを使ってみた。おすすめは4Mbps。

わたしがタイで使っている携帯電話の通信会社はAIS。12callと

GINZA ギンザ (1)
【昨日のWS】GINZAリニューアルオープンとBLISSのナースパーティ

昨日7月23日のパタヤの様子です。 晴れ間がさしたり、雨が降った

Soi9 coffee (6)
Soi9.Coffeeは、ソイブッカオのお手軽カフェ。ブレックファースト90バーツ。

ソイブッカオのほぼ北端、セブンイレブンのある角を曲がるとサードロー

Ginza ギンザ (2)
【昨日のウォーキングストリート】GINZA開店せず。ハッピーとランウェイ盛況。

快晴のパタヤ 久々に快晴となった昨日のパタヤ。 パタヤ

→もっと見る


PAGE TOP ↑