*

屋台、ゴーゴーバー、バービア

7日目

一夜をともにしたSを宿の下まで送っていく。
タイ語で、
「パイ・ソーン・カンラーン」
パイ=行く
ソーン=送る
カンラーン=階下
となる。
発音はテキトウである。あまり信じないように。
ちなみに、階上は「カンボッ」となる。
ソイ6あたりの置屋バーでは、2階のやり部屋に上がる際に「パイ・カンボッ」と言えばいい。

Sはバイタクに乗って、自宅へと帰っていった。

【屋台飯あれこれ】

送りついでに屋台で昼食を購入。
鶏のからあげを二つとカオニャオ。

ガイトーット

それに、おかずを売っている屋台で魚のラーブ。

ラーブ

おかず屋屋台
ラーブ屋台

合計55バーツ。
からあげはハーブがきいていて、普通においしい。
ラーブとは、イサーン風のサラダみたいなもの。豚肉、鶏肉、魚などいろいろな種類がある。やや酸味がきいた味付けだが、本場仕様は半端ない辛さとなる。
ここの屋台のものも辛いが、何とか食べられるレベル。
すっかり満足。

昼間何もせず部屋にこもる。とにかく外は暑い。
夕方になり、一度外出。
またしても屋台で食事購入。

タイ風オムレツご飯、揚げ豚肉付き。
「カオ・カイヂアオ」と「ムゥ・トーット」。
30バーツと20バーツの計50バーツ。
カイヂアオは卵を一つ使用するのが普通だが、二つでも注文もできる。たぶんちょっと値段が上がる。
豚肉は1人前10バーツなので好きなだけ注文しよう。屋台に針金で吊るしてあるので、自分で好きなものを選んでもオッケー。

カイヂアオのソースは、甘辛いチリソースを小皿に入れてくれる(もしくは直接かけてくれる)。
タイではおなじみの定食みたいなもの。
ご飯がたっぷり入っているので、これだけでおなかいっぱいだ。

この写真は、ただのカオ・カイヂアオ。豚肉なし。
カオカイジアオ

ちなみにレストランや食堂では、豚の挽肉入りのカイヂアオも注文できる。豚の挽肉は「ムゥ・サップ」というので、「カイヂアオ・ムゥ・サップ」でオーダー可能だ。

【LKメトロのゴーゴーバー、パラダイス】

パラダイス

食後、再度外出。
LKメトロ。新装開店したパラダイスへ。
ステージが少しだけ広くなったかも。
ドリンクをつくるカウンターが奥へ移動。そのかわり、ソファーやゲーム機が置いてあったダンサー休憩所がなくなっていた。
それ以外は、あまりぱっとせず。ダンサーの顔ぶれもぱっとせず。
去年連れ出したことのあるダンサーの姿は見えなかった。その他の知り合いダンサーも不在。改装中に他のゴーゴーへ流れてしまったのだろうか。
(後日談となるが、ウォーキングストリートのクレイジーハウスという新規ゴーゴーバーに移籍しているダンサーを発見した。)

このパラダイス、改装前はバーファイン600、ショート1500、ロング2500が標準価格だった。交渉次第ではもっと安くなることも。LKメトロのゴーゴーバーの中で一番安い部類。
改装後はどうなったのか、特にダンサーと話をしていないので不明。
なんとか一昔前のパタヤ標準相場を維持してもらいたい。

【バービアめぐり】

パラダイスを後にして、昨晩ペイバーしたSの働くバービアへ行くも、Sは不在だった。
ちょっと残念。
まあいいか。
どうせ毎日はペイバーできないし、時間をかけてもっと仲良くなろう。

ちなみに、本日から夜間外出禁止令が緩和されて、夜12時閉店となったと教えてもらう。少し夜が長くなった。

ついで、セカンドロード沿いにある別のバービアへ。
先日、ろくに会話もできなかったバービア嬢と再会。
Bちゃん。身長145センチ、体重36キロとのこと。顔もかわいい。
レディドリンクをおごって少し会話。
明日の夜、ウォーキングへ遊びに行こうと誘われる。ついでに電話番号も交換。ラインも自動的に友人となった。
いい感じ。
でも、あっという間に12時に。
閉店がらがら。
連日、ペイバーするわけにも行かず、今日のところはリリース。
この子は、直接やり取りして関係を続けてみようと思う。
一人で、人気の少なくなったブッカオを歩いて帰宅。
相変わらずオカマが暗躍している。こわい。

屋台飯とゴーゴーバーとバービア、とパタヤの日常を満喫した一日となった。
これで食費、飲み代、移動代すべて合わせて、640バーツ。
宿代が一日あたり350バーツほどなので、合計1000バーツ。
そこそこ使ったかなという印象。
ペイバーの回数を増やすためには、もう少し節約したいところだ。
まあ、気の趣くままに行動しよう。

更新しました!綺麗なホテルに泊まるなら
パタヤ新築ホテル情報2017年2月(更新)


関連記事

センタン映画館

目覚めの一発から映画デート

32日目 【Nと目覚めの一発】 Nは午前中から病院に行く予定とのこと。 9時には一度自分の部屋

記事を読む

ラオス国際バス

ビザランスタート。ラオスへの遠い道のり

29日目 【ウドンタニーへ】 407のVIPシートは初めて利用したが、かなり快適だった。

記事を読む

カオパット

やはり浮気の虫がうずき出す

40日目 昼飯は買い置きしてあったインスタントラーメンとゆで卵。 貧乏学生のような食生活であ

記事を読む

witherspoons

F1とバービアめぐり

4日目つづき 【スポーツバーでF1観戦】 マッサージ屋での一戦を終え、部屋に戻る。 夜7時頃、

記事を読む

スワンナプーム空港

パタヤ沈没生活終了。クアラルンプール経由で日本帰国。

48日目最終日 Nとお別れ パタヤ最後の朝。 ぐずるNを叩き起こして、最後の一発。 濃厚なや

記事を読む

妹1

美人姉妹のバーへ

31日目 昼前まで熟睡。さすがに疲れがたまっていた。 パタヤ沈没生活も2ヶ月目に突入。 予

記事を読む

crazy house

ウォーキングストリートの格安屋台群とCRAZY HOUSE

21日目 昼飯はから揚げ(ガイトート)とカオニャオ、それとおかず屋台でラーブ。 これで計45

記事を読む

バンコク銀行

ATM使用不可。残金60バーツ。でもマイペンライ

41日目 いよいよ7月に突入。日本も暑くなっていることだろう。 パタヤはもっと暑い。ここ数日

記事を読む

ソイ7

ジャオチューの虫は治らない

23日目 ほどよく酔っ払ったせいか、昨晩は熟睡できた。快適な目覚め。 ケーブルテレビのアスト

記事を読む

barbeer1

今宵もバービアめぐり。スイス人ハーフ(男)と語り合う 

5日目 今日も、昼間からバービア嬢Aに会いに行く。 雑貨屋で合流し、コーラを飲む。Aにも栄養

記事を読む

アドステア

アドステア

The cube hostel Silom (1)
シーロムにあるモダンなゲストハウス、ザキューブホステルに泊まってみて感じるバンコク宿事情の変遷

シーロムといえば、バンコクの一等地だ。 オフィスビルが立ち並ぶ一

Sala daeng khao soi (1)
サラデーンのローカルフードコートでカオソーイ

シーロムにあるTHE CUBE HOSTELに泊まっていた時のこと

Pattaya Sign
出費報告と日本帰国時あれこれ。性病検査は忘れずに。

沈没日記15(おまけ) あまり意味はないですが、恒例の出費報告を

Airasia Dongmueang Kiosk (2)
日本帰国。ドンムアン空港エアアジアの自動チェックイン機を使ってカウンターをスルーしてみた。

沈没日記14(最終回) 本日は日本へ帰国するだけ。 起

Thaniya karaoke lady
最後はタニヤ嬢とブンブンしておしまい

沈没日記13 (12からのつづき) じゃんけんに勝利してゴーゴ

→もっと見る

PAGE TOP ↑