*

娘をもとめて20年~マンゴーレインズは感動の実話小説

公開日: : 最終更新日:2015/11/16 タイ夜遊びライブラリー, 小説

MANGO RAINS by Daniel M.Dorothy

mang rains

パタヤ地元英字新聞「PATTAYA MAIL」の編集者ダニエル・ドロシーが実話を元に書き下ろした小説。

簡単なあらすじ

親戚にだまされ売春宿に売り飛ばされたイサーンの少女。
妊娠して娘を産む。バンコクに流れつき、女手一つで育てるも、信じていた友人に騙され、赤子を売り飛ばされてしまう。
それから母の必死の捜索がはじまる。
パッポンからパタヤへ。パタヤからイサーンへ。イサーンからバンコクへ。まさに執念の大捜索。
と同時に母は歌手としての道を歩む。そして大スターへ。
だがいくら調べても娘は見つからない。そして、20年が過ぎて、ついに・・・

 

著者が実在のモデルから話を直接きいて書き上げたそうだ。

母の人生も波乱万丈だが、娘の流転の人生もすごい。
まずパッポンで物乞いをやらされる。
それから親切なトゥクトゥクドライバーに助けられパタヤの孤児院へ。
数年ほど孤児院で育つが、誘拐され、別の組織にバンコクで物乞いを強要される。
仲間とともに脱出してイサーンにある仲間の実家へ逃げこむ。
そこにいられなくなりバンコクへ戻る。パッポンのゴーゴーで働く。
今度はタイの地方都市でバスの乗務員。そこで平穏に暮らしていると、事件に巻きこまれ逃走を余儀なくされる。
といった具合。

ラスト間近のシーンがいい。
人気歌手となった母は、我が娘の名前を冠したオリジナル曲をつくり、大ヒット。ラジオやテレビで盛大に流れる。当の娘はまさか自分のことを歌っているとは知る由もなく、歌を口ずさむ。
そんな母娘の再会シーンにはただただ感動。

だが、長い、ひたすら長い。
大きいサイズのペイパーバックで450ページ。日本語の文庫本なら600ページ越えだろう。
文章は簡潔で読みやすい。プロのライターだけはある。それほど難しい英語じゃないけど、とにかく読むのに時間がかかった。
でもいい話だ。お涙頂戴ものなのはわかりきっているが、単純に泣ける。

パッポンやソイカウボーイで物乞いをする子どもたちとそれを操る大人たち。タイ北部山岳地帯やイサーンでの人身売買の実態。タイの風俗裏事情。
そんなアジアのダークサイドも知ることができる。
おすすめの一冊だ。

キンドル版も出版された。ペイパーバック版より安い。

偶然だろうが、ほぼ同タイトルの馳星周の小説もある。こちらもタイが舞台。あわせて一読あれ。

SPONSOR LINK

関連記事

洋書

パタヤ沈没の友は洋書ペイパーバックだった。タイ夜遊びライブラリー序言。

足掛け6ヶ月に及んだパタヤアパート沈没生活。 とにかく、日中が暇だった。 しかも、雨

記事を読む

only13表紙

パッポンに売り飛ばされ13歳から働かされた少女の物語。ONLY 13

「ONLY 13 The True Story of Lon」 by Julia Manzanare

記事を読む

bangkok private eye

タイ・バンコク私立探偵の告白。浮気調査に気をつけろ。

Confessions of a Bangkok Private Eye by Warren Ols

記事を読む

damage done

バンクワン刑務所へようこそ THE DAMAGE DONE

「THE DAMAGE DONE」 by WARREN FELLOWS 時は90年代後半。

記事を読む

angel of pattaya

ファランによるタイ風俗嬢へのインタビュー集「パタヤの天使たち」

「ANGELS OF PATTAYA」by G.T.Gray これはファランによるタイ売春

記事を読む

farang!

英国紳士ファランのタイランド大冒険 FARANG!

「FARANG!」 by David Thompson イングランド在住、バツイチの小学校

記事を読む

diary of

ロンドンで働くタイ人エスコート嬢の秘密日記。Diary of THAI Escort

「Diary of THAI escort」 by Anonymous ある事情からタイの

記事を読む

I-am-Eri (1)

わたしの名前はエリ。ジャパゆきタイ女性の現実やいかに?

「I AM ERI MY EXPERIENCE OVERSEAS」 by Thanadda Sawa

記事を読む

farang strike back

ファラン怒りのパタヤ。 A FARANG STRIKES BACK

「A FARANG STRIKES BACK」by LOUIS ANSCHEL 直訳すれば

記事を読む

so many girls

ファランによるタイ女遊び指南書。SO MANY GIRLS!

「SO MANY GIRLS! SO LITTLE TIMES!」by Chuck Wilson

記事を読む

アドステア

Comment

  1. サムライコボリ より:

    タイで実話小説?と言ったら「クーカム」でしょうね。
    タイは親日国ですがこの小説(日本語訳では「メナムの残照」)が果たした役割は大きいでしょうね。
    全部で第24話まであるので全部見るのには約24時間かかりますけど。555

    [日本語字幕]Khu Kam 2013(คู่กรรม)第1話
    http://www.dailymotion.com/video/kUkA3fauq75VN38kq5w
    http://ameblo.jp/naaruk/entry-11464434480.html

    • pattayan night より:

      2,3年前に公開された映画版の「クーカム」はタイの映画館で見ましたよ。セリフに日本語が多いし、英語の字幕付きだったので、ほぼ完全に理解出来ました。これなら2時間でおしまいですね。
      ドラマ版は、たまにテレビで見てました。
      日本語訳の小説「メナムの残照 (角川文庫)」は、プレミア価格になっていますねえ。

アドステア

p1170958
沈没日記スタート。まずはバンコク2泊から。

沈没日記1 最初に とりあえず、ここから今回の新しいパタヤ沈没日記

champaign-cyotes-2
オープン初日の新コヨーテクラブ、Champagne Coyotes(シャンペーンコヨーテ)@ソイLKメトロ

ソイLKメトロのソイダイアナ側にあるChampaignの横に、新しいコ

donmuang-airport-3
バンコク・ドンムアン空港深夜到着時の移動方法。タクシー利用でスクンビットまで。

フライトがディレイしたため、ドンムアン空港に到着したが午前0時20

kix-scoot-delay-3
関空発バンコク行きスクートが大幅ディレイ、関空で4時間暇をつぶした話

今回のタイ行きは、LCCのSCOOT便を利用。 理由は単純に安か

nana-burger-bangkok-2
今さらながら、あえてナナバーガーを食べる

ナナバーガー。 熱心なバンコクリピーターには説明不要。 ナナプ

→もっと見る

PAGE TOP ↑