*

夜間営業のムーピン屋台@ソイチャイヤプーン入り口

公開日: : 最終更新日:2016/12/28 グルメレポート


ムーピンとは、タレに漬けた豚肉を串焼きにしたもの。

ムーピン屋台

甘辛いタレと柔らかい豚肉の相性が抜群の1品だ。
焼き立ては、たまらなくうまい。

多くは移動式屋台での販売となる。

SPONSOR LINK

ソイチャイヤプーン入り口ムーピン屋台

ソイチャイヤプーン入り口近くで、夜になるとムーピン屋台が出現する。
毎日同じ場所で営業しており、わかりやすい。
昼間は、別の屋台が出ている。

moo_pin_2

めんどくそうな表情とだるそうな体型をしたおばさんが、椅子に座りながらムーピンを焼いている。
炭火焼きだが、自力で火に風を送るのが面倒なのか、網の上には送風機が装着してある。

moo-pin-3

1本10バーツ。

すでに焼き上がっているものが卓上に並んでいるけれど、再度焼きおなしてもらうこともできる。
できれば熱々で食べたいものだ。

moo-pin-1

ムーピンは酒のあてにもご飯の友にも最適。
まだ食べたことがない人は、ぜひとも味わってもらいたい。

日本の焼き鳥屋のつくねのタレ焼きに似ているんで、日本人ならたいていの人はおいしく食べられるはず。

あと、ズリの串焼きなんかも売ってます。
ほんと、焼き鳥屋ですな。

営業時間は暗くなってから、深夜まで。たぶん午前2時か3時まではやっているでしょう。
ソイLKメトロやソイブッカオで夜な夜な遊ぶ人には、うってつけ。
バーに持ち込んで食べてもいいですな。
(追記。12月27日夜は営業していなかった。)

地図

あと、ソイLKメトロのソイダイアナ側入り口脇にあるLKチキンのすぐ隣でもムーピンを扱いはじめた。

lk-chicken-moo-pin

関連記事:LK Chickenの唐揚げは、夜食とおつまみに最適。1個15バーツ。

まあ、正直なところ、ムーピンは、どこで食べても似たような味だ。
すべて手作りというよりも、どこかに同じ食材卸業者があるのかもね。
大きく外すことはないはず。お好きなところで食べましょう。

SPONSOR LINK

関連記事

ホーモックガイ (3)

天秤屋台で購入したホーモックガイサイピー。鶏肉のバナナ葉っぱ包み蒸し。

タイの街角では、いまだに天秤をかついで行商する人がいる。 パタヤでも、ちょこちょこ見かける。

記事を読む

パタヤタイのカオマンガイ (1)

パタヤタイ、ワットチャイ近くのカオマンガイ&クィティアオ屋台がうまかった

パタヤタイ(サウスパタヤ)のワットチャイモンコーン近くには、屋台が多数、軒を連ねている。 昼間

記事を読む

パタヤタイの豚骨トムヤムクイティアオ (1)

豚骨入りトムヤムクイティアオは、男の迫力で辛くてうまい@パタヤタイ

うまそうな店を求めてパタヤタイのワットチャイ市場裏側のソイを走っていると、ふと目に止まったのが、

記事を読む

スルメ屋台 (1)

【まとめ】タイ屋台料理・おつまみ編。タイ語や注文の仕方も。

タイと言えば、屋台料理。 安くてうまいB級グルメの宝庫だ。 その中でも、酒のアテや肴としても

記事を読む

パートンコー屋台 (6)

タイの朝食といえば、パートンコー(揚げパン)。練乳シロップをつけて食べると病みつきの味だ。ソイブッカオでどうぞ。

ソイブッカオのパタヤ市民病院(Pattaya City Hospital)近くで、朝だけ営業して

記事を読む

ソイエキサイト脇道食堂のムーガティアム (2)

酷暑のタイ・パタヤ。夏バテ防止にニンニクと唐辛子入りの料理を食べよう。ムーガティアム、パックブンファイデーン、ソムタム。

暑季まっさかりのタイ王国。 パタヤももちろん暑い。 とにかく暑い。ひたすら暑い。 日中は拷

記事を読む

tammourタムモア@ハーバーパタヤ (3)

綺麗で安いイサーン料理レストラン、タムモア(TUM MOUR)の手羽唐揚げとソムタムがおいしかった@ハーバーパタヤ

日本から来た友人二人をハーバーパタヤへご案内。 あまりローカル過ぎるタイフードは苦

記事を読む

soi BJ (1)

ウォーキングストリート、ソイBJ屋台の10バーツ唐揚げ

ウォーキングストリートのソイBJに屋台が集結するようになった。 ソイBJとは、ウォーキングスト

記事を読む

kebab-soi-lengkee-2

ソイレンキーの新しいトルコケバブ50バーツ。チキンサンドイッチがおすすめ。

ソイダイアナからソイレンキーにかけては、ケバブ屋台が乱立しており、さながらケバブ銀座の様相を呈し

記事を読む

カオムークロップ (1)

カオムークロップとカオムーデーン屋台。バミーとワンタンスープもあるよ。

パタヤタイ通りを走っていると、ソイブッカオとサードロードの間にムーデーンが一際目立つ屋台があった

記事を読む

アドステア

アドステア

The cube hostel Silom (1)
シーロムにあるモダンなゲストハウス、ザキューブホステルに泊まってみて感じるバンコク宿事情の変遷

シーロムといえば、バンコクの一等地だ。 オフィスビルが立ち並ぶ一

Sala daeng khao soi (1)
サラデーンのローカルフードコートでカオソーイ

シーロムにあるTHE CUBE HOSTELに泊まっていた時のこと

Pattaya Sign
出費報告と日本帰国時あれこれ。性病検査は忘れずに。

沈没日記15(おまけ) あまり意味はないですが、恒例の出費報告を

Airasia Dongmueang Kiosk (2)
日本帰国。ドンムアン空港エアアジアの自動チェックイン機を使ってカウンターをスルーしてみた。

沈没日記14(最終回) 本日は日本へ帰国するだけ。 起

Thaniya karaoke lady
最後はタニヤ嬢とブンブンしておしまい

沈没日記13 (12からのつづき) じゃんけんに勝利してゴーゴ

→もっと見る

PAGE TOP ↑