パタヤ近況

円安により1バーツ=4円時代到来

投稿日:

またもや円安が加速した。
昨日6月8日の為替市場では、1ドル133円台に突入した。
これは20年ぶりの円安水準だという。
では、円とバーツの両替レートはどうなっているのか。

広告



1バーツ4円時代到来か

昨日の午後のグーグルでのレート表示

1円=0.2596バーツ
つまり、1万円を両替すると2596バーツだ。

TTカレンシーのホームページでは、1万円=2572バーツとの表示。

円安傾向が始まってからも、2600台はかろうじてキープしていたが、あっさりと2500台へ落ちてしまった。

夜9時頃、ビーチロードのTTカレンシーではこのような表示となっていた。

1円=0.2570バーツ

単純計算すると、1バーツ=3.89円

これはもう1バーツを4円と計算するしかないレベルだ。

50バーツのカオマンガイが200円。
カフェアマゾンのコーヒー60バーツが240円。
バービアの瓶ビール80バーツが320円。
バーファイン1000バーツが4000円。
ロングのチップ5000バーツが2万円。

この円安でも、まだまだ日本より安いものが多いけれど、中にはすごく割高に感じるものもある。

さすがに1バーツ=4円だと、大きな買い物は躊躇してしまう。
これ以上、円安が進みませんように。

ドル円では20年ぶりの水準だが、バーツ円では25年ぶりの安値ということだ。
タイのメディアでも取り上げられている。

1997年にタイを訪れた際には、今と同じくらいのレートだったはず。たしか1万円が2500バーツあるかないかくらいだった。
でも25年前と現在ではタイの物価が全然違う。

日本からタイへ遊びに行くのは割高だが、タイ人が日本に遊びに行くのは大変お得となる。
おりしも6月10日からは、タイから日本への観光目的入国が認められる。
グループツアーのみで手続きも煩雑だが、タイ人は日本へ遊びに行くことがルール上はできるようになる。
これを機に、バーツを円に両替するタイ人も増えているようだ。
タイ人旅行者には嬉しい円安、日本人旅行者には厳しい円安である。

広告

-パタヤ近況

Copyright© パタヤ千夜一夜 , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.