パタヤ近況

パタヤ近況:エキサイト広場のOh Bar系列パブ、TSUNAMI、ソイ7復活の兆し、ゴールデンタイム売却

投稿日:


この一週間ほど忙しくて、まったく飲みに出かけていない。
昼と夜に少し外出して、軽く流しながらパタヤの様子をチェックするだけだ。
特に大きな変化はないけれど、気づいた点を少々レポート。

広告



天気とレート

雨季に入ったタイ、パタヤ。
曇り空が続き、たまに雲間から青い空をのぞくことができる。
一日中雨が降ることもない。夜遅くに少し降る程度だ。
雨よりも蒸し暑さのほうが難敵だ。
昼間も夜もとにかくムシムシして、外を歩くのが嫌になる。

両替レートは、円が回復傾向にある。
昨日5月19日のTTカレンシーのレートは、1円=0.2680バーツ。
1万円が2,680バーツになる。
この調子で回復していってほしいところ。

エキサイト広場

ソイエキサイトの空き地にできたXZYTE SQUARE PATTAYTA。
通称エキサイト広場。

表には電光看板ができた。
夜は光る。

KFC前はきれいにライトアップ。

奥にはカラオケボックスも光っている。まだ完成はしていないようだが。

ソイエキサイト側奥にはパブが2軒。

SKY MUSICは前からあったが、その隣には新しい店がオープン。

BB CLUB PATTAYA Restaurant & Pub。

ここは日本人人気の高いOh Bar系列店だ。4月末ころに営業開始となった。
ちなみにOh Barはまだ営業再開していないもよう。

夜のエキサイト広場内はまだまだ暗い。

人も車もほとんど通らない。
ナイトライフ系の店は、2店舗のみだ。
ただ、建設中の看板を見るかぎり、他にもバーやパブがオープンしそう。
店が増えていけば、おのずと盛り上がっていくはずだが。

TUSNAMI閉店?

エキサイト広場の斜め向かいあたり、サードロード沿いにある日本食屋台のTUSNAMI。

関連記事:サードロードの日本食屋台TSUNAMIで食べ比べ

が、ここのところずっと閉まったままだ。

たまたま休業しているのか、それともクローズとなったかは不明。
隣のマネキンは妙に迫力がある。

ソイ10とソイ7

夜のソイ10内。

暗いままだ。
営業しているホテルは変わっていない。
イースティニーレジデンスとサワディシービューはずっとクローズ。
3軒あるシーミースプリング系列のうちシーミースプリング3のみが営業。あとの2軒はまだ営業再開していないようだ。
ソイ10のホテルは、外国人短期旅行者の利用が多い。
まだまだ旅行者が戻ってきていない状況ではホテルの再開は難しいのかもしれない。

ただビーチロード付近ではバーの再開が増えてきた。

ゴーストタウン状態がずっと続いていたソイ7にネオンサインが戻ってきた。

少し前から新しいバービア群エリアはオープンしている。
昔のソイ7の中心部であったバービア群では軒のみFor Rentとなっていたが、つい最近、いくつか新しいバーが営業を開始した。
まだ数は少ない。
客も少ない。
とはいえ、ソイ7にネオンサインが戻ってきたのは素直に嬉しい。
これから徐々に復活していくことを期待。

ソイブーメラン

ソイブーメランでは半分ほどのジェントルマンズクラブが営業再開済み。
さらに、SLUTZという新店もオープンした。
AQUAは、隣のHEAVEN ABOVEが吸収合併した。現在工事中で、1,2ヶ月後には、HEAVEN ABOVEと合体させて大きな店舗にするそうだ。

ソイブーメランの旗艦店ともいうべきGolden Timeはずっとクローズしたまま。
ついには看板が塗りつぶされた。

Golden Timeから正式告知があり、4月に新しいオーナーに売却されたということだ。
新しいオーナーは旧オーナーとは無関係。
完全に新店舗として営業開始するもようだ。
オープン時期は不明。
なお、新しいオーナーは、ウォーキングストリートの某有名店と同じという噂だが真相は不明。
まあ、オープンしてしまえば、オーナーなんてどうでもいい。
楽しい店ができればそれでいい。

タイでは娯楽施設再開ムードが高まりつつある。
パタヤでも新しい店がオープンしたり、オーナーが変わったりしている。
ずっとFor Rentだった店に新しい借り手や買い手がついたことを意味する。
店は変わるが、ネオンサインは増えていく。
まだまだ暗いエリアの多いパタヤだが、眠らない街の復活へ向けて確実に歩みつつある。

広告

-パタヤ近況

Copyright© パタヤ千夜一夜 , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.