ビザ・タイランドパス・入国手続き

タイランドパスを装ったEメールに注意を

投稿日:

現在タイ入国を希望する際にはタイランドパスによる事前のWEB申請が必須となっている。
必要書類を提出し、承認されれば、登録したEメールアドレスあてに入国用QRコードが送付されてくる仕組みだ。
このQRコードを提示してタイ到着時に検疫手続きを進めていく。
よって、タイランドパスから送信されるEメールのチェックは欠かせない。
が、タイランドパスを騙ったスパムメールが送られてくる事案が発生中だと、タイ外務省が注意喚起している。

広告



タイランドパスに偽装したスパムメール

外務省領事局からの注意喚起

タイランドパス申請者が以下のようなEメールを受けとった際は、決して決してQRコードをスキャンしたり、記載された指示に従わないように。
Eメールは、タイランドパスから送信されたものではなく、セキュリティと個人情報を危険にさらす恐れがある。

タイランドパス申請サイトでも同様の警告文が掲載されている。

外務省では実際の詐欺メールをいくつか紹介。

いずれも送信者や件名にThailand Passの文字が含まれている。

タイランドパスの正しいEメールアドレスは、@tp.consular.go.thドメインからのものであり、タイ当局およびタイランドパスにのみリンクしている点に注意してほしいと外務省は呼びかけている。

同様のスパムメールは、1月末にも問題になっていた。
今回はさらに種類が増えているようだ。

タイランドパス承認QRコードがいつ送られてくるかそわそわしている人は多い。
特に問題がなければ、申請から2-4日ほどで承認されるケースが大半のようだが、早く受け取りたいものだ。
新着メールにThailand Passの文字があれば、ついつい本物だと早合点してしまい、添付されたQRコードやリンク先を踏んでしまいかねない。
送信元のドメインをよく確認してから、中身を確認するようにしましょう。

関連記事:新Test&Goでのタイランドパス申請方法解説
関連記事:出発前日のタイランドパス申請は不可、実際のタイランドパス承認所要期間報告

広告

-ビザ・タイランドパス・入国手続き

Copyright© パタヤ千夜一夜 , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.