パタヤ近況

チョンブリ県状況6月28日:新規感染者390人、過去最多を更新

投稿日:2021年6月28日 更新日:

6月28日発表のチョンブリ県の感染状況。
シラチャーのクラスターにより、過去最多の新規感染者となった。

広告



チョンブリ県感染状況

6月28日、チョンブリ県発表による新規感染者は390人(前日155人)。

死者累計42人(+0)

新規感染者内訳
ムアンチョンブリ地区68人
シラチャー地区206人
バンラムン地区(パタヤ)46人

累計
4月新波での累計は県全体で8,072人(回復済み5,324人、治療中2,706人)。
ムアンチョンブリ地区が2,455人、シラチャーが1,638人、バンラムン(パタヤ)が2,252人となっている。

6月1日以降の各地区別感染者推移

上から、バンラムン(パタヤ)、シラチャー、ムアンチョンブリ。
クラスターよる増減が激しい。

6月28日発表のタイ全国での新規感染者は5,406人。うち海外からの輸入症例をのぞいた国内感染は5,388人。

タイ各県の新規感染者上位10県

バンコク1,678人、ターク453人、サムットプラカン395人に続いて、チョンブリは390人で4番目の多さとなった。

新規感染者の感染経路内訳

・シラチャーにあるSPC社の建設現場労働者キャンプでの積極調査 188人
・ムアンチョンブリの新市場の積極調査 22人
・ナックルアの市場での調査 17人
・サタヒップの朝市場のクラスターでの積極調査 10人
・パタヤ警察署によるパーティ摘発 5人
・ムアンチョンブリのポンサック市場での調査 1人
・医療従事者 1人

・家庭で感染者と接触 37人
・職場で感染者と接触 28人
・感染者(調査中)と接触 44人
・調査中 37人

338人の接触者と4,242人の積極調査による検査の結果を待っている。

チョンブリでは検査件数を発表している。
6月27日の検査件数は5.476件で、うち陽性確認が155件。単純計算による陽性率は2.8%。

パタヤの5人は、先日闇営業店内飲酒で逮捕された107人を検査したもの。

関連記事:パタヤで摘発相次ぐ。夜のパタヤビーチの様子。バンセーンビーチは夜間閉鎖に。

うち外国人2人、タイ人3人が陽性だった。濃厚接触していた警察官37人は14日間の自宅隔離を命じられた。

バンラムン詳細情報

バンラムン地区保健局がさらに詳細な感染状況を発表している。

新規感染者46人
累計2,252人
累計死者14人

バンラムンの新規感染者46人の内訳
・ノンプルー 28人(累計1,421)
・ナックルア 10人(累計542)
など

ほとんどがノンプルーとナックルアで占められている。つまりはパタヤだ。

感染経路も発表
・調査中 13人
・感染した家族との接触 9人
・ナックルアの市場での積極調査 8人
・市場に関連 6人
・パーティ参加 5人
・調査中の感染者と接触 4人

チョンブリ県リスクスポット

チョンブリ保健局では、感染者タイムラインを元にした感染リスクスポットを発表。

(一部抜粋)
・シラチャーボーウィンのテスコロータスにある中華麺屋
・バンラムンのカシコン銀行ロンポー支店前の宝くじ売り場
・ナックルア新市場内の店舗2軒
・ナックルア新市場近くの服屋
・サタヒップ海軍基地にあるスイミングプール
など

シラチャーとナックルアが多い。

シラチャーの建設現場労働者キャンプ閉鎖命令

6月27日付けで、チョンブリ県命令第42号が発出された。

シラチャーにあるSPC者の建設現場労働者キャンプの閉鎖を命じる。保健当局の許可なく出入りすることを禁ずる。
6月28日から7月25日まで

なお、本日6月28日からは、政府命令によりバンコク首都圏のすべての建設現場労働者キャンプの閉鎖されている。
チョンブリ県は政府命令の対象外となっているが、県独自の判断で感染拡大のおそれがあると判断したら閉鎖命令を出している。

-パタヤ近況

Copyright© パタヤ千夜一夜 , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.