タイ国内情勢

タイ国内状況4月5日:新規感染者194人、バンコクのナイトクラブで日本人多数が感染

投稿日:2021年4月5日 更新日:

4月5日のタイ国内状況。
新規に確認された感染者数は大幅に増加に。
バンコクとシラチャーで連日日本人の感染が報告されている。

広告



タイ全国の感染状況

4月5日発表、タイの新規感染確認者は194人
(累計29,321人)

外国からの入国12人
国内感染(病院にて検査):87人
積極調査:95人
死亡:0人(累計95人)

病院での検査87例内訳
バンコク45
サムットプラカン9
チョンブリ7
スパンブリ7
サムットサコン4
ノンタブリ4
プラチュワップキーリーカン2
チャイヤプーン2
チュンポン2
ターク1
サムットソンクラーム1
サケオ1
ナラティワート1
パトゥムタニ1

積極調査95例内訳
ナラティワート93
バンコク1
パトゥムタニ1

ナラティワートの刑務所で囚人と職員のあいだでクラスターが発生した。これは昨日に報道済み。これによりナラティワートでの感染者が一気に増えた。
刑務所内に野戦病院を設置し、重症患者は病院に送られている。

ナラティワート以外の感染では、多くがバンコクのナイトライフ施設のクラスターに関連している。

CCSA発表のデータによると、バンコクの新規感染者45人のうち、日本人が2 人。
チョンブリの新規感染者7人のうち、日本人が6人。

(バンコクのナイトライフ施設クラスターとチョンブリについては記事後半で詳しく)

外国からの入国12人は、隔離中の検査で陽性が確認されたもの。
国籍は、タイ4、エチオピア2、イエメン1、ロシア1、ブラジル1、インド1、アメリカ1、バングラデシュ1。
出発国は、エチオピア2、イエメン1、ロシア1、ブラジル1、インド1、アメリア1、スウェーデン1、バングラデシュ2、ドイツ1、マレーシア1。

ここ1ヶ月あまりの感染者数の推移

左から病院で見つかった国内新規感染者、外国からの入国、積極調査と並ぶ。
ずっとキープしていた2桁台から一気に3桁台に増加した。

アジア各国の統計

日本は新規感染者2,702人で前日(2,707人)の横ばい。
インドではついに一日の新規感染者が10万人を越えた
フィリピンでは連日の1万人越え。

チョンブリ感染状況

チョンブリ(パタヤ)では3日連続で新規感染者が確認された。
チョンブリ県保健局の発表では、チョンブリ県の新規感染者は7人。
1人はサムットプラカンで感染してチョンブリには治療のために訪れた。
あとの6人はシラチャー地区。日本人5人、タイ人1人。
2人がバンコクのパーティに参加、他の4人はパーティに参加した2人と接触していた。

(CCSAのタイ全国統計とは日本人感染者の数が異なるが国と県との統計でタイムラグが発生しているものと見られる)

チョンブリ県ではバンコクのパーティに関連した感染者の追跡を行っている。
これまで110人を検査。うち20件の結果が判明し、3人が陽性。
残り90件の結果待ち。

4月4日夜には、感染者タイムラインを発表。

関連記事:チョンブリ感染リスクスポット発表、湯の森温泉パタヤやシラチャーのスナックなど

パタヤの湯の森温泉や、シラチャーのスナックや居酒屋など、すべて日本人関連の店が並んでいる。
訪問歴があり、症状もあるなら、保健当局に連絡し、病院で検査するように当局は要請している。

また、チョンブリ県がチョンブリ在住者たちにお願いを出している。

ここ数日チョンブリでは感染者が増えている。
チョンブリ県民は、チョンブリに感染を持ち込まないよう、バンコクの娯楽施設を訪れることは避けてほしいと。

強制命令ではなく要請レベルだが、このような直接的なお願いを県が発するのは珍しい。

シラチャーの日本人がバンコクのナイトクラブから感染をチョンブリに持ち込んだ形となっており、注意喚起せざるを得ない状況ということだろう。

日本人感染
4月3日:バンコク1人、シラチャー1人
4月4日:バンコク3人、シラチャー4人
4月5日:バンコク2人、シラチャー6人

日時は不明ながら、駐タイ日本大使も感染が報告されている。

バンコクのナイトライフ施設クラスター

バンコクのナイトライフ施設(バー、パブ、カラオケ)に関連したクラスターは土曜日時点で71例、そのうちトンローが40例。

一番多いのはトンローのクリスタルクラブで、集団感染が起きたのは3月25日と見られている。

月曜日の発表ではナイトライフ施設クラスターが69人となり、バンコクでは45人。他県にも広がっており、サムットプラカン9人、チョンブリ7人などとなっている。

CCSAではナイトライフ娯楽施設に対する感染拡大防止策の3つのアプローチを発表。

1感染者が確認された店は14日間閉鎖
2感染が見つかった店だけでなくエリア全体の店を閉鎖:トンロー地区全体のように
3状況が悪化すれば、各県知事は県全体の娯楽施設閉鎖を命じることができる

1はすでに一部店舗では実施されているようだが、2以降はまだ決定ではない。
こういうアプローチを取るかもしれないという予告に過ぎない。

ただ、アヌティン保健大臣によれば、バンコクのナイトクラブクラスターは陽性率48%で、危機的レベルに達している。新たな感染があった地区のクラブの閉鎖を含む規則措置を取るかもしれないという。

CCSAブリーフィングのあとに実施された保健省会見では、保健省がバンコクとその周辺4県において、すべてのレストランやバーやナイトクラブを午後9時閉店とし、店内でのアルコール提供を禁止とすることを水曜日のCCSA小会議に提案する予定だと述べた。
この措置の期間は2週間でソンクラーンの感染予防措置となる。

また、バンコク都知事によると、バンコク都ではナイトライフで人気のエリアの住人とスタッフのために優先的にワクチンを投与する計画だと発表した。

Thai PBS Worldが伝えるところによれば、トンローのクリスタルクラブを訪れた日本10人のうち8人に感染が確認されたとアヌティン保健大臣が明かしたのこと。
(追記修正:当初の報道ではクラブを訪問した日本大使館職員10人のうち8人が感染したという内容だったが、のちに修正。日本人10人が訪問してそのうち8人が感染、となった。ここに大使館職員が含まれているかは明言されておらず)

参照:https://www.thaipbsworld.com/health-minister-says-tough-measures-required-to-limit-spread-of-thonglor-cluster-infections/

CCSAブリーフィング概要

月曜日はCCSAによる定例ブリーフィングの開催日。
英語版ブリーフィングはいつもの男性の方が担当した。

・混雑した場所、特に娯楽施設で感染が確認されたケースが増えている。保健当局では、感染拡大を防ぐため、リスクの高い施設の一時閉鎖を検討している。
・バンコクのいくつかのインターナショナルスクールでは、生徒の親が感染者と接触しているおそれがあるため、数日間休校とする
・4月1日以降、外国人入国制限が緩和され、ワクチン接種を受けた外国人観光客は6つのエリアで7日間の隔離を受けることができる。プーケット、クラビ、パンガー、チョンブリ、チェンマイ、サムイの6エリア。計画では、来年1月1日からワクチン接種を受けたすべての外国人が隔離無しでタイに入国することができる。
・ソンクラーン期間中は、伝統的な方法でソンクラーンを祝い、感染拡大防止のための措置に従うように
・2021年2月28日から4月4日までの、タイのワクチン接種回数は全部で257,484回。うち初回投与は213,948回で、残りは2回目の投与。
・ワクチン接種済みの人も含めて、全員がマスクを着用し続けるよう要請する。ワクチン接種を受けた人でも、ウイルスを有していることはあり、咳などを通じて他人の感染させる恐れがある。

このCCSAの発表によれば、ワクチン接種で隔離期間が7日となるのは、やはりプーケットやパタヤなど一部エリアに限定されるようだ。
ただ、ほとんどのタイ到着地はスワンナプーム空港のはずで、ASQ利用もバンコクが大半だろう。
実際にどのように隔離期間7日が運用されているのかはよくわからない。
スワンナプームからパタヤへのALQへは陸路で直行可能なので、パタヤでは隔離7日を受けられることになるはずだが。

広告

-タイ国内情勢

Copyright© パタヤ千夜一夜 , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.