タイ国内情勢

タイ国内状況3月21日:新規感染者90人、日本人1人が隔離中に感染確認、

投稿日:

3月21日のタイ国内状況。
新規に確認された国内感染者数は少し減少。
隔離検疫中の検査で日本人1人の感染が確認された。

広告



タイ全国の感染状況

3月21日発表、タイの新規感染確認者は90人
(累計27,803人)

外国からの入国9人
国内感染(病院にて検査):45人
積極調査:36人
死亡:0人(累計90人)

病院での検査45例内訳
バンコク16
サムットサコン15
ペチャブリ6
パトゥムタニ4
ナコンパトム2
ラチャブリ1
サムットプラカン1

積極調査36例内訳
サムットサコン26
パトゥムタニ9
サムットプラカ1

国内感染81例のうち、サムットサコンで41例が確認され、割合は50.62%。
バンコクの感染者が16人で割合は19.75%。
感染の大半をサムットサコンとバンコクが占めている。

チョンブリ(パタヤ)は16日連続で新規感染者ゼロ。

外国からの入国9人は、隔離中の検査で陽性が確認されたもの。国籍は、タイ4、セルビア1、日本1、オーストラリア1、スーダン1、UAE1
出発地は、セルビア1、日本1、インドネシア1、フィリピン2、イエメン1、イギリス1、スーダン1、UAE1

ASQ隔離中に感染が確認された日本人は47歳の男性でエンジニア。3月6日にタイに到着し、隔離12日目の検査で陽性が判明した。

ここ1ヶ月あまりの感染者数の推移

左から病院で見つかった国内新規感染者、外国からの入国、積極調査と並ぶ。
3日ぶりに感染者の数が2桁台に戻った。

アジア各国の統計

日本は1,456人で前日よりわずかに減少。
フィリピンでは感染者ならびに死者が増加。マニラ首都圏で実施されている夜間外出禁止令や集会の禁止といった制限措置を拡大すると大統領が発表した。
カンボジアでも感染者が増えつつある。元々は2月20日に隔離施設から脱走した中国人が広めたものとされている。

タイワクチン接種進捗状況

3月20日にワクチンを接種したのは、2,704人。

・医療従事者:671人
・患者と接する機会のある者:11人
・基礎疾患のある者:229人
・リスクエリアの住人:669人
・60歳以上の人:1124人

2月28日から3月20日までの累計で、69,927人。

土日はCCSA状況説明ブリーフィングは無し。
月曜日は開催予定となっている。
すでに正式承認されている隔離期間短縮、ソンクラン中の規制措置、ゾーニングの変更にともなう規制緩和など、さらに詳しい内容が出てくるかもしれない。

広告

-タイ国内情勢

Copyright© パタヤ千夜一夜 , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.