タイ国内情勢

新ゾーニングと規制緩和 6月21日開始:バンコクのレストランは午後11時まで店内飲食可能に

投稿日:

6月18日にCCSA本会議が開催され、新しいゾーン分けと規制内容が決定された。
6月21日より、一部規制緩和が実現する。

広告



新ゾーニングと規制内容

6月21日よりゾーニングを再設定し、一部規制を緩和する。

新しいゾーニング

ダークレッドゾーン(4県):バンコク、ノンタブリ、パトゥムタニ、サムットプラカン
レッドゾーン(11県):チャチュンサオ、チョンブリ、トラン、ナコンパトム、パッタニ、ペッチャブリ、ソンクラー、サムットサコン、サラブリ、ヤラー、ナラティワート
オレンジゾーン(9県):チャンタブリ、ナコンシータマラート、プラチュアップキリカーン、アユタヤ、ラノーン、ラヨーン、ラチャブリ、サケオ、サムットソンクラム
イエローゾーン(53県):その他

英語版(NBT)

グリーンゾーンも設定したようだが、実際に適用される県は無し。
サムットサコンはダークレッドからレッドへレベル引き下げとなた。

タイ全土でバーは閉鎖継続

タイ全県で共通して、バーやパブなどの娯楽施設は引き続き閉鎖となる。マッサージパーラーといったサービス施設も当然閉鎖のまま。
また、外出時の公共の場でのマスク着用も引き続き義務化されている。

ゾーンごとの規制内容

ダークレッドゾーン:集会活動50人以下。エアコン付きレストランでは定員50%まで利用可。営業時間午後11時まで。アルコール提供ならびに消費不可。デパートは9時まで。屋外や換気のいいスポーツ施設は、観客無しで営業可能。学校は閉鎖のまま。

レッドゾーン:集会活動100人以下。レストランは人数制限なし、午後11時まで、アルコール不可。デパートの営業は通常通りだが、販促活動イベントは禁止。学校可。スポーツ施設は観客人数制限付きで営業可。

オレンジゾーン:集会活動150人まで。レストランは通常通りの営業、アルコール提供不可。デパート、学校は通常通り。スポーツ施設は観客人数制限付きで営業可。

イエローゾーン:集会活動200人まで。レストラン、学校、デパートは通常通りの営業。スポーツ施設は観客人数制限付きで営業可。

バンコクは引き続きダークレッドゾーンだが、一部規制緩和される。
これまでの規制だとレストラン店内飲食の営業時間は午後9時までだったのが、午後11時まで延長される。着席可能な人数もキャパシティの25%までだったものが50%に拡大される。ただ、エアコン付きレストランと限定されており、他の屋外型店舗がどうなるかははっきりしない。

パタヤのあるチョンブリ県はレッドゾーンのまま。集会人数が増えているが、一般にはあまり関係ない。学校は可だが、県の命令によりまだ学校は再開されていない。レストランは引き続き午後11時まで店内可能だが、店内飲酒は禁止。コンビニの営業時間も午後11時まで。

気になるのが、イエローゾーンのレストランについて。
通常通りの営業が可能となっており、アルコール提供に関する制限もないようだ。どうにもはっきりしないが、店内飲酒解禁ということかもしれない。

イエローゾーンには、タイ北部やイサーンがすっぽり入っている。
あと、南部ではプーケットとスラタニー(サムイ島)もイエローゾーンだ。
ということは、プーケットやサムイ島のレストランでは店内で酒が飲めるということになる。
バーの営業再開は全国統一で禁止のままなので、イエローゾーンであってもバーの営業はできない。

新しいゾーニングと規制措置にはついては、すぐに官報入りするとのこと。
開始は6月21日からだ。

これは政府が定める規制の基準であり、あとは、各県において独自の規制措置を定めることになる。
政府基準よりも緩くすることはできないが、厳しくすることはできる。
イエローゾーンであっても県が認めないかぎり、レストラン店内での飲酒はできない。
21日までには、各県での規制措置が発表されることになるはずだ。

テレビと映画の撮影

映画やテレビの撮影に関しても新たな規制措置が発表された。
撮影に参加できるのは50人まで。
出演者はカメラの前でマスクを外すことができる。
ニュースレポーターは、お互いに2メートルの距離が離れていれば、マスクを外すことができる。それ以外ではパーティションを設置する必要がある。
撮影が公共の場で行われる場合は、関係者全員が常時マスク着用のこと。

現行のルールでは、テレビのニュースキャスターやアナウンサーもマスク着用が必要だった。また、当のCCSAブリーフィングのおいても報道官はマスクを着用している。
月曜日からはテレビニュースではマスク着用が不要となるとみられる。

まとめ

バンコクやパタヤでは大規模な規制緩和には至らなかった。
バンコクでの店内飲食時間が延長になり、着席可能の割合が増えた程度だろうか。
バンコクとその周辺では連日1000人を越える新規感染者が確認されており、わずかながらに規制緩和されるだけでも、大きな進展といえるかもしれない。
パタヤは変更なし。ほとんど内容は変わらない。
イサーン、タイ北部、南部の一部はイエローゾーンで、規制がかなり緩くなってきた。
バーの再開はタイ全土で不可のまま。これにはもうしばらく時間がかかりそうだ。

広告

-タイ国内情勢

Copyright© パタヤ千夜一夜 , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.