パタヤ近況

暗闇パタヤ写真館

投稿日:

昨晩11時頃、パタヤの夜の様子を見てきた。
ナイトライフ施設はすべて閉鎖済み。コンビニは夜10時閉店。
どうせ真っ暗なのはわかっているが、せっかくなんでその様子を撮影してきた。
ほんの一部だけ明るいが、あとは暗闇。
そんなわけで、暗闇パタヤ写真館である。

広告



ソイブッカオ

暗いとはいえ、たまに人が歩いているし、暗がりにレディボーイが潜んでいたりもする。
飲食店は、名無し食堂横のクイティアオ屋とトルコケバブ屋が営業。

ツリータウンは照明がついているが、営業はほぼ終了。
昨年のロックダウン時は、このツリータウン前が出会いの一大スポットと化していたが、今のところ静かなもの。ただ、ファランが集まりそうな雰囲気があるし、暇なタイ人が座っていたりもする。また出会いの場となるかもしれない。

ツリータウンのバービア群は、焼肉屋のみ明かりがついている。

ブッカオ市場前にはまだ屋台が多く出ている。

夜間外出禁止令は出されておらず、夜遅くとも客がいれば屋台も出る。
さすがに夜中は屋台もなくなるようだが。

LKメトロ

暗い。ただそれだけ。

ソイブッカオ側入口のケバブ屋台と料理屋台は営業していた。

ソイブーメラン

真っ暗。

ソイダイアナ

何もない。
バービア群には蛍光灯の明かりがついているが、誰もいない。
LKメトロ付近のケバブ屋は2軒営業。あとの店はすべて閉まっている。

ソイハニー

完全に闇となった。
以前は夜中でもマッサージ屋前に人が座っていたものだが、今回は誰もいない。
あのソイハニーでも厳しい。

ソイチャイヤプーン

真っ暗だが、たまにマッサージ屋前に人がいて、通りかかると暗がりから声をかけられる。むろんレディボーイである。

セカンドロード

もはや無人。
たまに車が猛スピードで通っていく。怖い。

ソイメイドインタイランド入口にはバリケードが設置され、ソイの中に入れなくなっている。

反対のブッカオ側も同様にバリケード。
どうやら、このソイは私有地らしい。

バービア群はロープが張られて、敷地内への立ち入り禁止となっている。

ソイニュープラザ入口にもバリケード。

このソイも私有地のようだ。
むろん真っ暗。

ソイ7

何もやってない。
奇跡的に一人だけ歩行者がいた。赤ん坊を抱えたタイ人のようだが、どこへ向かうのだろうか。

ソイ6

闇があるだけ
誰もいない。

店は、スライスピザだけが営業していた。
客が来るとも思えないのだが。

ビーチロード

暗い。
車はごくたまに走る。

パタヤカン付近のイルミネーションが明るいだけ。

ビーチにはほとんど誰もいない。

遊歩道では、ところどころでファランやタイ人が集まって宴会をしていた。数は少ない。

フーターズは絶賛営業中。

酒も提供できるので、ファラン客でけっこうにぎわっているようだ。
店の前には客待ちのタクシーがずらり。

ただ、1月4日からは店内でのアルコール提供が不可になる可能性があり、フーターズの営業がどうなるかは微妙。

Hopsも営業している。夜遅くまでやっているようだ。

夜のビーチロードでまともに営業しているのは、フーターズとホップスくらいなもの。
あとは潰滅。

ソイポストオフィス

場末なバービアとマッサージ屋が並ぶソイだが、真っ暗。

ウォーキングストリート

説明不要。
ただのゴーストタウンでしかない。

ソイ15も真っ暗だ。

パタヤタイ

ウォーキングストリートを出て、セカンドロードとパタヤタイの交差点。

2軒のケバブ屋だけが営業。
ソイブッカオでもケバブ屋は営業しているし、LKメトロ内のケバブ屋も営業、ソイダイアナのケバブ屋も2軒営業。
夜のパタヤではケバブ屋が一番元気だ。

ワットチャイモンコン前の屋台群は夜遅くまで営業している。

とはいえ、数は少ないし、客も少ない。
あとは真っ暗。

まとめ

これが今のパタヤの夜。
夜11時で街全体が真っ暗になる。いや、9時か10時には真っ暗になっている。
外出禁止令など不要だと実感できるに十分な暗さだ。
出かける人はほとんどいないからだ。
この状態のパタヤに遊びに来たい人などほとんどいないだろう。

広告

-パタヤ近況

Copyright© パタヤ千夜一夜 , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.