タイ入国情報 フライト情報

2021年2月よりANAとJALの日本発バンコク行きが増便に。

投稿日:2020年12月23日 更新日:


調整中となっていたANAとJALの2月以降の日本発バンコク行きのフライトスケジュールが発表になった。
ANAは、成田発バンコクが毎日1便、羽田発バンコク行きが週6便の運航。
JALは、羽田発バンコク行きが週6便の運航。

広告



ANA

NH805 成田発バンコク行き:毎日運航
NH847 羽田発バンコク行き:週6便(月火木金土日)

1月は、NH847が週2便+隔週1便での運航予定となっている。

2月からは、合計で週13便となる。

復路のバンコク発東京行き路線は1月からどちらも毎日運航される。

JAL

JL031 羽田発バンコク行き:週6便(月火木金土日)

1月は、JL301が週3便(水木金)で運航予定となっている。

2月からは、週6便となる。

復路のバンコク発東京行きは、羽田行きJL034便が毎日運航、成田行きJL708便が週4便、成田行きJL718が週3便。
羽田行き成田行きとも毎日運航となる。

また、バンコク発関空行きのJL728便は、週1便(金)で運航される。
2月以降も、関空発バンコク行きは運休のまま。

タイ航空

他社についても触れておく。

真っ先に1月からの運航再開を発表したのがタイ航空だ。
再開は1月6日となるが、3月27日までのスケジュールのため、2月も継続。

TG643 成田発バンコク行き:週3便(水木日)
TG623 関西発バンコク行き:週1便(日)

2月以降も、関空発バンコク行きはタイ航空による週1便のみ。

ZIPAIR

JAL系列のZIPAIRは、1月から成田発バンコク行き路線を運航開始する。
1月は週1便の予定だが、2月からは毎日運航することになっている(3月27日まで)。

ZG51 成田発 16:40 バンコク着 22:00(毎日)
ZG51 バンコク発 23:30 成田着 翌日7:15(毎日)

2021年2月日本発バンコク行きフライトは週30便に

ANA:東京発週13便
JAL:東京発週6便
TG:東京発週3便、関空発週1便
ZIPAIR:東京発週7便

合計すると、全部で週30便。
うち29便が東京発で、関西発は1便のみ。
月にすると、ざっくり120便が日本からタイへ飛ぶことになる。

これほどの需要があるのかは少々疑問だが、選択肢が多いに越したことはない。

あくまで運航予定なので、変更になる可能性あり。
また、タイ渡航に際しては、COE(入国許可書)を取得が必須。
COEがないと搭乗不可。

日本からタイへの観光目的ノービザ入国可能

現在、日本からタイへは観光目的でのビザ免除措置による入国が正式に可能となっている。
COE(入国許可書)を申請する際に、ビザ免除という項目で申請すればいい。

また、ノービザで滞在期間は30日から45日に延長となることが正式に承認された。

関連記事:タイ・ノービザ入国の滞在期限が45日に延長。内閣が正式承認。

ただし14日間隔離や10万ドル以上の医療保険加入や事前の陰性証明書の取得は必須のまま。

フライトに関しては便数が増え、LCCの参画により価格も下がってきている。チケットが購入できないというケースはまずなさそう。
日本人はビザ不要でタイ入国できるようにもなった。
14日間隔離はいかんともしがたいが、タイ渡航へのハードルは下がってきている。

広告

-タイ入国情報, フライト情報

Copyright© パタヤ千夜一夜 , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.