ビザ・COE・入国手続き タイ入国情報

関空からタイへ。大阪総領事館でもCOE申請は新システムに。

投稿日:2020年12月13日 更新日:

2021年1月から外国人のタイ入国のためのCOE申請方法が変更になっている。
オンラインでの申請となる。

当初は東京のタイ大使館のみで発表されていた。

関連記事:タイへの入国許可申請方法が変更に。来年1月より。

その後、大阪のタイ総領事館でも同様の発表がなされた。
手順は同じ。
関空からタイへの国際線に搭乗する人は、大阪のタイ総領事館で申請する必要あり。

広告



タイ王国大阪総領事館でのCOE申請

12月11日付けでの更新。

以下、引用。

2021年1月以降にタイに入国するタイ国籍を有しない者のための入国許可証(COE)の新しい登録手順

ビザ
- 有効なビザ、滞在許可および再入国許可を所持していないタイ国籍を有しない者は、COE申請の前に、ビザの申請を行い、ビザを取得する必要があります。

- ビザ申請の詳細情報は、http://www.thaiconsulate.jp/visa-top/ でご確認ください。

- タイ王国大阪総領事館でのビザ申請は、http://thaiconsulate-visa.jp/vabo/index.php/en/から予約してください。

入国許可証(COE)登録
- 2021年1月以降にタイに入国するタイ国籍を有しない者は、オンラインでhttps://coethailand.mfa.go.th/から入国許可証 (COE) 申請を行う必要があります。

- 入国許可証(COE)登録 のガイドラインとマニュアルはこちら(ガイドライン / マニュアル) からご確認ください。

- 関西国際空港からタイへの国際線に搭乗される方は、タイ王国大阪総領事館で申請するようお願いします。

隔離措置施設(ASQ)/隔離指定施設(ALQ)の予約
- スワンナプーム国際空港およびドンムアン国際空港に到着する方は、隔離措置施設(ASQ)またはチョンブリー県
及びプラートーンブリー県の隔離指定施設(ALQ)のいずれかのみにて15泊の隔離措置を受けることができます。

- 隔離措置施設(ASQ)またはチョンブリー県及びプラートーンブリー県の隔離指定施設(ALQ)については、http://www.hsscovid.com/をご確認ください。

- 隔離措置施設(ASQ)またはチョンブリー県及びプラートーンブリー県の隔離指定施設(ALQ)は、ASQまたはALQ施設に直接予約、または
https://www.agoda.com/quarantineth から予約することが可能です。

引用元⇒http://www.thaiconsulate.jp/jpn/

基本的な流れは東京の大使館と同じ。
オンラインシステムでCOE申請を完結させることになる。

タイ入国手続きの流れ

1.ビザ申請(リエントリーをすでに持っているならステップ2から開始)
2.ビザ発給後、COEを専用オンラインシステムより申請登録
3.COE登録が承認されたら、航空券及びASQホテルを確保し、予約確認書をオンラインシステムから提出
4.COE発行後、COEをオンラインシステムからダウンロード
5.英文記載の健康診断書(Fit to Fly Certificate)および英文記載のRT-PRC検査結果(渡航時間前の72時間発行のもの)を出発前に用意する
6.タイ入国後、隔離先ホテルにて14日間の隔離

必要なビザを保有していない場合は、COE申請の前に直接領事館でビザ申請を行う。
大阪の領事館でも観光ビザ(TR)の取得はできる。
観光目的でのタイ入国は可能となっている。
ただし、14日間の隔離は必須のまま。

関空からのフライトでタイへ行く場合は、大阪の総領事館で申請する必要あり。

関空発バンコク行きフライト

タイ総領事館にはフライトに関する記載がない。
今年12月までは特別便のみ利用可能だった

2021年1月から、各航空会社が日本発バンコク行き路線の運航を再開させる予定となっている。

関連記事:ANAとJALも運航再開へ。2021年1月日本発タイ行きフライトの運航予定。

タイ航空
東京発週3便(水木日)
関西発週1便(日)

ANA
東京発週2便(金土)+隔週1便(水)

JAL
東京発週2便(水金)

多い時で、週合計9便となる。
(東京8便、関西1便)

いちおう定期運航便だが、実際にはセミコマーシャルフライトといったところか。
ビザやCOEがないと搭乗不可。
航空会社で普通に航空券を購入して、COEを申請することになる。
航空券がないとCOE申請は通らないので、特別便でも定期運航便でも結局は同じこと。

関空発はタイ航空のみで、週1便(日曜日)となっている。
1月10日より運行再開。

関西発TG623便(11:00発→15:45着)

便数は限られているが、関空利用者でもバンコクへ行けるのはありがたい。

12月の関空発特別便は4便。
実質的に来年1月もほぼ同じ状況だ。(1月3日のフライトがあるかは不明)
なお、12月の特別便は満席となったフライトもあり、予約は早めにしたほうが無難かもしれない。

ASQはパタヤでも可能

タイ入国時には14日間隔離が必須。
実際には15泊16日となる。
総領事館の注意事項時に記載があるように、バンコクにあるASQのほか、チョンブリとプラチンブリーにある隔離施設(ALQ)も利用可能となっている。
つまりパタヤの隔離ホテルでもCOE申請可能だ。

12月13日時点で、チョンブリにあるALQは13軒。
うちパタヤが12軒。
さらに新たにシラチャーのアライズホテルがALQに加わった。

なお、タイ総領事館の注意事項に記載があるように、アゴダでもASQならびにALQの直接予約が可能となっている。

Agoda ASQ専用ページ

関連記事:タイASQホテルの予約がアゴダで可能に

ただし、すべてのホテルが予約対象となっているわけではない。

まとめ

来年1月以降も関西からタイへ直接行ける。
手続きは大阪の総領事館で申請する。
フライトはタイ航空のみとなりそうだ。

広告

-ビザ・COE・入国手続き, タイ入国情報

Copyright© パタヤ千夜一夜 , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.