パタヤ千夜一夜

タイ・パタヤでの沈没日記とアジア夜遊び旅行記。パタヤグルメ情報、ホテル情報多数。

パタヤ近況

台風接近のパタヤの様子

投稿日:

台風11号Noul(ノウル)がインドシナ半島に上陸した。
勢力を弱めたようだが、タイでも警報が出ている。
とりわけイサーン方面では強風と大雨による被害が心配されている。

パタヤのあるチョンブリ県も要警戒エリア。
パタヤの本日9月19日午後の様子をレポート。

広告

パタヤビーチ

9月19日パタヤビーチ (1)

昨日の夜から雨が降ったりやんだりの天候。
空にはずっと雲がかかっている。
雨足はそれほど強くない。風はたしかに吹いているが、強風とまではいかない。
涼しい。
タイ人に言わせると、アーガートディー(いい天気)となる。

9月19日パタヤビーチ (3)

パタヤビーチには思ったよりも人が歩いている。
近郊から遊びにきたタイ人がほとんどだろう。
特に泳ぐわけでもなく、波打ち際を散歩しながら、写真を撮っている。

昼間でも涼しいため、散歩にはちょうどいい天気だ。

ビーチチェアの利用率は低め。
開店すらしていないところもある。台風接近のため自主的に営業しなかったのかも。

ビーチの監視台は稼働中。

9月19日パタヤビーチ (4)

まあ、塔の上に監視員はいないけれど。

9月19日パタヤビーチ (2)

ビーチロードの交通量は、週末のわりには少ない
台風なのでしょうがないところ。

ウォーキングストリート

9月19日パタヤ (9)

昼間のウォーキングストリートだけに、人通りはほとんどない。
関係者の車輌が駐車してあるだけ。

9月19日パタヤ (10)

週末はラン島へ遊びに行くタイ人が、バリハイ埠頭を利用するためウォーキングストリートを通ること多いけれど、台風のため、旅行者はほとんど見かけず。

バリハイ埠頭

9月19日パタヤ バリハイ埠頭 (1)

そのバリハイ埠頭は静かなもの。
あまり人は見かけない。

9月19日パタヤ バリハイ埠頭 (2)

ラン島行きフェリーが運行されているかは不明だが、台風の中、フェリーに乗りたがる観光客はほぼいない。
バンコク直行ロットゥー乗り場もすいていた。

セカンドロードとノースパタヤ

週末のわりには交通量が少ない。

9月19日パタヤ (4)

センタンに出入りする車も少なめ。

ノースパタヤのセカンドロードでは、大型観光バスが走っているのを見かけた。

9月19日パタヤ (13)

ひさしぶりに見た気がする。
以前はいやというほど大型バスが走っていたり、ビーチロードに駐車して中国人団体客が乗り降りしていたものだが、ここ半年ほどはぴたりとなくなった。

セカンドロードから少し入ったところにあるBig Eyeという大型施設脇には、多くの観光バスが駐車してあった。

9月19日パタヤ (16)

フロントガラスには、タイ語で案内が書いてある。
どうやらタイ人の団体客が利用しているようだ。
これも以前なら中国語だらけだったのだが、現在はタイ語のみ。

9月19日パタヤ (14)

Big Eye周辺には中国人客向けの施設だらけだが、軒並みクローズ。

9月19日パタヤ (15)

すでに売り出しされている大型店もある。

ソイブッカオとLKメトロ

ソイブッカオはほぼ普段どおりだが、少し交通量が少ないような印象。

9月19日パタヤソイブッカオ

バーやレストランは通常通り営業している。

LKメトロ近辺のバービアでは昼間からファランがビールを飲んでいるが、今日は少なく感じた。

LKメトロ内のデビルズデンは、隣の店ともども工事中。

デビルズデン工事

店内すべて作り変えのようなので、店ごと変わるのかもしれない。詳細不明。

両替レート

ひさしぶりのTTカレンシーの両替レートを見てみた。

9月19日パタヤ (1)

1万円=2948バーツ

なかなか3000台へ回復してくれないものだ。

まとめ

パタヤにおける台風の影響はあまり感じなかった。
ラン島へ遊びに行くタイ人が減ったというくらいだろうか。

この記事を書いている午後7時時点では、すでに雨は止んでおり、風もあまり吹いていない。
今晩のバーの営業は通常通りだろう。
ただ、明らかにファランの数が減ってきていることもあり、バーを開店させても、どれだけ客が集まるかこころもとない。

広告

-パタヤ近況

Copyright© パタヤ千夜一夜 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.