*

チャン島旅行のはじまり


パタヤ沈没日記7(チャン島編)

チャン島行きの発端

沈没日記の舞台はパタヤから一気にチャン島へ移る。チャーン島とかコチャーンとかCHANG ISLANDとか、まあ何でもいいが、とにかくチャン島なのである。

ことの発端は、友人からチャン島行き旅行に誘われたことだ。

ずっとパタヤで過ごすのはもったいない。せっかくだから小旅行にも行ってみたい、という。
これまで友人は、サメット島へは行ったことがある。でもチャン島は未経験。
わたしは過去に訪問済み。
そこで一緒にチャン島へ行って欲しいとのことだった。
わたしも久々にチャン島へ行きたかったので、渡りに船。

移動手段は、友人がタイ人の知り合いから車を借りてくれた。
運転は友人である。やる気まんまんだ。
ペーパードライバーとなって早数年のわたしは、タイで運転するのはちょっと怖い。

カラオケ嬢には、友人と仕事で数日間バンコクに行くとだけ伝えた。特に疑っている様子もなかった。わたしが留守の間の生活費はちゃっかり請求されたけど。
彼女も連れて行ってやろうかと考えなくもなかったが、たぶん、チャン島でもずっと寝ているだろうし、ビーチアクティビティにも興味なさそうだ。
友人の手前、ずっとスマフォをいじっているような女性は連れ行きたくない。

そして何より、わたしが自由になれる大チャンス。
と同時に大きな賭けでもあった。
はたして、チャン島でお相手を見つけることができるのか。ビーチリゾートで一人さびしく過ごすのは嫌だ。
ちなみに友人は女性同伴である。

SPONSOR LINK

パタヤからチャン島へのドライブ

午前8時半頃、パタヤを出発。
雨が降ったりやんだりの嫌な天気のなか、まずはトラートを目指す。
わたしが標識を読んだり、前方の危険を注意喚起したりとサポート役に徹する。
友人はタイで長距離運転をするのは初めてだが、すぐに慣れてきたようだ。頼りになります。

途中、ドライブインで数回の休憩を挟む。

road-to-chang-island-2

パタヤからチャン島へ行くには、旅行代理店でジョイントチケットを頼むのが一番楽だが、道中の休憩はせいぜい1回か2回。
自力移動だと好きなタイミングで、ドリンク&喫煙休憩できるのはありがたい。

4時間ほどかかって、トラートにあるチャン島行きフェリー乗り場に到着。
残念ながら大雨だった。

road-to-chang-island-3

車に乗ったままチケットを購入できる。
たしか、車1台が120バーツで、人1人が80バーツだったような。妙に車が安すぎるような気もするが。

埠頭で順番に並んで乗船を待つ。

road-to-chang-island-4
で、また車に乗ったまま、直接フェリーに乗り込む。楽でいいね。

road-to-chang-island-5

あいにくの天候だが、それでも対岸にチャン島が視認できる。
かなり近い。

road-to-chang-island-6

フェリー内部は客室フロアーがあって、各自テキトーに座っていればいい。

road-to-chang-island-7

あと、売店もあって、インスタントラーメンくらいなら食べられます。

road-to-chang-island-8

チャン島上陸

フェリーがのろのろと出港。
でも、30分ちょっとでチャン島へ。ほんと、あっという間だ。

welcome-to-koh-chang-2
WELCOME TO KOH CHANGの看板がお出迎えだ。
少しだけ天候は回復していた。

また車に乗り込んで、チャン島上陸。

welcome-to-koh-chang-1

ちなみに車無しで訪れた場合は、埠頭にソンテウが客待ちしているから、交渉して乗り込めば好きなビーチまで行ける。
一番有名なホワイトサンドビーチまでなら乗り合いで100バーツくらいでしょうね。島価格なんでソンテウも高い。

われわれは、一路、ホテルへ向かう。
地図が間違っていて、迷いに迷ったが、何とか到着。

時刻は午後3時前。
パタヤを出発して、ここまで6時間半かかったことになる
運転お疲れ様でした。

ホテルは、ビーチが目の前のコテージ。

chan-island-hotel-2

天蓋付きのベッドにガラス張りの浴室という豪華っぷり。

chan-island-hotel-1

こりゃあ、すごいね。
1泊6000円だよ。
奮発した甲斐があるというものだ。

こんなリゾートホテルで寂しく一人寝はありえないぞ。

前回のチャン島旅行の際は、女連れで訪れている。もちろん夜遊びは何もしていない。
今回は独り身。

さて、チャン島初の夜遊びはどうなることやら。

SPONSOR LINK

関連記事

lk-metro-ramen-2

友人とのパタヤ3日間。ソイブッカオ・LKメトロの大定番コースの過ごし方。

パタヤ沈没日記6 カラオケ嬢との半同棲生活はさらに続く。 ファイデーンやらチンピラやらいろい

記事を読む

nana-to-donmuang-airport-4

日本帰国と3ヶ月に渡る長期海外旅行の振り返り。そしてまたパタヤへ。

沈没日記36最終回 帰国日である。 エアアジア便で日本へ戻る。 14時15分ドンム

記事を読む

korat-yamo-6

コラートの観光って?クランプラザ新館、ヤーモー像、ターミナル21などなど

イサーン遠征編3 コラート2日目の朝。 シリホテルのレストランで朝食を取ってから、ホテル

記事を読む

prajanbaan-5

カオトムプラジャンバーンとガオライサイサームで連夜の宴会

パタヤ沈没日記13 バンコクから友人が来ると、決まって訪れるタイ料理レストランがある。

記事を読む

busterminal

カラオケ嬢と再会して、またもやキーキアットな生活が始まる

パタヤ沈没日記14 バンコクの友人はパタヤに2泊して帰っていった。 滞在中は2泊とも同じ

記事を読む

buriram-train-staiton-5

地球の歩き方に載っていないブリラムの歩き方。おすすめホテルも。

イサーン遠征編5 ブリラムである。 アルファベット表記なら、Buriram。日本語読みは

記事を読む

kimuchi

ひたすら食っちゃ寝こそカラオケ嬢の信条。キムチ、ママー、コンビニ飯、サブウェイ。

パタヤ沈没日記2 早朝のコンビニ弁当2箱を平らげて、ご満悦のカラオケ嬢さん。 用事がある

記事を読む

pattaya-beach-night

やっぱりイサーンよりパタヤでしょ。バービア嬢をさくっとペイバーして濃厚サービス。

パタヤ沈没日記21(後半戦スタート) イサーン遠征編10からの続きとなります。 スリンか

記事を読む

koh-chang-beerbar-1

チャン島初日夜は、20歳バービア嬢をペイバー

沈没日記9(チャン島編3) チャン島初日。 夜遊び予備調査を終えて、しばし部屋でまったり。

記事を読む

surin-to-pattaya-bus-16

スリンからパタヤへ帰還。第1次イサーン遠征終了。

イサーン遠征編10 スリンからどこへ行くか? スリンの夜。 次の行動先を考えていた。 元

記事を読む

アドステア

アドステア

Heaven Gentleman's lounge (1)
ジェントルマンズクラブ Heaven初訪問レポート。ついでにキンナリーも。

ヘブン(Heaven) プラタムナックの丘を越えて、海へと下っていっ

Pintree service apartment pattaya (15)
広くて快適、リビングとキッチン付き、ピンツリー サービス アパートメント (Pintree Service Apartment)宿泊レポート

パタヤタイにあるサービスアパートメント、ピンツリー サービス アパ

Satey sophon market (1)
ソーポン市場のサテがうまい。10本で30バーツ。

以前、沈没日記内で少し紹介したことのあるソーポン市場(Sophon

Walking street 201704 Palace
GW直前のウォーキングストリート日本人向け人気ゴーゴーバーめぐり。パレスオープニングから全部で7軒。

ゴールデンウイーク特別企画と称して、昨日木曜日の晩にウォーキングストリ

LK metro (1)
GW直前のパタヤ。ソイLKメトロのゴーゴーバーめぐり。

いよいよゴールデンウイークが目前。 少しずつだが、パタヤにも日本人の

→もっと見る

PAGE TOP ↑