*

ホテルのフロントレディをナンパせよ指令

公開日: : エッセイ

girl

友人にナンパを託す

2年ほど前の話。
わたしはパタヤにアパートを借りて長期滞在していた。

そんな折、日本から友人がパタヤへ遊びに来た。
名前は、かりにH氏としておこう。
タイへの夜遊び旅行は、すでに5,6回経験がある。
この時は、4泊5日の短期旅行。

H氏はホテルを予約していなかったので、わたしのアパートの近所にあるホテルを紹介。
一泊700バーツほどの格安ホテルだ。
チェックインも手伝った。
その時、部屋を案内してくれたのが20代後半くらいの女性。
そこそこカワイイ。

さっそく、挨拶代わりに声をかけてみた。
名前はJちゃん。イサーン出身。
まだ、このホテルで働き始めて5日目。
胸には、「TRAINEE(研修生)」と書かれたバッジがついていた。
英語は苦手のようだ。
会話はすべてタイ語のみ。

チェックイン後、二人になってからH氏に軽く話を振ってみた。

「とりあえず食事にでも誘ってみては?」

ほんとに軽い気持ちだった。
わたしは大して興味がなかったけれど、H氏はけっこう乗り気だった。

初日と2日目の夜は、普通にゴーゴーバーでお持ち帰りしていたH氏。

一方、彼女は昼間の勤務。
H氏は日中もいろいろと話しかけていたらしい。
このマメさが、ナンパ成功へのコツなのか。

食事からホテルまで

ホテルのレセプション
メイタラ・ホテルのレセプション。本文とは一切関係ありません。が、ここの受付嬢はかなりの美人。)

 

滞在3日目、H氏から連絡が入る。

食事に行く約束取り付けました。3人で一緒に晩飯食べに行こう

まあ、食事に誘い出すくらいなら、正直それほど難しい話ではない。
タイの女性は、ひょいひょいと誘いにのってくれるものだ。
思っているより、かなり敷居は低い。
問題はその先である。

仕事終わりの彼女と合流し、3人でイサーン料理を食べに行く。
まあ、タイ語オンリーなので、それほど会話は弾まないけど、楽しく過ごした。
そのあと、少し飲みに行く。
てきとうなバービアに入り、軽く飲む。
わたしはバービア嬢と遊んで、二人は二人で楽しくやっているようだ。

ほどほどに飲んだところで、わたしは別行動。
あとは、二人の世界へ。

 

さて、その日はもうH氏からの連絡はなかった。
で、翌朝。
興味津々で、話を聞いてみた。

なんと、泊まっているホテルの部屋にそのままお持ち帰り。
つまり彼女の働いているホテル。
初日に彼女が案内した、まさにその部屋ということになる。

部屋に来た以上、やることは一つ。
H氏は、ばっちりいただいたらしい。

いやあ、まさか本当に連れて帰るとはびっくりした。

と、わたしが驚くと、H氏は、

パタヤは何でもアリだと言っていたのは、きみじゃないか。きみの言葉を実践しただけだ。

との返事。
うん、たしかにそんなこと言ったような気がする。

パタヤ初心者を煽るためというか、先輩風を吹かして自慢したいがために、
この街にいる女は全員ヤレる
みたいなことを言ってしまうことがある。

まあ、でも、本当にヤルかな。

 

翌日も夜のデート。

H氏は、この日がパタヤ滞在最終日となる。
ウォーキングストリート入り口にあるBEER GARDENレストランで食事。

beergarden
海辺の席にすわり、ちょっとロマンチックな雰囲気。
わたしは、おじゃま虫だな。

で、またホテルへ戻る。
が、彼女がホテルの部屋に入れないと主張。
話を聞いてみると、さすがに宿泊客の部屋に泊まるのはご法度らしい。
昨晩の件で、こってりと上司に怒られたそうだ。

そりゃあ、まあそうか。

H氏は、彼女のアパートにお泊りすることになった。
月2500バーツくらいの安アパート。
ホテル代が無駄になったけどマイペンライだと笑っていた。

早朝、あわててホテルへ戻り、荷物をまとめて即チェックアウト。
忙しい人だ。

で、その次のパタヤ滞在時は、別のホテルに宿泊。
ホテルの仕事終わりの彼女を堂々とホテルに呼んでいた。

H氏の武勇伝

H氏は、英語もタイ語も苦手である。
決して流暢に話すことはできない。
傍から見ていて、それで通じているんかいなと、疑問に思うこともしばしば。
でも、うまくやっている。
ここがすごい。

わたしなどは、英語にしろタイ語にしろ、つい言葉優先でペラペラと早口でしゃべってしまうが、ちっともモテない。
その点、H氏は言葉数は少ないけれど、みごとに相手をモノにしてしまう。
大事なのは語学力じゃないみたいだ。
まあ、もちろん、基本中の基本単語(英語とタイ語)を覚えておく必要はあると思うけど。

で、そのフロント嬢との縁を切ってからの話。
H氏は、とあるレストランの従業員から逆ナンされたそうだ。
普通に何日か食べに通っていたら、電話番号が書かれた紙切れを渡されたので電話。
夜、彼女の仕事終わりに、ホテルの部屋へ呼んで、そのままいただいたとのこと。

んがあ、まったく羨ましい話ですな。

 

今現在、この友人H氏は絶賛、訪泰中。

前半戦は、SNSで知り合った18歳の素人学生をバンコクへ誘い出し、みごと籠絡に成功。
がっつりいただいたらしい。

後半戦は、パタヤ。
別の女性を田舎から呼び出し、よろしくやっているとの連絡が入った。

まあ、やるもんだねえ。

18歳の素人大学生との別れ際が、とんでもない修羅場と化したそうだけど。

いつか包丁で刺されないように気をつけてね。

 

更新しました!綺麗なホテルに泊まるなら
パタヤ新築ホテル情報2017年2月(更新)


関連記事

パタヤ新年LKメトロ花火

パタヤの大みそかは、打ち上げ花火と爆竹で大騒ぎ

年末年始の休暇を利用して、現在、パタヤへ遊びに行っている人も多いでしょう。 わたしは日本で大人しく

記事を読む

Baccara

昨晩のパタヤバカラにて思うこと

ソンクラーン直前のウォーキングストリート。 日増しに観光客が増えているような印象。

記事を読む

ウォーキング夜景 1

ゴーゴーバーから立ちんぼまで。タイ夜遊び旅行初心者一名様パタヤご案内

今年(2014年)の1月、パタヤに沈没していた時の話。 日本の知人が4人でパタヤへ遊びにき

記事を読む

city-235448_640

パタヤで日本人が行かない遊び場ってどこ?

今年1月にはじめてパタヤを訪れた友人を案内したときの話。 ゴーゴーバー、バービア、MP、立

記事を読む

ウォーキングストリート

おそるべきタイ有引力の法則。タイ中毒者のための処方箋はあるのか?

ゴールデンウィークもそろそろ終了。 期間中にタイで遊ばれた方もすでに帰国している頃でしょうか。

記事を読む

バービア嬢2

バービア嬢に送金するファラン。その金でお寿司を食べる日本人。

これもアパート滞在時に、とても仲良くなった女性の話。 元々はソイ7のバービアで知り合った。

記事を読む

nongkhai-mekong-riverside-8

イサーンで聞くボーボーニヤンニヤンに萌える。タイ語とイサーン語とラオス語。

イサーンとラオスは元々同じ文化圏。 使われている言語も当然似ている。 政治的歴史的変遷もあり

記事を読む

bangkok

バンコク夜遊び最新情報2015年2月。パタヤとバンコクをちょっとだけ比較してみる。

パタヤからバンコクへ向かった友人のバンコク夜遊び情報をいくつか紹介。 この友人は、最初

記事を読む

コヨーテ嬢1

今でも忘れられないコヨーテ嬢

アパートに長期滞在している頃に、とても仲良くなった女性は何人もいた。 その中でも、強く印象

記事を読む

ウォーキングストリート2015年5月

バービア嬢、ゴーゴー嬢を囲うには一ヶ月いくら必要か?超ロングペイバー。

夜の女性を囲う 好きになってしまったタイの夜の女性がいるとしよう。 あなたはすでに帰国。

記事を読む

アドステア

アドステア

Heaven Gentleman's lounge (1)
ジェントルマンズクラブ Heaven初訪問レポート。ついでにキンナリーも。

ヘブン(Heaven) プラタムナックの丘を越えて、海へと下っていっ

Pintree service apartment pattaya (15)
広くて快適、リビングとキッチン付き、ピンツリー サービス アパートメント (Pintree Service Apartment)宿泊レポート

パタヤタイにあるサービスアパートメント、ピンツリー サービス アパ

Satey sophon market (1)
ソーポン市場のサテがうまい。10本で30バーツ。

以前、沈没日記内で少し紹介したことのあるソーポン市場(Sophon

Walking street 201704 Palace
GW直前のウォーキングストリート日本人向け人気ゴーゴーバーめぐり。パレスオープニングから全部で7軒。

ゴールデンウイーク特別企画と称して、昨日木曜日の晩にウォーキングストリ

LK metro (1)
GW直前のパタヤ。ソイLKメトロのゴーゴーバーめぐり。

いよいよゴールデンウイークが目前。 少しずつだが、パタヤにも日本人の

→もっと見る

PAGE TOP ↑