*

新たなペイバー。同じバーで別々のバービア嬢を連続ペイバーってありなのか?

26日目

あと2泊でパタヤ滞在も終わり。
そろそろ、荷物の片付けを考え始めねば。

とりあえず、買い置きしてあった食料のたぐいを処分してしまおう。

食パンがあまりそうなので、これも昼飯にする。
コンビニでパスタを購入。
冷凍もののカルボナーラ。
コンビニの冷凍パスタ

写真の色合いが悪いが、まあ無難な味。食パンと一緒に食べると、そこそこ腹は膨れた。
おやつには、食べかけのポテチなどを。
これで、かなり片付いた。

【ペイバー二者択一を迫られる】

夜、Bちゃんから、LINEでメッセージが届く。

Pちゃんがようやく田舎から戻ってきたそうだ。
今日からバービアで働き出すので、早くおいでとのお誘い。

解説しよう。

元々、このバービアで最初にペイバーしたのはIちゃんという22歳のバービア嬢だ。
Iちゃん1
参考→クンチェーナンプラー/久しぶりのペイバーは濃厚なブンブンとなった

そのIちゃんは、すぐに田舎へ帰ってしまった。それからずっと戻ってこず。
で、次に気になったのが、21歳のPちゃん。
そのうちペイバーしようかと考えていたけれど、Pちゃんも田舎へ戻ってしまった。最初は4日間の予定だと言っていたが、なかなか帰って来ない。

そうこうしているうちに仲良くなり、2回ほどペイバーしたのが20歳のBちゃんである。
Bちゃん2
参考→想定外のペイバーは大当たり

で、なかなか田舎から帰って来なかったPちゃんがようやくパタヤに帰還したわけだ。

まあ、どのみち、このバービアには毎日のように通っているので、本日も飲みに行くことにした。

屋台で食事をすませて、バービアへ向かっていると、バービアのママさんに遭遇。

「PもBもいるよ。あなた、どっちにするの?」

いきなり、そう言われてもなあ。
まだペイバーすると決めたわけじゃないし。
相変わらずオシの強いママさんである。

ママさんに連行されるようにして、バービアに到着。
さっそく、ママさんがわたしの横にPちゃんを座らす。
Bはカウンター内で雑用係。

再会を祝し、Pにレディドリンクを奢って、乾杯。
再会と言っても、まともに会話したのは今回が初めて。
前回は挨拶程度だった。

体調を崩して田舎で寝込んでいたらしい。
それで仕事復帰が遅れたとのこと。
もう体調は万全だから大丈夫。
でも、今日はイサーンからバスに10時間かけてパタヤへ戻ってきて、そのままバーで働いているから、かなり疲れたとこぼしていた。

あとは、年齢やら家族構成やら仕事歴やら、お決まりの質問。
ついで、体をチェック。

顔にはシミとソバカスがうっすらと浮かんでいる。
手足の肌も少し荒れている。
特に手のひらがガサガサだ。
これは農家の手だな。

聞いてみると、やはり実家はコメ農家。
稲を刈るジェスチャーをすると、笑ってくれる。

あまり口数は多くないけど、笑顔が素敵だ。
実に純朴な表情をする。
都会的でちょっと冷めた感じのするBちゃんとは大違い。

で、そのBちゃんも一緒になり、3人で飲んだ。
Bちゃんに話をきくと、もう体調はすっかり良くなったから、今日のペイバーは問題ないとのこと。

Pちゃんには、ペイバーについて何も聞いていないけど、たぶん大丈夫そう。

いい時間になってきた。
これ以上、宴会するとレディドリンク代がバカにならない。
そろそろお暇しなければ。

例によって、ママさんが煽ってくる。

さあ、ペイバーしなさい
どっちの子にするの?
さあ、さあ

とっさに答えられない。
また戻ってくるからと返事を濁すも、ママさんは許してくれない。

ダメ、今決めなさい

しかも、Bちゃんが、Pちゃんをしきりに薦めてくるではないか。
今日はPを連れて行ってあげて、と。

うがあ
昨日はペイバー拒否やら何やらで、もやもや続きだったのに、今日は目の前でどちらか一人を選ばなくちゃいけないのか。

なぜかは知らないけれど、Bちゃんは、くどいほどPちゃんを薦めてくる。
当のPちゃんは、何も言わず素朴な笑顔を浮かべるのみ。

ええい、今日はPちゃんだ。
直感的にハズレはないと踏んでいる。
大丈夫だ。

結局、この21歳のバービア嬢Pをペイバー。

いいのか、これで?

【同じバーで違う嬢をペイバーすることについて】

そんなわけで、今回のパタヤ滞在において、このバービアでペイバーするのはPちゃんが3人目となる。

一人目が22歳のIちゃん。
すでに田舎へ帰ってしまっている。でもちょこちょことLINEでやり取りは続けている。

しかもこのIちゃんとPちゃんは、同郷。イサーンの同じ県出身だ。
どこまで深い友人関係かは知らないけれど、接点はあるはずだ。
さすがに怖くて、二人が仲良しかどうかは聞けない。

もう一人のBちゃんは、すでに二度ペイバーしている。
イサーン出身ながら都会っ子である。
性格も明るく、ルックスもよし、サービスも抜群。
洗練された雰囲気。悪いくいえば、ちょっとビジネスライクな感じである。

この3人をこの3週間くらいでペイバーしたことになる。

タイで遊びだしてから、それなりの年数になるけれど、これだけ短期間で、同じバーで違う女性をかわるがわるペイバーしたのは初めてからも。
もちろん、ゴーゴーバーでもバービアでも、時間を空けてなら何度も経験がある。

以前ペイバーした子が田舎へ帰ってしまったり、他に太客ができてしまったとかで、いなくなった場合は、何のためらいもなく他の女性をペイバーする。
特に、ゴーゴーバーなんかは、ごく当たり前な感じ。
数日前にペイバーしたダンサーがいても、相性が悪ければ平気で他のダンサーを選ぶ。
ただし、何度もペイバーしていたダンサーの前で他のダンサーを選ぶのは、ちょっと気がひけるかも。

少人数しか働いていないバービアでは、少々厳しい。
バービア嬢同士の関係が密だろうし、情報の共有もしやすい。
客側としても、狭いバービアでは、すぐに顔を合わせてしまうわけで、何となく気まずい。

知り合いの中には、どこそこのゴーゴーやバービアには、怖くて行けないという人もいる。
ソイ6を歩いていても、わざわざその店だけを迂回。特定のゴーゴーバーにも入らない。
以前何度もペイバーしたり飲んだりした女性がいて、また絡まれるのがイヤだと。

その気持ちはよくわかるけど、よほど変なケンカ別れやトラブルでも起こしてない限り、別に構わないとも思う。
軽く無視すればいいだけだ。
そのうち諦めてくれる。向こうも仕事なのだ。
で、こちらは他のダンサーやバービア嬢を選ぶ。
ただ、すれ違いざまに思いっきり腹にグーパンチを喰らうくらいは覚悟しておこう。

 

でも、今回のケースはちょっと特殊かも。
Bちゃんが、ビジネスライクなんで、あっけらかんとしたもんだ。
グーパンチを喰らわすどころか、違うバービア嬢を薦めてきたわけだから。

まあ、最も恐るべきは、次から次へとわたし好みのバービア嬢を斡旋してくるママさんかな。
とらえた獲物は逃さない、その手腕。
おみそれしました。

(大人向けの描写は次回に続く。)


関連記事

カオムーデーン

やっぱり楽しいバービアめぐり。仲のいいバービア嬢がファランと結婚していた

沈没生活2日目。 Nを帰してから、まったり過ごす。 昨晩は大雨が降っていたが、昼間は晴れ模様

記事を読む

スパイシーガール2

スパイシーガールズ。ウォーキングストリートの新規ゴーゴーバーが楽しかった。

SPICY GIRLS a go-go 2014年9月にオープンしたばかりの新規ゴーゴーバ

記事を読む

ゴールドの指輪

ゴールドの指輪を買わされるの巻

朝、起きがけにFと一発。 今日も子作りはせずにフィニュッシュ。 朝から、買い物に連れ

記事を読む

サワディ・パタヤ

宿代を払うと手持ちの現金が底をつく/最近泊まっている1ヶ月滞在ホテル

沈没生活21日目。 宿の女主人から、そろそろ一ヶ月分の料金を払ってくれと催促された。 以

記事を読む

ドンムアン空港エアアジアカウンター

さらばパタヤ。パタヤからドンムアン空港へ、そして帰国。

ついに日本へ帰る日がやって来た。 帰国日の朝はいつも忙しい。 汗をかきながら、荷造りを終

記事を読む

ラン島 (12)

ラン島への日帰り小旅行

8時半起床。 パタヤ滞在にしては、早い朝だ。 外は快晴。 どこまでも青い空が広がってい

記事を読む

パタヤ看板

パタヤ1ヶ月滞在の生活費と夜遊び代のまとめ。2014年9月から10月編

2014年9月から10月にかけてのパタヤ滞在。 トータル28泊29日のパタヤ沈没生活。

記事を読む

コーン1

やっぱりバービアで飲んだくれパターン。バービアのおつまみを紹介。

【ルーティーン化したパタヤの毎日】 K氏、パタヤ滞在11日経過。 あさっての朝に帰国予定だ。

記事を読む

Bちゃん2

想定外のペイバーは大当たり

沈没生活19日目。 朝、食パンとインスタントコーヒ。 昼、バミーナム。 夜、市場のぶっかけ

記事を読む

Bちゃん

パタヤ最終夜。やっぱりペイバーしてしまう。

本日が実質的なパタヤ滞在最終日となる。 明日の便で帰国だ。 ほぼ1ヶ月にわたるパタヤ夜遊びも

記事を読む

アドステア

Comment

  1. Air-G より:

    いよいよパタヤ滞在も1晩だけになってしまいましたね。ブログ実況もなくなってしまうと思うと寂しいです。
    1つお伺いしたいのですが、こうして長期にわたり滞在され帰国されるときの感情てどんなものなのでしょうか?
    遊んだ~、疲れた~満足しばらくいいやなのか、もっといたいよ~なのか?
    私も定年後は、長期に渡り行きたいと考えています。現状は、短期なのでいつももう少しいたかったて思うし、来年も頑張って働いて来るぞ~てな感じになります。

    • pattayan night より:

      あんまり短期滞在の頃と変わらないですね。
      満足した時もあれば、物足りない時もあります。
      で、結局、日本に帰ってきて一週間もたてば、また無性にパタヤが恋しくなります。
      その繰り返しです。

アドステア

p1170958
沈没日記スタート。まずはバンコク2泊から。

沈没日記1 最初に とりあえず、ここから今回の新しいパタヤ沈没日記

champaign-cyotes-2
オープン初日の新コヨーテクラブ、Champagne Coyotes(シャンペーンコヨーテ)@ソイLKメトロ

ソイLKメトロのソイダイアナ側にあるChampaignの横に、新しいコ

donmuang-airport-3
バンコク・ドンムアン空港深夜到着時の移動方法。タクシー利用でスクンビットまで。

フライトがディレイしたため、ドンムアン空港に到着したが午前0時20

kix-scoot-delay-3
関空発バンコク行きスクートが大幅ディレイ、関空で4時間暇をつぶした話

今回のタイ行きは、LCCのSCOOT便を利用。 理由は単純に安か

nana-burger-bangkok-2
今さらながら、あえてナナバーガーを食べる

ナナバーガー。 熱心なバンコクリピーターには説明不要。 ナナプ

→もっと見る

PAGE TOP ↑