*

クンチェーナンプラー/久しぶりのペイバーは濃厚なブンブンとなった

【クンチェーナンプラー】

ラン島から戻り、一息ついてから再集合。
みんなで食事。

大好きなクンチェーナンプラーを注文。

クンチェーナンプラー

生エビの刺身、サラダあえ。
タイで生エビなんて、とってもデンジャラスな響き。
まあ、生牡蠣よりは大丈夫そうだけど、やっぱり怖そう。
タイ初心者のYくんは、実際怖がって食べなかった。
あれ? タイ人の女性も食べないぞ。
単純に嫌いなようだ。

しかし、わたしは大好きなので食べる。
ただし、激辛仕様で。
エビにまぶしてある辛子はそのまま食べるようにしている。
半端じゃない辛さだ。舌がピリピリする。
が、唐辛子の殺菌作用で腹を壊さないようになるとか、ならないとか。
もっとも、タイではエビの養殖が盛ん。新鮮な生エビが手に入るので、それほど心配はいらない。
何度も食べたけど、一度も腹を壊したことはない。

エビの周りに添えてあるのはゴーヤ。タイ語では「マラ」。
漢字で覚えよう、「魔羅」と。つまり男のシンボルのことだ。
クンチェーナンプラーと唐辛子とマラで元気を出せ。
♪シンボルちゃん、さまさまだぜ
梅宮辰夫もそう歌っているしね。

話が無駄に脱線したが、食事後は、それぞれ別々に行動。

 

【バービア嬢をペイバー】

Iちゃん1

わたしは、以前から気になっていたバービア嬢のところへ。
今回の沈没生活二日目に仲良くなって、LINE交換もしたIちゃん。
用事ができたとかで、しばらく田舎へ帰っていた。
その間も少しずつLINEでメッセージ交換は続けていた。
昨日、パタヤへ戻ってきており、久しぶりに再会。
笑顔でお出迎え。

レディドリンクを奢って、ビリヤードなんかもして、楽しく時間を過ごす。
このIちゃん、自分からはペイバーのことを一切口に出さない。
かわりにママさんが煽ってくる。

ラン島で仲睦まじいYくんとゴーゴー嬢の様子を見て、こちらも欲しくなってきていた。
ちょうど予算配分的にもそろそろのタイミング。

ペイバー確定。
Iちゃんも喜んで応じてくれた。

さっそく部屋に連れて帰る。

アーイ」と言いつつも、シャワーも一緒に浴びてくれた。

ベッドの上でもサービス良し。
子持ちだけあって、体の線は少し崩れているものの、まあ及第点。
ディープキスもオムも何でも受けれてくれた。
感度もよし。
クンチェーナンプラーとマラを食べた影響か、今夜のおいらのシンボルちゃんは絶好調。
がんがん突く。

いやあ、気持よかった。

官能描写が面倒で省略したので、あっさりと終了した印象は拭えないかもしれない。
しかし、実際はかなりの濃厚かつ長いブンブンだった。

疲れていると、なかなかイカず、長時間勝負となってしまう。
年を取れば取るほど、その傾向が強くなってきた。
早漏も困るが、遅漏もやっかいだ。

がんばれ、シンボルちゃん。

ピロートークもそこそこ、すぐに心地よく眠りに落ちたのだった。

大幅リニューアル!綺麗なホテルに泊まるなら
パタヤ新築ホテル情報2017年(9月20日更新3軒追加)


関連記事

ムーンライト2

ラン島へ一緒に行ってくれる子を探せ大作戦(ウォーキング編)/インフィニティとムーンライト

【ウォーキングストリートへ】 ソイ7をあとに、ビーチロードからソンテウに乗り、一路ウォーキングスト

記事を読む

ドリンキングストリート

久々にドリンキング・ストリートでペイバーしてみた

【SIMON DRINKING STREET】 セカンドロードの北端、ドルフィンサークルの

記事を読む

Bちゃん2

想定外のペイバーは大当たり

沈没生活19日目。 朝、食パンとインスタントコーヒ。 昼、バミーナム。 夜、市場のぶっかけ

記事を読む

ドンムアン空港エアアジアカウンター

さらばパタヤ。パタヤからドンムアン空港へ、そして帰国。

ついに日本へ帰る日がやって来た。 帰国日の朝はいつも忙しい。 汗をかきながら、荷造りを終

記事を読む

Fちゃん1

昔知り合った元バービア嬢が田舎から会いに来た/1・2コールの罠

鳴り響くコール音 沈没生活3日目。 泥酔していて眠りこけていると、朝から電話が鳴り響く。 うる

記事を読む

ゴールドの指輪

ゴールドの指輪を買わされるの巻

朝、起きがけにFと一発。 今日も子作りはせずにフィニュッシュ。 朝から、買い物に連れ

記事を読む

ガイトートとカオニャオ

バービアで魚の干物とカオニャオをつまみにビールをのむ

沈没生活20日目。 朝10時ころ、Bちゃん帰宅。 もうちょっとゆっくりしていけばいいのに。

記事を読む

Iちゃん2

起きがけの一発/バンコクより友人来たる

【朝から一発】 翌朝。 というかすでに昼前。 起きがけに一発。 嫌な顔一つせず応じて

記事を読む

ウォーキングストリート

ウォーキングストリートへ。バカラとハッピーはやはりレベル高し

沈没生活6日目。 昼間は、友人とコーヒーを飲んだり、それぞれマッサージへ行ったりと、だ

記事を読む

カップ麺とゆで卵

友帰り またも一人で 沈没や/節約食生活の紹介

パタヤ滞在15日目。 Yくんが一足先に帰国し、K氏も今朝帰国した。 これで一人となった。

記事を読む

medi8サイドバートップ300×250

medi8サイドバートップ300×250

ソイ7バービア Soi 7 beer bar
ファランに囲われ、イサーンへ帰るバービア嬢

パタヤ沈没日記4 数年前から仲良くしているバービア嬢がいる。

ソイブッカオ常設市場ぶっかけ飯 (3)
【新版】ソイブッカオ常設市場のぶっかけ飯

貧乏節約型長期滞在者の心強い味方といえば、ソイブッカオにある常設市

ソイ6 soi 6
大喧嘩したのにロング1000バーツでいいからペイバーしてと懇願するバービア嬢をお持ち帰り

パタヤ沈没日記3 ソイブッカオのバービアの話である。 21歳の

R-con bar restaurant breakfast ブレックファースト (6)
R-con Barのイングリッシュブレックファースト120バーツ

ソイブッカオ北側のクランクコーナーに建つのがRコンレジデンスホテル

ソイ8 Soi 8
ソイブッカオ20歳新人バービア嬢を仕事終わりに部屋へ召喚

パタヤ沈没日記2 元ゴーゴー嬢との関係は継続しつつ、日々のバーめ

→もっと見る


PAGE TOP ↑