*

スクンビット・ロビンソンデパート地下TOPSフードコートのカオソーイ

公開日: : グルメレポート


バンコク・スクンビットソイ17と19の間にあるロビンソンデパートメント(Robinson Department Store)。

スクンビットロビンソンデパート

ロビンソンはタイ全土に展開しているデパートだ。
スクンビットのロビンソンは、1階にマクドナルドがあり、その地下には、これまた全国チェーンのスーパーマーケット、TOPS MARKETが入っている。

(地図上のマクドナルドの真下がトップス)

階段を降りて行くと、トップスとなる。

バンコクトップスフードコート

トップスは、庶民的なスーパーマーケットで、食料品から日用雑貨まで何でも揃う。
タイ土産用のチョコレートやドライフルーツなんかは、空港の免税店が買うよりも、トップスで買ったほうが安いくらい。
しかも、ここは24時間営業。とても便利。

SPONSOR LINK

TOPSのフードコート

さて、そのトップス内には、フードコートがある。

バンコクトップスフードコート (2)

正式名称は不明だけど、TOPS FLAVOURと看板には書かれいてる。

タイのフードコードではクーポンチケットを購入して、支払いにあてるのが一般的。
最近ではカード式になっていて、好きな金額をチャージできる。

奥に販売所があるので、まずカードをチャージする。

フードコートの雰囲気
バンコクトップスフードコート (3)

客席をぐるりと取り囲むようにして店が並んでいる。
好きな店で注文して、セルフサービスで席まで運ぶスタイル。

訪れたのは夕方6時頃だったが、意外と空いている印象。
空席を見つけるのは簡単だ。

食事の値段も良心的。一皿40、50バーツから。
街中のローカル食堂や屋台と変わらない値段だ。

カオソーイ

今回気になったのが、こちらのお店。
どうやらカオソーイが置いてあるようだ。

バンコクトップスフードコート (4)

Chicken Curry Noodleと書いてある。これはカオソーイに違いない。

カオソーイとは、北部タイ、特にチェンマイの名物料理で、カレーラーメンみたいなもの。
わたしは大好物。

「カオソーイガイ」と注文。
50バーツ。

出てきたのがこちら
バンコクトップスフードコートのカオソーイ

カレーヌードルだし、カオソーイに間違いないのだが、乾麺が乗っかっていないじゃないか。
玉ねぎなどの薬味は別皿ではなくて、すでに放り込んである。
ちょっと雑な作りだ。

味はしっかりカオソーイです。
辛さは控えめ。
鶏肉は大きめ。

乾麺がないとカオソーイじゃないといいたいが、普通にカレーラーメンだと思って食べれば、そこそこいけました。
が、スープがぬるいのは、タイの麺料理全般に言えるのだが、どうにかならんものか。

ハズレではないけれど、リピートはしないかな。

 

すぐ近くのターミナル21にもフードコートがある。こちらは人気のせいか、いつも混んでいるようだ。

そんな時は、ロビンソン地下のフードコートでさくっと食べてもいい。

まあ、本場の味に比べれば大したことはないですが、まだカオソーイを食べたことがない人は、一度味わってみましょう。

パタヤとは違って、バンコクのフードコートでは、カオソーイが置いてあることが多いみたい。
次回、機会があれば、バンコクでもカオソーイを探してみたい。

関連記事:パタヤでカオソーイを食べるには?サードロードのおいしいカオソーイ食堂。

SPONSOR LINK

関連記事

chapayom-2

CHA PAYOM(チャーパヨム)はどれでも1杯25バーツのカフェ。抹茶ミルクがおすすめ。

タイ全土でフランチャイズ展開している路上カフェー店が、CHA PAYOMだ。 読み方は、たぶん

記事を読む

Chester's frird chicken harbor pattaya (3)

タイのチェーン店「Chester’s チェスターズ」のフライドチキン

Chester'sは、タイ国内でわりと頻繁に見かけるフライドチキン系のファストフード店。 タイ全土

記事を読む

フライヤータックスフィッシュアンドチップス (1)

ファラン飯がいつでも99バーツから。ソイレンキーにあるフライヤータックス。おすすめはチキンカツ。

毎日タイ料理ばかり食べていると、たまには洋食(つまりファラン飯)を欲してしまう。 パタヤはファ

記事を読む

roast-duck-dry-noodle-4

あひる肉のせラーメン、バミーヘンペット。パタヤタイのトゥッコム裏手。

パタヤタイのトゥッコム裏手を歩いていると、店先にぶら下がったアヒルたちを見つけた。

記事を読む

Bakadin (13)

バーカディンは、パタヤタイのムーガタとチムチュムとイサーン料理の店。1と2があるよ。

パタヤタイにあるムーガタとチムチュムのオープンレストランへ行ってきた。 店名は、バーカディン。

記事を読む

グラポプラー魚の浮袋スープ屋台 (3)

グラポプラー。魚の浮袋スープは、なんちゃってフカヒレスープのお味。

大きな寸胴から湯気が立ち上っている屋台を発見。 予想ではジョークかなあと思ってタイ人に質問して

記事を読む

白身魚フライとスパゲッティ

BIG-C惣菜コーナーの巨大白身魚フライ(PANGASIUS STEAK)49バーツがうまい

ノースパタヤにあるBIG-Cは、パタヤ老舗のスーパーマーケット。かなり巨大な店内で、品数も豊富。

記事を読む

Pattaya takoyaki (4)

パタヤでたこ焼き!ナイトマーケットの巨大イカ入りたこ焼きはまるでエイリアン。

たこ焼きが食べたいのである。 理由はない。 食べたいから食べたい。 が、ここはタイのパタヤ

記事を読む

ソイ6食堂 (1)

ソイ6のど真ん中にあるローカル食堂

パタヤビーチロードソイ6といえば、とてつもなくいかがわしい通りである。 普通の観光客が

記事を読む

パタヤヒル展望台カフェ (6)

パタヤヒル展望台にある絶景カフェ。パタヤ湾を眺めながらコーヒーとチョコトーストを。

パタヤヒル(プラタムナック)の頂上にある展望台。 ここからパタヤ湾を一望することができる。

記事を読む

アドステア

アドステア

Udonthani Fried egg Khaikata (1)
ウドンタニー名物料理のカイガタは、パンも付いて35バーツ

ラオス・イサーン旅行記19 (18「ノンカーイからウドンターニー

Walking street 20170626 (6)
規制強化には開店繰り上げで対抗。ウォーキングストリートのゴーゴーバー開店時間調査。

当局の強い指導により、閉店時間が午前3時となったウォーキングストリート

Nongkhai to Udonthani Bus (6)
ノンカーイからウドンターニーへはロットゥ(ミニバン)で

ラオス・イサーン旅行記18 ノンカーイは1泊だけですます。

Pattaya klang Thai food (2)
タイローカル屋台初心者におすすめ。カオカームー、カオマンガイ、クイティアオ、何でも揃ってそこそこ美味しい屋台@パタヤカン。

パタヤカン(セントラルパタヤロード)のセカンドロードからソイブッカ

Nongkhai Night life (2)
ノンカーイの夜遊び2017年。バンガロー置屋からラオっ娘を持ち帰り。

ラオス・イサーン旅行記17 (16「ノンカーイは意外なグルメタウ

→もっと見る

PAGE TOP ↑