*

スクンビット・ロビンソンデパート地下TOPSフードコートのカオソーイ

公開日: : グルメレポート


バンコク・スクンビットソイ17と19の間にあるロビンソンデパートメント(Robinson Department Store)。

スクンビットロビンソンデパート

ロビンソンはタイ全土に展開しているデパートだ。
スクンビットのロビンソンは、1階にマクドナルドがあり、その地下には、これまた全国チェーンのスーパーマーケット、TOPS MARKETが入っている。

(地図上のマクドナルドの真下がトップス)

階段を降りて行くと、トップスとなる。

バンコクトップスフードコート

トップスは、庶民的なスーパーマーケットで、食料品から日用雑貨まで何でも揃う。
タイ土産用のチョコレートやドライフルーツなんかは、空港の免税店が買うよりも、トップスで買ったほうが安いくらい。
しかも、ここは24時間営業。とても便利。

SPONSOR LINK

TOPSのフードコート

さて、そのトップス内には、フードコートがある。

バンコクトップスフードコート (2)

正式名称は不明だけど、TOPS FLAVOURと看板には書かれいてる。

タイのフードコードではクーポンチケットを購入して、支払いにあてるのが一般的。
最近ではカード式になっていて、好きな金額をチャージできる。

奥に販売所があるので、まずカードをチャージする。

フードコートの雰囲気
バンコクトップスフードコート (3)

客席をぐるりと取り囲むようにして店が並んでいる。
好きな店で注文して、セルフサービスで席まで運ぶスタイル。

訪れたのは夕方6時頃だったが、意外と空いている印象。
空席を見つけるのは簡単だ。

食事の値段も良心的。一皿40、50バーツから。
街中のローカル食堂や屋台と変わらない値段だ。

カオソーイ

今回気になったのが、こちらのお店。
どうやらカオソーイが置いてあるようだ。

バンコクトップスフードコート (4)

Chicken Curry Noodleと書いてある。これはカオソーイに違いない。

カオソーイとは、北部タイ、特にチェンマイの名物料理で、カレーラーメンみたいなもの。
わたしは大好物。

「カオソーイガイ」と注文。
50バーツ。

出てきたのがこちら
バンコクトップスフードコートのカオソーイ

カレーヌードルだし、カオソーイに間違いないのだが、乾麺が乗っかっていないじゃないか。
玉ねぎなどの薬味は別皿ではなくて、すでに放り込んである。
ちょっと雑な作りだ。

味はしっかりカオソーイです。
辛さは控えめ。
鶏肉は大きめ。

乾麺がないとカオソーイじゃないといいたいが、普通にカレーラーメンだと思って食べれば、そこそこいけました。
が、スープがぬるいのは、タイの麺料理全般に言えるのだが、どうにかならんものか。

ハズレではないけれど、リピートはしないかな。

 

すぐ近くのターミナル21にもフードコートがある。こちらは人気のせいか、いつも混んでいるようだ。

そんな時は、ロビンソン地下のフードコートでさくっと食べてもいい。

まあ、本場の味に比べれば大したことはないですが、まだカオソーイを食べたことがない人は、一度味わってみましょう。

パタヤとは違って、バンコクのフードコートでは、カオソーイが置いてあることが多いみたい。
次回、機会があれば、バンコクでもカオソーイを探してみたい。

関連記事:パタヤでカオソーイを食べるには?サードロードのおいしいカオソーイ食堂。

SPONSOR LINK

関連記事

ハーバーパタヤフードコートの冷やし中華

冷やし中華はじめました@ハーバーパタヤ。でも食べたのはチキンカレーライス。

別に何でもいいが、日本の夏の風物詩といえば、海開き、高校野球、TUBE、冷やし中華である。

記事を読む

カオトムプラジャンバン料理

おすすめレストラン、カオトムプラジャンバンふたたび。追加料理多数。

少し前に紹介したおすすめのタイ料理&イサーン料理&シーフードのおいしいレストラン、カオトムプ

記事を読む

ソイエキサイト脇道食堂 (6)

ソイエキサイト脇道の食堂は日本語メニューあり。味良し、使い勝手良し。

ソイブッカオの裏道をぶらぶら歩いていると、わりと入りやすそうな食堂がある。 以前から見かけては

記事を読む

ワンタンスープギアオナーム (3)

サードロードにあるワンタンスープと火鍋(モーファイ)の屋台

餃子やワンタンが好きだ。 焼き餃子がベストだが、水餃子やワンタンスープもいい。 タイでも、餃

記事を読む

ソイエキサイト脇道食堂のムーガティアム (2)

酷暑のタイ・パタヤ。夏バテ防止にニンニクと唐辛子入りの料理を食べよう。ムーガティアム、パックブンファイデーン、ソムタム。

暑季まっさかりのタイ王国。 パタヤももちろん暑い。 とにかく暑い。ひたすら暑い。 日中は拷

記事を読む

ホーモックガイ (3)

天秤屋台で購入したホーモックガイサイピー。鶏肉のバナナ葉っぱ包み蒸し。

タイの街角では、いまだに天秤をかついで行商する人がいる。 パタヤでも、ちょこちょこ見かける。

記事を読む

ヤムルークチンつみれサラダ (6)

生乳入り豚つみれサラダ、ヤムルークチン

その屋台は、遠目には、おでんに見えた。 串にささったネタが、ずらりと勢揃い。 ま

記事を読む

moo-pin-3

夜間営業のムーピン屋台@ソイチャイヤプーン入り口

ムーピンとは、タレに漬けた豚肉を串焼きにしたもの。 甘辛いタレと柔らかい豚肉の相性

記事を読む

ソイカオタローの踏切 (2)

パタヤの踏切とソイカオタロー市場の焼き鳥

ソイカオタローの踏み切り スクンビットからパタヤダークサイドのソイカオタロー方面へ進ん

記事を読む

10バーツ唐揚げ屋台 (5)

一盛り10バーツ!唐辛子唐揚げ!パタヤタイとソイボンコット交差点にある唐揚げ(ガイトート)屋台

以前の沈没日記内で少しだけ登場した唐揚げ屋台を詳しく紹介したい。 移動式屋台の唐揚

記事を読む

アドステア

アドステア

The cube hostel Silom (1)
シーロムにあるモダンなゲストハウス、ザキューブホステルに泊まってみて感じるバンコク宿事情の変遷

シーロムといえば、バンコクの一等地だ。 オフィスビルが立ち並ぶ一

Sala daeng khao soi (1)
サラデーンのローカルフードコートでカオソーイ

シーロムにあるTHE CUBE HOSTELに泊まっていた時のこと

Pattaya Sign
出費報告と日本帰国時あれこれ。性病検査は忘れずに。

沈没日記15(おまけ) あまり意味はないですが、恒例の出費報告を

Airasia Dongmueang Kiosk (2)
日本帰国。ドンムアン空港エアアジアの自動チェックイン機を使ってカウンターをスルーしてみた。

沈没日記14(最終回) 本日は日本へ帰国するだけ。 起

Thaniya karaoke lady
最後はタニヤ嬢とブンブンしておしまい

沈没日記13 (12からのつづき) じゃんけんに勝利してゴーゴ

→もっと見る

PAGE TOP ↑