*

宿代を払うと手持ちの現金が底をつく/最近泊まっている1ヶ月滞在ホテル

沈没生活21日目。

宿の女主人から、そろそろ一ヶ月分の料金を払ってくれと催促された。

以前はアパートを借りてパタヤで生活していたけれど、ここ一年くらいは、日本とタイを行ったり来たり。
せいぜい1ヶ月か2ヶ月ほどの滞在となるので、いちいちアパートを借りるのは面倒だし、非効率的だ。
パタヤのアパートは基本的に3ヶ月からの契約となる。2ヶ月で退去するとしても、支払いは3ヶ月分だ。もったいない。

そんなわけで、アパートを借りずに、ホテルにステイしている。

アパート

【現在泊まっている宿】

1ヶ月で1万バーツ(ローシーズンの値段。ハイシーズンは跳ね上がる。)で、電気代水道代込み。
それにルームクリーニングは毎日してくれるし、ペットボトルの水も毎日一本補充してくれる。Wifiも無料。
電気代を気にすることなくエアコンを使えるのがうれしい。
ベッドシーツやバスタオルを洗濯する必要もなし。

以前借りていたアパートが1ヶ月6千バーツで、エアコンを使いまくると電気代が月に2000バーツ以上かかっていた。
特にローシーズンは、タイの暑季にあたり、とてもエアコンなしでは部屋で過ごせない。電気代もかさむ。
それにアパート住まいだと、洗濯代と手間もかかる。
ベッドシーツや中敷きマットなどをランドリーに出すと数百バーツもする。
タオルは自分で洗うにしても、コインランドリー代が一回30バーツほど。
1ヶ月分だと、意外とバカにならない額になる。

そう考えると、ホテル暮らしもそれほど悪くない。
予算的にも大差はないし、第一、ラクでいい。

ただ、ホテルといってもゲストハウスのようなものなので、部屋はかなり狭いけど。
以前借りていたアパートの半分くらいの広さだろうか。

まあ、立地条件とか予算とか、いろいろとトータルで考えて、現在の宿に落ち着いている。
一番の理由は、いまさら他を探すのが面倒なことなんだけどね。
炎天下の中、歩きまわって新たな宿探しをするのがどれだけ大変か。

 

ちなみに、ローシーズンは、多くのホテルで長期滞在大幅割引制度あり。

特にサワディ・グループは太っ腹の割引ぶりだ。
ソイ・ハニーインとブッカオの交差点にある「サイアム・サワディ」は、1ヶ月9990バーツ。
一日あたり330バーツ。
サイアム・サワディ

朝食はついていないが、電気水道代込みだ。もちろんWi-Fiも無料。

ソイ・ダイアナにある「サワディ・パタヤ」にいたっては、1ヶ月8500バーツ。
一日あたり283バーツって、安すぎでしょ。
サワディ・パタヤ

他にも、ホテルの前にプロモーション価格を貼りだしているところがある。
5日泊まったら2日分無料とかね。

バービアの上階にあるゲストハウスなんかは、月額8000バーツくらいから余裕で泊まれる。
出入りはバービア内を通る必要があったりして、それはそれで楽しそうだ。

【宿泊代の支払い】

さて、わたしの定宿。
かれこれ、一年以上の付き合いなので、宿の人たちともすっかり顔なじみ。
2回目以降はチェックイン時にパスポートすら提示していない。
家族経営に近い宿なので、いい意味で、テキトーなスタイル。
チェックインしてから20日も経つのに、まだ料金を払っていなかったのだ。
でも、そろそろ払ってねと言われた。

「はいよ~」と軽く返事。
とはいえ、手持ちのバーツでは足りないので、両替へ。

日本から持ち込んだ日本円をバーツに両替して、支払いを終える。
この円安バーツ高はかなりきつい。
一万バーツの支払いに、3万4千円くらいかかってしまった。

あ、やばい。日本円がほとんどなくなってしまった。
というか、ゼロだ。
宿代を払うために1万円札を全部使いきってしまった。

本来なら千円札が二枚残るはずだった。
だが、24歳のバービア嬢をペイバーした時に、手持ちのタイバーツがなく、日本円で支払ったものだから、完全に日本円がなくなってしまった。あとは小銭が千円弱。
ひどいな、こりゃあ。

でも、最近は現金をあまり海外に持ち出さないようにしているので、これは計画の範囲内。
あとはキャッシングでタイバーツを手に入れる算段だ。

【宵越しのカネは持たずにバービアへ】

夜。
いつものように外出。

屋台でクィッティアオ。
お約束のバミーだ。
でも今回はスープをナムトックにしてみた。

ナムトックムー

ナムトックは、豚か牛の血が入ったスープ。
ちょっと生臭いけれど、とてもコクがあってうまい。
生臭さは、砂糖で打ち消せばいい。
40バーツで満足。

 

さて、今宵もバービアへ繰り出すとしましょうか。

でもその前に、キャッシングしようとATMへ。
さすがに手持ちのカネがほとんどないまま飲むのは心もとない。

バンコク銀行のATMにクレジットカードを挿入。
「FAST CASH 10000」という項目を押せば、あっという間に1万バーツゲットだぜ。
と、思いきや。
上限が2500バーツとの画面表示。
どうやら夜の時間帯は、1000バーツ札の取り扱いがないようで、100バーツ札のみ。
それも最大25枚まで。つまり2500バーツ。

ん~、100バーツ札が25枚あってもなあ。
今日はやめておこう。

どうせペイバーする予定もないし、せこせこ飲むか。

一昨日ペイバーして濃厚な一夜を過ごしたBちゃんのいるバービアへ。
今日はディスコへ遊びに行かずに真面目に働いていた。

ビリヤードしたりビール飲んだり普通に過ごす。
例によって、ママさんがペイバーしろと急かしてくる。
Bちゃんもペイバーしてほしそうだ。

が、リアルに金が無い。
財布の中を見せても納得しない。
ATMへ行けとウルサイ。

いや行ったけど、下ろせなかったんだよと説明。

しぶしぶ納得するママさんとBちゃん。

ちょっと辟易してきたので、ビール一本だけ飲んだところでチェックビン。

もう一軒くらい立ち寄る余裕はあったんだけど、なんか興が削がれた。
やっぱりカネも持たずに、飲み歩いたり、夜遊びしたりするのはおもしろくない。

帰り道にコンビニに立ち寄り、缶ビールを購入。
部屋飲みにチェンジ。
これなら誰にも文句は言われない。
が、これも、なんだか虚しくなってきて、早々に切り上げた。

もう寝る。
やはり眠るのが最大の節約術だ。

NO MONEY NO HONEY

 


関連記事

スパイシーガール2

スパイシーガールズ。ウォーキングストリートの新規ゴーゴーバーが楽しかった。

SPICY GIRLS a go-go 2014年9月にオープンしたばかりの新規ゴーゴーバ

記事を読む

誕生日パーティ1(6)

ファランの誕生日パーティーに参加。客のバービア嬢をナンパしてみる

【ぶっかけ飯と散髪】 24日目。 今日も元気に、ブッカオ市場でぶっかけご飯。 40バーツ。

記事を読む

Fちゃん1

もやもやパタヤ。送金拒否とペイバー拒否。

25日目 今回のパタヤ滞在も残すところあと4日。 夜を過ごせるのは3日だけだ。 【元バービ

記事を読む

ウォーキングストリート

ウォーキングストリートへ。バカラとハッピーはやはりレベル高し

沈没生活6日目。 昼間は、友人とコーヒーを飲んだり、それぞれマッサージへ行ったりと、だ

記事を読む

バービア嬢P

田舎っ子Pちゃんと夜の稲刈り。二毛作に挑む。

(つづき) 二者択一を迫られ、Pちゃんをペイバーしたのだが、さてどうなることやら。 (今回の

記事を読む

passport

パタヤ沈没生活ふたたび/イミグレーション無事通過

パタヤ沈没生活をまた始めることにした。 期間は、1ヶ月。 もちろんビザ無しでの入国だ。

記事を読む

ガパオムー

2ヶ月ぶりに再会したバービア嬢Nが激太り&スレ度アップ

前回のパタヤ沈没時に何度もペイバーしたバービア嬢N。 日本に帰国している間もLINEやフェイスブッ

記事を読む

Bちゃん

パタヤ最終夜。やっぱりペイバーしてしまう。

本日が実質的なパタヤ滞在最終日となる。 明日の便で帰国だ。 ほぼ1ヶ月にわたるパタヤ夜遊びも

記事を読む

ゴールドの指輪

ゴールドの指輪を買わされるの巻

朝、起きがけにFと一発。 今日も子作りはせずにフィニュッシュ。 朝から、買い物に連れ

記事を読む

Bちゃん2

想定外のペイバーは大当たり

沈没生活19日目。 朝、食パンとインスタントコーヒ。 昼、バミーナム。 夜、市場のぶっかけ

記事を読む

アドステア

Comment

  1. とし より:

    こんにちは、いつも楽しく拝見しております
    質問なのですが、月決めで借りて毎日シーツタオルを変えてもらうのにチップって必要なんですか?

    • pattayan night より:

      としさん、こんにちは。
      最初のころは、ちょこちょこチップを渡してましたが、最近はほとんど渡してませんね。
      顔なじみのメーバーンには、たまにジュースやおやつぐらいおごっています。
      ルーティンのベッドメイキングやタオル交換で、さすがに毎日チップは必要ないかと思います。
      便宜をはかってもらった時に少しチップといった程度で充分のような気がします。

      ホテルの月極めは、いろいろと契約タイプがあります。
      電気代水道代別とか、部屋の掃除は週に2回とか。
      追加でベッドメイキングするなら1回100バーツか200バーツというところもあったような。

アドステア

nana-burger-bangkok-2
今さらながら、あえてナナバーガーを食べる

ナナバーガー。 熱心なバンコクリピーターには説明不要。 ナナプ

moonlightplace-pattaya-hotel-6
ソイハニーの隠れ家的ホテル、ザ ムーンライト プレイス (The Moonlight Place)宿泊レポート

ソイハニーイン(略してソイハニー)は、何かといかがわしい通りだが、

pheromon-club
ウォーキングストリート新規OPENゴーゴー、フェロモンクラブとバイパス訪問レポート

パタヤを一ヶ月ほど留守している間に、新しいゴーゴーバーが2軒オープンし

walking-street-201612
2016年12月タイ、バンコク・パタヤ夜遊びスポットの現状

ここ数日間、バンコクとパタヤの夜遊びの現状を調査してきた。 国王

pattaya
約100日のアジア周遊旅行とパタヤ沈没生活の出費報告書

香港からスタートして、パタヤ沈没でゴールした今回の旅行。 全日程

→もっと見る

PAGE TOP ↑