*

バービア嬢とのキーキアットな2泊3日

沈没日記27

禁酒日ネタを優先させたので、少し時系列が逆になっているが、これは禁酒日前の話となる。

沈没日記にナンバリングでいえば、24の「再会したバービア嬢が昼間部屋に来てブンブン。夜も泊まりに来るがノーブンブン。」の続きとなる。

ママーをすする昼下がり

前夜泊まりに来た30歳バービア嬢。

夜はノーブンブンのまま過ごして、そのまま寝てしまう。

わたしは一足早く目を覚まして、インスタントコーヒーとビスケットでほんの軽い朝食を取っていた。

彼女が目を覚ましたのは、やはり昼過ぎ。
タイ女性の定番コースである。

ぐずりながら目を覚まして、「ヒューカーオ(腹減った)」と素直な心情を吐き出すのもお約束。

彼女の所望は、ママー。
おお、どこかで聞いたことのある展開だ。
まあ、これまたお約束です。

ママーだけでは物足りないんで、缶詰も買ってこいと言われる。
野菜の漬物の缶詰とニシンの缶詰だ。

ママーとプラーガポン (2)

野菜の漬物は、パックドーン。

パック=野菜
ドーン=漬物

ニシンの缶詰は、プラーガポン。

プラー=魚
ガポン=缶

ビールの缶の数え方も、ヌンガポン、ソンガポンと呼ぶ。

わたしは、パックドーンは苦手なので、プラーガポンをママーに入れてみた。

ママーとプラーガポン (1)

魚の缶詰といっても、タイではトマトソースに漬けてある。
でも、意外とママーとは相性がよくて、魚の身もしっかりしており、食べごたえがある。
いけるね、これ。

こうやってキーキアット(怠惰で面倒くさがりのこと)なタイガールと向かい合ってママーをすするのいいもんだ。

二人分の昼食で72バーツ。
安上がりでよろしい。

食後、ちょっとまったりしてから、彼女は帰っていった。

またもや泊まりに来るバービア嬢

晩飯は、ソイチャイヤプーン入り口で夕方から出ている屋台へ。

ソイチャイヤプーン入り口のカオカームー屋台

ここのガパオムーはおいしい。しかもカイダーオ(目玉焼き)付きで45バーツと良心的価格。

ガパオムー

おすすめ屋台だ。ちょっとロナウジーニョに似ている愛想のいいお姉さんが調理してくれる。
この場所は、深夜になると別の屋台で出て、ムーピンを焼いている。

 

それから、一人でバービアをぶらぶら飲み歩く。
特にペイバーしたい相手も見つからず、なじみのバービアで飲むだけだ。

おつまみに、ひまわりの種が出てきた。

バービアつまみひまわりの種

食べ方は、歯でタネの殻を割って、中の実の部分だけを食べる。
意外とおいしいし、ビールによく合う。
最初はコツがいる。殻を縦に甘噛みして、うまく殻の半分だけ割って、中身を取り出すのだ。
慣れるとさくさく食べられるようになって、気分はハムスターだ。でも、少々面倒くさい。
タイのコンビニでも売っているんで、ハムスター気分を味わいたい人はどうぞ。

 

深夜2時前、だらだら飲んでいると、バービア嬢から連絡が入る。
これから部屋に来るそうだ。
というか、わたしの宿の下にもう到着していて、待っているというではないか。

おいおい。
せめて事前連絡くらいしてくれよ。

あわててバービアをあとにして、宿に戻ると、彼女が待っていた。
すでに酔っ払っている様子で、にへらにへら笑っている。

面倒なやつだなあ。

部屋に入ってから、そのまま寝ようとする彼女を急き立ててシャワーを浴びさせてから、寝る。
もちろん、ブンブンなし。

ブンブンなしのタンブンへ

翌朝は、例によって正午過ぎに起床。
これまたブンブンなし。

昼飯は、イサーン食堂で。
イサーン料理屋ギンニャンの料理
イサーンっ子と食べるイサーン料理は、おいしいよね。
気軽に食べられるイサーン料理専門食堂@パタヤアベニュー裏。生肉サラダも置いてるよ。

 

それから、彼女がタンブンに行きたいと言う。
パタヤタイにあるワットチャイモンコンへ。

ワットチャイモンコン (3)

昼間のワットチャイモンコンは暑い。
汗だくになりながら、本堂に入って、タンブンだ。

ワットチャイモンコン (1)

タンブンセットや僧侶への寄進もすべて彼女が払っていた。

やっぱりタイの女性はタンブンがお好きなようで。

こうやって一緒にワットチャイへタンブンに来るのは何人目だろうか。
すっかり手順も覚えてしまった。

お坊さん、ちょっと水をかけすぎ。けっこう濡れたぞ。

ワットチャイモンコン (2)

最後は本尊へお祈りしておしまい。
彼女は、地面につくまで深々と叩頭していた。

こういった信心深さを見せつけられると、ちょっと神妙な気持ちになる。

彼女の願いは何だろうか。
自身や家族の健康、おカネ、幸せ…

タンブンするだけで幸せになれるのなら、この世から不幸はなくなるはずだ。

そんなドライな考え方をするわたしがタンブンをすること自体、罰当たりなのかもね。

ワットチャイをあとにして、彼女をネットカフェまでお見送り。
ネットで見たい映画があるのと、フェイスブックやスカイプで上客とビデオ通話するのだそうな。

現世の楽しみと、幸せ(金銭)の追求は、自助努力である。

わたしには、彼女の人生の面倒をみることなんてできない。
せいぜい、昼飯をごちそうするか、バイクの後ろに乗せてあげてネットカフェまで連れて行くだけ。

ブンブンしてないし、チップもなし。

また泊まりに行くからと彼女は笑って、ネットカフェに入っていった。

せめて、事前に電話くらいしてね。

とりあえず、バービア嬢とのキーキアットな2泊3日は終了。
こういう生活は、カネも使わず、のんびり過ごすには、いいかもね。

更新しました!綺麗なホテルに泊まるなら
パタヤ新築ホテル情報2017年2月(更新)


関連記事

元ゴーゴー嬢とチムチュム

サービス抜群のイサーンレディと楽しい一日を過ごす。これぞパタヤの休暇。

沈没日記43 目の前でカラオケ嬢が韓国人の元へ去っていってから一夜が明けた。 一晩たてば、嫌

記事を読む

バービア嬢

パタヤ初日の22歳新人バービア嬢ペイバー

沈没日記13 ソンクラーンが開けてからの話となる。 バービア新人入店情報 なじみのバービア

記事を読む

ソンクラーンワンライビーチロードとセンタン (2)

ワンライ、パタヤ最大のソンクラーン水かけ祭り当日レポート

沈没日記11 ワンライ ワンライ、もしくはワンラーイとは、盛大に水かけををするお祭りの日のこと。

記事を読む

ソイLKメトロ

またもやゴーゴーバーめぐり。でもバービアはニアップニアップ。

沈没日記15 昨晩、5月1日夜のこと。 夜7時からは、F1ロシアGPのため、LKメトロのスポ

記事を読む

スクリーンショット_060416_125129_AM

カラオケ嬢とまさかの復縁?お持ち帰りしてブンブン

沈没日記34 カラオケ嬢の近況 前々回のパタヤ沈没にローカル食堂で出会い、その後、半同棲生活を送

記事を読む

バービア嬢1

3年ぶりに再会したバービア嬢が涙を流す

沈没日記23 テンションは上がらないが、バービアめぐりは続ける。 なかば惰性のような気もする

記事を読む

パタヤカンのバミーと唐揚げセット

深夜の修羅場。嫉妬に狂うカラオケ嬢が部屋を飛び出す。

沈没日記36 カラオケ嬢が帰ってから、しばらくPC作業。 いろいろ忙しくなってきた。 ブロ

記事を読む

カオスKAOS

ブッカオ名無し食堂、ソイLKメトロのKAOS、バミーナム、そして最後はバービアで酔っ払うのがパタヤ沈没ライフ

パタヤ沈没日記18 ブッカオ名無し食堂のイエローカレー ブッカオ名無し食堂で昼食を取る。

記事を読む

ナナプラザ (1)レインボー1

大雨のバンコクナイト。ナナプラザのレインボーとテーメーカフェの日本語。

沈没日記47 (つづき) バンコクの夜。 午後11時頃に、ようやく夜の街へ繰り出そうと

記事を読む

禁酒日ウォーキングストリート (1)

禁酒日前夜のバービアとウォーキングストリート。日系OLと出会う

沈没日記25 禁酒日前夜のバービア 本日5月20日は仏教の祝日のため禁酒日。 昨晩19日は

記事を読む

アドステア

アドステア

Walking street 201704 (1)
週末のウォーキングストリート。Dクラブ、パレス、ブリス、最後はルシファーで朝まで。

2日連続してLKメトロとウォーキングストリートのゴーゴーバーをはしごし

Tom yum noodle pattaya tai (5)
ポークリブ満載の無骨な男のトムヤムラーメンふたたび

パタヤタイにあるトムヤムスープのクイティアオ屋。 こ

Heaven Gentleman's lounge (1)
ジェントルマンズクラブ Heaven初訪問レポート。ついでにキンナリーも。

ヘブン(Heaven) プラタムナックの丘を越えて、海へと下っていっ

Pintree service apartment pattaya (15)
広くて快適、リビングとキッチン付き、ピンツリー サービス アパートメント (Pintree Service Apartment)宿泊レポート

パタヤタイにあるサービスアパートメント、ピンツリー サービス アパ

Satey sophon market (1)
ソーポン市場のサテがうまい。10本で30バーツ。

以前、沈没日記内で少し紹介したことのあるソーポン市場(Sophon

→もっと見る

PAGE TOP ↑