*

気軽に食べられるイサーン料理専門食堂@パタヤアベニュー裏。生肉サラダも置いてるよ。


セカンドロードとブッカオの間で気軽に食べられるイサーン料理専門店をご紹介。
かなりローカルな雰囲気だが、それだけに手頃な値段できちんとしたイサーン料理が食べられる。

場所は、パタヤ・アベニュー(PATTAYA AVENUE)という複合施設の裏側となる。
パタヤ・アヴェニュー

1階にマクドナルドやスターバックスがあって、3階には映画館。あとはアウトレット販売のテナントが多数入っている。

アベニュー裏口
アベニュー裏口

そのアベニュー裏に、ローカルな食堂やバーがいくつか並んでいるエリアがある。
その一角で営業しているのが、イサーン料理専門食堂だ。(他にもイサーン系屋台あり)

SPONSOR LINK

Kin I Yhang(ギンニャン)

イサーン料理屋ギンニャンメニュー (9)

店の名前は、「Kin I Yhang(ギンニャン)2」
イサーン語で「何を食べるの?」という意味になる。ギンイヤン、ギンニヤン、ともカタカナ表記できるだろうけど、ざっくりギンニャンとしておく。
まあ、発音はイサーンの人に教えてもらったください。リンキングで発音の雰囲気はわかるし、そもそも同じイサーンでも出身地によって、微妙に発音が違うけどね。
タイ語では、「ギンアライ?」

外観
イサーン料理屋ギンニャン (2)

店内の様子
イサーン料理屋ギンニャン (4)
イサーン料理屋ギンニャン (5)

イサーン出身者と二人で、昼過ぎに来店。

わたしのオーダーは、ナムトックムー。
あとは、連れのおまかせで。

ソムタム、ナムトックムー、スープが出てきた。

ソムタム
イサーン料理屋ギンニャンのソムタムプー

あ、カニを入れるなと言うのを忘れてしまった。
案の定、カニ入りだった。
炎天下野ざらしの屋台よりはマシだろうけど、やっぱりこの時期の生の沢蟹は特に怖い。

関連記事:食べるな危険。炎天下のソムタムプーパラ食べて救急入院。

カニの他、ソーセージなんかも入っていて、ちょっと食べてみたかったが、ここはグッと我慢。やめておこう。
今度はソムタムタイを注文したい。

ナムトックムー
イサーン料理屋ギンニャンのナムトックムー (1)

ナムトックムーは、豚肉がやや細切れだけど、ダシも効いていておいしい。
ローカル仕様なんで、辛さが半端ないなあ。でもおいしい。
辛いナムトックムーに外れなし。カオニャオが進むこと進むこと。

イサーン料理屋ギンニャンのゲーンオム

イサーンのスープの名前を聞くと、ゲーンオムだと言っていた。
牛肉入りだが、スープの味は、きのこスープ(ゲーンヘット)と同じもの。
ちょっと渋みがあるが、意外とおいしい。そこそこ辛いけどね。薬膳スープみたいなものかね。体の中から温まる感じがする。

イサーン料理屋ギンニャンの料理

ソムタム、ナムトックムー、ゲーンオム、カオニャオ2皿、コーラ2本で240バーツ。

明細書
イサーン料理屋ギンニャン (1)

料理一品が60バーツほど。
屋台と同じか、わずかに高いくらい。

無料の水も置いてます。

他のメニュー

他にも、定番のイサーン料理がずらり。
店頭ではガイヤーンを炭火で焼いている。

イサーン料理屋ギンニャン ガイヤーン

コームーヤーン(豚の喉肉焼き)もあるよ。

全メニューをご紹介

イサーン料理屋ギンニャンメニュー (2)
イサーン料理屋ギンニャンメニュー (3)
イサーン料理屋ギンニャンメニュー (4)
イサーン料理屋ギンニャンメニュー (5)
イサーン料理屋ギンニャンメニュー (6)
イサーン料理屋ギンニャンメニュー (7)

メニューは写真付きで、アルファベット表記もあって、タイ語が読めない人でも何とかなる。あらかじめタイ語で料理名を知っていれば話は早いが、まあ、指差しでオッケーでしょう。

イサーン料理屋ギンニャンメニュー (8)

ただし料金表は、タイ語表記のみ。
一品60バーツ前後なので心配無用。

たまたまファランのカップルたちが4人で来店。たぶんロシア人。
店の人は英語がわからないようで、隣のテーブルにいたタイ人客が通訳してあげていた。
ロシア人たちは、すべての料理を「ノースパイシー」とオーダー。
まあ気持ちはわかるけど、イサーン料理でノースパイシーはおいしくないと思われ。
「マイペット マイアロイ(辛くないとおしくない)」です。

ゴイ 生肉サラダ

さて、数あるメニューの中で一番気になったのが、この写真一番左の料理。

イサーン料理屋ギンニャンメニュー (1)

Koiと書いてある。ゴイと読むのかな。コイとかゴーイでもいいか。
ゴイとは、生肉のサラダだそうな。

牛肉ならゴイヌア、豚肉ならゴイムーとなる。

牛も危なそうだが、豚の生肉はデンジャラスそのもの。アンタラーイ。
イサーン人でもけっこうな確率でお腹を壊すという恐怖の一品だ。
破壊力はソムタムプーを上回るかも。
ユッケみたいでとてもおいしいとの噂だけど。

我こそは胃腸に自信ありという剛の者は、ぜひともソムタムプーと合わせて生肉サラダにチャレンジしてもらいたい。
やめたほうがいいけどね~

写真右は、ゴイホイ。貝のサラダ。
こっちの貝は、ちゃんと茹でてあるそうな。これなら食べてもいいかな。
まあ、牛肉や豚肉でもオーダーすれば、きちんと火を通してくれるどうけど。

 

ギンニャンの地図

ソイで言うなら、ブッカオのソイ15だ。

ブッカオソイ15

ブッカオ側から行くなら、ドゥアンナムイン前のソイ15を入っていってアベニュー前のコーナーを曲がってすぐ左手。

ソイダイアナからも行ける。アレカロッジの脇にある細い路地を抜けていけばいい。

セカンドロードからならアベニューの中をつっきると早い。
セカンドロードからもソイブッカオからも徒歩で訪問可能です。

営業時間を聞くのを忘れたが、たぶん昼間の営業だと思う。夜暗くなってから前を通ると閉まっているんで。

きちんとしたレストランではないけれど、屋台よりは若干清潔度は上。
軽くイサーン料理が食べたくなったら、アベニュー裏の「ギンニャン」へどうぞ。
何食べようかねえ。

SPONSOR LINK

関連記事

フライデイFRYDEY最新 (1)

FRYDAYのフィッシュアンドチップスが値上げ。110バーツへ。でもうまい。

当ブログで何度か登場しているフィッシュアンドチップスの名店「FRYDAY フライデイ」

記事を読む

ブッカオ北側イサーン料理食堂 のソムタム

食べるな危険。炎天下のソムタムプーパラ食べて救急入院。

先日、バービアで飲んでいた時のこと。 いつもは見かけるバービア嬢の姿がない。 ペイバーさ

記事を読む

ムーヤーン (2)

パタヤカンソイ12イサーン屋台のナムトックムー(ムーヤーン)がうまい

パタヤカンのイサーン屋台 パタヤカンのソイ12入り口にイサーン料理屋台がある。 昔、この近所

記事を読む

chiangmai-restaurant-pattaya-8

パタヤのチェンマイ料理レストランでカオソーイを食べる。あと、深夜食堂とたこ焼き情報。

パタヤでカオソーイを食べるシリーズ第3段。 今回は正統派のチェンマイ料理レストランへ。

記事を読む

アンヘレスウォークアバウトホテル前ホットドッグ屋 (2)

【アンヘレスのグルメ】ウォークアバウトホテル前のホットドッグ&ハンバーガー屋

軽い朝食を求めて、ウォーキングストリート内をうろうろして見つけたのが、この屋台。

記事を読む

パタヤヒル展望台カフェ (6)

パタヤヒル展望台にある絶景カフェ。パタヤ湾を眺めながらコーヒーとチョコトーストを。

パタヤヒル(プラタムナック)の頂上にある展望台。 ここからパタヤ湾を一望することができる。

記事を読む

サードロードステーキ屋のチキンステーキ (3)

サードロードの人気ステーキ屋で肉厚チキンステーキを喰らう

少し前の話となるが、またしてもステーキが食べたくなった夕暮れ時のこと。 やはりパタヤの

記事を読む

小鳥の丸焼き屋台 (2)

小鳥の丸焼き、ノックヤーン屋台

変わり種のタイ屋台料理シリーズ。 バービア群でかわった屋台を発見した。 何やら棒

記事を読む

ソイエキサイト脇道食堂のムーガティアム (2)

酷暑のタイ・パタヤ。夏バテ防止にニンニクと唐辛子入りの料理を食べよう。ムーガティアム、パックブンファイデーン、ソムタム。

暑季まっさかりのタイ王国。 パタヤももちろん暑い。 とにかく暑い。ひたすら暑い。 日中は拷

記事を読む

チャイヤプーン入り口の屋台 (1)

ソイチャイヤプーン入り口の屋台が安くてうまい。鶏の内蔵とタケノコのガパオ、イワシ入りカオパットなど。

タイ・パタヤでの節約生活には欠かせない屋台。 でも、どうせなら安くておいしい屋台で食事したいも

記事を読む

アドステア

アドステア

magic-food-park-donmuang-airport-5
ドンムアン空港第3のフードコート、MAGIC FOOD PARK。

なにかと物価の高いドンムアン空港にあって安い食事どころといえば、マ

therme-cafe
テーメーカフェでさくっと連れ出してタイの最後を締めくくる

沈没日記35 バンコクのホテルにチェックインを済ませて、スクンビ

miami-hotel-bangkok-22
バンコク創業50年の歴史の重みを噛みしめろ。マイアミホテル宿泊レポート。

1965年。時はまさにベトナム戦争の真っ只中。東南アジアは混沌の極

no image
パタヤからバンコクへ無難かつ王道の方法で移動

パタヤ沈没日記34 すべてをクリアーにして、日本へ戻る。

カラオケ嬢とママー1
出所してきたカラオケ嬢と再会。一晩を過ごす。

パタヤ沈没日記33 パタヤ最終日の本当に最後の最後。 明日

→もっと見る

PAGE TOP ↑