*

気軽に食べられるイサーン料理専門食堂@パタヤアベニュー裏。生肉サラダも置いてるよ。


セカンドロードとブッカオの間で気軽に食べられるイサーン料理専門店をご紹介。
かなりローカルな雰囲気だが、それだけに手頃な値段できちんとしたイサーン料理が食べられる。

場所は、パタヤ・アベニュー(PATTAYA AVENUE)という複合施設の裏側となる。
パタヤ・アヴェニュー

1階にマクドナルドやスターバックスがあって、3階には映画館。あとはアウトレット販売のテナントが多数入っている。

アベニュー裏口
アベニュー裏口

そのアベニュー裏に、ローカルな食堂やバーがいくつか並んでいるエリアがある。
その一角で営業しているのが、イサーン料理専門食堂だ。(他にもイサーン系屋台あり)

SPONSOR LINK

Kin I Yhang(ギンニャン)

イサーン料理屋ギンニャンメニュー (9)

店の名前は、「Kin I Yhang(ギンニャン)2」
イサーン語で「何を食べるの?」という意味になる。ギンイヤン、ギンニヤン、ともカタカナ表記できるだろうけど、ざっくりギンニャンとしておく。
まあ、発音はイサーンの人に教えてもらったください。リンキングで発音の雰囲気はわかるし、そもそも同じイサーンでも出身地によって、微妙に発音が違うけどね。
タイ語では、「ギンアライ?」

外観
イサーン料理屋ギンニャン (2)

店内の様子
イサーン料理屋ギンニャン (4)
イサーン料理屋ギンニャン (5)

イサーン出身者と二人で、昼過ぎに来店。

わたしのオーダーは、ナムトックムー。
あとは、連れのおまかせで。

ソムタム、ナムトックムー、スープが出てきた。

ソムタム
イサーン料理屋ギンニャンのソムタムプー

あ、カニを入れるなと言うのを忘れてしまった。
案の定、カニ入りだった。
炎天下野ざらしの屋台よりはマシだろうけど、やっぱりこの時期の生の沢蟹は特に怖い。

関連記事:食べるな危険。炎天下のソムタムプーパラ食べて救急入院。

カニの他、ソーセージなんかも入っていて、ちょっと食べてみたかったが、ここはグッと我慢。やめておこう。
今度はソムタムタイを注文したい。

ナムトックムー
イサーン料理屋ギンニャンのナムトックムー (1)

ナムトックムーは、豚肉がやや細切れだけど、ダシも効いていておいしい。
ローカル仕様なんで、辛さが半端ないなあ。でもおいしい。
辛いナムトックムーに外れなし。カオニャオが進むこと進むこと。

イサーン料理屋ギンニャンのゲーンオム

イサーンのスープの名前を聞くと、ゲーンオムだと言っていた。
牛肉入りだが、スープの味は、きのこスープ(ゲーンヘット)と同じもの。
ちょっと渋みがあるが、意外とおいしい。そこそこ辛いけどね。薬膳スープみたいなものかね。体の中から温まる感じがする。

イサーン料理屋ギンニャンの料理

ソムタム、ナムトックムー、ゲーンオム、カオニャオ2皿、コーラ2本で240バーツ。

明細書
イサーン料理屋ギンニャン (1)

料理一品が60バーツほど。
屋台と同じか、わずかに高いくらい。

無料の水も置いてます。

他のメニュー

他にも、定番のイサーン料理がずらり。
店頭ではガイヤーンを炭火で焼いている。

イサーン料理屋ギンニャン ガイヤーン

コームーヤーン(豚の喉肉焼き)もあるよ。

全メニューをご紹介

イサーン料理屋ギンニャンメニュー (2)
イサーン料理屋ギンニャンメニュー (3)
イサーン料理屋ギンニャンメニュー (4)
イサーン料理屋ギンニャンメニュー (5)
イサーン料理屋ギンニャンメニュー (6)
イサーン料理屋ギンニャンメニュー (7)

メニューは写真付きで、アルファベット表記もあって、タイ語が読めない人でも何とかなる。あらかじめタイ語で料理名を知っていれば話は早いが、まあ、指差しでオッケーでしょう。

イサーン料理屋ギンニャンメニュー (8)

ただし料金表は、タイ語表記のみ。
一品60バーツ前後なので心配無用。

たまたまファランのカップルたちが4人で来店。たぶんロシア人。
店の人は英語がわからないようで、隣のテーブルにいたタイ人客が通訳してあげていた。
ロシア人たちは、すべての料理を「ノースパイシー」とオーダー。
まあ気持ちはわかるけど、イサーン料理でノースパイシーはおいしくないと思われ。
「マイペット マイアロイ(辛くないとおしくない)」です。

ゴイ 生肉サラダ

さて、数あるメニューの中で一番気になったのが、この写真一番左の料理。

イサーン料理屋ギンニャンメニュー (1)

Koiと書いてある。ゴイと読むのかな。コイとかゴーイでもいいか。
ゴイとは、生肉のサラダだそうな。

牛肉ならゴイヌア、豚肉ならゴイムーとなる。

牛も危なそうだが、豚の生肉はデンジャラスそのもの。アンタラーイ。
イサーン人でもけっこうな確率でお腹を壊すという恐怖の一品だ。
破壊力はソムタムプーを上回るかも。
ユッケみたいでとてもおいしいとの噂だけど。

我こそは胃腸に自信ありという剛の者は、ぜひともソムタムプーと合わせて生肉サラダにチャレンジしてもらいたい。
やめたほうがいいけどね~

写真右は、ゴイホイ。貝のサラダ。
こっちの貝は、ちゃんと茹でてあるそうな。これなら食べてもいいかな。
まあ、牛肉や豚肉でもオーダーすれば、きちんと火を通してくれるどうけど。

 

ギンニャンの地図

ソイで言うなら、ブッカオのソイ15だ。

ブッカオソイ15

ブッカオ側から行くなら、ドゥアンナムイン前のソイ15を入っていってアベニュー前のコーナーを曲がってすぐ左手。

ソイダイアナからも行ける。アレカロッジの脇にある細い路地を抜けていけばいい。

セカンドロードからならアベニューの中をつっきると早い。
セカンドロードからもソイブッカオからも徒歩で訪問可能です。

営業時間を聞くのを忘れたが、たぶん昼間の営業だと思う。夜暗くなってから前を通ると閉まっているんで。

きちんとしたレストランではないけれど、屋台よりは若干清潔度は上。
軽くイサーン料理が食べたくなったら、アベニュー裏の「ギンニャン」へどうぞ。
何食べようかねえ。

SPONSOR LINK

関連記事

パタヤカンソイ16唐揚げ屋 (1)

まさかの唐揚げ一個2バーツ?パタヤ至高のフライドチキン。

またしても唐揚げネタである。 いや、好きなんですよ、唐揚げ。 嫌いな人、そんなにいないでしょ

記事を読む

ウドンターニーのラーメン屋台 (1)

ウドンでラーメン。ウドンターニーの日本ラーメン屋台の赤のれんが郷愁を誘うのだ。

ウドンでうどんは以前ご紹介した。 今回はウドンでラーメンである。 それも、タイスタイルのラー

記事を読む

baritaliabygiegieバーイタリアパタヤ (3)

センタン2階にあるBAR ITALIAは、テラス席が気持ちいいイタリアンレストラン

用事があって、友人とセントラルフェスティバル(通称センタン)を訪問。 その後、センタン

記事を読む

豚串屋台 (1)

昼間のソイLKメトロに出ている豚串屋台とインスタント味噌汁

LKメトロの豚串屋台 昼間のソイLKメトロには、屋台が出没している。 夜の時間帯は屋台進入禁

記事を読む

カップ麺ママートムヤムクン

タイのカップラーメン、ママーのトムヤムクン味には2種類+αあるよ。トムヤムナムコンがおすすめ。

日本発祥の食べ物ならが、もはやタイの国民食と化した感のあるインスタントラーメン。 タイで一番メ

記事を読む

チャイヤプーン食堂 (2)

ソイチャイヤプーンにある食堂。ぶっかけ飯、イサーン料理、洋食まで何でもそろって、日本語も通じるよ。

前回のパタヤ沈没でお世話になった食堂を紹介したい。 ソイチャイヤプーンにある食堂だ。 た

記事を読む

tammourタムモア@ハーバーパタヤ (3)

綺麗で安いイサーン料理レストラン、タムモア(TUM MOUR)の手羽唐揚げとソムタムがおいしかった@ハーバーパタヤ

日本から来た友人二人をハーバーパタヤへご案内。 あまりローカル過ぎるタイフードは苦

記事を読む

nana-burger-bangkok-2

今さらながら、あえてナナバーガーを食べる

ナナバーガー。 熱心なバンコクリピーターには説明不要。 ナナプラザ愛好家には言わずもがな。

記事を読む

ビーチクラブ前カオマンガイ (3)

ウォーキングストリート、ビーチクラブ前屋台のカオマンガイとバミーナム

ウォーキングストリートの目抜き通り沿いには、かなり高めの観光客向けレストランばかり。 ローカル

記事を読む

パタヤタイのカノムジーン (2)

パタヤタイのカノムジーン屋は種類豊富。ウォーキングストリートからも近くて便利。

カノムジーン タイ風カレーそうめんとも言うべき「カノムジーン」 カノム=お菓子

記事を読む

アドステア

アドステア

The cube hostel Silom (1)
シーロムにあるモダンなゲストハウス、ザキューブホステルに泊まってみて感じるバンコク宿事情の変遷

シーロムといえば、バンコクの一等地だ。 オフィスビルが立ち並ぶ一

Sala daeng khao soi (1)
サラデーンのローカルフードコートでカオソーイ

シーロムにあるTHE CUBE HOSTELに泊まっていた時のこと

Pattaya Sign
出費報告と日本帰国時あれこれ。性病検査は忘れずに。

沈没日記15(おまけ) あまり意味はないですが、恒例の出費報告を

Airasia Dongmueang Kiosk (2)
日本帰国。ドンムアン空港エアアジアの自動チェックイン機を使ってカウンターをスルーしてみた。

沈没日記14(最終回) 本日は日本へ帰国するだけ。 起

Thaniya karaoke lady
最後はタニヤ嬢とブンブンしておしまい

沈没日記13 (12からのつづき) じゃんけんに勝利してゴーゴ

→もっと見る

PAGE TOP ↑