*

気軽に食べられるイサーン料理専門食堂@パタヤアベニュー裏。生肉サラダも置いてるよ。


セカンドロードとブッカオの間で気軽に食べられるイサーン料理専門店をご紹介。
かなりローカルな雰囲気だが、それだけに手頃な値段できちんとしたイサーン料理が食べられる。

場所は、パタヤ・アベニュー(PATTAYA AVENUE)という複合施設の裏側となる。
パタヤ・アヴェニュー

1階にマクドナルドやスターバックスがあって、3階には映画館。あとはアウトレット販売のテナントが多数入っている。

アベニュー裏口
アベニュー裏口

そのアベニュー裏に、ローカルな食堂やバーがいくつか並んでいるエリアがある。
その一角で営業しているのが、イサーン料理専門食堂だ。(他にもイサーン系屋台あり)

SPONSOR LINK

Kin I Yhang(ギンニャン)

イサーン料理屋ギンニャンメニュー (9)

店の名前は、「Kin I Yhang(ギンニャン)2」
イサーン語で「何を食べるの?」という意味になる。ギンイヤン、ギンニヤン、ともカタカナ表記できるだろうけど、ざっくりギンニャンとしておく。
まあ、発音はイサーンの人に教えてもらったください。リンキングで発音の雰囲気はわかるし、そもそも同じイサーンでも出身地によって、微妙に発音が違うけどね。
タイ語では、「ギンアライ?」

外観
イサーン料理屋ギンニャン (2)

店内の様子
イサーン料理屋ギンニャン (4)
イサーン料理屋ギンニャン (5)

イサーン出身者と二人で、昼過ぎに来店。

わたしのオーダーは、ナムトックムー。
あとは、連れのおまかせで。

ソムタム、ナムトックムー、スープが出てきた。

ソムタム
イサーン料理屋ギンニャンのソムタムプー

あ、カニを入れるなと言うのを忘れてしまった。
案の定、カニ入りだった。
炎天下野ざらしの屋台よりはマシだろうけど、やっぱりこの時期の生の沢蟹は特に怖い。

関連記事:食べるな危険。炎天下のソムタムプーパラ食べて救急入院。

カニの他、ソーセージなんかも入っていて、ちょっと食べてみたかったが、ここはグッと我慢。やめておこう。
今度はソムタムタイを注文したい。

ナムトックムー
イサーン料理屋ギンニャンのナムトックムー (1)

ナムトックムーは、豚肉がやや細切れだけど、ダシも効いていておいしい。
ローカル仕様なんで、辛さが半端ないなあ。でもおいしい。
辛いナムトックムーに外れなし。カオニャオが進むこと進むこと。

イサーン料理屋ギンニャンのゲーンオム

イサーンのスープの名前を聞くと、ゲーンオムだと言っていた。
牛肉入りだが、スープの味は、きのこスープ(ゲーンヘット)と同じもの。
ちょっと渋みがあるが、意外とおいしい。そこそこ辛いけどね。薬膳スープみたいなものかね。体の中から温まる感じがする。

イサーン料理屋ギンニャンの料理

ソムタム、ナムトックムー、ゲーンオム、カオニャオ2皿、コーラ2本で240バーツ。

明細書
イサーン料理屋ギンニャン (1)

料理一品が60バーツほど。
屋台と同じか、わずかに高いくらい。

無料の水も置いてます。

他のメニュー

他にも、定番のイサーン料理がずらり。
店頭ではガイヤーンを炭火で焼いている。

イサーン料理屋ギンニャン ガイヤーン

コームーヤーン(豚の喉肉焼き)もあるよ。

全メニューをご紹介

イサーン料理屋ギンニャンメニュー (2)
イサーン料理屋ギンニャンメニュー (3)
イサーン料理屋ギンニャンメニュー (4)
イサーン料理屋ギンニャンメニュー (5)
イサーン料理屋ギンニャンメニュー (6)
イサーン料理屋ギンニャンメニュー (7)

メニューは写真付きで、アルファベット表記もあって、タイ語が読めない人でも何とかなる。あらかじめタイ語で料理名を知っていれば話は早いが、まあ、指差しでオッケーでしょう。

イサーン料理屋ギンニャンメニュー (8)

ただし料金表は、タイ語表記のみ。
一品60バーツ前後なので心配無用。

たまたまファランのカップルたちが4人で来店。たぶんロシア人。
店の人は英語がわからないようで、隣のテーブルにいたタイ人客が通訳してあげていた。
ロシア人たちは、すべての料理を「ノースパイシー」とオーダー。
まあ気持ちはわかるけど、イサーン料理でノースパイシーはおいしくないと思われ。
「マイペット マイアロイ(辛くないとおしくない)」です。

ゴイ 生肉サラダ

さて、数あるメニューの中で一番気になったのが、この写真一番左の料理。

イサーン料理屋ギンニャンメニュー (1)

Koiと書いてある。ゴイと読むのかな。コイとかゴーイでもいいか。
ゴイとは、生肉のサラダだそうな。

牛肉ならゴイヌア、豚肉ならゴイムーとなる。

牛も危なそうだが、豚の生肉はデンジャラスそのもの。アンタラーイ。
イサーン人でもけっこうな確率でお腹を壊すという恐怖の一品だ。
破壊力はソムタムプーを上回るかも。
ユッケみたいでとてもおいしいとの噂だけど。

我こそは胃腸に自信ありという剛の者は、ぜひともソムタムプーと合わせて生肉サラダにチャレンジしてもらいたい。
やめたほうがいいけどね~

写真右は、ゴイホイ。貝のサラダ。
こっちの貝は、ちゃんと茹でてあるそうな。これなら食べてもいいかな。
まあ、牛肉や豚肉でもオーダーすれば、きちんと火を通してくれるどうけど。

 

ギンニャンの地図

ソイで言うなら、ブッカオのソイ15だ。

ブッカオソイ15

ブッカオ側から行くなら、ドゥアンナムイン前のソイ15を入っていってアベニュー前のコーナーを曲がってすぐ左手。

ソイダイアナからも行ける。アレカロッジの脇にある細い路地を抜けていけばいい。

セカンドロードからならアベニューの中をつっきると早い。
セカンドロードからもソイブッカオからも徒歩で訪問可能です。

営業時間を聞くのを忘れたが、たぶん昼間の営業だと思う。夜暗くなってから前を通ると閉まっているんで。

きちんとしたレストランではないけれど、屋台よりは若干清潔度は上。
軽くイサーン料理が食べたくなったら、アベニュー裏の「ギンニャン」へどうぞ。
何食べようかねえ。

SPONSOR LINK

関連記事

ポークチョップ (2)

サードロードのステーキ屋は少し値上げ。でもポークチョップは据え置き価格で味もそのまま。

以前紹介したサードロードにある安く美味いステーキ屋、ガオライサイサーム。 ⇒ローカルだ

記事を読む

Kaiten回転の焼肉としゃぶしゃぶ (9)

焼肉とシーフードとしゃぶしゃぶ食べ放題のKAITEN(回転)@セントラルフェスティバルパタヤ

日本からパタヤへ遊びに来た友人たちとセントラルフェスティバルパタヤで食事。 いつも

記事を読む

バスストップレストランパブ (4)

ナナプラザ至近のレストラン、バスストップ(BUS STOP)のブレックファースト125バーツ

バンコクのスクンビットソイ4(Soi NANA)にあるレストラン、バスストップ。 わた

記事を読む

ブッカオステーキ屋看板

ブッカオ・ソイPPの49バーツステーキ屋のBBQリブは意外と本格的でうまかった

当パタヤ沈没日記の読者ならお気付きのように、わたしのパタヤでの食生活は基本的にタイ料理、それもロ

記事を読む

モーファイ (1)

タイ料理のモーファイ(火鍋)は、大盛りの激辛トムヤムラーメンだった

以前、ワンタンスープで紹介したサードロードの屋台。 ここの売りは、モーファイ(火鍋)のようなん

記事を読む

串かつとカノムトーキョー (2)

屋台の串かつとカノムトーキョー。パタヤに大阪と東京を見た。

ソイブッカオからソイエキサイト方面へ歩いていると、ふと気になる屋台に出くわした。 通り過ぎそう

記事を読む

クイチャーイ (3)

クイチャーイは揚げニラ饅頭。他の味もあるよ。タイの変わった屋台お菓子シリーズ。

少し変わった屋台を発見した。 ガラスケース内に、饅頭のようなものが陳列してある。大

記事を読む

third-road-steak-loong-yai-2

サードロードの格安ローカルステーキ屋ルゥンヤーイmini。ハンバーグがそこそこおいしい。

パタヤサードロードは、ローカル向けの安くてうまい食堂やレストランの宝庫。 タイ料理だけでなくて

記事を読む

パタヤタイカオマンガイ (1)

ブッカオとサウスパタヤ交差点にあるカオマンガイ屋台の鶏肉が肉厚かつジューシーでおいしかった。

ソイブッカオとサウスパタヤロード(パタヤタイ)の交差点にあるカオマンガイ屋台に行ってみた

記事を読む

パタヤタイのカオマンガイ (1)

パタヤタイ、ワットチャイ近くのカオマンガイ&クィティアオ屋台がうまかった

パタヤタイ(サウスパタヤ)のワットチャイモンコーン近くには、屋台が多数、軒を連ねている。 昼間

記事を読む

アドステア

アドステア

Dolls (1)
沈没ファランたちと過ごすバービアの夜

沈没日記17 年末年始のパーティラッシュが一段落して、平常運転に

スクリーンショット_012417_024735_AM
HISの初売りクーポン券発行中。LCCでも3000円引き。

格安航空券の大手、H.I.S(エイチ・アイ・エス)が初夢フェアを開

Hot pot chimchum (1)
コームーヤーンとチムチュムが安くてうまいイサーン料理レストラン@パタヤダークサイド

友人とパタヤダークサイドのソイカオタローとソイカオノイのバーめぐり

Pattaya Darkside bar (6)
【パタヤダークサイド】ソイカオタローとソイカオノイのジェントルマンズクラブめぐり

パタヤダークサイドというところ パタヤダークサイドとは、スクンビット

Domicil Schnitzel Vienna Art (1)
DOMICILの日替りメニュー。ヴィーナーシュニッツェル、パリ風シュニッツェル、カレーブルスト。

以前、ブレックファーストを紹介したレストラン、DOMICIL。

→もっと見る

PAGE TOP ↑