*

ソイユメの新しいステーキ屋でドリーフィッシュステーキを食べる。79バーツ。

公開日: : グルメレポート


ここしばらくマイブームとなっているパタヤのローカルステーキ屋探し。
いやあ、60バーツほどでステーキが食べられるタイっていいもんですね。
まあ、味はそれなりですが、コスパの高い店が見つかると嬉しくなります。

SPONSOR LINK

ソイユメのステーキ屋

さて、ソイユメを走っていると、新たなステーキ屋を発見した。

ソイユメのステーキ屋 (3)

ソイユメとは、パタヤカンのビッグCエクストラの裏手の通りのこと。
グーグル地図では、Paniad Changと書かれているが、パタヤのタイ人はみんなソイユメと呼んでいる。
ユメは日本語の夢のこと。詳しい由来は不明だが、昔この通りに「ユメ」という店があったとか何とか。まあ当のタイ人も由来のことなど忘れているんで、どうでもいい。とにかくここはソイユメ。

地図

新しく発見したステーキ屋は、ソイユメに入って少しだけ進んで右手。
ちょうどビッグCエクストラの裏の駐車場入口あたり。

ソイユメのステーキ屋 (2)

わずかに奥まったところにあるけど、簡単に見つかります。

ソイユメのステーキ屋 (4)

店名は、たぶん「AB STEAK HOUSE」
看板のように夫婦二人で切り盛りしていそうな雰囲気。

夜9時過ぎの訪問で、客は誰もおらず、わたし一人だけ。

ソイユメのステーキ屋 (6)

ソイユメのステーキ屋 (5)

壁にずらりとメニューと写真が並んでますね。

目を引いたのが、79バーツのDOLLY STEAK。

ソイユメのステーキ屋 (1)

ドリーとは、タイで定番の白身魚。
フィッシュ・アンド・チップスにも使われる。
別名、パンガシウス。

ステーキと書いてあるが、どうやら衣をつけて揚げているような写真写り。いや、でもムニエルっぽい可能性もあるな。
やはり白身魚フライなのか。

そういえば、ノースパタヤのビッグCで購入した惣菜のフィッシュステーキも白身魚フライだったっけ。

PANGASIUS STEAK白身魚フライ
関連記事:BIG-C惣菜コーナーの巨大白身魚フライ(PANGASIUS STEAK)49バーツがうまい

ドリーフィッシュステーキ

どうにも気になったので、ドリーステーキを注文してみた。

10分ほどで出来上がったソイユメのABステーキハウスのドリーステーキがこちら。

ドリーステーキフィッシュステーキ (1)

はい、やっぱり、白身魚フライですね。
ただパン粉の量はちょっと少なめ。
かるくパン粉をまぶして、多めの油のフライパンで焼いたみたいな感じかな。

ソースは、マヨネーズとペッパーソースの2種類がついてくる。

ペッパーソースは、カレーっぽい色をしているけど、カレー味はしない。ぴりぴりした胡椒ベースのソースだ。
あまり白身魚には合わないので、マヨネーズのほうがいい。どうせならタルタルソースがほしい。

ドリーステーキフィッシュステーキ (2)

肝心の白身魚は、脂身が多い印象で、白身部分のしまりも今ひとつ。
しっかりした歯ごたえがない。
決してまずくはないけれど、正直、残念な感じ。

付け合わせは、フライドポテトとサラダ。
まあ、普通です、普通。やや量は少なめか。

水が15バーツで、合計94バーツ。

これなら、ビッグCの惣菜屋で白身魚フライを買ったほうがいいかな。
いや、そもそも白身魚フライとフライドポテトなら、フライデイのフィッシュ・アンド・チップスのほうがいいや。

FRYDAYのフィッシュアンドチップス (5)
関連記事:FRYDAYのフィッシュバーガー&チップス、99バーツ

 

他の肉系ステーキはまだ食べていなんで、今度はせめてチキンかポークだけでも食べてみないと。チキンが49バーツ、ポークが69バーツだ。

というわけで、フィッシュステーキはあまりおすすめしませんが、チキンステーキならいけるかも。49バーツでポテトとサラダまで付いてくるのは、かなりお得でしょう。
サラダだけの注文もできます。

タイの白身魚は、ホーモック(バナナの葉包み蒸し)もおいしいですよ。
ホーモック屋台 (1)
関連記事:ホーモックプラーは、ちまき風の蒸し魚。プラーサワイとプラーチョン(雷魚)。

SPONSOR LINK

関連記事

hopfビール (1)

HOPF。パタヤで自家製ビールがうまいビアレストラン。ピザとソーセージもおすすめ。

エアコンの効いた店内で、生バンドの演奏がありつつ、おいしい酒と料理が楽しめる店を紹介してくれと、

記事を読む

マイクショッピングモールフードコート (6)

マイクショッピングモールのフードコート、眺めはいいけど、やっぱりしょぼかった

マイクショッピングモールとは マイクショッピングモールはパタヤ老舗のショッピングモール。

記事を読む

セイラーバーレストランコルドンブルーカツ

セイラーバー&レストランのコルドンブルーは120バーツ。あふれだすチーズとカツの相性がいいね。じゃがバタもうれしい。

ビーチロードのソイ8にあるセイラーバー(Sailor Bar)は、格安でステーキが食べられるレス

記事を読む

ぶっかけ飯屋1

長期貧乏滞在者の強い味方。ブッカオ市場のぶっかけ飯屋。

【ブッカオの市場】 タイ語で市場はタラートという。 ソイブッカオには大きな市場が2つある

記事を読む

flandria-2

移転したFLANDRIAのフライドチキンステーキがうまい。チムチュムもやってるよ。

以前、ソイブッカオ沿いでムーガタとベルギー料理とイサーン料理が食べられるレストランとして紹介した

記事を読む

nescafe-can-coffee

タイの缶コーヒーはこれで決まりか。ネスカフェExtra Rich新登場。

缶コーヒーが好きだ。 日本でもタイでも、週に5本は飲んでいる。 以前、タイの缶コーヒーを

記事を読む

ボンコットのクィティアオ屋 (2)

ソイボンコットにあるオススメのクィティアオ屋。ナムトックのスープが絶品なり。

ソイボンコット(SOI BONGKOCH)にあるクィティアオ屋がとてもおいしかったのでおすすめし

記事を読む

カオパットトムヤムマハーサムット (3)

カオパットトムヤムタレー。シーフード入りトムヤム味の焼き飯。

サードロードにあるシーフード満載のトムヤムクイティアオで有名となった「マハーサムット」。

記事を読む

蓮の実 (1)

珍味?タイの屋台で売られている蓮の実を生で食べてみた。パックブア。

タイでは、いろんな野菜や果物が屋台で売られている。 トラックに満載された果物が売られていること

記事を読む

ウドンターニーのたこ焼き屋 (2)

ウドンターニーでたこ焼きとお好み焼き【次回への課題】

勝手にウドンターニー日本食文化シリーズ ウドンでうどん ウドンでラーメン と、続い

記事を読む

アドステア

アドステア

Huawei P9 lite (4)
SIMフリースマホはこれで決まりでしょ、HUAWEI P9 LITE。タイでもばっちり4Gが使えます。

日本を出発する直前に、新しいスマートフォンに買い替えた。 以前使

FRYDAY breakfast (6)
FRYDAYがブレックファーストを始めた。昼2時からなのに朝食とはこれいかに。

当ブログで頻繁に登場するFRYDAY。 ソイニュープラザにあるフ

Robin's nest guesthouse pattaya (16)
LKメトロ至近、ソイダイアナのロビンズネストゲストハウス宿泊レポート

ソイダイアナイン(普通は略してソイダイアナ)にあるロビンズネストに

Ekamai bus (2)
パタヤ沈没生活開始

パタヤ沈没日記1 (バンコクはトランジット滞在。テーメーとソイカ

Asoke noodle soup (4)
手作りルークチンが名物。アソーク・スクンビットソイ19のクイティアオ屋。

宿泊しているサムズロッジとBTSアソーク駅の間にクイティアオ屋を見

→もっと見る

PAGE TOP ↑