*

パタヤカンの新しい日本食屋台「YOUR DON」のカツカレーとカツ丼を食べてみた

公開日: : グルメレポート


先日、パタヤカンを昼間に走行している時に見かけたこの屋台。

yourdonユアドン (5)

そういえば、新しく日本食屋台ができたという情報は入ってきていた。
ここがそうなのか。

YOUR DON
JAPANESE KITCHEN
Steamed Rice with toppinng,Curry,and Steaks

YOUR DONが店名なのかな。
あなたの丼ってことね。
読み方はユアドンとしておこう。

yourdonユアドン (4)

のぼりには、カツカレーやステーキの写真と49バーツの文字。カツカレーが49バーツではないだろうけど、とにかく安そうだ。
これは、もうカツカレーを食べるしかないでしょう。

SPONSOR LINK

YOUR DON

夜になってから再訪。午後10時くらいかな。

yourdonユアドン (3)

赤のれんの営業中の文字が踊る。
ホワイトボードには焼き肉と感じで書いてある。
おっと、日本人形まで置かれている。

テーブルは、赤いクロス。

yourdonユアドン (2)

壁には、大きな写真付きメニューが貼ってある。

yourdonユアドン (1)

テーブルの上のメニューは表一面のみ

ユアドンのメニュー (3)

カツカレーと味噌汁のセット69バーツ
牛丼と味噌汁69バーツ
カツ丼と味噌汁69バーツ
ステーキ69バーツ
サバ焼き69バーツ
焼きそば59バーツ

注文は、タイ語日本語英語併記のオーダー表に記入する。これは表裏あり。

ユアドンのメニュー (2)

ここには、メニューには載っていない焼き肉の表記がある。

ユアドンのメニュー (1)

焼肉セットは、豚が179バーツ、牛が199バーツ。
肉だけ追加オーダー可能。

ちなみに、焼肉は鉄板の上で客が自分で焼くスタイル。

ユアドンの焼肉

さらには、ユッケジャンやカルビスープも置いてある。日本料理といいながら、韓国料理もしっかりしている。
カルビうどん69バーツがちょっと気になるなあ。

カツカレー

いろいろ気になるものはあるが、わたしの中のファーストチョイスはカツカレーを置いて他にない。
迷わず、カツカレーにチェックを入れて、注文表を店員に渡した。
ちなみに、ボスとおぼしき中年タイ人男性は、そこそこ日本語が話せる。タイではなかなか見かけないほど愛想がよくて腰も低い。実に人の良さそうなおじさんである。

まずは、おじさんが「サービスです」と日本語で言いながらキムチを持ってきてくれた。
まあ日本料理ではないけれど、素直に嬉しい。

ユアドンのキムチ

ちょっと塩辛いけど、普通に食べられるキムチだ。
お箸と取り皿もあって親切だなあ。

10分近くかかって、ようやくカツカレー到着。味噌汁も一緒に持ってきた。
カツは作りおきではなくて注文を受けてからちゃんと揚げているようだ。

ユアドンのカツカレー (1)

カツカレーの皿はまずまずの重量感。
カツは大きいよね。

フラッシュを焚いてアップで
ユアドンのカツカレー (2)

ルーは、しっかりと煮こまれている。
気になる辛さは、やっぱり控えめ。日本のインスタントカレーで言うところの甘口レベルだろう。
さらに、じゃがいもの刻み方が細かい上にぐずぐずになるまで煮こまれており、じゃがいもの甘みがすごく出ている。
そのせいで、さらに甘口に感じてしまった。ルーのとろみよりじゃがいもの粘り気が口に残る。

それでも某FUJIレストランのカレーよりは、よほどしっかりしている。あれはひどい。

サードロードの日本食ラーメンチャンピオンのルーよりやや辛さは上で、味もいいかな。具はラーメンチャンピオンのほうがしっかりしている。

豚カツは、やや薄めの肉厚ながらも、衣のつけかたと揚げ方に問題なし。

これなら日本式カレーと呼んでも差支えないだろう。

味噌汁は、いたって普通。いや、いい意味で普通。日本の定食屋で出されても違和感がないレベルだ。
ダシを取るのに使ったであろうカツオ節がそのまま入っていたのはご愛嬌だ。

じゃがいもの細かさとルーの甘口が気になったが、69バーツでこれだけのものをパタヤの片隅で提供してくれたら文句を付けるのは野暮ってもの。

わたしは満足しましたよ。

いや、でもじゃがいもはもうちょっと大きなサイズがいいな。うん、ここはこだわりたい。あと、辛さは2段階くらいアップでお願いします。

yourdonユアドン (6)

ちなみに氷入りのコップを出してくれるが、水は別料金。テーブルの上のペットボトルが15バーツとなっている。水を飲まないなら氷代は取られない。

カツ丼

ええい、こうなれば、次はカツ丼だ。

わたしが海外で食べる日本食は、カツカレーかカツ丼くらいなもの。

一気に制覇してしまおう。

日を置かずしてユアドン再訪問。
カツ丼をオーダーした。

ユアドンのカツ丼 (2)

味噌汁とセットになってカツ丼登場。キムチのサービスはカレーだけみたいだね。

丼にスプーンとフォークがささっている。
うーん、フォークはいらないな。

アップでもう一枚
ユアドンのカツ丼 (1)

カツの上には海苔がたっぷり載せられている。
卵は、玉ねぎと人参とともに閉じてある。

卵はちょっと火を通し過ぎで、とろふあ感があまりない。カツと卵の一体感も薄め。閉じ方に研究の余地あり。
でもダシはしっかりとってあるなあ。
まさにカツ丼である。

カツはカツカレーのものと同じだろう。
衣はさくさくしているし、食べごたえはばっちりだ。

ご飯もカツも卵もあつあつで、日本で食べるカツ丼と変わらない。

日本の有名カツ丼店には及ばないのはしょうがないけど、日本のしょぼい安食堂で食べるカツ丼よりは、おいしいかもしれない。
少なくとも、テスコロータス内のフードコートで食べたカツ丼よりは、はるかにおいしいし、紛れもない日本の味のカツ丼である。

カツ丼もカツカレーと同じく69バーツ。

 

いやもう、パタヤで100バーツ以下でカツカレーとカツ丼が食べたくなったら、ユアドンで決まりでしょう。
味噌汁がついているしね。

カツカレーかカツ丼のどちらか一つ選ぶなら、カツ丼を推薦したい。

地図

パタヤカン(セントラルパタヤロード)をスクンビット方面へ進んで、ビッグCエクストラの隣にあるソイユメ(Paniad Chang)の信号を越えて、すぐ左手あたり。

パタヤカンには乗り合いルートソンテウが走っているので、バイクがなくてもソンテウで訪問可能。

PLCという語学学校の前で屋台を広げている。
ユアドン昼間外観

たぶん、語学学校の関係者なんでしょうね。会計するときも学校に中に入っていた。

営業時間は夕方から夜遅くまで。まあ暗くなってから行けば開いているでしょう。
月曜日は定休日。

パタヤ旅行中に急にカツカレーがカツ丼が食べたくなったら、ユアドンへどうぞ。
笑顔の素敵なおじさんが迎えてくれます。

SPONSOR LINK

関連記事

フライヤータックスフィッシュアンドチップス (1)

ファラン飯がいつでも99バーツから。ソイレンキーにあるフライヤータックス。おすすめはチキンカツ。

毎日タイ料理ばかり食べていると、たまには洋食(つまりファラン飯)を欲してしまう。 パタヤはファ

記事を読む

ルアットムークンシーのクイティアオ

もつスープのルアットムークンシーで、あえてクイティアオを食べてみる

パタヤカンにある有名なモツスープ(クイジャップ)のレストラン、ルアットムークンシー。 数年前に

記事を読む

クイチャーイ (3)

クイチャーイは揚げニラ饅頭。他の味もあるよ。タイの変わった屋台お菓子シリーズ。

少し変わった屋台を発見した。 ガラスケース内に、饅頭のようなものが陳列してある。大

記事を読む

49バーツポークステーキ (2)

サードロードの新しいステーキ屋は、49バーツぽっきり。Steak Khun Chay。

サードロードのソイボンコット(ソイ18/1)入り口近くに新しいステーキ屋がオープンしている。

記事を読む

Satey sophon market (1)

ソーポン市場のサテがうまい。10本で30バーツ。

以前、沈没日記内で少し紹介したことのあるソーポン市場(Sophon Market)。 サードロ

記事を読む

tuktuk-noodle-soup-2

トゥクトゥク屋台のクイジャップユアンを年越しうどんがわりにした

年が明けても、年越しそばは食べられずじまい。 いや、関西人のわたしとしては、そばよりもうどんが

記事を読む

tammourタムモア@ハーバーパタヤ (3)

綺麗で安いイサーン料理レストラン、タムモア(TUM MOUR)の手羽唐揚げとソムタムがおいしかった@ハーバーパタヤ

日本から来た友人二人をハーバーパタヤへご案内。 あまりローカル過ぎるタイフードは苦

記事を読む

クールハウスのアメリカンブレックファースト (8)

COOL HOUSEのアメリカンブレックファースト75バーツ

COOL HOUSEは、パタヤカンのビーチそば、先日紹介したPSボーリングプラザ(旧トッ

記事を読む

Pattaya klang Thai food (2)

タイローカル屋台初心者におすすめ。カオカームー、カオマンガイ、クイティアオ、何でも揃ってそこそこ美味しい屋台@パタヤカン。

パタヤカン(セントラルパタヤロード)のセカンドロードからソイブッカオへ至るエリアには、夜になると

記事を読む

Banchaing chimchum (7)

サードロードのチムチュムとムーガタの店、Banchaing

パタヤのチムチュム&ムーガタ店の新規開拓シリーズです。 今回はサードロード沿いの店へお邪魔しま

記事を読む

アドステア

アドステア

Udonthani night life bars (1)
ウドンタニーで恒例のバービア遊び。でも一番かわいいバービア嬢はペイバー不可で撃沈。

ラオス・イサーン旅行記20 (19「ウドンタニー名物料理のカイガタは

Udonthani Fried egg Khaikata (1)
ウドンタニー名物料理のカイガタは、パンも付いて35バーツ

ラオス・イサーン旅行記19 (18「ノンカーイからウドンターニー

Walking street 20170626 (6)
規制強化には開店繰り上げで対抗。ウォーキングストリートのゴーゴーバー開店時間調査。

当局の強い指導により、閉店時間が午前3時となったウォーキングストリート

Nongkhai to Udonthani Bus (6)
ノンカーイからウドンターニーへはロットゥ(ミニバン)で

ラオス・イサーン旅行記18 ノンカーイは1泊だけですます。

Pattaya klang Thai food (2)
タイローカル屋台初心者におすすめ。カオカームー、カオマンガイ、クイティアオ、何でも揃ってそこそこ美味しい屋台@パタヤカン。

パタヤカン(セントラルパタヤロード)のセカンドロードからソイブッカ

→もっと見る

PAGE TOP ↑