*

プールでまったり/パタヤの屋台メシ相場から物価上昇を考える

K氏がホテルをチェンジ。
全部でパタヤ12泊滞在。
ホテルは二回チェンジして計3つのホテルに泊まる計画。
今回のホテルで最後。
そのホテルがソイ7にあるので、遊びに行くことにした。

腹が減ったので、とりあえず昼食。
ソイ・ハニーインのセカンドロード近くにある食堂でクィッティアオ。
バミーガイ。

クィッティアオ食堂

バミーナム

スープはあっさり系で、自分好みにアレンジすればけっこう美味しくいただけた。
50バーツ。
うーん、ちょっと高いかな。やっぱりクィッティアオは40バーツが妥当だと思う。

ブッカオのクィッティアオ屋は軒並み40バーツ。
Rコンホテルの前にある屋台は、焼き豚とワンタンが入って35バーツだった。これはちょっと安すぎかも。

 

【プールでリゾート気分】

屋上プール

K氏と合流。
さらにバンコクの友人も自分のホテルをチェックアウトしてやって来た。彼は今日の夕方、バンコクへ戻るそうだ。
バンコクで仕事をして、週末パタヤへ遊びに行く。
これもなかなか楽しそうな生活だ。
まあ、さすがに毎週毎週では飽きるだろうけど。

ホテルの屋上にあるプールでまったり。
海も見えて気持ちがいい。
屋上だけに風通しがよく、体が水に濡れているとちょっと寒く感じるくらい。
そんな時はまたプールに入る。
プールの水温がぬるくてちょうどよい。

プールサイドにカウンターがあって、プールの中にイスにすわりながらドリンクを飲めるのだ。
これはいいね。
ちょっとしたリゾート気分を味わえる。

だらだらと夕方まで過ごした。

 

【屋台メシ】

ソイ7セカンドロード側入り口にある屋台で食事。
カナームークロップ。

カナームークロップ

味は普通。これで60バーツ。
や、ちょっと高くないかい。相場は40か50バーツだろ。
バンコク在住の友人も、これは高いとびっくりしていた。
昼食のバミーといい、セカンドロードの物価は上昇しているのかな。
たかが10バーツとはいえ、少し気になる。

もともと、ローカル食堂や屋台の食事代に関しては、パタヤよりバンコクのほうが少し安いかも。

パタヤでいえば、ビーチロード付近は高い。移動式の屋台も高い。
ウォーキングに近づけばさらに高くなる。
バーベキュー1本で20バーツすることもある。
まあ、これはリゾート地価格なので致し方無い部分はある。

それにしても、ローカル食堂でのぶっかけ飯が60バーツとは。う~む。

バンコク在住の友人はここで帰宅。

夜は、K氏とその彼女Oちゃんとわたしの3人でバービア。
ビリヤード大会。
つまみはバーバキューとカオニャオだ。
つまみどころか、これが晩飯となった。
一人40バーツほどで腹が膨らむ。
まあ、安上がり。

 

【屋台メシと夜遊び相場の関連性】

40バーツだった屋台めしが50バーツに値上げになったとする。
たかが10バーツや20バーツ、短期旅行者には関係ないかもしれないし、そもそもローカル屋台料理を食べない人には、まったく無縁な話かもしれない。
が、こういう庶民に根ざした物価の上昇が、経済全体の物価上昇を計るバロメーターとも言えるかもしれない。

特にタイ夜遊び旅行者にとっての最大の懸案事項は夜の女性へのチップだ。
これが最近つとに上昇気味だ。

 

食事代が20%アップしたなあ。よし、バーの飲み代もアップさせよう。バーファイン代もアップだ。
そして、夜の女性たちの要求するチップもアップしていく。
1500バーツの20%アップなら1800バーツだが、そこは切りのいい数字で2000バーツとしてしまおう。
3000バーツの20%アップで3600バーツ。えーい、4000バーツにしちゃえ、うふ
だって、食事代も値上げしてるんだし、かまわないよね。
日本人、金持ちだし、もらっちゃえ。

と、こんなふうに夜の商売人たちの心は動いてはいやしないか?

屋台料理ならたった10バーツの値上げも、夜の遊び代となると500バーツ、1000バーツと上昇してしまう恐ろしさ。
上げ幅のパーセンテージはどちらも大差ない。が、元値の違いが値上げ額に跳ね返る。

いやはや、こうして世のなべての物価は上昇していくのか。

ここ20年ほど、日本国内の物価が気持ち悪いほど安定していたので、物価上昇を体感することができなかった。
が、ここタイ・パタヤでは如実に物価上昇を体感できる。
それも夜遊び旅行者としては、痛いほどの実感できるのだ。

 

おっと、屋台と夜遊びを通して、なにやら実体経済に関する、未だかつてない壮大な理論が構築できそうな気がする。
が、そんな気がしただけで、実際は何も考えていないので、とりあえず今晩の屋台メシを何にするかを考えることにして、筆をおきたい。
やっぱりガパオムーカイダーオ50バーツが無難っしょ。具だくさんのバミーもいいよね。おっと、35バーツのカオマンガイも忘れちゃいけない。

とりあえず、これからも、貧乏滞在者の視点と、夜遊び旅行者の視点、その両方の視点でパタヤの屋台メシ相場と夜遊び相場をゆる~く観測していく所存であります。

更新しました!綺麗なホテルに泊まるなら
パタヤ新築ホテル情報2017年2月(更新)


関連記事

Fちゃん1

昔知り合った元バービア嬢が田舎から会いに来た/1・2コールの罠

鳴り響くコール音 沈没生活3日目。 泥酔していて眠りこけていると、朝から電話が鳴り響く。 うる

記事を読む

誕生日パーティ1(6)

ファランの誕生日パーティーに参加。客のバービア嬢をナンパしてみる

【ぶっかけ飯と散髪】 24日目。 今日も元気に、ブッカオ市場でぶっかけご飯。 40バーツ。

記事を読む

ガパオムー

2ヶ月ぶりに再会したバービア嬢Nが激太り&スレ度アップ

前回のパタヤ沈没時に何度もペイバーしたバービア嬢N。 日本に帰国している間もLINEやフェイスブッ

記事を読む

ドリンキングストリート

久々にドリンキング・ストリートでペイバーしてみた

【SIMON DRINKING STREET】 セカンドロードの北端、ドルフィンサークルの

記事を読む

鐘を鳴らすファラン

バービアでファランがスートゥアオーク(永久ペイバー)

23日目。 昼間からスコール。 降ったり止んだりの繰り返しだ。 出かけるタイミングが難しい

記事を読む

アメジスト

今夜もLKメトロgo-go barめぐり

巨乳好きの友人K氏。 昨晩飲んだバービアの巨乳バービア嬢が気になるとのこと。 昨日は酔いすぎてい

記事を読む

アクションストリート

駐在員のミアノイだった屋台おばさん/バービアでミアノイを探せ

沈没生活16日目 とある屋台のおばさん 昼飯に鶏の唐揚げを購入しようと屋台に近づいた。 すると

記事を読む

シューターズ

ラン島へ一緒に行ってくれる子を探せ大作戦(ソイ7編)

K氏は、懇意のバービア嬢を呼び寄せていた。 以前はパタヤで働いていたが、現在は他の場所でバービア嬢

記事を読む

コーン1

やっぱりバービアで飲んだくれパターン。バービアのおつまみを紹介。

【ルーティーン化したパタヤの毎日】 K氏、パタヤ滞在11日経過。 あさっての朝に帰国予定だ。

記事を読む

Bちゃん2

想定外のペイバーは大当たり

沈没生活19日目。 朝、食パンとインスタントコーヒ。 昼、バミーナム。 夜、市場のぶっかけ

記事を読む

アドステア

アドステア

Nongkhai to Udonthani Bus (6)
ノンカーイからウドンターニーへはロットゥ(ミニバン)で

ラオス・イサーン旅行記18 ノンカーイは1泊だけですます。

Pattaya klang Thai food (2)
タイローカル屋台初心者におすすめ。カオカームー、カオマンガイ、クイティアオ、何でも揃ってそこそこ美味しい屋台@パタヤカン。

パタヤカン(セントラルパタヤロード)のセカンドロードからソイブッカ

Nongkhai Night life (2)
ノンカーイの夜遊び2017年。バンガロー置屋からラオっ娘を持ち帰り。

ラオス・イサーン旅行記17 (16「ノンカーイは意外なグルメタウ

Walking street 201706 (1)
【6/23 昨晩のウォーキングストリート】ゴーゴーは午前3時に一斉閉店。一部ディスコのみ営業継続。でも大して影響ないよ。

今週頭に当局からウォーキングストリート各店へ発布された警告を受けて、ウ

Yakitori Nongkhai (1)
ノンカーイは意外なグルメタウン。赤提灯日本式焼き鳥屋台とカオニャオマムアンで舌鼓。

ラオス・イサーン旅行記16 (15「タイビザ取得後、国際バス

→もっと見る

PAGE TOP ↑