*

ジョムティエンビーチで夜遊び。レディボーイにビーチク噛まれて悶絶。

沈没日記4

ジョムティエンの夜遊び

夜10時前ようやく外出。
バイクでジョムティエンビーチまで。
目指すはバービアである。ジョムティエンのバービアはソイ7あたりに集中している。
ジョムティエンのセカンドロードはがらがらなんで、移動は早いけど、やっぱり遠い。

ジョムティエン (12)

やはりジョムティエンのビーチロード沿いバービアは、ソイ7が一番栄えている。
その次がソイ5だろうか。
あとは、各ソイにちょこちょこ点在している程度。
ソイ7とソイ5をぐるぐるまわってみたが、これといって収穫なし。
30代前後のバービア嬢が多い印象。
ジョムティエンのバービアは厳しいかなあ。

ソイ7からセカンドロードを渡って、巨大バービア群であるロンポーバービアコンプレックスへ。
ここは、とにかく敷地面積がえげつない。

(昼間のロンポーバービア群)
ロンポーバービア群

たぶんパタヤ最大規模のバービア群である。
バービアの数も当然多い。
が、ここもやはり若くてかわいいバービア嬢を探すのは困難。
そもそも敷地が広すぎて歩いて探すのも大変。

その一角にゴーゴーバーなのかコヨーテクラブなのか、よくわからないバーがある。

ロンポーバービア郡のクラブ

なんて名前なんだろう。
LEFT or RIGHT FANTASY AND DISCO CLUB(Secret…)と書いてあるが。

いちおう、営業しているようだが、ちらっと覗いたところ、ほとんどダンサーの姿は見当たらない。
謎の店である。

オカマに噛まれる

歩きすぎて、喉が乾いてきた。
どこでもいいんで、呼びこみを受けたバービアにてきとうに入ってみた。

レディボーイが横に座る。
すでに呂律がまわっていない。かなり酔っているようだ。
べったりと張り付いてきて、意味不明の英語で話しかけられる。
「ワンドリンクフォーミープリーズ シックスハンドレットバーツ」とか言っている。
60バーツの間違いなのはわかりきっているが、「ホックローイバー ロー?」とタイ語で質問返ししておく。
すると、「ノー。シックスハンドレットバーツ」とこれまた間違いに気づかないオカマ。英語の数字がわかっていない。

ああ、変なのが横についちゃったよ。
受け流していると、突然、オカマがわたしの胸に顔を埋める。
そして、乳首を噛んだ。
それも思いっきり。
むちゃくちゃ痛かった。
飛び上がりそうになった。
Tシャツ越しだからよかったものの、直接噛まれていたら、大出血していただろう。いや、噛みちぎられていたかもしれない。
それほど痛かった。

わたしが激怒すると、「ノープロブレム」と繰り返すオカマ。
ビッグプロブレムだ、ばかやろう。

これ、怒りっぽいファランならビール瓶で殴っていてもおかしくないレベルだよ。
で、大げんかとなる。
流血沙汰は避けられないところ。

ぐっと堪えるが、こんなところには、もういられない。
ポケットの中のコインをかき集めて、ビール代60バーツを叩きつけて、店を後にする。

酔っ払ったレディボーイはたちが悪いなあ。
まあ、もちろん、中には気立てのいいレディボーイもいるだろけど、酔っ払うと元々の男性性が現れるのか、素行が横暴になりがち。わかってはいるが、気をつけねば。

まったりバービア

カマバーを出てからも、怒りはおさまらず。
ずかずか歩いていると、優しそうな表情を浮かべたバービア嬢から呼びこみを受ける。
見た目は30前後だが、オカマと比べると、女神のように思えた。むしろ、菩薩さまだ。
気持ちが落ち着く。ジャイイェンイェンだ。

菩薩に誘われるまま一緒に座ることにした。
年齢を尋ねると28歳。スリン出身。子供ひとり。
まだバービア歴は浅いようだが、一生懸命英語で話していた。
ジョムティエンのバービアは、ブッカオあたりよりも英語で接客しようというムードが強い。
ブッカオのバービアなんぞ、初対面でもいきなりタイ語で話しかけられるもんなあ。
「ブッカオで遊ぶ日本人=タイ語を話す」みたいな図式ができているのかもしれないが。
ジョムティエンエリアは、がっつり夜遊派よりも、のんびりリタイア派のファランが多いせいだと思う。日本人はあまり見かけないし。
そのせいか英語がメインだし、雰囲気ものんびりしている。
レディドリンクの要求もおとなしめだ。

ロンポーバービア

いやあ、なんか癒やされるね。

さすがにレディドリンクを奢らないのも何なので、ビリヤードで勝ったらオッケーという約束でビリヤード勝負。
あえなく、わたしの3連勝。

悔しがるバービア嬢には、もちろんドリンク進呈。
レディドリンクは120バーツだ。
「ドーモ」と日本語でお礼を言われた。
間違ってないけど、中途半端に日本語を知っているみたい。
「アリガトウ」のほうがいいよとレクチャーしておく。

あとは、客のファランたちも交えて楽しく飲む。
ビリヤード歴65年だというおじいちゃんファランに気に入られて、ビリヤード勝負。
なんとか2勝1敗で勝ち越す。

というか、おじいちゃん、何歳なんだよ。
今でも現役みたいで、バービア嬢のケツを撫で回していた。
あんないかしたジジイになりたいもんである。

おっと、別のファランがリンガベルだ。
ただ酒がまわってきた。

ファランはフレンドリーだし、バービア嬢たちもがっついていない。
がっついていないけど、余裕のあるファランが多いせいか、レディドリンクはよく出ている。

さっきの乳首噛みオカマで嫌な目にあったけど、すっかり気分も持ち直して、ハッピーに。
やっぱりバービアはこうでなくっちゃね。

自分でビール2本オーダー、さらにリンガベルのただビール1本、レディドリンク1杯おごりで、トータル支払い240バーツ。
ビリヤードは8ゲームくらいしたけど、当然無料。
ここ、安いねえ。
ウォーキングストリート近辺のバービアの半額くらいかな。

まったり飲むなら、ロンポーバービア群はおすすめである。
ただし、オカマには気をつけろ。
そして、ジョムティエンのバービアで若い掘り出し物バービア嬢を探しだすのは困難だ。あきらめろ。

時刻は深夜1時過ぎ。
どうやら収穫はなさそうなんで、ジョムティエンの夜遊びはここまで。

ホテルに戻ると、ホテルで飼っているウサギがお出迎え。
ウサギって夜行性なのかね。

ジャングルリゾートのウサギ

月夜にウサギたちが大運動会。

まだまだウサギたちの夜は長そうだが、わたしは広い部屋の広いベッドで一人寝。
こういうリゾート系ホテルでは、あらかじめ相方を連れてきたほうがよさそうだ。
一人寝はさびしい。

それにしても、乳首が痛い。
ちょっと膿が出ている。
乳首の痛みがうずくたびに、あのカマの顔が思い出される。
誰か月にかわっておしおきしてほしい。

更新しました!綺麗なホテルに泊まるなら
パタヤ新築ホテル情報2017年2月(更新)


関連記事

バービア嬢

パタヤ初日の22歳新人バービア嬢ペイバー

沈没日記13 ソンクラーンが開けてからの話となる。 バービア新人入店情報 なじみのバービア

記事を読む

ナナプラザ (1)レインボー1

大雨のバンコクナイト。ナナプラザのレインボーとテーメーカフェの日本語。

沈没日記47 (つづき) バンコクの夜。 午後11時頃に、ようやく夜の街へ繰り出そうと

記事を読む

ランウェイ

パレスとランウェイが今熱いパタヤウォーキングストリートのゴーゴーバーなのか

沈没日記10 本日19日はパタヤ最大の水かけの日、ワンライ。 前夜は深夜2時でもまだ水かけや

記事を読む

ソイ3バービア (2)

22歳新人バービア嬢を2度目のペイバーするも

沈没日記19 パタヤに来て初日のバービア嬢を以前ペイバーした。 関連記事:パタヤ初日

記事を読む

ソンクラーン2日目 (3)

ソンクラーン2日目も女子大生と水かけ遊び。ソンクラーンの遊び方。

沈没日記6 ソンクラーン2日目である。 昼間のブッカオとLKメトロのピヤック状態 昼間、ブ

記事を読む

カラオケ嬢 (1)

カラオケ嬢が早朝に再降臨して最後のブンブン。さらばパタヤ。

沈没日記45 (つづき) 早朝コーリング パタヤラストナイトから一夜明けた。 午前6

記事を読む

プロンポン駅前のダイナソー観覧車

タイ最終日はバンコクの友人としっぽり飲みつつも、最後はやっぱりテーメーでブンブン

沈没日記48 バンコク2日目。 これがタイ滞在2ヶ月最終日となる。 この2ヶ月、長かっ

記事を読む

パタヤカンのバミーと唐揚げセット

深夜の修羅場。嫉妬に狂うカラオケ嬢が部屋を飛び出す。

沈没日記36 カラオケ嬢が帰ってから、しばらくPC作業。 いろいろ忙しくなってきた。 ブロ

記事を読む

スカイフォール

ゴールデンウィーク初日のパタヤ夜遊びめぐり。ウォーキングストリート、LKメトロ、バービア。

沈没日記14 昨日29日から本格的なゴールデンウィークの始まりでしょうか。10連休とか何とか。

記事を読む

ビーチクラブ

バービアめぐりからのビーチクラブで5年ぶりゴーゴー嬢に再会

沈没日記21 大々的バービアめぐり ちょろっと本気を出して、バービアめぐりをしようかと思い立つ。

記事を読む

アドステア

Comment

  1. ポピタン より:

    オカマにやられたとは不運ですね
    私もビーチロードで襲撃されそうになって以降、大嫌いになりました

    ジョムティエンのバービアは行ってみたいとは思っていますが、夜になるとソンテウが激減します
    そのため、バイクが必須になり私は免許を持っていません
    仮に免許を取得できたとしてもタイのあの道路環境を知っていると運転したいと思えず、ジョムティエンのバービアは一生行かなさそうです

    • 千夜一夜 より:

      普段はなるべく危なそうなオカマには近づかないようにしているのですが、今回はたまたまヒットしてしまいました。

      ジョムティエンのソンテウは夜でもそこそこ走っていますよ。昼間に比べると少ないですが、10時か11時なら大丈夫でしょう。夜中はダメですが。
      道路自体は整備されてから日が浅いんで綺麗です。交通量も少なめです。それだけにスピードを出す車やバイクが多いんで、ちょっと怖いです。
      まあ、わたしもパタヤからジョムティエンへ夜遊びに行くことは稀ですけどね。

  2. ヨッシー より:

    さすが千一さん、ビーチクをこっぴどく噛まれても、ちゃんとホックスィップバーツ置いて帰るという紳士的な対応に敬礼です。

    ラグビー歴15年の私ならブチ切れて、当然一銭も払わずガトゥーイに五郎丸キックを食らわせ、「バーバーボーボー!」の捨てゼリフでガニ股歩きで出てきますわー(笑)

    いずれにせよ、ジョムティエンなんぞは短期滞在者には無縁の場所ですけどね・・。

    • 千夜一夜 より:

      Fワードを投げかけて、5バーツコインで支払うのがせいぜいでした。カマ、怖い。
      ジョムティエンのバービアは、ジョムティエンのコンドに暮らしているようなファランがメインですね。たまに日本人も来るみたいですが。
      わたしも、年に数回しか行きません。ペイバー目的で行くところじゃないです。

  3. hn より:

    ジョムテインのバービアに自分も3ナイト飲んでました。丁度、日本から来た友人とも一緒に行きました。確かに20代の嬢を見つけるのは困難ですが、30代の綺麗な嬢ならちらほらいました。20代もいました。面白いのはビアバー郡の入り口に向かって右側にスポーツジムがあります。ビアバーに隣接してます。朝6:30-20:30まで営業。昼頃2回ほど行きましたが、昼のバー開店準備を終わらせたおばちゃんが楽しそうにエクササイズしています。ここは圧倒的にロシア人が多いです。ここのビアバーはレディースドリンク安いし嬢もガツガツしていません。フレンドリーなので好きです。確かに英語は通じます。

    • 千夜一夜 より:

      ロンポーコンプレックスは、市場もジムもレストランもあっておもしろいところですね。
      以前に比べるとかなり減りましたが、ロシア人はまだまだ多いです。

アドステア

Tree town steak lungyai (7)
TREE TOWN PATTAYA内の39バーツステーキ屋は風前の灯火か

ソイブッカオ北側の空き地にできたTREE TOWN。

Vientiane to Thailand Bus (8)
タイビザ取得後、国際バスでビエンチャンからノンカイへ

ラオス旅行記15 ラオンダオホテル1でたっぷり朝食を取っ

Pattaya soi6 (2)
規制強化中、パタヤ・ソイ6の現状。18時前でもオープンしているのか。

パタヤのソイ6。 昼過ぎからバーがオープンして、妖艶な女性たち(一部

La ong dao hotel1 (27)
ビエンチャンで夜遊び。ラ オン ダオ ホテル 1 (La Ong Dao Hotel 1)に泊まって併設置屋からお持ち帰り。

ラオス旅行記14 (13「ビエンチャンでガイヤーンと山盛りカオニ

Asana hotel pattaya (20)
ウォーキング徒歩5分。バスタブ付き新築ホテル、アサナ ホテル&レジデンス(Asana Hotel & Residence)内部見学レポート。

パタヤタイ(サウスパタヤ)のトゥッコム斜め向かい、ソイ24を少し中

→もっと見る

PAGE TOP ↑