*

ジョムティエンの夜遊びめぐり。巨大バービア群、Rompho Complex。

(つづき)
スワンナプーム空港行きのエアポートバス乗り場から、歩いてジョムティエン方面へ。

ジョムティエン (2)

ひさしぶりのジョムティエム訪問。
むかしは、ちょこちょことジョムティエンビーチへ遊びに来ていたけど、ここ数年ほどはすっかりご無沙汰。

ジョムティエンのビーチロードへ続く道は、一方通行となっていた。
ちょうど銅像の置かれた交差点の片側が侵入できないように封鎖されている。

右折禁止の標識。
ジョムティエン (1)

本来の車線部分は路面張替え工事中だった。
ジョムティエン (4)

そのうち双方向に戻すかもしれないけれど、現在のところ、ソンテウはセカンドロードを右折せずにまっすぐ進む。
途中でUターンして、ソイ7からビーチロードへ進入するルートとなっている。
パタヤからソンテウに乗ってジョムティエンビーチへ行く際は注意しよう。
ソイ7あたりで降りれば、ビーチへ行くにはちょうど良さそうだ。

ジョムティエンのバービアめぐり

さて、何度もジョムティエンに来たことがあるとはいえ、それは昼間の話。
夜のジョムティエンはこれが正真正銘の初めてだ。

バービアがいくつもあるとは聞いていたけど、実際に遊んだことはない。

ジョムティエンのゴーゴーバー

まず、ゴーゴーバーが一軒のみ見つかった。
WE ARE NO.1 A GO GO」って名前なのかな。
残念ながら開店準備中で詳細は不明。
オープンは夜8時からと書いてあった。

ジョムティエン (3)

ジョムティエン (13)

ジョムティエンのビーチロード沿いをぶらりと散策。

ジョムティエン・ビーチロード
ジョムティエン (5)

シーフード関連の店が多い。
数年前と変わらぬ店構え。
こういったところで安いつまみを買って、ビーチで遊ぶのが安上がり。

ジョムティエン (6)

ソイ7の両側にバービアがそこそこ並んでいる。
ざっと見た感じ、ペイバーできそうなバービア嬢は見当たらない。

ジョムティエン (7)

そのままソイ7からセカンドロードへ抜けると、道路の反対側に大きなバービア群らしきものが見える。
ちょっと行ってみよう。

ジョムティエン (8)

ロンポーバービア群

で、でけえ。
ひたすら巨大なバービア群だ。

通路の道幅が広いぶん、敷地面積で言えば、パタヤ最大のバービア群ではなかろうか。
端から端まで歩くだけで一苦労。
軒数でいえば、パタヤ・ソイ7、8より少ない多いだろう。
ノースパタヤにあるドリンキングストリートよりは多い。
セカンドロードにあるメイドインタイランドと同じくらい。
おおよそそれくらいの軒数。
でも、とにかく広い。

ジョムティエン (9)

大きな通路が2本走っており、その両サイドにはバービアの他にレストランやジム、さらには大きな市場まである。

ジョムティエン (11)

大きな通路の間にずらりとバービアが並ぶ。

ジョムティエン (10)

とにかく無駄に広い。
バービア一軒一軒は、それほどの規模ではない。ごくありふれた大きさ。
通路が広いぶん、店先にテーブルを広げているバーが多いし、一軒ずつのぞいていくのが大変なのだ。

面積は最大規模のこのバービア群。
が、肝心のバービア嬢のラインナップはパタヤ最上規模とはならず。
いや、むしろ最低レベルかも。
見紛うことなき熟女軍団なり。

ファランの中年熟年壮年老年カップルやグループが客としてビールを飲んでいるばかり。
夜のお相手探しに訪れるところではなさそう。
もうちょっと遅い時間になれば違うのかな。

歩き疲れるだけで終わってしまった。

グーグルマップで調べてみると、RomPho Complexとの表記。
ロンポーバービア群」って呼べばいいのかな。

 

またジョムティエンのビーチロードへ戻る。
ソイ7以外のソイものぞいてみたが、バービアがちょろちょろと点在している程度。
こりゃあ、ジョムティエンでお相手探しをするのは厳しそうだなあ。

ジョムティエン (12)

ジョムティエンのボーイズタウン

ジョムティエンを出て、タッパヤー通りへ戻る。
THE PINEというバービア群があって、のぞいてみた。

ジョムティエン (14)

あれ?
どの店にも、バービア嬢はおらず、みんなバービアボーイだぞ。
タイ人の若い男と手をつないで歩いているファランもいる。
おっと、ボーイズバーだったか。
パタヤのソイパタヤランドやSUNEE PLAZA以外にもあったのね。
侮りがたしジョムティエン。

 

というわけで、ジョムティエンのバービアめぐりは不発に終わった。

ただ、パタヤのビーチロードほどごちゃごちゃしておらず、夜は比較的静かだから、まあのんびりと滞在するにはいいかもしれない。
遊びたいなら、ソンテウに乗ってウォーキングストリートへ行けばいいだけだし。

ジョムティエンエリアには、長期滞在向けのコンドミニアムが続々と建設中。
これから様変わりしていくのかな。

この日は歩き疲れたので、特に何もせず終了。


Gダイアリーは休刊となりました。これが最終号。電子書籍版のみ。

紙媒体の最終号はこちら。最新の最強マップを切り取って使いたい人は、品切れ前に購入しておきましょう。

大幅リニューアル!綺麗なホテルに泊まるなら
パタヤ新築ホテル情報2017年(9月20日更新3軒追加)


関連記事

ビーチロード屋台カブドガニ売り

ビーチロードのカブトガニ、ソイヤマト、新人バービア嬢、最後はLKメトロでイカチュー

(42日目続き) ノーティーガールで20歳のかわいいスレンダー嬢と再会してから、ウォーキングス

記事を読む

読者投稿サムネイル

【読者情報】ノースパタヤの日本人カラオケ「ガーデン」はパタヤ版テーメー?

読者さんがペイバーしたという日本人カラオケの詳しい情報を教えてもらった。 店名は「ガーデン(G

記事を読む

ハッピーアゴーゴー

二日連続のウォーキングストリートゴーゴーバーめぐりは、久しぶりの再会の連続だった。

(6日目つづき) タイ彼女がホテルに戻ってフリーとなった友人と、ゴーゴーバーへ行くことになった

記事を読む

バービア嬢

ノースパタヤからブッカオまでバービアめぐり。最後は22歳をペイバー。

(48日目続き) ドリンキング・ストリート ナックルアのバービア捜索を終えて、ノースパタ

記事を読む

NETARESORT

パタヤ昼散歩。ソイ15からベイウォーク、ソイポストオフィスまで。

昼間。 昼飯を求めて、ブッカオをぶらぶら。 そのまま、ふらふらとセカンドロードのソイ15に入って

記事を読む

バービア嬢Sちゃん

部屋へ泊まりにきたバービア嬢がベッドシーツにシミを作った理由とは?

(36日目夜の部つづき。注意。当記事後半には、人によっては不快に感じるような内容が含まれております。

記事を読む

名無し食堂のガパオ

やっぱり味の落ちたブッカオの名無し食堂

友人らとブッカオの名無し食堂で昼食を取ることにした。 ソイブッカオ沿い、ちょうどソ

記事を読む

サファイア

連夜のウォーキングストリートのゴーゴーバはしごで、すっかり下半身が冷えきってしまう。

(20日目つづき) 18歳と強欲ママさんのバービアをあとにする。 友人二人に電話すると、すで

記事を読む

ムーカタとチムチュム

ムーガタとチムチュムで大宴会atハリウッド前。男女6人鍋物語の結末やいかに。

13日目 ムーカタとチムチュムで大宴会 夜。 友人2人とその連れ女性たちと食事へ行くことになっ

記事を読む

ブリスラウンジ

ブリスラウンジ見学。彼氏がいると正直に告白するバービア嬢。

44日目 昼過ぎ、当ブログの読者さんと待ち合わせ。 軽くお茶をしながら、お互いの夜遊び話に華

記事を読む

medi8サイドバートップ300×250

medi8サイドバートップ300×250

ソイ7バービア Soi 7 beer bar
ファランに囲われ、イサーンへ帰るバービア嬢

パタヤ沈没日記4 数年前から仲良くしているバービア嬢がいる。

ソイブッカオ常設市場ぶっかけ飯 (3)
【新版】ソイブッカオ常設市場のぶっかけ飯

貧乏節約型長期滞在者の心強い味方といえば、ソイブッカオにある常設市

ソイ6 soi 6
大喧嘩したのにロング1000バーツでいいからペイバーしてと懇願するバービア嬢をお持ち帰り

パタヤ沈没日記3 ソイブッカオのバービアの話である。 21歳の

R-con bar restaurant breakfast ブレックファースト (6)
R-con Barのイングリッシュブレックファースト120バーツ

ソイブッカオ北側のクランクコーナーに建つのがRコンレジデンスホテル

ソイ8 Soi 8
ソイブッカオ20歳新人バービア嬢を仕事終わりに部屋へ召喚

パタヤ沈没日記2 元ゴーゴー嬢との関係は継続しつつ、日々のバーめ

→もっと見る


PAGE TOP ↑