*

ジョムティエンの夜遊びめぐり。巨大バービア群、Rompho Complex。

(つづき)
スワンナプーム空港行きのエアポートバス乗り場から、歩いてジョムティエン方面へ。

ジョムティエン (2)

ひさしぶりのジョムティエム訪問。
むかしは、ちょこちょことジョムティエンビーチへ遊びに来ていたけど、ここ数年ほどはすっかりご無沙汰。

ジョムティエンのビーチロードへ続く道は、一方通行となっていた。
ちょうど銅像の置かれた交差点の片側が侵入できないように封鎖されている。

右折禁止の標識。
ジョムティエン (1)

本来の車線部分は路面張替え工事中だった。
ジョムティエン (4)

そのうち双方向に戻すかもしれないけれど、現在のところ、ソンテウはセカンドロードを右折せずにまっすぐ進む。
途中でUターンして、ソイ7からビーチロードへ進入するルートとなっている。
パタヤからソンテウに乗ってジョムティエンビーチへ行く際は注意しよう。
ソイ7あたりで降りれば、ビーチへ行くにはちょうど良さそうだ。

ジョムティエンのバービアめぐり

さて、何度もジョムティエンに来たことがあるとはいえ、それは昼間の話。
夜のジョムティエンはこれが正真正銘の初めてだ。

バービアがいくつもあるとは聞いていたけど、実際に遊んだことはない。

ジョムティエンのゴーゴーバー

まず、ゴーゴーバーが一軒のみ見つかった。
WE ARE NO.1 A GO GO」って名前なのかな。
残念ながら開店準備中で詳細は不明。
オープンは夜8時からと書いてあった。

ジョムティエン (3)

ジョムティエン (13)

ジョムティエンのビーチロード沿いをぶらりと散策。

ジョムティエン・ビーチロード
ジョムティエン (5)

シーフード関連の店が多い。
数年前と変わらぬ店構え。
こういったところで安いつまみを買って、ビーチで遊ぶのが安上がり。

ジョムティエン (6)

ソイ7の両側にバービアがそこそこ並んでいる。
ざっと見た感じ、ペイバーできそうなバービア嬢は見当たらない。

ジョムティエン (7)

そのままソイ7からセカンドロードへ抜けると、道路の反対側に大きなバービア群らしきものが見える。
ちょっと行ってみよう。

ジョムティエン (8)

ロンポーバービア群

で、でけえ。
ひたすら巨大なバービア群だ。

通路の道幅が広いぶん、敷地面積で言えば、パタヤ最大のバービア群ではなかろうか。
端から端まで歩くだけで一苦労。
軒数でいえば、パタヤ・ソイ7、8より少ない多いだろう。
ノースパタヤにあるドリンキングストリートよりは多い。
セカンドロードにあるメイドインタイランドと同じくらい。
おおよそそれくらいの軒数。
でも、とにかく広い。

ジョムティエン (9)

大きな通路が2本走っており、その両サイドにはバービアの他にレストランやジム、さらには大きな市場まである。

ジョムティエン (11)

大きな通路の間にずらりとバービアが並ぶ。

ジョムティエン (10)

とにかく無駄に広い。
バービア一軒一軒は、それほどの規模ではない。ごくありふれた大きさ。
通路が広いぶん、店先にテーブルを広げているバーが多いし、一軒ずつのぞいていくのが大変なのだ。

面積は最大規模のこのバービア群。
が、肝心のバービア嬢のラインナップはパタヤ最上規模とはならず。
いや、むしろ最低レベルかも。
見紛うことなき熟女軍団なり。

ファランの中年熟年壮年老年カップルやグループが客としてビールを飲んでいるばかり。
夜のお相手探しに訪れるところではなさそう。
もうちょっと遅い時間になれば違うのかな。

歩き疲れるだけで終わってしまった。

グーグルマップで調べてみると、RomPho Complexとの表記。
ロンポーバービア群」って呼べばいいのかな。

 

またジョムティエンのビーチロードへ戻る。
ソイ7以外のソイものぞいてみたが、バービアがちょろちょろと点在している程度。
こりゃあ、ジョムティエンでお相手探しをするのは厳しそうだなあ。

ジョムティエン (12)

ジョムティエンのボーイズタウン

ジョムティエンを出て、タッパヤー通りへ戻る。
THE PINEというバービア群があって、のぞいてみた。

ジョムティエン (14)

あれ?
どの店にも、バービア嬢はおらず、みんなバービアボーイだぞ。
タイ人の若い男と手をつないで歩いているファランもいる。
おっと、ボーイズバーだったか。
パタヤのソイパタヤランドやSUNEE PLAZA以外にもあったのね。
侮りがたしジョムティエン。

 

というわけで、ジョムティエンのバービアめぐりは不発に終わった。

ただ、パタヤのビーチロードほどごちゃごちゃしておらず、夜は比較的静かだから、まあのんびりと滞在するにはいいかもしれない。
遊びたいなら、ソンテウに乗ってウォーキングストリートへ行けばいいだけだし。

ジョムティエンエリアには、長期滞在向けのコンドミニアムが続々と建設中。
これから様変わりしていくのかな。

この日は歩き疲れたので、特に何もせず終了。


Gダイアリーは休刊となりました。これが最終号。電子書籍版のみ。

紙媒体の最終号はこちら。最新の最強マップを切り取って使いたい人は、品切れ前に購入しておきましょう。


関連記事

テキーラローズ

元バービア嬢姉さんに飲まされた夜。性格とスタイルの良いバービア嬢にフェーンができていた。

パタヤ沈没生活も2ヶ月目に突入した。 あと一ヶ月弱あるが、特にやることに変わりなし。 いつもどお

記事を読む

ビリヤード台

やっぱりバービアで過ごすのがパタヤ沈没スタイル

(49日目つづき。夜の部) パタヤの夜を楽しめるのは、本日と明日のみ。 昨晩は久々にペイ

記事を読む

リンガベル1

バービアでリンガベル。あの鐘を鳴らすのは誰だ?

18日目 サンドイッチとムーカタ 起床は昼前。 前夜の深酒が残っており、ちょっと気分が悪い。

記事を読む

ビアガーデン夜景

ウォーキングストリートのビアガーデンで最後の晩餐。なおも一人寝が続くパタヤの夜。

14日目 朝から少し下痢気味。 連日連夜のビール漬けがたたっているようだ。 特に昨晩の大宴

記事を読む

パタヤ看板

2015年1月~3月パタヤ50日夜遊び生活終了。滞在費と夜遊び代のまとめ。

ほぼ2ヶ月、正確には50泊51日にわたるパタヤ夜遊び沈没生活が終了した。 毎度恒例となりつつあ

記事を読む

カオムーデーン

カオムーデーンと、ディスコで男を探すフリーランサーたち

28日目 昼食はソイボンコットにあるクィティアオ屋。 ナムトックのスープが絶品だった。

記事を読む

AISショップ

スマフォをめぐる攻防戦。Fちゃんが田舎へ帰ってしまう。

沈没生活4日目 目が覚めるとFちゃんは、どこかへ出かけていた。 LINEでメッセージが入る。

記事を読む

夜のワットチャイモンコンタンブン (2)

ゴーゴー嬢と夜のタンブン&ムーガタデート

47日目続き。夜の部。 バービア嬢との昼間のタンブンデートは、あえなく不発に終わった。 が、

記事を読む

カエルの揚げ物

ソイアルノタイのバービア探訪。カエルを食べて、最後はファランに飲まされ撃沈。

17日目 お昼ごろ、友人の宿泊するホテルへ。 現在泊まっている部屋があまり気に入らず、バスタ

記事を読む

ガパオプラームック

イカとステーキとビールと美人。でも愛想の悪いバービア嬢にレディドリンクは奢りたくないよね。

31日目 ガパオプラームック 昼飯は、炒めもの料理屋台からお持ち帰り。 ガパオはガパオでも、た

記事を読む

アドステア

アドステア

nana-burger-bangkok-2
今さらながら、あえてナナバーガーを食べる

ナナバーガー。 熱心なバンコクリピーターには説明不要。 ナナプ

moonlightplace-pattaya-hotel-6
ソイハニーの隠れ家的ホテル、ザ ムーンライト プレイス (The Moonlight Place)宿泊レポート

ソイハニーイン(略してソイハニー)は、何かといかがわしい通りだが、

pheromon-club
ウォーキングストリート新規OPENゴーゴー、フェロモンクラブとバイパス訪問レポート

パタヤを一ヶ月ほど留守している間に、新しいゴーゴーバーが2軒オープンし

walking-street-201612
2016年12月タイ、バンコク・パタヤ夜遊びスポットの現状

ここ数日間、バンコクとパタヤの夜遊びの現状を調査してきた。 国王

pattaya
約100日のアジア周遊旅行とパタヤ沈没生活の出費報告書

香港からスタートして、パタヤ沈没でゴールした今回の旅行。 全日程

→もっと見る

PAGE TOP ↑