*

ジョムティエンの夜遊びめぐり。巨大バービア群、Rompho Complex。

(つづき)
スワンナプーム空港行きのエアポートバス乗り場から、歩いてジョムティエン方面へ。

ジョムティエン (2)

ひさしぶりのジョムティエム訪問。
むかしは、ちょこちょことジョムティエンビーチへ遊びに来ていたけど、ここ数年ほどはすっかりご無沙汰。

ジョムティエンのビーチロードへ続く道は、一方通行となっていた。
ちょうど銅像の置かれた交差点の片側が侵入できないように封鎖されている。

右折禁止の標識。
ジョムティエン (1)

本来の車線部分は路面張替え工事中だった。
ジョムティエン (4)

そのうち双方向に戻すかもしれないけれど、現在のところ、ソンテウはセカンドロードを右折せずにまっすぐ進む。
途中でUターンして、ソイ7からビーチロードへ進入するルートとなっている。
パタヤからソンテウに乗ってジョムティエンビーチへ行く際は注意しよう。
ソイ7あたりで降りれば、ビーチへ行くにはちょうど良さそうだ。

ジョムティエンのバービアめぐり

さて、何度もジョムティエンに来たことがあるとはいえ、それは昼間の話。
夜のジョムティエンはこれが正真正銘の初めてだ。

バービアがいくつもあるとは聞いていたけど、実際に遊んだことはない。

ジョムティエンのゴーゴーバー

まず、ゴーゴーバーが一軒のみ見つかった。
WE ARE NO.1 A GO GO」って名前なのかな。
残念ながら開店準備中で詳細は不明。
オープンは夜8時からと書いてあった。

ジョムティエン (3)

ジョムティエン (13)

ジョムティエンのビーチロード沿いをぶらりと散策。

ジョムティエン・ビーチロード
ジョムティエン (5)

シーフード関連の店が多い。
数年前と変わらぬ店構え。
こういったところで安いつまみを買って、ビーチで遊ぶのが安上がり。

ジョムティエン (6)

ソイ7の両側にバービアがそこそこ並んでいる。
ざっと見た感じ、ペイバーできそうなバービア嬢は見当たらない。

ジョムティエン (7)

そのままソイ7からセカンドロードへ抜けると、道路の反対側に大きなバービア群らしきものが見える。
ちょっと行ってみよう。

ジョムティエン (8)

ロンポーバービア群

で、でけえ。
ひたすら巨大なバービア群だ。

通路の道幅が広いぶん、敷地面積で言えば、パタヤ最大のバービア群ではなかろうか。
端から端まで歩くだけで一苦労。
軒数でいえば、パタヤ・ソイ7、8より少ない多いだろう。
ノースパタヤにあるドリンキングストリートよりは多い。
セカンドロードにあるメイドインタイランドと同じくらい。
おおよそそれくらいの軒数。
でも、とにかく広い。

ジョムティエン (9)

大きな通路が2本走っており、その両サイドにはバービアの他にレストランやジム、さらには大きな市場まである。

ジョムティエン (11)

大きな通路の間にずらりとバービアが並ぶ。

ジョムティエン (10)

とにかく無駄に広い。
バービア一軒一軒は、それほどの規模ではない。ごくありふれた大きさ。
通路が広いぶん、店先にテーブルを広げているバーが多いし、一軒ずつのぞいていくのが大変なのだ。

面積は最大規模のこのバービア群。
が、肝心のバービア嬢のラインナップはパタヤ最上規模とはならず。
いや、むしろ最低レベルかも。
見紛うことなき熟女軍団なり。

ファランの中年熟年壮年老年カップルやグループが客としてビールを飲んでいるばかり。
夜のお相手探しに訪れるところではなさそう。
もうちょっと遅い時間になれば違うのかな。

歩き疲れるだけで終わってしまった。

グーグルマップで調べてみると、RomPho Complexとの表記。
ロンポーバービア群」って呼べばいいのかな。

 

またジョムティエンのビーチロードへ戻る。
ソイ7以外のソイものぞいてみたが、バービアがちょろちょろと点在している程度。
こりゃあ、ジョムティエンでお相手探しをするのは厳しそうだなあ。

ジョムティエン (12)

ジョムティエンのボーイズタウン

ジョムティエンを出て、タッパヤー通りへ戻る。
THE PINEというバービア群があって、のぞいてみた。

ジョムティエン (14)

あれ?
どの店にも、バービア嬢はおらず、みんなバービアボーイだぞ。
タイ人の若い男と手をつないで歩いているファランもいる。
おっと、ボーイズバーだったか。
パタヤのソイパタヤランドやSUNEE PLAZA以外にもあったのね。
侮りがたしジョムティエン。

 

というわけで、ジョムティエンのバービアめぐりは不発に終わった。

ただ、パタヤのビーチロードほどごちゃごちゃしておらず、夜は比較的静かだから、まあのんびりと滞在するにはいいかもしれない。
遊びたいなら、ソンテウに乗ってウォーキングストリートへ行けばいいだけだし。

ジョムティエンエリアには、長期滞在向けのコンドミニアムが続々と建設中。
これから様変わりしていくのかな。

この日は歩き疲れたので、特に何もせず終了。


Gダイアリーは休刊となりました。これが最終号。電子書籍版のみ。

紙媒体の最終号はこちら。最新の最強マップを切り取って使いたい人は、品切れ前に購入しておきましょう。

更新しました!綺麗なホテルに泊まるなら
パタヤ新築ホテル情報2017年2月(更新)


関連記事

パタヤ看板

2015年パタヤ沈没前半戦終了。1ヶ月15万円の予算で毎日夜遊びしながら滞在できるのか、経過報告。

ちょうど1ヶ月が経過したパタヤ沈没生活。 前半戦終了である。 まだ先はあるものの、とりあえず

記事を読む

カノムチン

カノムチンと、部屋へ遊びに来たバービア嬢

41日目 昼飯はカノムチン そうめんのような米麺をカノムチンという。カノムジンとも表記できるかな

記事を読む

AISショップ

スマフォをめぐる攻防戦。Fちゃんが田舎へ帰ってしまう。

沈没生活4日目 目が覚めるとFちゃんは、どこかへ出かけていた。 LINEでメッセージが入る。

記事を読む

ウォーキングストリート2015

屋台のガパオムーとFUJIのトンカツ定食。タイ彼女つきの友人とゲイの友人、来たり。

沈没生活5日目 本日の昼食 屋台のガパオライス。 ガパオムーサップカイダーオドゥアイ。 ムー

記事を読む

LKメトロ

ファランと結婚するというバービア嬢と再会。ちょっと涙酒。

46日目 昼飯はガイヤーンとカオニャオ いつものイサーン料理屋台へ。 ラーブでも食べよ

記事を読む

パタヤ看板

2015年1月~3月パタヤ50日夜遊び生活終了。滞在費と夜遊び代のまとめ。

ほぼ2ヶ月、正確には50泊51日にわたるパタヤ夜遊び沈没生活が終了した。 毎度恒例となりつつあ

記事を読む

フルーツ屋台

パタヤラストナイトもバービア。でも水と栄養ドリンクとフルーツで過ごす。

50日目 パタヤ滞在残り一日。 パタヤの夜を楽しめるのも今日が最後。 でも悲しいかな下痢に

記事を読む

ギンザゴーゴー

ヤムガイセッブと連夜のウォーキングストリート。ギンザとリビングドール1。

パタヤ沈没19日目 前日は深夜遅くまでゴーゴーバーを放浪していたため、起床は昼ごろ。 食事を

記事を読む

ソイハニー

ソイハニー。想定外のスペシャルマッサージで一発抜かれてしまう。

(21日目つづき) 下痢気味だし、ビールもそこそこに、もう今日はいいかと、大人しく帰るつもりだ

記事を読む

パレスゴーゴー

ウォーキングストリートのゴーゴーバーめぐり。新規オープンのパレスほか。

(5日目つづき) ホテルの部屋へ戻る友人たちを尻目に、一人でゴーゴーバーめぐりすることに。

記事を読む

アドステア

アドステア

Udonthani night life bars (1)
ウドンタニーで恒例のバービア遊び。でも一番かわいいバービア嬢はペイバー不可で撃沈。

ラオス・イサーン旅行記20 (19「ウドンタニー名物料理のカイガタは

Udonthani Fried egg Khaikata (1)
ウドンタニー名物料理のカイガタは、パンも付いて35バーツ

ラオス・イサーン旅行記19 (18「ノンカーイからウドンターニー

Walking street 20170626 (6)
規制強化には開店繰り上げで対抗。ウォーキングストリートのゴーゴーバー開店時間調査。

当局の強い指導により、閉店時間が午前3時となったウォーキングストリート

Nongkhai to Udonthani Bus (6)
ノンカーイからウドンターニーへはロットゥ(ミニバン)で

ラオス・イサーン旅行記18 ノンカーイは1泊だけですます。

Pattaya klang Thai food (2)
タイローカル屋台初心者におすすめ。カオカームー、カオマンガイ、クイティアオ、何でも揃ってそこそこ美味しい屋台@パタヤカン。

パタヤカン(セントラルパタヤロード)のセカンドロードからソイブッカ

→もっと見る

PAGE TOP ↑