*

スパイスクラブ訪問レポートとハッピー&ビーチクラブ移転情報

スパイスクラブ(SPICE CLUB)

3月で閉店したビーチクラブ。
旧ビーチクラブ店舗は、そのままスパイスクラブへと引き継がれた。
旧ビーチクラブのダンサーたちは、ハッピー、ペパーミントのいずれかに移籍、もしくはスパイスクラブでそのまま働いているようだ。

たぶん、特に大きな変化はなさそうだが、確認のためスパイスクラブに入ってみた。

入り口の雰囲気はそのまま。文字だけ変えてある。

スパイスクラブ

電光看板をよく見ると、ちゃんとSPICE CLUBへ変更してある。

スパイスクラブ (2)

店内の作りは特に変化なし。
中央にステージがあって、周囲を客席で囲むスタイル。ありふれたゴーゴーバーだ。
(個人的には、改築前のビーチクラブの個別お立ち台が点在しているスタイルのほうがおもしろかった。)

そこそこ広い店内は、ダンサーの数も今ひとつで、客足も悪い。夜11時頃だったが、10人以下の客入り。
これでは寂しい。
肝心のダンサーのレベルも今ひとつ。

ビーチクラブは、ハッピーグループ内においても、コヨーテを導入するなど、ちょっと異色のゴーゴーだった。
その流れは、ここスパイスクラブでも同様。

重装備のコヨーテと、トップレスダンサーが混在している。

ビーチクラブ時代よりもダンサー数は減少しているようだ。
ボードを数えてみると、25人ほど。少ないなあ。

現在は、コヨーテでもバーファンは1000バーツ。
近々1500バーツに値上げする予定と聞かされた。

なお、ダンサーからの情報では、スパイスクラブは某グループのボスが先日買い取ったそうだ。
まあ、経営者からの直接情報ではないので当かどうかは不明だが、これで鮫系列店がまた増えたことになる。儲かってますねえ。

スパイスクラブ (1)

入り口脇の看板にあるように、新鮮なニューレディが大量入荷してくれれば、再訪はアリかな。
このままでは、わざわざ訪れる必要はないような気もする。

ドリンク関連の通常値段は以下のとおりです。

ドラフトビール:80バーツ
シンハーなどの瓶ビール:140バーツ
コーラや水:110バーツ
レディドリンク:150バーツ

ハッピーアワー(午後8時から10時まで)もあるみたい。詳細失念。客引きがボードを持っているんで要チェック。

新ビーチクラブ(Beach Club)新装開店情報

ビーチクラブの新しい移転先は、ソイハッピーの奥。

ソイハッピー

バービアをいくつか取り壊して、新しく建てている。

新ビーチクラブ建設現場 (2)

現在は、建物がほぼ出来上がっている状態。
中は、建築資材が散乱しており、完成まではもうしばらくかかりそう。

新ビーチクラブ建設現場 (1)

聞きこみをしてみたところ、ビーチクラブ新装開店の予定日は、2016年4月28日とのこと。

あくまで予定日だし、これまた店の経営者から直接仕入れた情報ではないので、本当かどうかはわからない。

うまくいけば、ゴールデンウィークに間に合いそうだ。
開店次第、わたしも訪れてみたい。

ハッピー(Happy)

せっかくソイハッピーに入ってきたことだし、ついでにハッピーアゴーゴーものぞいてみる。

ハッピーとビーチクラブ

ソイハッピー入り口の呼び込みボードには、ビーチクラブの文字が書いてある。

旧ビーチクラブのダンサーがハッピーへ移籍しているのか、ダンサー数はちょっと増えているような印象。
ローシーズンだけあって、客が少ない分、ダンサーが余りまくっている。
暇そうな待機ダンサーがうじゃうじゃいた。

わたしは熱心なゴーゴーバーリピーターではないんで、個々のダンサーの動向などはわからない。
実際に旧ビーチクラブからの移籍組がいるかもわからない。
ハッピー名物のキレッキレダンサーは健在だった。
あとは、まずまずのレベルかなあ。
スレンダーなダンサーがちょっと増えたかも。
いわゆる一軍どころは、見当たらない。これが元々のレベルなのか、ソンクラーン前の影響なのかも不明。
まあ、でも、そんなに低レベルではないんで、訪れる価値は充分ありそう。客が少ないから選びたい放題だしね。


関連記事

ワッツアップ

クリスマス本番のパタヤ。昼間のウォーキングストリートの様子。夜のパーティはいずこへ。

昨晩がクリスマスイブ。 日本ではイブが一番盛り上がり、クリスマス当日は抜け殻みたいなものだが、本来

記事を読む

ウドンターニーバービア (10)

ウドンターニー夜遊び風俗最新情報2016年1月。バービアとバンガロー置屋。おすすめホテルも。

タイ・イサーン地方の主要都市の一つ、ウドンターニーの夜遊びやナイトスポットについてまとめておいた。

記事を読む

ソイ6ワーキングガール (2)

ソイ6の新規オープンゴーゴー「ワーキングガール」訪問レポ&ソイ3、ドリンキングストリートの現状

パタヤ中心部のバービアの現状は昨日のレポートでお伝えした。 そこで、昨晩はノースパタヤ方面へ繰

記事を読む

VIPERバイパー外観

VIPER(バイパー)BARは、昼間から遊べるコヨーテクラブ@プラタムナックヒル

パタヤヒルとも言われるプラタムナック地区。 パタヤからジョムティエンへ向かう途中、右手に見える丘が

記事を読む

pattaya-walkingstreet-20161016-2

10月16日深夜のウォーキングストリートではゴーゴーバー営業中。バカラとスーパーガール訪問レポート。

昨日、10月16日は仏教の祝日にあたり、禁酒日となっていた。 服喪期間ということもあり、てっきり、

記事を読む

テパシットソイ8ローカル置屋

テパシットのローカル置屋続報。ショート900バーツなり。(NAKATAホテル追記あり)

先日、バイクで通りかかったテパシットのソイ8にあるローカル置屋。 通りがけで見た限りでは、若くてか

記事を読む

スクーターバー4

ブッカオの新しいバービア、スクーターズがモッズテイスト満載でイカす。おっと、もちろんペイバーも可能だよ。

深夜のソイブッカオを千鳥足でふらふらと歩いていると、耳慣れたビートとサウンドが耳に飛び込んできた。

記事を読む

ソイ3バービア群 (2)

【バービア定点観測】ドリンキングストリート、ソイ3、ソイ6

昨晩、ノースパタヤのバービアを少々まわってきた。 時刻は夜11時過ぎ。 まずは、ソイ3へ

記事を読む

スカイフォール

禁酒日前夜のパタヤの様子と今晩の開店情報

本日、2月22日は、マカブーチャ(万仏祭)という祝日のため、タイは禁酒日。 2月21日夜のパタ

記事を読む

クイーンズパークプラザバービア群 (3)

クイーンズパークプラザは、バンコク・スクンビットソイ22のバービア群。料金と遊び方。

パタヤと違って、バンコクのスクンビット近辺には大きなバービア群が少なくなった。 ナナプラザの中庭に

記事を読む

アドステア

アドステア

pheromon-club
ウォーキングストリート新規OPENゴーゴー、フェロモンクラブとバイパス訪問レポート

パタヤを一ヶ月ほど留守している間に、新しいゴーゴーバーが2軒オープンし

walking-street-201612
2016年12月タイ、バンコク・パタヤ夜遊びスポットの現状

ここ数日間、バンコクとパタヤの夜遊びの現状を調査してきた。 国王

pattaya
約100日のアジア周遊旅行とパタヤ沈没生活の出費報告書

香港からスタートして、パタヤ沈没でゴールした今回の旅行。 全日程

nana-to-donmuang-airport-4
日本帰国と3ヶ月に渡る長期海外旅行の振り返り。そしてまたパタヤへ。

沈没日記36最終回 帰国日である。 エアアジア便で日本

magic-food-park-donmuang-airport-5
ドンムアン空港第3のフードコート、MAGIC FOOD PARK。

なにかと物価の高いドンムアン空港にあって安い食事どころといえば、マ

→もっと見る

PAGE TOP ↑