*

パタヤ沈没生活突然終了のおしらせ。急遽、帰国命令が下る。


沈没日記55

急遽、帰国へ

昼頃にだらだらと起床して、寝ぼけまなこでメールチェック。
日本から緊急連絡が入っていた。

眠気が吹っ飛んだ。

ここでは事情を書かないけれど、一大事だ。
これは帰国するしかない。

わたしは一年の半分近くを海外で過ごしているとはいえ、拠点はあくまでも日本。
日本を捨てたわけではない。
大事なものがたくさん残っている。

明日ならまだ間に合いそうなので、とりあえず帰国の手配を整えよう。

ネットで各航空会社の料金をチェックする。
片道なので、エアアジアかスクートとなる。

エアアジアが安かったが、なぜか予約ができない。
どれだけ進めても、途中でエラーが出てしまう。
(のちほど自己解決したけど。)

しかたなしにテスコロータス内にあるエアアジアの窓口で直接購入した。
とりあえず、これで一安心。

SPONSOR LINK

テスコロータスのカツ丼

テスコロータス看板

そのままテスコロータスのフードコートで食事を取ることに。
ここのフードコートは広くて快適。

テスコロータスのフードコート

メイン利用客はタイ人。あとファラン少々。普通の観光客には不便な場所だ。

いろいろ見て回ると、急にかつ丼が食べたくなった。
日本帰国が決まったせいか、舌が日本に近づいたようだ。

バンコクから最終日 025

すかいらーくのロゴを真似たようなタイ語の店名は読めないが、ビッグCエクストラ内にもあるなんちゃって日本料理店だ。チェーン店なのだろう。ステーキも置いてある。

見本写真のカツ丼はうまそうである。60バーツ。

フードコートのカツ丼 (1)

調理しているところを見ていると、小さなフライパンにダシを入れて、トンカツと玉ねぎと溶き卵を加えている。きちんとしたカツ丼の作り方だ。

で、現物がこちら。

フードコートのカツ丼 (2)

雑な盛り付け方だが、たしかにカツ丼だ。で、味付けもたしかにカツ丼なのだが、肝心のトンカツがひどい出来。肉も衣もひどいものである。
ご飯もパサパサでおいしくない。

うーん、やっぱり日本の味はもうちょっとだけお預けのようだ。
サードロードのラーメンチャンピオンで食べたカツカレーのカツはそこそこおいしかったので、今度はそっちでカツ丼を試してみたい。次回への課題に一つにしておこう。

帰国準備

さあ、これからがけっこう忙しい。

航空券のあとは、空港までの足の確保。
ジョムティエンにあるスワンナプーム行きバスの前売りチケットを購入しておく。
当日飛び込みだと希望の時間のバスが満席で乗れないことがある。ここは確実に前売りチケットをおさえておきたい。

パタヤ発スワンナプーム空港行きエアポートバス乗り場 (4)
関連記事:パタヤ発スワンナプーム空港行きエアポートバスは、前売り購入がベター。3日前から買えるよ。

スワンナプームでドンムアンまでの無料シャトルバスに乗り換えれば、エアアジアのフライトは大丈夫だ。

さて、当初の予定ではあと1ヶ月以上、パタヤに滞在するつもりだった。
月極で借りている宿にも延泊を申し出ている。
ただ幸いなことに、支払いはまだ。
事情を話すと、日割りで家賃を計算してくれた。一日あたり400バーツほど。
助かった。

ついで、レンタルバイク屋へ。
ここも先日、1ヶ月の延長を申し出たばかり。料金は先払いしてある。
なんとか一部だけでも返金してもらおうと交渉したが、リファンド(払い戻し)は不可とのこと。
そのかわり、次回は割引してくれるそうだ。
今でも一日あたり80バーツで借りているんで、次回は60バーツか70バーツにしてもらいたいところ。

長期契約は割引価格となり、何でもお得だが、急に予定変更となると大変だと身にしみてわかった。
まあ、今回は特殊事例なんで、次回からはのんびり過ごしたいものだ。

 

ついで、部屋の片付けも少々。
溜まっている洗濯物もすべて洗って干しておく。
明日の朝までに乾いてくれればいい。

なじみのバービアにも挨拶へ行く。
今回は突発的帰国で時間がない。
他にも顔を出しておきたい店がいくつもあるが、一軒だけにしておいた。

とりあえず、一段落つくとすでに夕方近い。
これで何とか帰国の手はずは整った。

さあ、突然のパタヤラストナイト。
どうやって過ごそうか。

SPONSOR LINK

関連記事

ナナプラザ入り口

ソイカウボーイ、テーメーカフェ、ナナプラザ、路上バービア、立ちんぼ。バンコク・スクンビット界隈の夜遊びスポットを駆け足で遊び倒す。

いざバンコクナイトライフ開始である。 時刻は深夜0時をまわったところ。 主な遊び場が閉店する

記事を読む

ブッカオ常設市場のパッタイ屋のタレートート (1)

フリーになった初日は、気ままな食めぐりとバービアめぐり。食費と飲み代で1日240バーツ。

沈没日記21 というわけで、イサーン・ビエンチャン編はあえなく終了。 ここからは、通常のパタ

記事を読む

no image

カラオケ嬢とのその後。同棲生活かバタフライ生活か?

パタヤ沈没日記30 ウドンターニーでカラオケ嬢に見切りをつけて一人でパタヤへ戻ってからの話。

記事を読む

TOOKLAEDEEの朝食

TOOK LAE DEEの朝食は62バーツから。フードランド各店でどうぞ。

フードランドとTOOK LAE DEE スーパーマーケット、フードランド(FOOD L

記事を読む

バービアパーティ

23歳バービア嬢にふられて、32歳キャッシャーをペイバー

パタヤ沈没日記45 かれこれ10日ほどブンブンしていない。 いくら月単位の長期滞在とはいえ、

記事を読む

ソイLKメトロ

二転三転の末、LKメトロのコヨーテ嬢をお持ち帰り。ショート1000B+チップ。

沈没日記31 最近ちょこちょこと出入りしているソイLKメトロにある某ゴーゴーバー。

記事を読む

500バーツガラケー

500バーツガラケーを持つ19歳新人バービア嬢とのやり取り。軽いバービアタイ語入門付き。

沈没日記28 ぶらぶらと深夜のブッカオを歩いていると、見慣れぬバービア嬢がいた。 そ

記事を読む

407バスコラートバスターミナル

パタヤからウドンターニーへ。カラオケ嬢と乗るVIPバスは遠足気分。

沈没日記15 パタヤからウドンターニーへのバス旅行 パタヤ発ウドンターニー行きの407バスの発車

記事を読む

焼酎とキムチとサーモン寿司

クリスマスには焼酎とキムチで宴会を。最後はブンブン。

パタヤ沈没日記6 パタヤで焼酎とキムチを求めて カラオケ嬢のおみやげ希望リストにあったのが、焼酎

記事を読む

バンコク銀行ATM送金

22歳バンコクデパート嬢と、23歳バービア嬢とのやりとり

パタヤ沈没日記44 22歳バンコクデパート嬢 元パタヤのバービアで知り合い、その後、バンコクのデ

記事を読む

アドステア

Comment

  1. よしむね より:

    はじめましてよしむねです。

    これ、すかいらーくですよ。基本big-c以外は無いと思いますが、日本のすかいらーくとの合弁企業です。

    どっちかっていうとFUJIみたいな現地日本料理ですよね?価格と味考えたらありかな?って思ってます。

    • 千夜一夜 より:

      はじめまして。
      ほんとにすかいらーくなんですね。どうりで、そっくりなロゴのはずです。てっくりバッタモンかと思ってました。
      ファラン向けのステーキも多いですね。どれも60バーツくらいなんで、お手軽ですね。カツ丼のりピートはないですけど。

  2. Ratchada3 より:

    あら、、、なんだか一大事のようですね。。。
    何か悪いことであれば、事態が良い方に進むことを願っております。
    ちなみに今回の滞在は、元々片道チケットだけを持っていて、帰国便は現地調達の予定だったのでしょうか?
    私のような短期滞在旅行者だと、航空券は基本往復でしかとらないので、緊急帰国なんてことになると、そちらのチケットも無駄になるなあと思いまして。

    • 千夜一夜 より:

      今回は帰国日程が未定だったため、片道切符でした。往復を購入していたら無駄になったところですが、その点は助かりました。
      チケットの種類によっては無料ないし有料で日程変更できますよ。そういったチケットを購入していく人もいますね。マイレージの特典航空券ならもっと都合はいいですね。

  3. yuu より:

    お疲れ様です。急のご帰国大変ですね。しばらく現地情報ともお別れでさびしくなります。また早い機会にパタヤへ戻れるといいですね。

  4. ヨッシー より:

    ご無沙汰です。
    急な帰国になったようですね・・><
    ご事情はよく判りませんが、貴殿が急遽、帰らねばならないのはよっぽどの事なんでしょう。
    また、出来るだけ早くパタヤに舞い戻ってこられることを祈念しております。

    • 千夜一夜 より:

      まあ滅多にない緊急事態でしたね。
      なるべく早くパタヤへ戻れるようにします。

アドステア

Soi Kophai Chicken noodle soup (6)
特濃スープのクイティアオガイ@ソイコーパイ

腹を空かせてソイコーパイを走っていると、赤く目立つ看板を発見。

The Bay Pattaya (3)
ノースパタヤの新ショッピングモール、The Bay。完成すれどテナント入らず。

ノースパタヤ、ビーチロードソイ5に新しいショッピングモールが完成し

Buakhao paradise pattaya room (8)
Buakhao Paradiseのブレックファーストとゲストハウス部屋内部見学レポート

ソイブッカオの南側に、昨年後半くらいからだろうか、Buakhao

COYOTE bar (2)
ソイブッカオの新しいコヨーテバー、COYOTE訪問レポート

ソイブッカオのスクーターズバーの真横に新しいコヨーテバーができている。

Walking street
深夜4時、18歳バービア嬢が部屋にやって来てブンブン

沈没日記15 夜遊びパターンは、20歳コヨーテ嬢と18歳バービア

→もっと見る

PAGE TOP ↑