パタヤ千夜一夜

タイ・パタヤでの沈没日記とアジア夜遊び旅行記。パタヤグルメ情報、ホテル情報多数。

2014年9月-10月パタヤ沈没日記

2ヶ月ぶりに再会したバービア嬢Nが激太り&スレ度アップ

投稿日:

前回のパタヤ沈没時に何度もペイバーしたバービア嬢N。
日本に帰国している間もLINEやフェイスブックでやりとりは続けていた。
わたしがまたパタヤへ行くことを知ってよろこんでいた。

まだ昼過ぎだったけれど、さっそく電話して、再会をはたす。

出会った頃は、長身でスリムな体型だった。
それが徐々に太りだし、現在では15キロ増量。
身長があるぶん決してデブではないけれど、顔はすっかり膨らんでいる。
食欲が止まらないらしい。

まあ、まだ10代後半と若いんで、しょうがないかあ。
バービアでの仕事はストレスも溜まるだろうし。

再会のハグをしてから、腹が減ったというので食事へ。
Nの大好きなカオマンガイ。

カオマンガイ

男のわたしよりはるかに速いペースで完食。
あっぱれな食いっぷりだ。
そりゃあ。太るわな。

食欲が満たされたあとは、こちらの性欲も満たしてほしいところ。
部屋に戻り、さっそく一戦を申し込む。
が、拒否された。

バーでバーファインを払ってからと言われる。
いや、ちゃんと払うからとお願いしても拒否。
しっかりしているやら、融通がきかないというやら。

夕方にはNの働いているバーへ移動。
屋台の出前で夕食を取る。

ガパオ・ムウ・カイダーオ。大定番タイ料理。50バーツ。

ガパオムー

Nはソムタムの他にも2皿ほど食べていた。
やっぱり食べ過ぎだろ。

9時くらいまで遊んで、きちんとバーファインを払い連れ出した。
Nは部屋に戻ってからも、さらにお菓子を食べている。
ダイエットする気ゼロだな。

ようやくベッドへ。
服を脱がせてみると、体中まんべんなく肉がついていた。
若い体なので、ぶよぶよの肥満体型ではないが、しっかりと肉が主張している。
その分、抱き心地がいいとも言える。

2ヶ月ぶりのブンブン。
が、徹夜のフライトで疲れているせいか、中折れ。
Nにキスを拒否されたせいもある。
中折れを知ったNは、「トゥデイ フィニッシュ」と言い残し、さっさと一人でシャワーを浴びに行った。
もう少しサービスしてほしいよなあ。

しかも、遊びに行きたいと言って、夜中に外出。
友達のバーでパーティがあるとか何とか。
うーん、あやしい。

さては男でもできたか、悪い友達でもできたか。
そういえば、フェイスブックの投稿を見ていると、カラオケパブ(日本でいうホストクラブみたいなところ)で遊んでいる写真が掲載されていたっけ。

ま、日本人のおっさんより、タイ人の若い男のほうがいいのは重々承知しているけど、あまり露骨なのは興ざめしてしまう。

でも、ちゃんと深夜4時くらいには戻ってきたのは、まとも。
朝起きてからも、ブンブンにはちゃんと応じてくれた。
サービスはまったくない、完全冷凍マグロだったけど。

一発して体はすっきりしたけど、心はどうにも晴れない。

こっちのテンションを上げすぎたかなあ。

当初は、1ヶ月のパタヤ滞在中、N一筋でもいいかとすら考えていた。
が、これでは到底ムリ。

2ヶ月分の思いで高ぶっていた分、その落差でイヤになったのかも。

というわけで、しばらくNとは距離を置いてみようと思う。

ここはパタヤ。欲望の町。
沈没生活はまだ始まったばかり。
のんびりいこう。

大幅リニューアル!綺麗なホテルに泊まるなら
パタヤ新築ホテル情報2017年(9月20日更新)


-2014年9月-10月パタヤ沈没日記
-, ,

Copyright© パタヤ千夜一夜 , 2017 All Rights Reserved Powered by STINGER.