*

友人たちのパタヤラストナイトはバービアで。わたしはママさんから息子と呼ばれる。

沈没日記42

日本から遊びに来た友人たちもそろそろ帰国。
10日以上に渡る比較的長い休暇であった。

明日のフライトで日本へ向かう。

最後の夜もバービアめぐり

友人たちのパタヤラストナイト。
最後の最後までバービアめぐりである。
結局、友人二人は、パタヤ滞在中に一度もウォーキングストリートに出向かなかった。LKメトロのゴーゴーバーにも入らず。
夜遊びはバービアオンリー。

ウォーキングストリートなんてパタヤにあったっけ?

そんな感じで遊んでいる。

ルックスや若さよりもサービスや性格を重視しており、なおかつコストパフォーマンスまで考えると、バービアに入り浸るようになってくる。
もちろん、友人たちも昔はバンコクパタヤ問わずMPやゴーゴーバーで散々遊んできたが、しだいにパタヤのバービアへシフトチェンジして、今ではゴーゴーバーにすら入らなくなった。
まあ歳を取ると、ゴーゴーバーの爆音と冷房がきついみたいだけど。
あと、ソイ6でも散々遊んできたが、それもやめている。
今さら、ヤルだけの遊びには体力的にも精神的にも飽きてきたようだ。

というわけで、最後の夜もバービアへ。

23歳バービア嬢

最近、よく足を運ぶバービアがある。
まずは3人で訪問。

23歳バービア嬢

23歳のバービア嬢がまずまずかわいい。
わたしがそのうちペイバーしようと狙っている相手だ。
が、今日はその23歳がキャッシャーをまかされており、ペイバーできないという。
なんでもオーナーママさんが休みで、計算がきっちりできるバービア嬢が他にいないとか何とか。

意外とキャッシャーができるバービア嬢は少ない。
ママさんからの信用度の問題もあるが、単純に計算が苦手なタイ人が多いからだ。
いや、ほんと、計算ができない人はとことんできない。
一桁同士の足し算ですら間違うことがある。ジャックポットというサイコロゲームで平気で間違うもんなあ。
まあ、それはオーバーだとしても、キャッシャーは貴重な人材で、基本給も他のバービア嬢より高く設定されていることが多い。バーファインが高くなることもある。通常300バーツのところ、500バーツとかね。
ペイバー不可とまではいかないが、遅い時間帯まで待ってくれと言われることはあるかな。

今回の23歳は臨時のキャッシャーなんで、たぶんペイバー不可は今日だけ。
明日以降、ペイバー第1候補に入れておく。

29歳の日本人顔をしたバービア嬢とビリヤードをして遊ぶ。
この29歳は、顔がちょっと土屋アンナに似ている。声は酒やけのせいかハスキーだ。しかもちょっとだけ日本語を話す。うーん、元々どこで働いていたんだか。

しばらく飲んでいると、友人の一人が40歳のおばさんバービア嬢をペイバーしていた。
もう完全にサービスと性格重視である。
でも、それが正解で大満足のロングとなったそうだ。

わたしともう一人の友人は、別のバービアではしご酒。

しばらく飲んで、お別れ。
友人は、パタヤで一般職についているタイ女性と懇意の関係を築いており、最後の夜はしっぽり過ごすとのこと。
楽しんでくださいませ。

バービアで息子と呼ばれる

わたしは、もう少しだけ飲みたいので、一人でさらにバービアへ。
ここも最近お気に入りにバービア。

元々は、19歳新人バービア嬢目当てで通っていた。
が、ファランからスマフォを買ってもらったのか、お手当をはずんでもらったのか、ちょっと性格が擦れてきた。
まあ別にそれはいい。
今では単なる友達感覚となり、ペイバーの対象からは外した。
バービア全体とも仲良くなった。

いわゆる、なじみのバービアの誕生だ。

こうなってくると、居心地がよくなり、今さら誰かをペイバーしようとは考えなくなってくる。
ただ酒を飲んだり、世間話をするだけでも楽しいからだ。
お菓子の差し入れをすると喜んでくれるんだよねえ。

なぜか、わたしはママさんに気に入られることが多い。
ここのオーナーママさんにも「ルークチャイ(息子)」と呼ばれるようになってしまった。
いやいや、ただのおっさんなんですが。
ママさんといっても、たぶんわたしよりせいぜい5歳か10歳くらい年上なだけのはずで、息子なわけがないんだけど。
日本人は若く見られるんで得ですな。

可愛がってもらえるのは嬉しい話なんで、ママさんのことは「メー(お母さん)」と呼ぶようにしています。
すると、メーからビールが一本まわってきた。
ありがとう、お母さん。

でも、最後はビールの飲み過ぎでふらふらになってしまったよ。

本日はこれまで。
お母さん、おやすみなさい。

更新しました!綺麗なホテルに泊まるなら
パタヤ新築ホテル情報2017年2月(更新)


関連記事

ココナッツジュース

まったく動かないカラオケ嬢と食っちゃ寝生活

沈没日記13 朝起きると、足がつった。激痛でのたうち回ってしまった。 酒の飲み過ぎか、単なる

記事を読む

ビエンチャン市内観光 (1)パトゥーサイ

ビエンチャンサイクリング観光と、もうパタヤに帰りたいと泣くカラオケ嬢とのやり取り

沈没日記17 ビエンチャン滞在2日目。 今日こそタイの観光ビザ申請をせねば。 6時過ぎ

記事を読む

pattaya

パタヤ沈没生活出費報告2015年12月~2016年3月

約2ヶ月半に渡るパタヤ沈没生活。 その出費はいかに? 恒例の沈没生活出費レポートをどうぞ。

記事を読む

バービア嬢と花火

カラオケ嬢との同棲生活スタート。バービアでは花火も点火。

パタヤ沈没2日目 カラオケ嬢は、昼過ぎになっても爆睡。 やはり、長時間睡眠がお約束のようだ。

記事を読む

大雨

【パタヤ近況】ただいま豪雨中で、ブッカオはプチ冠水

昨年の洪水が記憶にあたらしいパタヤ。 2月のこの時期にしては珍しくまとまった雨が降っている

記事を読む

焼酎とキムチとサーモン寿司

クリスマスには焼酎とキムチで宴会を。最後はブンブン。

パタヤ沈没日記6 パタヤで焼酎とキムチを求めて カラオケ嬢のおみやげ希望リストにあったのが、焼酎

記事を読む

ドリンキングストリート

肉と酒とノースパタヤ夜遊びめぐり

沈没日記47 日本から新たに遊びに来た友人。 暗くなってから合流して、まずは食事とビールでも

記事を読む

ブッカオ常設市場のパッタイ屋のタレートート (1)

フリーになった初日は、気ままな食めぐりとバービアめぐり。食費と飲み代で1日240バーツ。

沈没日記21 というわけで、イサーン・ビエンチャン編はあえなく終了。 ここからは、通常のパタ

記事を読む

パタヤ発スワンナプーム空港行きエアポートバス乗り場 (4)

パタヤ沈没生活突然終了のおしらせ。急遽、帰国命令が下る。

沈没日記55 急遽、帰国へ 昼頃にだらだらと起床して、寝ぼけまなこでメールチェック。 日本

記事を読む

showgirls2

ゴーゴーバー数軒まわるも最後はバービアで。大騒ぎファランとキーニャオファラン。

沈没日記46 32歳との2回戦を終えて、また次なるペイバーに向けて雌伏の時がはじまった。

記事を読む

アドステア

アドステア

D Xpress apartment (9)
ソイブッカオ近くのサービスアパート、D エクスプレス アパートメント宿泊レポート。屋上プール付き!

ソイブッカオとサードロードの間にあるサービスアパートメントに泊まっ

Prajanban foods (12)
カオトムプラジャンバンは、いつも安定したおいしさ。カエルも食べてみたよ。

日本から友人がパタヤへ遊びに来たら、必ず立ち寄るタイ料理レストラン

J Club (4)
日本を意識したジェントルマンズクラブ、J CLUB訪問レポート。CLUB 4クローズ情報。

けっこう前から看板は見かけていたJ CLUB。 店舗は完

Gaen Moogata (18)
蟹がうまい!シーフードも食べ放題のゲーンムーガタ、199バーツ

パタヤのムーガタシリーズ最新作。 初訪タイの知人のために、タ

Working girl (1)
パタヤソイ6のゴーゴーバーめぐりをしてみた。ドールズ、ワーキングガール、パッション。

ちょっと気が向いたので、夕方6時半頃にソイ6へ。 ちょう

→もっと見る

PAGE TOP ↑