*

友人たちのパタヤラストナイトはバービアで。わたしはママさんから息子と呼ばれる。

沈没日記42

日本から遊びに来た友人たちもそろそろ帰国。
10日以上に渡る比較的長い休暇であった。

明日のフライトで日本へ向かう。

最後の夜もバービアめぐり

友人たちのパタヤラストナイト。
最後の最後までバービアめぐりである。
結局、友人二人は、パタヤ滞在中に一度もウォーキングストリートに出向かなかった。LKメトロのゴーゴーバーにも入らず。
夜遊びはバービアオンリー。

ウォーキングストリートなんてパタヤにあったっけ?

そんな感じで遊んでいる。

ルックスや若さよりもサービスや性格を重視しており、なおかつコストパフォーマンスまで考えると、バービアに入り浸るようになってくる。
もちろん、友人たちも昔はバンコクパタヤ問わずMPやゴーゴーバーで散々遊んできたが、しだいにパタヤのバービアへシフトチェンジして、今ではゴーゴーバーにすら入らなくなった。
まあ歳を取ると、ゴーゴーバーの爆音と冷房がきついみたいだけど。
あと、ソイ6でも散々遊んできたが、それもやめている。
今さら、ヤルだけの遊びには体力的にも精神的にも飽きてきたようだ。

というわけで、最後の夜もバービアへ。

23歳バービア嬢

最近、よく足を運ぶバービアがある。
まずは3人で訪問。

23歳バービア嬢

23歳のバービア嬢がまずまずかわいい。
わたしがそのうちペイバーしようと狙っている相手だ。
が、今日はその23歳がキャッシャーをまかされており、ペイバーできないという。
なんでもオーナーママさんが休みで、計算がきっちりできるバービア嬢が他にいないとか何とか。

意外とキャッシャーができるバービア嬢は少ない。
ママさんからの信用度の問題もあるが、単純に計算が苦手なタイ人が多いからだ。
いや、ほんと、計算ができない人はとことんできない。
一桁同士の足し算ですら間違うことがある。ジャックポットというサイコロゲームで平気で間違うもんなあ。
まあ、それはオーバーだとしても、キャッシャーは貴重な人材で、基本給も他のバービア嬢より高く設定されていることが多い。バーファインが高くなることもある。通常300バーツのところ、500バーツとかね。
ペイバー不可とまではいかないが、遅い時間帯まで待ってくれと言われることはあるかな。

今回の23歳は臨時のキャッシャーなんで、たぶんペイバー不可は今日だけ。
明日以降、ペイバー第1候補に入れておく。

29歳の日本人顔をしたバービア嬢とビリヤードをして遊ぶ。
この29歳は、顔がちょっと土屋アンナに似ている。声は酒やけのせいかハスキーだ。しかもちょっとだけ日本語を話す。うーん、元々どこで働いていたんだか。

しばらく飲んでいると、友人の一人が40歳のおばさんバービア嬢をペイバーしていた。
もう完全にサービスと性格重視である。
でも、それが正解で大満足のロングとなったそうだ。

わたしともう一人の友人は、別のバービアではしご酒。

しばらく飲んで、お別れ。
友人は、パタヤで一般職についているタイ女性と懇意の関係を築いており、最後の夜はしっぽり過ごすとのこと。
楽しんでくださいませ。

バービアで息子と呼ばれる

わたしは、もう少しだけ飲みたいので、一人でさらにバービアへ。
ここも最近お気に入りにバービア。

元々は、19歳新人バービア嬢目当てで通っていた。
が、ファランからスマフォを買ってもらったのか、お手当をはずんでもらったのか、ちょっと性格が擦れてきた。
まあ別にそれはいい。
今では単なる友達感覚となり、ペイバーの対象からは外した。
バービア全体とも仲良くなった。

いわゆる、なじみのバービアの誕生だ。

こうなってくると、居心地がよくなり、今さら誰かをペイバーしようとは考えなくなってくる。
ただ酒を飲んだり、世間話をするだけでも楽しいからだ。
お菓子の差し入れをすると喜んでくれるんだよねえ。

なぜか、わたしはママさんに気に入られることが多い。
ここのオーナーママさんにも「ルークチャイ(息子)」と呼ばれるようになってしまった。
いやいや、ただのおっさんなんですが。
ママさんといっても、たぶんわたしよりせいぜい5歳か10歳くらい年上なだけのはずで、息子なわけがないんだけど。
日本人は若く見られるんで得ですな。

可愛がってもらえるのは嬉しい話なんで、ママさんのことは「メー(お母さん)」と呼ぶようにしています。
すると、メーからビールが一本まわってきた。
ありがとう、お母さん。

でも、最後はビールの飲み過ぎでふらふらになってしまったよ。

本日はこれまで。
お母さん、おやすみなさい。

綺麗なホテルに泊まるなら
パタヤ新築ホテル情報2016年12月(更新)


関連記事

ラーブとカオニャオとママー

部屋から一歩も外へ出ないキーキアットなタイ女性との日常生活

パタヤ沈没3日目 睡眠時間7時間ほどで目が覚めた。 ちょうどお昼の12時頃。 わたしが

記事を読む

パタヤ発スワンナプーム空港行きエアポートバス乗り場 (4)

パタヤ沈没生活突然終了のおしらせ。急遽、帰国命令が下る。

沈没日記55 急遽、帰国へ 昼頃にだらだらと起床して、寝ぼけまなこでメールチェック。 日本

記事を読む

TOOKLAEDEEの朝食

TOOK LAE DEEの朝食は62バーツから。フードランド各店でどうぞ。

フードランドとTOOK LAE DEE スーパーマーケット、フードランド(FOOD L

記事を読む

ゴーゴー嬢

昔結婚を迫られたゴーゴー嬢と数年ぶりに再会

沈没日記50 この夜も、日本から来た友人と遊ぶ。 まずは、LKメトロのゴーゴーバーへ。

記事を読む

バービア嬢と花火

カラオケ嬢との同棲生活スタート。バービアでは花火も点火。

パタヤ沈没2日目 カラオケ嬢は、昼過ぎになっても爆睡。 やはり、長時間睡眠がお約束のようだ。

記事を読む

ソイ7ホテルアイチェックイン (1)

ソイ7の新しいホテルiCheck innと、バービアめぐり

沈没日記22 ノースパタヤ散策 昼過ぎから、セカンドロードをノースパタヤ方面へバイクを走らせる。

記事を読む

オイルマッサージ個室 (1)

21歳美人マッサージ嬢はスペシャルなし。あとバチェラーとタッチ。

沈没日記48 オイルマッサージにて ノースパタヤでバービアめぐりをしている時に見かけたマッサージ

記事を読む

エキサイトクラブ (2)

バンコク在住の友人がパタヤへ。エキサイトクラブでプレイ後は、ひたすらバービアめぐり。

沈没日記41 バンコク在住歴10年以上になる友人がパタヤへ遊びに来た。 年齢は同じくらいだが

記事を読む

スワンナプーム空港パタヤ行きバス

バービア好き友人が訪パタヤ。バービアめぐりで夜はふける。

沈没日記33 友人がパタヤ入り 本日から、また別の友人二人が日本からパタヤへ遊びに来る。

記事を読む

ドンムアン空港 (2)

タイに無事入国。ドンムアンからアソークへ。初日の夜はバンコクで遊ぶぞ。

タイ入国 というわけで、スクートでバンコクヘ到着。 前回の入国では一悶着あったのだが、今回はまっ

記事を読む

アドステア

アドステア

Domicil Schnitzel Vienna Art (1)
DOMICILの日替りメニュー。ヴィーナーシュニッツェル、パリ風シュニッツェル、カレーブルスト。

以前、ブレックファーストを紹介したレストラン、DOMICIL。

RAINBOW24 Pattaya (15)
RAINBOW24の日本式カレーライス。コンビニだけどイートイン可能。日本の缶コーヒーも売ってるよ。

いつの間にか、RAINBOW24というコンビニがパタヤに増えている。

Gold (3)
ソイLKメトロの新ゴーゴーバー「GOLD」、オープン初日訪問レポート

1月21日、ソイLKメトロに新規ゴーゴーバーがオープンした。 場所は

khao man gai soi AR (2)
パタヤカンのそこそこ美味しいカオマンガイ屋@ソイAR

何度か食べてみて、そこそこおいしいレベルを維持しているカオマンガイ

Walking street midnight
深夜のウォーキングストリート徘徊レポート。ゴーゴーバー多数、目撃談多数。

深夜1時頃、ウォーキングストリートを訪問。 このくらいの時間帯が好き

→もっと見る

PAGE TOP ↑