*

タイ語学校では教えてくれないイサーン語スラング。でも使っちゃダメよ。

公開日: : エッセイ

英単語でイサーン語の発音ができるというおもしろい画像のご紹介。
それもイサーン語のスラングです。
かなり汚い言葉のオンパレードだそうで、イサーン出身のゴーゴー嬢やバービア嬢に使うとウケること間違いなし。

元ネタがどこかはわかりません。
すでに何人かのバービア嬢が持っていましたね。

イサーン語スラング

すべての読み方と意味を教えてもらったが、ここでは一部だけ紹介します。
あとは、この画像をダウンロードしておいて、イサーン出身おねえちゃんに見せながら遊んでください。

イサーン語のスラング

Missiry(ミッシィリー)
標準タイ語では、「ニアップ マーク」のこと。客がいなくて静かな様のことをニアップという。閑古鳥が鳴いているバービアやゴーゴーバーで使ってみましょう。これは、それほど汚くないみたい。

Huak(ホアック)
ベイビーゴップと教えてもらった。カエルの子ども、つまりおたまじゃくしのこと。よくわからないが、これも蔑称になるみたい。

Dark ku ni(ダークニ)
これはかなり汚い。やばいくらいに汚いらしい。意味は「けつの穴」。英語でアスホール。
使用例も教えてもらった。
レディドリンクのおねだりをされた時に、自分のけつの穴を指しながら「ダークニ」と嫌味たっぷりに言うと効果てきめんらしい。
最上級の侮蔑言葉らしいですな。

Who key(フーキー)/Who dark(フーダーク)
こちらも、ダークニとほぼ同じ意味らしい。けつの穴ですな。

 

ダークニやフーキーは、とにかく使っちゃダメとバービアのママさんにきつく言われた。
仲の良い友だち同士なら冗談で済むけど、見知らぬ相手に使ったら殴られて当然と注意された。

タイ語学校でも教えてくれないし、まじめなタイ語教本にも載っていないことは確実。しかもイサーン語だし。
ある程度の階級のタイ人にとっては、耳にするのも口にするにもおぞましいレベルかもしれない。

ご使用の際は自己責任でお願いします。

ノリのいいおばちゃんバービア嬢たちに使ってみたら、鼻白むと同時にバカ受けでしたけどね。

ダークニ!

スラング関連記事

英語とタイ語のスラングはこちら
タイ語と英語のちょっと危険なスラング、ヒーとカント

イサーン語とクメール語のスラングはこちら
ブリラム嬢との楽しい会話。タイ語、イサーン語、クメール語の3つで攻めてみよう。ついでにワイルンも。

チェンマイ語のスラングはこちら
北部タイ語のちょっと危ないスラング

タイ語のスラング本

スラングなぞ覚える前に、まずはタイ語はまじめに勉強しましょう

更新しました!綺麗なホテルに泊まるなら
パタヤ新築ホテル情報2017年2月(更新)


関連記事

ケッティシリーハウスセーフティボックス (3)

【盗難・睡眠薬強盗】タイの夜遊びでホテルの部屋に連れて帰る時の注意事項

タイの夜遊びでは、自分のホテルに連れて帰って、一晩楽しむことができる。 これはタイ夜遊びの醍醐味の

記事を読む

71L9vGSAY6L._SL1081_

レディボーイが女を捨てて、男に戻り、女を愛する時

知り合いのレディボーイが男になった。 いや、元々男だ。 男に戻ったというべきだろう。

記事を読む

ウォーキングストリート2015年5月

ヒモ男はつらいよ 深夜のウォーキングストリート純情篇

先のパタヤ滞在中の話。 仕事終わりのコヨーテ嬢を店まで迎えに行ったことが一度だけある。

記事を読む

カシコーン銀行パタヤブッカオ支店

コヨーテ嬢からの送金依頼来たる。送金してしまう男の気持ちとは?

送金依頼 パタヤ滞在中にずっと付き合っていたコヨーテ嬢。 日本に帰ってからも、そのコヨー

記事を読む

ウドンタニーバービア嬢G3

現役女子大生バービア嬢がパッツン姿でホテルから登校するウドンターニー

これは、2013年にビエンチャンへビザランを行った際に立ち寄ったウドンタニーでのお話。

記事を読む

パタヤビーチ

ハリウッド出身のファランにとってパタヤは天国か地獄か

同じ宿に長期滞在しているファランがいる。まあ、安宿なんで、そんな沈没系ファランばかりなのだが、ベラン

記事を読む

gay-pride

ゲイの知り合いがパタヤへやって来た

少し前の話。 知り合いがパタヤへ遊びに来た。 この人は、もう定年をすぎて悠々自適の生活を

記事を読む

81Yo5JtUXeL._UL1500_

タイ・パタヤ夜遊びで持ち歩くものは?カバンとポケットと財布の中身

先日バービアで飲んでいた時のこと。 すぐ近くの席に日本人が来店。 おもむろにかばんから取

記事を読む

flag

空港閉鎖の副産物。あなたの職場にもタイ好きがいるかも

スワンナプーム閉鎖で、職場復帰が一週間ほど遅れた。 そのことが職場中に知れ渡っていた。

記事を読む

Gダイアリー

久々にGダイアリーを購入してみたら最強マップが増えていた

タイ好きの紳士の雑誌といえばGダイアリー。 購入したのは、G-DIARY2015年11月号。目下の

記事を読む

アドステア

アドステア

Bachelor (2)
【LKメトロ】カオスは混沌、レディラブは盛況、バチェラーは門職人

先週訪問したLKメトロのゴーゴーバー3軒のレポート。 一週間で3軒だ

no image
ザ LD ブティック宿泊レポート。サードロードなら新築で広い部屋のホテルが700バーツ。

Agodaのパタヤのホテル地図をチェックしていると、見慣れぬホテル

Drinking street
ノースパタヤで軽くバービアめぐり。ドリンキングストリートとソイ3バービア群。

沈没日記4 友人二人はパタヤ4日目。 3日目の昨晩、初パタヤの

D Xpress apartment (9)
ソイブッカオ近くのサービスアパート、D エクスプレス アパートメント宿泊レポート。屋上プール付き!

ソイブッカオとサードロードの間にあるサービスアパートメントに泊まっ

Prajanban foods (12)
カオトムプラジャンバンは、いつも安定したおいしさ。カエルも食べてみたよ。

日本から友人がパタヤへ遊びに来たら、必ず立ち寄るタイ料理レストラン

→もっと見る

PAGE TOP ↑