*

ブリラム嬢との楽しい会話。タイ語、イサーン語、クメール語の3つで攻めてみよう。ついでにワイルンも。

ブリラムはイサーンの一地方。イサーンの中でも特に貧しいと言われる地域。
地図を見ればわかるように、ブリラムはカンボジアと国境を接している。

当然のように、お互いの交流は盛んで、ブリラムに住むタイ人は、カンボジア語(クメール語)を話せる人が多い。
イサーン地方なのでイサーン語も話すし、もちろん標準タイ語も話せる。
バイリンガルならぬ、トリリンガル。
パタヤで出稼ぎ歴が長いブリラム嬢は英語も話せるので、合計4言語。うーん、うらやましい。

なぜかブリラム出身嬢は情が深いというか、夜のサービスが満点というイメージがついている。
もちろん、中にはハズレもいるけど、タイ夜遊び好きなら、ブリラム出身者のサービスの良さはよくわかっているんじゃないでしょうかね。

昔ペイバーしたブリラム出身バービア嬢が熱烈だった。一晩中抱きつかれ、さらに首のあちこちに思いっきりキスマークをつけられて、2日くらいキスマークが取れなかったことがある。
行く先々のバービアやゴーゴーでからかわれたなあ。
なんなんだ、あの情熱っぷりは。

そんなわけで、バービアやゴーゴーバーでブリラム嬢で気になるブリラム嬢を見つけたら、以下のタイ語とイサーン語とクメール語を参考に楽しく会話してみてください。
(例によって、表記はわたしの聞き取りをもとにしたカタカナ語ですんで、間違っている可能性があります。まあ、てきとうにお使いください。)

ダムダムとキアオプープー

ブリラム嬢の特徴といえば、色黒。
まあ、基本的に黒いですな。自嘲気味に笑いながら、チョコレートレディとか自称しております。

タイ語で肌の色が黒いことは、「ピューダム」。
ピューが肌のことで、ダムが黒い。
ピューを省略して、腕を指差しながら「ダムダム」と言えば、通じます。

で、最近ブリラム出身嬢に教えてもらったのが、「キアオプープー」という表現。
タイ語なのかイサーン語なのか、はっきりしませんが、とにかく肌の色が黒いという意味らしいですね。
キアオは、緑のこと。プープーはよくわからない。
なぜ、緑なのに黒なのか?
これも説明してもらったけど、結局よくわからなかった。
まあ、とにかくタイ人は、肌が黒いことをキアオプープーと呼ぶことがあるとのこと。

色黒でちょっとプンプイなブリラム嬢の耳元で「キアオプープー」と連呼していたら、彼女は本気で凹んでいました。
あんまり言い過ぎないほうがいいみたい。

その後は、きちんとフォローしてあげよう。
「ダムダム テー チョープ マーク」(黒いけど大好きだよ)
「ダムダム テー ナーラック マーク」(黒いけどすごくかわいいよ)
とか適当に褒めてあげれば、機嫌をなおしてくれるはず。まあ、バービアでの遊びの会話なんで、ノリが大事です。

愛してる

続きまして、クメール語。
ブリラム出身者のみんながみんなクメール語が話せるわけではないので、とりあえず、こう聞いておきます。
「プート パーサー カメーン ダイマイ」(クメール語は話せますか?)

クメール(カンボジア)のことは、タイ語でカメーン。
ついでに、ミャンマーのことは、ブーマ(ビルマなんだろうけど、ブーマもしくはブルマと聞こえる)。

クメール語が話せるとわかったら、耳元でこうささやいてあげましょう。

「ボン サラン ニアン」

あなたを愛してる、という意味だそうな。
これも最近、ブリラム嬢から教えてもらった。

あとで、ネットで調べてみると、「ボン スロライン オン」と翻訳されている。
スロラインとサラン、オンとニアンは、単純にカタカナ表記の問題なのかはわからない。
とりあえず、「ボン サラン ニアン」とカタカナ読みするだけで通じました。

これは、男性側から女性側へ向けた言葉で、反対の場合は、
「ニアン サラン ボン」となる。

まさか、日本人の口からクメール語で「愛している」と言われるとは予期していないはずなんで、うまく通じれば、ウケるでしょうね。

 

クメール語に続いて、イサーン語でもたたみかけてみよう。

タイ語の愛してるは、ご存知「ポム ラック クン」

ポム=ぼく、私
ラック=愛している
クン=あなた

で、イサーン語だと、「コイ ハック ジャオ」

コイ=ぼく、私
ハック=愛してる
ジャオ=あなた

ここは、是非ともイサーン語でささやいてあげましょう。

まさかのクメール語とイサーン語の愛してるコンボだ。ここまでやる外国人は滅多にいないだろう。

蛇足ながら、パーサーワイルン(タイの若者言葉)も教えてもらった。

愛してるは、「グール ラック ムーン」と言うそうだ。
でも、汚い言葉使いらしくて、「マイディーだから使うな」とのこと。たぶん、若者言葉だけに、他にも新しい表現がいろいろあるはずです。まあ、外国人が口にするような言葉ではないですね。

さあ、クメール語とイサーン語で軽く口説いたあとは、夜へのお誘いですな。

やりたいのか?

もう直接的に聞いちゃいましょう。

おめえはおれとやりたいのか?

と。

タイ語なら、「アオカンマイ?」

でも、ブリラム嬢にはクメール語で言おう。

「ソムチョイ?」

これで、アオカンマイと同じ意味になるそうだ。

続けざまにイサーン語でも畳み掛けるべし。

そう、「シーカンボー?」と。

「愛してる」に続いて、「やりたいのか?」のクメール語とイサーン語のコンボ。

ここまで来れば、ブリラム嬢はすっかりあなたにメロメロ間違いなし。
今すぐにでもベッドへゴーだ。

ソムチョイ

シーカンボー

この二つも覚えるべし。

これまた蛇足ながら、タイの若者言葉(パーサーワイルン)で「やりたいのか?」は、「イェッカンマイ?」となる。
が、やはり、そうとう汚い言葉で、「使っちゃダメ」と注意された。

以上、ブリラム嬢と楽しく会話するための、タイ語イサーン語クメール語&ワイルン語講座でした。

おさらい

黒い肌の女性へかける言葉「キアオプープー」

・タイ語
愛してる「ポムラッククン」
やりたいのか「アオカンマイ」

・クメール語
愛している「ボンサランニアン」
やりたいのか?「ソムチョイ」

・イサーン語
愛してる「コイハックジャオ」
やりたいのか?「シーカンボー」

・パーサーワイルン(若者言葉)
愛してる「グールラックムーン」
やりたいのか?「イェッカンマイ」

ま、これらの言葉を実際に使って、黒いブリラム嬢から白い目で見られても、当方は一切関知しませんので、あしからず。
ノリがすべてなんで、楽しくやってください。

 

初心者の方は、こんな変なスラングを覚えるくらいなら、まずはまともなタイ語を勉強しましょう。

タイ文字が読めるとの謳い文句ですが、とりあえず無視して、ひたすらCDを聞きまくるべし。iPodやスマフォに落として、通勤途中にリピート。日本語、タイ語の順に収録されており、日本語を聞いてすぐに次のタイ語が暗唱できるようになれば、タイでも使えるようになりますよ。タイ旅行中よりも日本にいる間の反復学習がキモです。

タイ語の勉強というよりも、タイ語を通じてタイ人気質を学ぶには、この本がぴったり。学習本にはあまり載っていないが、日常生活でよく使う表現も覚えられる。何より読みものとして抜群におもしろい。必読。

綺麗なホテルに泊まるなら
パタヤ新築ホテル情報2016年12月(更新)


関連記事

パタヤ新年LKメトロ花火

次回のパタヤ沈没決定。年末年始はパタヤで年越し(予定)。

年末年始はパタヤ最大のハイシーズン。 3年前にパタヤで年越しをしたことがあるが、とにかくすごい人出

記事を読む

ウォーキングストリート夜景2015年2月

パタヤでなるべく安く夜遊びする方法は?値引き交渉とバーファイン代ゼロを目指す

円安とチップの高騰により、遊びづらくなってきた感のあるパタヤ。 それでもやっぱりパタヤが好

記事を読む

songkran

ついにソンクラーンがはじまる。パタヤの近況。

ソンクラン2015年 いよいよ、タイ名物のソンクラーンがはじまった。 公式には4月1

記事を読む

パタヤビーチ

ハリウッド出身のファランにとってパタヤは天国か地獄か

同じ宿に長期滞在しているファランがいる。まあ、安宿なんで、そんな沈没系ファランばかりなのだが、ベラン

記事を読む

ソンクランバービア嬢

ゴーゴーバーに転職するバービア嬢。田舎っ子Pちゃんがスレっ子へ。

パタヤに星の数ほど存在するバービアとそこで働くバービア嬢たち。 そのほとんどが、年齢的にもルックス

記事を読む

コンビニのペットボトル

セマクテ?シンメチョーダイ?キクアノネ?ミヤビ。タイで耳にするよくわからん日本語。

パタヤに限らず、タイで遊んでいると、変な日本語にでくわす機会が多い。 商品名が奇妙な日本語表記して

記事を読む

パタヤヒルプラタムナックの秘密のハッテン場 (2)

パタヤヒルにある秘密のハッテン場で貞操の危機に陥った話

先日、パタヤヒル(プラタムナック)地区を散策した時のこと。 日中だけ入ることができる公園がある

記事を読む

スクリーンショット_061516_074709_PM

Gダイアリー最新号のタイ夜遊びブログ34選と、わたしのお気に入りブログ

紳士の雑誌「G-DIARY」最新2016年7月号に気になる記事があったので購入してみた。 タイ

記事を読む

flag

空港閉鎖の副産物。あなたの職場にもタイ好きがいるかも

スワンナプーム閉鎖で、職場復帰が一週間ほど遅れた。 そのことが職場中に知れ渡っていた。

記事を読む

ソイダイアナバービア群

金儲けは二の次さ。趣味と暇つぶしで働くバービア嬢たち。

パタヤには無数のバービアがある。 大げさではなくて、本当に数えきれないほどだ。 営業届け

記事を読む

アドステア

Comment

  1. みやしたじゅんいち より:

    いつも楽しく拝見してます。初めてメールします。記事の中でカンボジアのことをカメーンと記載されていましたね。私も依然はそう呼んでいましたし、権威あるタイ語の教科書にもそう書かれていますが、タイ語の先生からカメーンはタイ人がカンボジアを下げすんだ時に使う言葉なので適切でないと注意されたことがあります。カンボジアはカンプーチャーと呼ぶ方が良いそうです。余計なことですが参考までに。

    • 千夜一夜 より:

      いつもご愛読ありがとうございます。ご指摘ありがとうございます。
      タイ人はカンボジア語のことはパーサーカメーン、国としてのカンボジアのことはカンプチャーと呼んでいることが多いように見受けられます。日本でもカンボジア語といわず、クメール語と呼んでいるので、それほど問題ないようにも思えます。
      でも、この辺りの感覚は第三者の外国人にはよくわかりませんよね。難しいところです。

アドステア

Gold (3)
ソイLKメトロの新ゴーゴーバー「GOLD」、オープン初日訪問レポート

1月21日、ソイLKメトロに新規ゴーゴーバーがオープンした。 場所は

khao man gai soi AR (2)
パタヤカンのそこそこ美味しいカオマンガイ屋@ソイAR

何度か食べてみて、そこそこおいしいレベルを維持しているカオマンガイ

Walking street midnight
深夜のウォーキングストリート徘徊レポート。ゴーゴーバー多数、目撃談多数。

深夜1時頃、ウォーキングストリートを訪問。 このくらいの時間帯が好き

Chester's frird chicken harbor pattaya (3)
タイのチェーン店「Chester’s チェスターズ」のフライドチキン

Chester'sは、タイ国内でわりと頻繁に見かけるフライドチキン系の

Walking Street 201701 (2)
年始めブンブンは20歳コヨーテ嬢。仕事を抜け出して部屋にやって来る。

沈没日記16 日記進行上ディレイしているが、ようやく年が明けた。

→もっと見る

PAGE TOP ↑