*

タイ語と英語のちょっと危険なスラング、ヒーとカント

公開日: : エッセイ ,

タイ語ノート

タイ語の料理名を書いてもらったり、メモを取るために、タイ滞在時にはいつも小さなノートを携行している。
過日、バービアで飲んでいると、そのノートを取り上げられて、バービア嬢が何やら落書きを始めた。
(カタカナ読みは、あとでわたしが書き足したもの。)

タイ語メモ (4)

最初は、タイ語の質問文やらなんてことのない文章。
そのうち、悪ノリが始まった。

で、一人のバービア嬢が書いたタイ語がこちら。
かなり汚い言葉なんで、タイ語が読める人は、スルーしてください。

タイ語メモ (2)

わたしはタイ文字が読めない。
どうやって発音するの?」と聞いてみても、答えてくれない。
書いた本人は、自分で書いておきながら、口に出して読むのは断固として拒否していた。
だったら書くなよ。
他のバービア嬢も嫌がって発音してくれない。
マイディーマイディー(良くない、良くない)」と繰り返すのみ。

しょうがないので、近くにいたキャッシャーのタイ人男のところへメモを持っていく。
が、男でも発音するのを嫌がっていた。
やはり「マイディー」だと。
でも、アルファベットでの発音は書いてくれた。

タイ語メモ (1)

Hee Tee

ヒーティーと読めばいいのかな。

ははあん。これでちょっとわかってきた。

ヒーは、あれだな、コーヒーのヒーだな。

タイ語のコーヒー

タイのガイドブックや会話本に載っている、タイで使ってはいけないという定番ワードだ。

コー=ください
ヒー=いわゆる女性の大事な部分

まあ、「やらせろ」とかそんな意味になるのでしょうな。

が、実際に日本語のイントネーションで「コーヒー」と平坦に発音しても、タイ語の発音とは大違いなんで、ほとんど通じないけど。
タイ航空のタイ人女性客室乗務員が、コーヒーポッドを片手に「コーヒー、コーヒー」と言っているのを目にしたこともある。
こちらは完全に日本語のイントネーション。
たぶん、タイ人の間では、まったく別の言葉として認識されているはず。
ただ、中には通じてしまうケースもあるみたいなんで、要注意には変わりないが。

ちなみにタイ語で珈琲は、「カフェー」ないし「ガフェー」だ。
アイスコーヒーなら「カフェーイェーン」、ホットは「カフェーローン」だ。
最近では、ちゃんとコーヒーメイカーをつかうコーヒーショップも増えてきた。そういうところでは、エスプレッソやカプチーノなどの種類を普通に告げればよし。
カフェーイエンだと、街角のドリンク屋台で売られている練乳たっぷりの激甘アイスコーヒーのことだ。

カフェイエン

さらにどうでもよいが、缶コーヒーは、「バーディー」。これは元々は、特定の缶コーヒーの名称だったのが、一般名詞化したもの。タイ人は「ブァディ」みたいに発音する。
birdyは、味の素の製造だ。こちらもタイ仕様で、かなり甘い。

ヒーティー

話をヒーに戻す。

Hee Tee

ヒーがあの部分のことだとはわかった。
念のため、英語でプッシーのことかと質問すると、そうだと答えるタイ人。

次はTeeだ。

これがよくわからない。

ジェスチャーで、あそこを叩くような動作をするタイ人もいれば、手のひらを合わせてから開く動作をするタイ人もいる。
まあ、なんとなく想像は付く。

あそこを開きやがれと股間をペンペンするような行為のことなんじゃなかろうか。

違うにしても、まあたぶん、似たような意味なのは間違いなさそうだ。

かなり卑猥ですな。
コーヒーよりも強い意志を感じる。甘ったるいカフェーイエンではなくて、ヨーロッパのエスプレッソくらいの強い苦味だ。

どうりで、タイ人女性が頑として発音を拒否したはずだ。
男ですら、女性が近くにいる場所では、発音しないのもうなずける。

というわけで、実際の発音は聞けずじまい。

ネイティブじゃないわたしに羞恥心はまったくない。
いろいろ声調やイントネーションを変えて発音してみて、タイ人の反応をうかがう。
何となく、この感じかなという発音はわかってきた。
が、何度も発音していると、バービア嬢たちが本気で嫌がってきたので、もう切り上げる。

うーん、この言葉はほんとに使っちゃダメみたいだ。

英語のスラング

ついでに、ヒーに相当する英語のスラングについても書いてみよう。
もちろん、わたしは帰国子女でもなければ留学経験もない素人なんで、英語に関しても羞恥心はないし、専門的知識もないけれど、たぶん合っているはずだ。

それが、これ。

cunt

発音は「カント

日本に来て英語教師をしているアメリカ人に聞いてみたところ、発音するのもおぞましいようで「オーマイガッ」と頭を抱えるほど。彼の真面目な性格をさしおいても、少々ヤバイ単語だとわかる。

基本的には女性のあそこの部分を指す。プッシーよりもかなり強い表現らしい。
それと同時に女性を蔑む意味も含まれているようだ。
なおもアメリカ人の友人に聞いてみると、女性だけでなく、男性相手にも侮辱表現として使えるとか。
「この腐れ○ン○がっ!!」みたいな感じなんでしょうかね。

いわゆるfではじまる4文字言葉と同じく、放送禁止ワードみたい。

グーグル翻訳で「cunt」をタイ語に直してみると、「หี ヒー」と出た。

 

やっぱり、英語でもタイ語でも同じくらい危険なスラングみたい。

タイ人相手にはヒーを、ファラン相手にはカントを使ってみましょう。
いや、ダメ、ゼッタイ。

 

↓この本、欲しいけど、高値になってるなあ。


関連記事

カマグラ

カマグラ ミーマイ?パタヤの夜の強い味方

パタヤの薬局にて 今年2月頃、友人とパタヤ滞在中の話。 どうしても夜のお薬が欲しいという

記事を読む

スクリーンショット_061516_074709_PM

Gダイアリー最新号のタイ夜遊びブログ34選と、わたしのお気に入りブログ

紳士の雑誌「G-DIARY」最新2016年7月号に気になる記事があったので購入してみた。 タイ

記事を読む

Hole

あなたは友人と同じアナの兄弟になれるか?

とあるバービアでの話。 友人A氏がバービア嬢をペイバーした。 サービスはすこぶる上等だっ

記事を読む

ウドンタニーバービア嬢G3

現役女子大生バービア嬢がパッツン姿でホテルから登校するウドンターニー

これは、2013年にビエンチャンへビザランを行った際に立ち寄ったウドンタニーでのお話。

記事を読む

Gダイアリー

Gダイアリー最新号発売。今月号から日本国内は電子版のみの発行。

毎度おなじみ、紳士の雑誌「G-Diary」が発売になった。 が、以前から周知されていた

記事を読む

パタヤヒルプラタムナックの秘密のハッテン場 (2)

パタヤヒルにある秘密のハッテン場で貞操の危機に陥った話

先日、パタヤヒル(プラタムナック)地区を散策した時のこと。 日中だけ入ることができる公園がある

記事を読む

ウォーキングストリート夜景2015年2月

パタヤでなるべく安く夜遊びする方法は?値引き交渉とバーファイン代ゼロを目指す

円安とチップの高騰により、遊びづらくなってきた感のあるパタヤ。 それでもやっぱりパタヤが好

記事を読む

71L9vGSAY6L._SL1081_

レディボーイが女を捨てて、男に戻り、女を愛する時

知り合いのレディボーイが男になった。 いや、元々男だ。 男に戻ったというべきだろう。

記事を読む

パタヤ新年LKメトロ花火

パタヤの大みそかは、打ち上げ花火と爆竹で大騒ぎ

年末年始の休暇を利用して、現在、パタヤへ遊びに行っている人も多いでしょう。 わたしは日本で大人しく

記事を読む

soi6

ソイ6のバー、丸ごと一軒買う値段は? パタヤのバーの値段を聞いてみた

今年一月、友人のアテンドでソイ6に行ったときの話。 とあるバーで、2階に上がった友人が

記事を読む

アドステア

Comment

  1. ヨッシータルン より:

    私はこの出版社のTLSのタイ語学校に週一、通っていて、先月で2年目になります。
    先生(クルー)はコンタイですが、学校で通用したタイ語がタイで通用しないことは多いですね。
    まず、タクシーの運転手や地元の通行人に聞く地名はなかなか伝わりません。
     声調が違うとすぐには理解してくれませんね・・><
     あと、バービアにいるイサーンっ子も厳しい。
    千夜一夜さん直伝の「サバイディボー」や「ターハックライラーイ」が通用するととても嬉しくなります。555
     昨今の掴みは、「サワディジャー」から「サバイディボー」ですね(笑)
     バービアは7割の子はスリンやウドンの東北部出身なのでイサーン語は必須アイテムです。
     TLSではイサーン語の習得は出来ませんので貴殿の日々のブログが教本です。
     これからも小出しで宜しくお願いしますね!
     

    • pattayan night より:

      学校や教科書は、どうしても模範的な言葉遣いを教えますからね。現地に行ってみると、また違うんですよね。
      軽い疑問形の語尾「~ロー?」も、教本にはほとんど使われませんしね。丁寧な「ループラオ」なんて、パタヤで遊んでいて実際に聞く機会はまれですね。

      イサーン語が少しだけ話せると、つかみはばっちりですね。
      わたしのイサーン語のストックはもうほとんどありません。最近よく使うのは、キットゥンのイサーン語で、「キッホーン」です。キッホーンライラーイとイサーンの子にささやけば、喜んでもらえるでしょう。

      • pattayan night より:

        キッホーンじゃなくて、キッホー(ト)ですね。คิดฮอด
        失礼しました。発音は、上記タイ語をグーグル翻訳に貼り付けて、読み上げ機能を使ってください。

  2. サライ より:

    ตีはイサーン語で開けると言う意味で単独では変な意味にはなりません。例えば”カバンを開ける”はイサーン語でตี่ถง(ティートン)標準語เปิดกระเป๋า(プゥト カパオ)で普通に使います。
    หีตีは本当やばい言葉で、直訳でコ○マンを舐めて開ける→その様からヤリ○ンと言う意味になります。イサーン女同士の罵り合いでมึงอีหีตี!(このヤリ○ン女!)とか、イサーン男が陰口でผู้สาวผู้นี่หีตี่แน่นอน!(この女はヤ○マンに違いないぜ!)などと使ったりしますが、ヤバイ言葉なので絶対使わない方がいいです。なのであえて日本語読みはつけません。(555+…)

    • pattayan night より:

      すいません、サライさん、コメントを一部伏せ字に変えておきました。

      やっぱり、「開く」って意味でしたか。イサーン語だったんですね。
      หีตีをグーグル翻訳にぶちこんでみると、pus○y lickingとなりました。そのまんまですね。
      こりゃあ、ほんと使っちゃだめですね。
      ご教授、肝に銘じておきます。

  3. サライ より:

    リンクにあるタイ語スラング持ってます。
    購入してからかれこれ10年近くなるでしょうか?こんなプレミア価格になってるとはしりませんでした。確かにタイ語日常会話が不自由なく使えるようになった位に読むには最高の教材ですね。お姉さんに覚えた方が良い語句に印をつけてもらい、一生懸命覚えては、夜の街で使っていた頃が懐かしいです。

    • pattayan night より:

      地道にバービアで教えてもらいながら、覚えることにします。

アドステア

magic-food-park-donmuang-airport-5
ドンムアン空港第3のフードコート、MAGIC FOOD PARK。

なにかと物価の高いドンムアン空港にあって安い食事どころといえば、マ

therme-cafe
テーメーカフェでさくっと連れ出してタイの最後を締めくくる

沈没日記35 バンコクのホテルにチェックインを済ませて、スクンビ

miami-hotel-bangkok-22
バンコク創業50年の歴史の重みを噛みしめろ。マイアミホテル宿泊レポート。

1965年。時はまさにベトナム戦争の真っ只中。東南アジアは混沌の極

no image
パタヤからバンコクへ無難かつ王道の方法で移動

パタヤ沈没日記34 すべてをクリアーにして、日本へ戻る。

カラオケ嬢とママー1
出所してきたカラオケ嬢と再会。一晩を過ごす。

パタヤ沈没日記33 パタヤ最終日の本当に最後の最後。 明日

→もっと見る

PAGE TOP ↑