*

バンコクの学生デパート嬢から誘いが来て、交通費500バーツ送金するの巻

沈没日記36

現在22歳の元バービア嬢がいる。

出会ったのは、かれこれ4,5年前のパタヤ。
ほんの数日ほどバービアで働いているところに偶然出会った。
ブッカオの場末のバービアにはありえないレベルの美少女だった。体型はスレンダーそのもの。無駄な贅肉一切なし。
これまでのバービアめぐりの中で、あの時ほど心が踊ったことはない。

その後、彼女はバービアの仕事をやめて、イサーンの田舎へ帰った。
でもたまに連絡を取り合って、田舎からパタヤへ出てきてもらったり、わたしからイサーンに出向くこともあった。
金の指輪をプレゼントしたこともあったなあ。
でも、だんだんと要求が強くなってきて、イサーンへ送り返してしまった。

それ以来、音信不通。
わたしの使っている携帯電話のSIMカードのデータが吹っ飛んでしまい、彼女の電話番号もわからなくなってしまった。LINEのアカウントも新しくなり、友だち一覧から消えてしまった。
もう会うこともないだろうと思っていた。

そんなある日、LINEの友人候補欄に彼女らしき画像が表示されていた。
彼女のスマホにはわたしの電話番号がまだ登録されている証拠だ。
22歳となった今でも、美少女の面影があるし、大人の雰囲気もちょっと出てきている。
さすがに性格も丸くなってきただろう。

とりあえず、LINEの友人認定だけしておいた。
すると、すぐに彼女からスタンプとタイ語のメッセージが届く。
タイ語でやりとりするのは面倒なんで、ビデオ通話に切り替えた。

おお、やっぱり可愛い。

現在はイサーンを離れて、バンコクで働いているそうだ。
しかも某有名デパート。
バンコクに詳しくないわたしでもよく知っている名前。

「キットゥンだから、パタヤへ会いに行くね」
と彼女から誘いが入る。

まあ小遣い稼ぎなのは明白だけど、可愛いものは可愛い。
22歳でこのレベルは、バービアではまずお目にかかれないし、ゴーゴーバーでも少数派だ。

よろしい。パタヤへ来たまえ。

「でもお金がないの。交通費を送ってね。」

出たな、送金攻撃。

まあ、しょうがない。
パタヤへ来てもらう場合は、これまでも交通費だけは前払いで送金していた。
バンコクからなら300バーツもあれば十分なはずだ。

でも、「ご飯を食べるお金がないから、500バーツほしい」と言われる。
まあ、これまたしょうがないか。プラス200バーツだし。

デパートの仕事の関係上、パタヤへ来れるのは数日後とのこと。
仕事終わりでパタヤへ来て、わたしの部屋に宿泊。翌日の夜にバンコクヘ戻るという。週末は仕事のほかに、学校にも通っているという。デパート嬢兼学生か。悪くない。

話はまとまった。

送金先の銀行名と口座番号を画像メールで送ってもらう。

デパート嬢の銀行口座

これさえわかれば、あとは簡単。
ATMを使って、さくっと送金完了。振り込め詐欺にはご注意下さい。

バンコク銀行ATM送金 (1)
関連記事:タイのATMや銀行窓口を使ってタイ国内送金する方法(バンコク銀行)

 

「お金送ったよ~」とホテルの従業員に代筆を頼んで送信。

デパート嬢のLINE

返す刀でデパート嬢から感謝のLINEスタンプが飛んできた。
ふふ、現金なものである。

数日後にはあの華奢なボディを抱けるわけか。
楽しみになってきた。

どっちみち現在のわたしは、目が赤くなってしまいブンブン禁止の身。
焦ることはない。

もう1週間ほどブンブンしていない。
正直、海綿体の充血がひどくなってきたが、目の充血はもっと心配だ。
目が見えなくなったら、ブンブンどころではなくなる。
今は雌伏のときだ。

股間と期待を膨らませながら、デパート嬢の到着を待つことにしよう。

更新しました!綺麗なホテルに泊まるなら
パタヤ新築ホテル情報2017年2月(更新)


関連記事

ルークチン

23歳北部出身新人バービア嬢と過去最悪のバミーナム

沈没日記34 友人たちとのバービアめぐりの日々は続く 昨日からパタヤへやって来たバービア好きの友

記事を読む

シーシャと炭火七輪 (1)

寒いパタヤの夜は、シーシャの七輪で暖を取る

沈没日記27 昨晩の話。 タイから寒波が抜け出さないようで、パタヤの夜は寒いまま。 特に深

記事を読む

ナナプラザ入り口

ソイカウボーイ、テーメーカフェ、ナナプラザ、路上バービア、立ちんぼ。バンコク・スクンビット界隈の夜遊びスポットを駆け足で遊び倒す。

いざバンコクナイトライフ開始である。 時刻は深夜0時をまわったところ。 主な遊び場が閉店する

記事を読む

夜のウォーキングストリート2016

ウォーキングストリートのコヨーテ嬢を部屋に呼び出してロング2000B

沈没日記29 カラオケ嬢とは、しばしの別れ。 そして、コヨーテさんと久々のブンブンをしてから

記事を読む

ぬいぐるみトゥカター

最低の寝正月inパタヤ。元旦の夜はぬいぐるみを抱えて眠る。

沈没日記10 体調不良の正月 新年を迎えた。 隣にはカラオケ嬢が寝ている。 ハッピーな状況の

記事を読む

夜のパタヤビーチロード

アテンドの日々。10年来のパタヤ好き40代と、海外旅行好きの元気な70代。

沈没日記32 現在、日本やバンコクから立て続けに友人知人がパタヤへ遊びにきております。

記事を読む

ビエンチャン市内観光 (1)パトゥーサイ

ビエンチャンサイクリング観光と、もうパタヤに帰りたいと泣くカラオケ嬢とのやり取り

沈没日記17 ビエンチャン滞在2日目。 今日こそタイの観光ビザ申請をせねば。 6時過ぎ

記事を読む

バービア嬢と花火

カラオケ嬢との同棲生活スタート。バービアでは花火も点火。

パタヤ沈没2日目 カラオケ嬢は、昼過ぎになっても爆睡。 やはり、長時間睡眠がお約束のようだ。

記事を読む

ソイ7ホテルアイチェックイン (1)

ソイ7の新しいホテルiCheck innと、バービアめぐり

沈没日記22 ノースパタヤ散策 昼過ぎから、セカンドロードをノースパタヤ方面へバイクを走らせる。

記事を読む

ソイニュープラザのケバブ (2)

一人になっても、やっぱりバービアめぐり。あと、パタヤ断水。

沈没日記43 友人たちが帰国 友人たちは無事にエアポートバスに乗って、スワンナプーム空港へ。

記事を読む

アドステア

Comment

  1. yuu より:

    なるほどなるほど…新展開ですね。読者の立場から言えばやっぱり登場人物(もちろん女の子)が増えるのはWELCOMEですよ~。これからもこの調子でジャオチュータロートウェラーでお願いします(笑)

    • 千夜一夜 より:

      その後、いろいろありました。
      もうちょっと登場人物が増えるかも。

アドステア

Udonthani Fried egg Khaikata (1)
ウドンタニー名物料理のカイガタは、パンも付いて35バーツ

ラオス・イサーン旅行記19 (18「ノンカーイからウドンターニー

Walking street 20170626 (6)
規制強化には開店繰り上げで対抗。ウォーキングストリートのゴーゴーバー開店時間調査。

当局の強い指導により、閉店時間が午前3時となったウォーキングストリート

Nongkhai to Udonthani Bus (6)
ノンカーイからウドンターニーへはロットゥ(ミニバン)で

ラオス・イサーン旅行記18 ノンカーイは1泊だけですます。

Pattaya klang Thai food (2)
タイローカル屋台初心者におすすめ。カオカームー、カオマンガイ、クイティアオ、何でも揃ってそこそこ美味しい屋台@パタヤカン。

パタヤカン(セントラルパタヤロード)のセカンドロードからソイブッカ

Nongkhai Night life (2)
ノンカーイの夜遊び2017年。バンガロー置屋からラオっ娘を持ち帰り。

ラオス・イサーン旅行記17 (16「ノンカーイは意外なグルメタウ

→もっと見る

PAGE TOP ↑