*

寒いパタヤの夜は、シーシャの七輪で暖を取る

沈没日記27

昨晩の話。
タイから寒波が抜け出さないようで、パタヤの夜は寒いまま。
特に深夜0時をまわると、どんどん寒くなっていく。
さすがに摂氏20度を下回ると寒く感じる。ときおり吹く突風にあたると、寒さ倍増である。

そんな寒空の下、仲の良いバービア嬢たちと仕事終わりに遊びに行くことにした。
シーシャ大好きのタイ人だ。

パタヤでは、シーシャの提供が表向きは禁止されている。
かなり前にお伝えしたが、ドリンキングストリートでは半ば堂々と提供されている。

関連記事:ノースパタヤのバービア、ドリンキングストリートとソイ3のバービア群の現状リポート

もちろん、それ以前も隠れて販売提供されていた。
が、高い。ドリンキングストリートでは400バーツだという。
元々パタヤのバービア群で営業しているシーシャは、160バーツとか180バーツくらいだった。
倍以上に跳ね上がっている。

お金はないがシーシャ大好きバービア嬢たちは、さらに安く吸える店を探しだそうとする。
よくよく探せば、ブッカオ界隈でも見つかるものだ。
わたしも数軒知っている。
値段もドリンキングストリートやナックルアのディスコに比べれば安い。だいたい250バーツくらいだろうか。

今回もそんな安いシーシャの店へ。
ただし、ここは青空シーシャ屋。
駐車場の一角でこっそり営業しており、吹きさらしもいいところ。

時刻は深夜3時前だ。
正直、寒い。
ビールを持つ手も震えがち。

シーシャとビールとポテト

寒さを見越して、ジーパンと薄手の長袖シャツを着てきたが、それでも寒い。
タイ人に防寒着を借りてしまった。
寒さには慣れているはずの日本人としては情けない。

シーシャ

バービア嬢たちは、おしゃべりしながらシーシャに夢中である。
吸い込むたびに、水パイプからぽこぽこ音がする。
ついで、煙がぷかぷか。
グレープ風味の香りがあたりに広がる。

まあ、わたしはあまりシーシャが好きではないんで、たばこを吸っておく。

それにしても寒い。
あまりにも寒いんで、水パイプに補充するための炭火を起こしている七輪に手を当てる。

シーシャと炭火七輪 (1)

ああ、あったかい。
これ最高。

シーシャはいらない。七輪がほしい。

足元にももう一台七輪を用意してもらった。感動的に暖かい。火っていいよね。

シーシャと炭火七輪 (2)

寒い日には、焚き火で暖まるもの。
これが人類が長年実践してきた寒さ対策だ。
でも、日本の都心部では、焚き火はもはやほとんど見られなくなった。

タイでは、今でも焚き火が活躍中。
パタヤの大通りでも、待機しているバイタクドライバーたちは、一斗缶で焚き火をして暖を取っている。
その気持ちがよくわかる。

一緒に遊んでいたバービア嬢の一人はチェンマイ出身。
明日から実家へ帰郷するという。
チェンマイは10度を下回っており、隣県のチェンライにある山の上では雪が降っているそうな。
「気をつけてね」と別れの言葉をかけて、シーシャ飲み会はお開きとなった。

ああ、早く、寒波がどこか行ってくれないかな。
ほんと、寒いくていかん。
南国パタヤのイメージが崩れてしまうよ、これでは。
あと数日の我慢だろうけど、風邪ひかないようにしないとね。

綺麗なホテルに泊まるなら
パタヤ新築ホテル情報2016年12月(更新)


関連記事

23歳バービア嬢

友人たちのパタヤラストナイトはバービアで。わたしはママさんから息子と呼ばれる。

沈没日記42 日本から遊びに来た友人たちもそろそろ帰国。 10日以上に渡る比較的長い休暇であ

記事を読む

パタヤ発スワンナプーム空港行きエアポートバス乗り場 (4)

パタヤ沈没生活突然終了のおしらせ。急遽、帰国命令が下る。

沈没日記55 急遽、帰国へ 昼頃にだらだらと起床して、寝ぼけまなこでメールチェック。 日本

記事を読む

407バスコラートバスターミナル

パタヤからウドンターニーへ。カラオケ嬢と乗るVIPバスは遠足気分。

沈没日記15 パタヤからウドンターニーへのバス旅行 パタヤ発ウドンターニー行きの407バスの発車

記事を読む

スクリーンショット_031416_115636_PM

23歳バービア嬢を部屋に連れ込むも、ガップバーンでさようなら

沈没日記49 最近仲良くなってきたバービア嬢がいる。 23歳でちょいぽちゃだが、愛嬌もあって

記事を読む

ラーブとカオニャオとママー

部屋から一歩も外へ出ないキーキアットなタイ女性との日常生活

パタヤ沈没3日目 睡眠時間7時間ほどで目が覚めた。 ちょうどお昼の12時頃。 わたしが

記事を読む

ウォーキングストリート夜 (2)

コヨーテさんと久々にブンブン

沈没日記23 ビエンチャンへビザ取り旅行する前に、某ゴーゴーバーでばったり再会を果たしたコヨー

記事を読む

ドリンキングストリート (1)

ノースパタヤのバービア、ドリンキングストリートとソイ3のバービア群の現状リポート

ノースパタヤ地区の大きなバービア群といえば、二つある。 一つは、有名なドリンキングストリート。

記事を読む

ソイLKメトロのダイアナ側入り口前バミー屋台

18歳新人バービア嬢と31歳スレンダーバービア嬢。しめはLKメトロラーメン。

沈没日記40 友人は、全部で11泊ほどの長丁場。 昔は一年に何度も短期滞在でパタヤへ遊びに来

記事を読む

大みそかのLKメトロ

大みそかは、カラオケ嬢とヤードーンで宴会。そのまま抱き合って眠る。

パタヤ沈没日記9 沈没日記が少しディレイしていますが、すっ飛ばして、大みそかの様子を書きます。

記事を読む

エキサイトクラブ (2)

バンコク在住の友人がパタヤへ。エキサイトクラブでプレイ後は、ひたすらバービアめぐり。

沈没日記41 バンコク在住歴10年以上になる友人がパタヤへ遊びに来た。 年齢は同じくらいだが

記事を読む

アドステア

Comment

  1. Taka より:

    先日の日記もそうですが、まだ寒さは収まりませんか?
    炭火の写真を見て、相当に寒いのだろうなぁと推測されます。
    確かに1月のタイは涼しいと思いますが、それでも夜間に『肌寒い』程度ですよね。
    気温にして20度プラスαでしょうか。
    私も初めて1月のバンコクを訪れた時に夜間が寒くて、急遽長袖シャツを買った記憶があります。
    でも20度を下回るともはや涼しいでは無く、寒いと感じてしまいますよね。
    早く気温が戻れば良いですね。
    どうか風邪を引かぬように。。。。

    • 千夜一夜 より:

      今日はかなりマシですよ。寒くもなく暑くもなく、ちょうどいい感じです。
      毎年1月下旬のタイは、夜になると長袖が必要なほど涼しいんですが、今回の寒波はちょっと異常でした。
      パタヤで最低気温が16度くらいでしたかね。特に風が冷たくて、つらかったです。
      軽く体調を崩しちゃいましたね。大したことはないですが。

アドステア

Gold (3)
ソイLKメトロの新ゴーゴーバー「GOLD」、オープン初日訪問レポート

1月21日、ソイLKメトロに新規ゴーゴーバーがオープンした。 場所は

khao man gai soi AR (2)
パタヤカンのそこそこ美味しいカオマンガイ屋@ソイAR

何度か食べてみて、そこそこおいしいレベルを維持しているカオマンガイ

Walking street midnight
深夜のウォーキングストリート徘徊レポート。ゴーゴーバー多数、目撃談多数。

深夜1時頃、ウォーキングストリートを訪問。 このくらいの時間帯が好き

Chester's frird chicken harbor pattaya (3)
タイのチェーン店「Chester’s チェスターズ」のフライドチキン

Chester'sは、タイ国内でわりと頻繁に見かけるフライドチキン系の

Walking Street 201701 (2)
年始めブンブンは20歳コヨーテ嬢。仕事を抜け出して部屋にやって来る。

沈没日記16 日記進行上ディレイしているが、ようやく年が明けた。

→もっと見る

PAGE TOP ↑