*

寒いパタヤの夜は、シーシャの七輪で暖を取る

沈没日記27

昨晩の話。
タイから寒波が抜け出さないようで、パタヤの夜は寒いまま。
特に深夜0時をまわると、どんどん寒くなっていく。
さすがに摂氏20度を下回ると寒く感じる。ときおり吹く突風にあたると、寒さ倍増である。

そんな寒空の下、仲の良いバービア嬢たちと仕事終わりに遊びに行くことにした。
シーシャ大好きのタイ人だ。

パタヤでは、シーシャの提供が表向きは禁止されている。
かなり前にお伝えしたが、ドリンキングストリートでは半ば堂々と提供されている。

関連記事:ノースパタヤのバービア、ドリンキングストリートとソイ3のバービア群の現状リポート

もちろん、それ以前も隠れて販売提供されていた。
が、高い。ドリンキングストリートでは400バーツだという。
元々パタヤのバービア群で営業しているシーシャは、160バーツとか180バーツくらいだった。
倍以上に跳ね上がっている。

お金はないがシーシャ大好きバービア嬢たちは、さらに安く吸える店を探しだそうとする。
よくよく探せば、ブッカオ界隈でも見つかるものだ。
わたしも数軒知っている。
値段もドリンキングストリートやナックルアのディスコに比べれば安い。だいたい250バーツくらいだろうか。

今回もそんな安いシーシャの店へ。
ただし、ここは青空シーシャ屋。
駐車場の一角でこっそり営業しており、吹きさらしもいいところ。

時刻は深夜3時前だ。
正直、寒い。
ビールを持つ手も震えがち。

シーシャとビールとポテト

寒さを見越して、ジーパンと薄手の長袖シャツを着てきたが、それでも寒い。
タイ人に防寒着を借りてしまった。
寒さには慣れているはずの日本人としては情けない。

シーシャ

バービア嬢たちは、おしゃべりしながらシーシャに夢中である。
吸い込むたびに、水パイプからぽこぽこ音がする。
ついで、煙がぷかぷか。
グレープ風味の香りがあたりに広がる。

まあ、わたしはあまりシーシャが好きではないんで、たばこを吸っておく。

それにしても寒い。
あまりにも寒いんで、水パイプに補充するための炭火を起こしている七輪に手を当てる。

シーシャと炭火七輪 (1)

ああ、あったかい。
これ最高。

シーシャはいらない。七輪がほしい。

足元にももう一台七輪を用意してもらった。感動的に暖かい。火っていいよね。

シーシャと炭火七輪 (2)

寒い日には、焚き火で暖まるもの。
これが人類が長年実践してきた寒さ対策だ。
でも、日本の都心部では、焚き火はもはやほとんど見られなくなった。

タイでは、今でも焚き火が活躍中。
パタヤの大通りでも、待機しているバイタクドライバーたちは、一斗缶で焚き火をして暖を取っている。
その気持ちがよくわかる。

一緒に遊んでいたバービア嬢の一人はチェンマイ出身。
明日から実家へ帰郷するという。
チェンマイは10度を下回っており、隣県のチェンライにある山の上では雪が降っているそうな。
「気をつけてね」と別れの言葉をかけて、シーシャ飲み会はお開きとなった。

ああ、早く、寒波がどこか行ってくれないかな。
ほんと、寒いくていかん。
南国パタヤのイメージが崩れてしまうよ、これでは。
あと数日の我慢だろうけど、風邪ひかないようにしないとね。

更新しました!綺麗なホテルに泊まるなら
パタヤ新築ホテル情報2017年2月(更新)


関連記事

ワットポー (1)

元ゴーゴー嬢たちとバンコクで観光デート

沈没日記53 突然バンコク 朝早くから、わたしはバンコク行きのバスに乗っていた。 ルン

記事を読む

ゴーゴー嬢

昔結婚を迫られたゴーゴー嬢と数年ぶりに再会

沈没日記50 この夜も、日本から来た友人と遊ぶ。 まずは、LKメトロのゴーゴーバーへ。

記事を読む

大みそかのLKメトロ

大みそかは、カラオケ嬢とヤードーンで宴会。そのまま抱き合って眠る。

パタヤ沈没日記9 沈没日記が少しディレイしていますが、すっ飛ばして、大みそかの様子を書きます。

記事を読む

23歳ゴーゴー嬢

深夜のパタヤを徘徊~酔っぱらいゴーゴー嬢にレインメーカー

沈没日記54 バンコクでの集団観光デートを終えて、パタヤへ帰還した。 宿に戻って、シャワーを

記事を読む

showgirls2

ゴーゴーバー数軒まわるも最後はバービアで。大騒ぎファランとキーニャオファラン。

沈没日記46 32歳との2回戦を終えて、また次なるペイバーに向けて雌伏の時がはじまった。

記事を読む

焼酎とキムチとサーモン寿司

クリスマスには焼酎とキムチで宴会を。最後はブンブン。

パタヤ沈没日記6 パタヤで焼酎とキムチを求めて カラオケ嬢のおみやげ希望リストにあったのが、焼酎

記事を読む

ソイニュープラザのケバブ (2)

一人になっても、やっぱりバービアめぐり。あと、パタヤ断水。

沈没日記43 友人たちが帰国 友人たちは無事にエアポートバスに乗って、スワンナプーム空港へ。

記事を読む

ラーブとカオニャオとママー

部屋から一歩も外へ出ないキーキアットなタイ女性との日常生活

パタヤ沈没3日目 睡眠時間7時間ほどで目が覚めた。 ちょうどお昼の12時頃。 わたしが

記事を読む

オイルマッサージ個室 (1)

21歳美人マッサージ嬢はスペシャルなし。あとバチェラーとタッチ。

沈没日記48 オイルマッサージにて ノースパタヤでバービアめぐりをしている時に見かけたマッサージ

記事を読む

夜のウォーキングストリート2016

ウォーキングストリートのコヨーテ嬢を部屋に呼び出してロング2000B

沈没日記29 カラオケ嬢とは、しばしの別れ。 そして、コヨーテさんと久々のブンブンをしてから

記事を読む

アドステア

Comment

  1. Taka より:

    先日の日記もそうですが、まだ寒さは収まりませんか?
    炭火の写真を見て、相当に寒いのだろうなぁと推測されます。
    確かに1月のタイは涼しいと思いますが、それでも夜間に『肌寒い』程度ですよね。
    気温にして20度プラスαでしょうか。
    私も初めて1月のバンコクを訪れた時に夜間が寒くて、急遽長袖シャツを買った記憶があります。
    でも20度を下回るともはや涼しいでは無く、寒いと感じてしまいますよね。
    早く気温が戻れば良いですね。
    どうか風邪を引かぬように。。。。

    • 千夜一夜 より:

      今日はかなりマシですよ。寒くもなく暑くもなく、ちょうどいい感じです。
      毎年1月下旬のタイは、夜になると長袖が必要なほど涼しいんですが、今回の寒波はちょっと異常でした。
      パタヤで最低気温が16度くらいでしたかね。特に風が冷たくて、つらかったです。
      軽く体調を崩しちゃいましたね。大したことはないですが。

アドステア

Walking street 201704 (1)
週末のウォーキングストリート。Dクラブ、パレス、ブリス、最後はルシファーで朝まで。

2日連続してLKメトロとウォーキングストリートのゴーゴーバーをはしごし

Tom yum noodle pattaya tai (5)
ポークリブ満載の無骨な男のトムヤムラーメンふたたび

パタヤタイにあるトムヤムスープのクイティアオ屋。 こ

Heaven Gentleman's lounge (1)
ジェントルマンズクラブ Heaven初訪問レポート。ついでにキンナリーも。

ヘブン(Heaven) プラタムナックの丘を越えて、海へと下っていっ

Pintree service apartment pattaya (15)
広くて快適、リビングとキッチン付き、ピンツリー サービス アパートメント (Pintree Service Apartment)宿泊レポート

パタヤタイにあるサービスアパートメント、ピンツリー サービス アパ

Satey sophon market (1)
ソーポン市場のサテがうまい。10本で30バーツ。

以前、沈没日記内で少し紹介したことのあるソーポン市場(Sophon

→もっと見る

PAGE TOP ↑