*

またしても単なるパタヤ同棲生活。イサーン人の食卓とは。

パタヤ沈没日記4

正午を過ぎても、カラオケ嬢は、もちろん爆睡。
わたしは、一人でブッカオ市場へ買い出しに。

唐揚げとカオニャオで腹を満たす。

3時くらいにようやく起きだしたカラオケ嬢と、アパートへ。

ここで、カラオケ嬢の遅い昼食に付き合わされる。

イサーン人の食卓

まずは、酸っぱいものが食べたいというので、マムワンプリアオを。

マムワン=マンゴー
プリアオ=すっぱい

フルーツ屋台マムアンプリアオ

熟していないマンゴーを、カットしたもの。
名前のとおり、やたらと酸っぱい。
そのまま食べてもいいが、砂糖や唐辛子をつけて食べると意外とうまい。
癖になる味だ。
フルーツ屋台で「ヤムにしてくれ」というと、ビニール袋の中で砂糖や唐辛子を和えてサラダ状態にしてくれる。
酸っぱいどころか、激甘かつ激辛状態になるので要注意。

ついで、惣菜屋台でお買い物。
さらに、アパート食堂のおばさんの手料理も少々。

イサーン料理の食卓

何やら、おどろおどろしい色の惣菜が並んでいる。

手前の皿に入っているのは、ソムタムだろうか。汁の色が毒々しい。カニの甲羅や唐辛子までもが変色している。
わたしは食べていない。いや、カニ入りでなければ味見するのだが、過去何度も生のカニ入りソムタムに当たった経験があるので、カニ入りは食べないと決めている。

小鉢に入っているのは、アパート食堂のおばさんの手作りだそうな。

パラー

「パラー」と言っていたので、発酵させた魚だろうか。ナムプリックと呼んでもいいかも。
典型的なイサーン料理の味付けである。
各家庭で母親が毎日作るそうだ。

これは食べてみた。
それほど強烈な臭みはないが、やはりクセは強い。
カオニャオと一緒に食べると、意外とイケるかも。まあ、あえて積極的に食べたいものではないけれど。

おばさんは、「彼女と結婚してイサーンに住むなら、毎日これを食べることになるわよ、うふふ」と笑っていた。
いやいや、さすがに毎日はいらんわ。
カラオケ嬢に「料理できるのか?」と聞いてみると、当然のように「できる」との返事。
イサーンでは小さい頃から作り方を教えられているようだ。

そういえば、イサーンに家を建てて住んでいるファランは多いけど、毎日何を食べているんだろ。
一人だけパンとかコーンフレークで朝食を済ませているのかね。

透明のスープは一見まともだが、これはとてつもなく酸っぱいので注意が必要だ。
料理名は単純に「パックドーン」でいいのかな。

パック=野菜
ドーン=漬け物

汁物だけど、手で野菜をつまんで食べるのがイサーンスタイルだ。上掲の写真でも手で野菜をつまんでいるところが写っている。
汁は飲まないみたい。さすがに酸っぱすぎるのか。

最後に登場するのは、タケノコと鶏肉のカレー。

タケノコとチキンのカレー

ああ、これはおいしいわ。
日本人でも問題ない辛さと味付け。ルーもおいしい。

以上、イサーン出身者のありふれた食卓でした。

まあ、酸っぱさと辛さが控えめなら、日本人でも食べられるものばかりかな。
同じアジア人だし、根本的な食文化の違いは欧米と比較すれば少ない。
イサーンで余生を過ごすファランの苦労がしのばれる。

夜は一人でバービアへ

食後、洗濯物がたまっているというカラオケ嬢はそのままアパートへ一時帰宅。
わたしは、部屋でPC。
カラオケ嬢が部屋にいても寝ているだけなんで、別にどっちでもいい。

夜になってから、彼女を迎えに行く。
その後、今日も仕事に行かないというカラオケ嬢は、わたしの部屋でだらだら過ごす。

食事はすでに済ませたらしいが、買い置きしてあるママーをずるずると啜っていた。

頼むから仕事に行ってくれよ~
ちょっとでも自分でカネを稼いでくれよ~

そんな贅沢な食事は要求されないけど、大食漢のカラオケ嬢の胃袋を満たす財源確保がきついぞ。
食事だけではなくて、けっこうお菓子もぼりぼり食べているしなあ。

わたしは、昼間に買っておいた唐揚げとカオニャオの残りで、さびしく腹を膨らませるのであった。

夜12時頃、一人で部屋を抜け出す。
恒例の一人バービア詣で。
せいぜい1時間か2時間ほどのフリータイム。

なじみのバービアで、ビールとビリヤード。
いつものバービアでの過ごし方だ。

仲のいい熟女バービア嬢と久々に再会。
客価格でいいからとドリンクを催促されたので、進呈。
レディドリンクなら130バーツのところ、通常価格(タマダー)だと60バーツですむ。
単に一緒に酒を飲みたいだけなら、この方法もあり。
ドリンク代のバックが入らないけど、酒好きの相手なら応じてくれるよ。

ハイドゥーム テー メチャイレディドリンク。タマダー オッケーマイ?」とでも言えば通じるかな。

ドリンクおごってあげる。でも、レディドリンクじゃないよ。通常価格でいい?

こんなニュアンスになります。
タイ語的に正しいかどうかは知らないけど、たぶん通じるでしょう。

はじめてのバービアでは、さすがに気が引けるが、仲良くなったバービア嬢相手なら問題なし。
ゴーゴーバーで使えるかどうかは知りません。

つまみは、ムートート。

ムートート

干した豚肉を素揚げにしたもの。ビールによく合う。
ナムチム(たれ)は、ケチャップでどうぞ。

しばらく遊んでいると、カラオケ嬢から帰っておいでコールがかかり、おしまい。
部屋に戻ると、わたしが買ってあげたヨーグルトをむしゃむしゃと食べておりました。

ブンブンしてから、抱き合って眠る。

んがあ、早くも決まりきった日常と化してきたなあ。


関連記事

ぬいぐるみトゥカター

最低の寝正月inパタヤ。元旦の夜はぬいぐるみを抱えて眠る。

沈没日記10 体調不良の正月 新年を迎えた。 隣にはカラオケ嬢が寝ている。 ハッピーな状況の

記事を読む

アクションストリート昼間

アクションストリートの18歳バービアギャルに相手されなかった話

沈没日記51 アクションストリート ソイブッカオのバービアめぐり定番スポットの一つに

記事を読む

タイの薬局の目薬と抗生物質

ブンブン禁止令が下る

沈没日記35 朝、目が覚めて、鏡を見てびっくりした。 目が赤く染まっている。 白目の部分に無数

記事を読む

サードロードのGホットサウナスパ (1)

昼も夜もノースパタヤ。最後はやっぱり一人寝。

沈没日記8 本日も一人で過ごす。 カラオケ嬢からは、LINEでメッセージが届いていた。

記事を読む

ドリンキングストリート (1)

ノースパタヤのバービア、ドリンキングストリートとソイ3のバービア群の現状リポート

ノースパタヤ地区の大きなバービア群といえば、二つある。 一つは、有名なドリンキングストリート。

記事を読む

デパート嬢のLINE

バンコクの学生デパート嬢から誘いが来て、交通費500バーツ送金するの巻

沈没日記36 現在22歳の元バービア嬢がいる。 出会ったのは、かれこれ4,5年前のパタヤ

記事を読む

ソーポン市場 (7)

パートンコー、ソーポン市場のぶっかけ飯、59Bステーキ

沈没日記24 朝8時過ぎ。 わたしにとっては早朝同然の時間帯。 そうだパートンコーを買

記事を読む

シーシャと炭火七輪 (1)

寒いパタヤの夜は、シーシャの七輪で暖を取る

沈没日記27 昨晩の話。 タイから寒波が抜け出さないようで、パタヤの夜は寒いまま。 特に深

記事を読む

ブッカオ常設市場のパッタイ屋のタレートート (1)

フリーになった初日は、気ままな食めぐりとバービアめぐり。食費と飲み代で1日240バーツ。

沈没日記21 というわけで、イサーン・ビエンチャン編はあえなく終了。 ここからは、通常のパタ

記事を読む

ラーブとカオニャオとママー

部屋から一歩も外へ出ないキーキアットなタイ女性との日常生活

パタヤ沈没3日目 睡眠時間7時間ほどで目が覚めた。 ちょうどお昼の12時頃。 わたしが

記事を読む

アドステア

Comment

  1. xj601 より:

    初めまして。たった今、ソイボンコットのクイッテイアオを実食しました。ブログの写真を見せたら、同じのを作ってくれました。ほんとに美味ですね。貴重な情報を有難うございました!

    • pattayan night より:

      ボンコットのクイティアオはおいしいですよね。ナムトックスープが美味です。

アドステア

pattaya-songteow
バンコクからパタヤへ。パタヤのソンテウで初めて20バーツ請求された話。

沈没日記2 バンコク2泊はあっという間に終了。 都会は便利

airport-ais-shop
【タイのスマホ】同じ携帯電話番号を維持しつつ、タイ到着と同時にネットを使う方法。AIS・12CALL、TRUE、DTAC。

タイ訪問時に毎回空港でSIMカードを求めて並んでませんか?

p1170958
沈没日記スタート。まずはバンコク2泊から。

沈没日記1 最初に とりあえず、ここから今回の新しいパタヤ沈没日記

champaign-cyotes-2
オープン初日の新コヨーテクラブ、Champagne Coyotes(シャンペーンコヨーテ)@ソイLKメトロ

ソイLKメトロのソイダイアナ側にあるChampaignの横に、新しいコ

donmuang-airport-3
バンコク・ドンムアン空港深夜到着時の移動方法。タクシー利用でスクンビットまで。

フライトがディレイしたため、ドンムアン空港に到着したが午前0時20

→もっと見る

PAGE TOP ↑