*

またしても単なるパタヤ同棲生活。イサーン人の食卓とは。

パタヤ沈没日記4

正午を過ぎても、カラオケ嬢は、もちろん爆睡。
わたしは、一人でブッカオ市場へ買い出しに。

唐揚げとカオニャオで腹を満たす。

3時くらいにようやく起きだしたカラオケ嬢と、アパートへ。

ここで、カラオケ嬢の遅い昼食に付き合わされる。

イサーン人の食卓

まずは、酸っぱいものが食べたいというので、マムワンプリアオを。

マムワン=マンゴー
プリアオ=すっぱい

フルーツ屋台マムアンプリアオ

熟していないマンゴーを、カットしたもの。
名前のとおり、やたらと酸っぱい。
そのまま食べてもいいが、砂糖や唐辛子をつけて食べると意外とうまい。
癖になる味だ。
フルーツ屋台で「ヤムにしてくれ」というと、ビニール袋の中で砂糖や唐辛子を和えてサラダ状態にしてくれる。
酸っぱいどころか、激甘かつ激辛状態になるので要注意。

ついで、惣菜屋台でお買い物。
さらに、アパート食堂のおばさんの手料理も少々。

イサーン料理の食卓

何やら、おどろおどろしい色の惣菜が並んでいる。

手前の皿に入っているのは、ソムタムだろうか。汁の色が毒々しい。カニの甲羅や唐辛子までもが変色している。
わたしは食べていない。いや、カニ入りでなければ味見するのだが、過去何度も生のカニ入りソムタムに当たった経験があるので、カニ入りは食べないと決めている。

小鉢に入っているのは、アパート食堂のおばさんの手作りだそうな。

パラー

「パラー」と言っていたので、発酵させた魚だろうか。ナムプリックと呼んでもいいかも。
典型的なイサーン料理の味付けである。
各家庭で母親が毎日作るそうだ。

これは食べてみた。
それほど強烈な臭みはないが、やはりクセは強い。
カオニャオと一緒に食べると、意外とイケるかも。まあ、あえて積極的に食べたいものではないけれど。

おばさんは、「彼女と結婚してイサーンに住むなら、毎日これを食べることになるわよ、うふふ」と笑っていた。
いやいや、さすがに毎日はいらんわ。
カラオケ嬢に「料理できるのか?」と聞いてみると、当然のように「できる」との返事。
イサーンでは小さい頃から作り方を教えられているようだ。

そういえば、イサーンに家を建てて住んでいるファランは多いけど、毎日何を食べているんだろ。
一人だけパンとかコーンフレークで朝食を済ませているのかね。

透明のスープは一見まともだが、これはとてつもなく酸っぱいので注意が必要だ。
料理名は単純に「パックドーン」でいいのかな。

パック=野菜
ドーン=漬け物

汁物だけど、手で野菜をつまんで食べるのがイサーンスタイルだ。上掲の写真でも手で野菜をつまんでいるところが写っている。
汁は飲まないみたい。さすがに酸っぱすぎるのか。

最後に登場するのは、タケノコと鶏肉のカレー。

タケノコとチキンのカレー

ああ、これはおいしいわ。
日本人でも問題ない辛さと味付け。ルーもおいしい。

以上、イサーン出身者のありふれた食卓でした。

まあ、酸っぱさと辛さが控えめなら、日本人でも食べられるものばかりかな。
同じアジア人だし、根本的な食文化の違いは欧米と比較すれば少ない。
イサーンで余生を過ごすファランの苦労がしのばれる。

夜は一人でバービアへ

食後、洗濯物がたまっているというカラオケ嬢はそのままアパートへ一時帰宅。
わたしは、部屋でPC。
カラオケ嬢が部屋にいても寝ているだけなんで、別にどっちでもいい。

夜になってから、彼女を迎えに行く。
その後、今日も仕事に行かないというカラオケ嬢は、わたしの部屋でだらだら過ごす。

食事はすでに済ませたらしいが、買い置きしてあるママーをずるずると啜っていた。

頼むから仕事に行ってくれよ~
ちょっとでも自分でカネを稼いでくれよ~

そんな贅沢な食事は要求されないけど、大食漢のカラオケ嬢の胃袋を満たす財源確保がきついぞ。
食事だけではなくて、けっこうお菓子もぼりぼり食べているしなあ。

わたしは、昼間に買っておいた唐揚げとカオニャオの残りで、さびしく腹を膨らませるのであった。

夜12時頃、一人で部屋を抜け出す。
恒例の一人バービア詣で。
せいぜい1時間か2時間ほどのフリータイム。

なじみのバービアで、ビールとビリヤード。
いつものバービアでの過ごし方だ。

仲のいい熟女バービア嬢と久々に再会。
客価格でいいからとドリンクを催促されたので、進呈。
レディドリンクなら130バーツのところ、通常価格(タマダー)だと60バーツですむ。
単に一緒に酒を飲みたいだけなら、この方法もあり。
ドリンク代のバックが入らないけど、酒好きの相手なら応じてくれるよ。

ハイドゥーム テー メチャイレディドリンク。タマダー オッケーマイ?」とでも言えば通じるかな。

ドリンクおごってあげる。でも、レディドリンクじゃないよ。通常価格でいい?

こんなニュアンスになります。
タイ語的に正しいかどうかは知らないけど、たぶん通じるでしょう。

はじめてのバービアでは、さすがに気が引けるが、仲良くなったバービア嬢相手なら問題なし。
ゴーゴーバーで使えるかどうかは知りません。

つまみは、ムートート。

ムートート

干した豚肉を素揚げにしたもの。ビールによく合う。
ナムチム(たれ)は、ケチャップでどうぞ。

しばらく遊んでいると、カラオケ嬢から帰っておいでコールがかかり、おしまい。
部屋に戻ると、わたしが買ってあげたヨーグルトをむしゃむしゃと食べておりました。

ブンブンしてから、抱き合って眠る。

んがあ、早くも決まりきった日常と化してきたなあ。

更新しました!綺麗なホテルに泊まるなら
パタヤ新築ホテル情報2017年2月(更新)


関連記事

ゴーゴー嬢

昔結婚を迫られたゴーゴー嬢と数年ぶりに再会

沈没日記50 この夜も、日本から来た友人と遊ぶ。 まずは、LKメトロのゴーゴーバーへ。

記事を読む

パタヤ発スワンナプーム空港行きエアポートバス乗り場 (4)

パタヤ沈没生活突然終了のおしらせ。急遽、帰国命令が下る。

沈没日記55 急遽、帰国へ 昼頃にだらだらと起床して、寝ぼけまなこでメールチェック。 日本

記事を読む

バーベキューホームパーティ (3)

禁酒日には、バービアママさんとファランボスの自宅でホームパティー。あとタンブンデート少々。

沈没日記41 パタヤ沈没日記としては時系列的に後先となるが、特に夜遊びネタでも何でもないんで、

記事を読む

ウォーキングストリート夜 (2)

コヨーテさんと久々にブンブン

沈没日記23 ビエンチャンへビザ取り旅行する前に、某ゴーゴーバーでばったり再会を果たしたコヨー

記事を読む

no image

カラオケ嬢とのその後。同棲生活かバタフライ生活か?

パタヤ沈没日記30 ウドンターニーでカラオケ嬢に見切りをつけて一人でパタヤへ戻ってからの話。

記事を読む

ソイLKメトロ

二転三転の末、LKメトロのコヨーテ嬢をお持ち帰り。ショート1000B+チップ。

沈没日記31 最近ちょこちょこと出入りしているソイLKメトロにある某ゴーゴーバー。

記事を読む

夜のウォーキングストリート2016

ウォーキングストリートのコヨーテ嬢を部屋に呼び出してロング2000B

沈没日記29 カラオケ嬢とは、しばしの別れ。 そして、コヨーテさんと久々のブンブンをしてから

記事を読む

スカイフォール

スカイフォールとランウェイで遊ぶ。カラオケ嬢はやって来ないが、コヨーテさんとまさかの再会。

沈没日記12 またしてもカラオケ嬢はやって来ない。 日中に電話しても応答すらない。もちろん、

記事を読む

20歳バービア嬢

友人との夜遊びが続くが、ノーペイバーの日々も続く

沈没日記52 魚と肉 昼飯は、無性にフィッシュバーガーが食べたくなり、ソイニュープラザにあるFR

記事を読む

23歳ゴーゴー嬢

深夜のパタヤを徘徊~酔っぱらいゴーゴー嬢にレインメーカー

沈没日記54 バンコクでの集団観光デートを終えて、パタヤへ帰還した。 宿に戻って、シャワーを

記事を読む

アドステア

Comment

  1. xj601 より:

    初めまして。たった今、ソイボンコットのクイッテイアオを実食しました。ブログの写真を見せたら、同じのを作ってくれました。ほんとに美味ですね。貴重な情報を有難うございました!

    • pattayan night より:

      ボンコットのクイティアオはおいしいですよね。ナムトックスープが美味です。

アドステア

The cube hostel Silom (1)
シーロムにあるモダンなゲストハウス、ザキューブホステルに泊まってみて感じるバンコク宿事情の変遷

シーロムといえば、バンコクの一等地だ。 オフィスビルが立ち並ぶ一

Sala daeng khao soi (1)
サラデーンのローカルフードコートでカオソーイ

シーロムにあるTHE CUBE HOSTELに泊まっていた時のこと

Pattaya Sign
出費報告と日本帰国時あれこれ。性病検査は忘れずに。

沈没日記15(おまけ) あまり意味はないですが、恒例の出費報告を

Airasia Dongmueang Kiosk (2)
日本帰国。ドンムアン空港エアアジアの自動チェックイン機を使ってカウンターをスルーしてみた。

沈没日記14(最終回) 本日は日本へ帰国するだけ。 起

Thaniya karaoke lady
最後はタニヤ嬢とブンブンしておしまい

沈没日記13 (12からのつづき) じゃんけんに勝利してゴーゴ

→もっと見る

PAGE TOP ↑