パタヤ千夜一夜

タイ・パタヤでの沈没日記とアジア夜遊び旅行記。パタヤグルメ情報、ホテル情報多数。

空港やバス関連

ノースパタヤバスターミナルからパタヤ中心部(ビーチロードやブッカオ)へ移動する方法、ソンテウやバイクタクシーについて。

投稿日:2015年12月26日 更新日:


バスターミナル1

バンコクからのパタヤ行きバスは、ノースパタヤにあるバスターミナルに到着する。
また、スワンナプーム空港発のエアポートバスも、夜遅い便は、ジョムティエンまで行かずにノースパタヤのバスターミナルが終点となる。

このパタヤバスターミナル内から、パタヤ中心部へ行くには、いくつか方法がある。

・バイクタクシー
・ソンテウをチャーターする(つまりタクシー)
・ターミナル内から出る乗り合いソンテウ
・ターミナルを出てから流しのソンテウをつかまえる

ターミナル内のバイタクもソンテウも、初心者観光客向けの高い料金設定となっている。
節約するなら、バスターミナルの外へ出るほうがいい。

以下、詳しく見ていく。

SPONSOR LINK



バイクタクシー

一人旅で、さくっと目的のホテルまで移動するならバイクタクシー利用が一番楽な方法。

バスターミナルからバイクタクシーに乗ると、80バーツから100バーツが言い値だろうか。
ブッカオまでで80バーツくらい。
タイ語で交渉しても、あまり安くならない。
荷物があるとプラス請求されることもあり、事前交渉していないと100バーツでもおかしくない。
元々高いパタヤのバイタクだが、バスターミナル発のバイタクはぼったくり気味だ。

ただし、バスターミナルを出て、ノースパタヤロードを少しだけ歩けば、別のバイタクが待機している。
このバイタクなら、標準的な料金で移動してくれる。
場所によりけりだが、おおむね60バーツほど。
ほんの少し歩けばいいだけなんで、バイタク利用の人はこちらでどうぞ。

ソンテウチャーター

パタヤバスターミナルソンテウ乗り場

3,4人で行動しているなら、ソンテウをチャーターしてしまうのが手っ取り早い。ソンテウをタクシーとして利用する方法だ。
おそらく200バーツくらい。いや、250バーツや300バーツとふっかけられるかもしれない。

パタヤ中心部からバスターミナルへ向かうなら150バーツあたりが相場。
バスターミナル発だとどうしても割高で請求されてしまう。+50バーツの200バーツなら、許容範囲だろう。
4人で乗れば、一人50バーツ。荷物が多いなら、これが一番手堅い方法。ホテル前まで直接乗りつけてくれる。
交渉はけっこうハードだと思う。とにかく、バスターミナル内のソンテウは強気だ。

ノースパタヤロードを流しているカラのソンテウがあれば、150バーツでビーチロードやセカンドロードまで行ってくれると思われる。言い値はやはり200バーツだろうけど。

バスターミナルからの乗り合いソンテウ

ノースパタヤバスターミナル (2)

ターミナルで待ち受けているのが、乗り合いソンテウ。
昼間の時間帯なら、数台常駐しており、行き先別に振り分けられることが多い。
ホテル名を告げて、そのホテルまで行ってくれる建前になっている。
満員になったら出発する。

本来の運賃は20バーツないし30バーツ。

が、30バーツではまず不可能。
最低50バーツ。
読者の方から寄せられた情報では、中心部までの移動で80バーツ請求されたそうだ。

今回、日本人のみならず他の外国人の支払いの様子を見てみたが、いずれも50バーツだった。
主な行き先はウォーキングストリート。
ひょっとしてジョムティエンなど遠隔地はプラス請求されるかもしれない。
日本人や若い中国韓国人は甘く見られており、ぼったくりされる可能性がある。
どうしてもソンテウ利用の際は、50バーツ以上の請求は断固拒否しよう。

今回、ぼったくり調査もかねて、久々に利用してみた。
ブッカオのホテル名を聞かれたので、ソイの名前を告げた。
が、あっさりとセカンドロードで降ろされて、残りは歩けという。
やはり、このソンテウは使えない。
非推奨とさせていただく。
ジョムティエン方面なら、ありかな。
が、くれぐれもぼったくりには注意だ。

ノースパタヤロードの流しの乗り合いソンテウに乗る

この方法が最も安い。
節約するためには、バスターミナルからノースパタヤロードに出ること。

ここがバスターミナルの出入口
ノースパタヤバスターミナル出口

ここを出て、大きな通り(ノースパタヤロード。タイ語でパタヤヌア)を渡って、流しの乗り合いソンテウをつかまえる。
ビーチロードやセカンドロードに比べれば本数は少ないが、しばらく待っていれば通りかかるはずだ。
すると、10バーツでビーチロードに出ることができる。
ノースパタヤロードからビーチまで直進する形となる。

このソンテウのルートがどうにもはっきりしないが、ビーチロードへ出ることだけは確かだ。

その後、ビーチロードをひたすら直進してウォーキングストリートまで行くのか、パタヤカン(セントラルパタヤロード)で左折するのかは、ドライバーの気分しだいだろうか。
また、ウォーキングストリートまで行って、そこからセカンドロードへ行くのか、それともサウスパタヤロードへ直進するのかも不明。
セカンドロードにホテルを取っている人は、判断が難しいところだ。
心配な人は、乗車時にドライバーに確認しておこう。それでも最終的にはドライバーの気分しだいだけど。

まあ、ソンテウを乗り換える必要があるにしても、合計20バーツだ。わたしなら、あまり気にせず、運任せで乗りますね。

読者さんの情報では、パタヤカンで左折して、その次に右折してブッカオへ入っていくルートもあるそうだ。
ブッカオ方面へ行く人は、このルートのソンテウに当たればラッキー。

どんなルートでソンテウが走行するかは運任せ。
ブッカオにしろセカンドロードにしろ自分が泊まっているホテルへの、ビーチロードからの最短ルートは事前にチェックしておくこと。ソンテウを降りる場所の目星はつけておこう。
たとえばソイLKメトロへ行くなら、ビーチロードのマイクショッピングモール前で降りるのがベター。マイクを抜けて、セカンドロードを渡り、ソイダイアナを歩けばLKメトロまで行ける。

なお、最近スクンビット通りでのバイパス工事の影響のため、ノースパタヤロードにソンテウがあまり走っていない可能性がある。
バスターミナル発のソンテウもノースパタヤロードを迂回して走行していたほど。
夜遅くなると、本数は激減する。これは、パタヤカンも同様。

まとめ

わたしは、バスターミナルからノースパタヤロードに出て流しのソンテウに乗る方法を使うことが一番多い。
夜遅くにバスターミナルに着いた場合は、ソンテウがあまり走っていないので、ノースパタヤロードでバイタクをつかまえる。

今回、久しぶりにターミナル内ソンテウを使ってみて、やはりぼったくり気味なのはよくわかった。
他の客を降ろすのに時間がかかるうえ、ブッカオまで行ってくれず途中で降ろされる始末。

初心者は不安なので、つい使ってしまいがちなのはしょうがない。それを見越して、ソンテウ業者は高値を請求してくる。50バーツならぼったくりとは言えないかもしれないが、どうにもコスパは悪い。

とはいえ、ビーチロードやセカンドロード付近へ行くなら、さくっと乗り合いソンテウで行ってしまうのもいいかな。
バイタクは多少の危険が伴うし、大きな荷物があってもソンテウなら安心だ。

ブッカオ近辺を根城にしている人は、ある程度パタヤの地理を把握しているだろうから、ノースパタヤロードに出て流しのソンテウに乗ることをおすすめします。

SPONSOR LINK

-空港やバス関連
-

Copyright© パタヤ千夜一夜 , 2017 All Rights Reserved Powered by STINGER.