*

2015年パタヤ2ヶ月沈没生活。実際の出費は2ヶ月で29万円でした。

pattaya

57泊58日。ほぼ2ヶ月のパタヤ沈没生活。
毎度恒例、滞在費や夜遊び代に関しての実際の費用についてのまとめです。

 

前半戦はこんな感じだった。

生活費:17,000B(宿代と食費や雑費など)
飲み代:15,000B(レディドリンク代含む)
ペイバー代とチップ:12,000(要するにヤリ代)

44,000B=145,200円

(1バーツ=3.3円で計算。以下同様。)

詳しくはこちらを参照のこと。
関連記事:パタヤ沈没生活前半戦終了。一ヶ月の出費とこれからの展望。

わたしのパタヤ沈没スタイルの予算は、従来から一ヶ月15万円と決めてある。
宿代も食費も夜遊び代もすべてコミコミで15万円がマックス。

しかも今回は、多少レートが良くなってきたこともあり、2ヶ月で27万円を目指していた。
残り予算12万5千円。

後半戦は約一ヶ月。正確には28日だ。

さあどうなったでしょう。

なお、前半戦のペイバー関連出費は以下のとおり。

23歳パタヤ初日新人バービア嬢:BF400+ロング2000B
20歳新人バービア嬢:BF300+ロング1500B
19歳ゴーゴー嬢:BF800+ショート1500B
19歳ゴーゴー嬢:BF無し+ロング2000B
19歳女子大生バービア嬢:BF300+ロング1500B
スペシャルマッサージ:マッサージ代200+ハンドジョブ300B
27歳バービア嬢:BF300+ロング1000B

計:12,000バーツ

後半戦のペイバー関連出費

クラブ4嬢:BF300+ショート1000B

計:1,300バーツ

お店で遊んだ回数は1度きり。
1ヶ月でペイバー1回か。少ないなあ。
とはいえ、後半戦はノーペイバーを目指していたので、ほぼ予定通り。

27歳バービア嬢とは後半戦に入ってからも少しだけ関係が続いたが、何とかお引取りを願った。一度ペイバーしてからは、店に顔を出しておらず、ペイバー代はなし。チップはもちろん払っている。たぶん直接渡した金額は2000バーツくらい。

それから、カラオケ嬢へ鞍替え。
カラオケ嬢の店には行ったことがないんで、当然ペイバーもなし。

カラオケ嬢に関しては、細かく算出するのが困難。
途中までメモを取っていたが、あまりにも面倒になって放棄。よって、すべて概算値となる。

直接的なブンブン代としての対価は、6000バーツくらい。
そのほか、細かいお小遣い、食事代、飲み代、バイタク代などもろもろがおそらく4000バーツ以上

軽く1万バーツ以上はかかっている。
これは、前回のコヨーテさんとの一ヶ月同棲生活の時とあまり変わらない。

カラオケ嬢は食欲が半端ではないので、直接渡すチップよりも、食費の割合が高くなっている。

以上、27歳バービア嬢とカラオケ嬢への夜遊び代として、おおざっぱに12,000バーツと計上。

ペイバー関連合計:13,300バーツ

クラブ4での1300バーツがなければ、12,000バーツ。
おっと、偶然にも前半戦と同じ額になった。

滞在が2日少ない上、バーファインをほとんど払っていないのに、この金額だ。

特定の子とべったり付き合うスタイルは、決して安くつく遊び方ではないことがお分かりいただけるかと思う。

バービアなどでの飲み代

ゴーゴーやバービアでの飲み代は、少しだけ減らした。

1日400B×28=11,200B

おつまみ代を含めても、たぶん、これくらい。
レディドリンクを奢った時は高くなるが、自分一人で飲むならこんなもの。

 

夜遊び関連代としては、
合計:24,500B

生活費関連

宿代:11,000B
電気水道掃除Wi-Fi全部込み。ローシーズンは安くつく。

バイクレンタル代とガソリン代:1,000B
1日100Bを9日間。あとガソリン代が100バーツほど。

交通費:500B
ソンテウ代やバンコクへのバス代など。

通信費:600B
ネット通信一ヶ月使い放題の400Bプランに通話代200バーツをプラス。(通話代はかなり残っている。)

食費:4,200B
わたし一人分の食費なら、こんなものだろう。
ローカル飯主体にすると1日100バーツほど。
洋食系を食べると1回100バーツ以上かかるが、それほど回数は食べていない。
平均すると150バーツほどとなる。

150B×28日=4,200B

ただ、カラオケ嬢との食事が多かったので、この計算はあまり意味がないかも。

雑費:500B
あとは日用品関連。シャンプー、石鹸、髭剃りなど。
その他、細かい出費もここに含める。

生活費関連小計:17,800B

ビザ関連

イミグレーション延長代:1,900B

1ヶ月以内の滞在なら必要のない出費だが、2ヶ月の滞在なので延長申請代として1900バーツかかった。
手続き自体は簡単だが、必要書類を集めるのに苦労した。

関連記事:タイ・ノービザ入国30日滞在期間延長の必要書類が追加。最新手続き方法。
(噂ではバンコクや他のイミグレーションでは追加書類は必要ないとか。なお、シーラチャーのイミグレで手続きしようとした読者の方は、追加書類を要求されたそうだ。)

後半戦総合計

夜遊び代:24,500B
生活費:17,800B
イミグレーション:1,900B

総合計:44,200B=145,860円

おお、なんとか1ヶ月15万円のラインは守れた。

前半戦より2日少ないが、そのぶん滞在延長代がかかっている。
なんとかギリギリやれたかな。

58日間沈没生活の総出費

というわけで2ヶ月の出費はこうなる。

前半戦
44,000B=145,200円

後半戦
44,200B=145,860円

合計:88,200B=291,060円

当初の予算は2ヶ月で27万円だった。
よって、2万円の予算超過という結果に終わってしまった。

うーん、厳しい。現実はとても厳しい。

前半戦
生活費17000B+夜遊び代27000B

後半戦
生活費17800B+夜遊び代24500B+イミグレ1900B

生活費とイミグレーション手続き代の合計が、36,700バーツ=121,110円
飲み代とか夜遊び関連出費の合計が、51,500バーツ=169,950円

何かの参考にどうぞ。

まあ、パタヤで2ヶ月間、ほぼ毎日飲み歩いて、20歳前後のギャルと戯れながら生活して、おいしいタイ料理や洋食も食べて、狭いながらもエアコン付きの快適な部屋に住んで、2ヶ月で29万円ぽっちと考えるそれほど悪くないのかも。
これを高いと考えるか、安いと考えるかは、人それぞれで。

節約しようと思えば、もっと安く上げられる自信はあるけれど、わたしの滞在の仕方ではやっぱり月15万円くらいが無難か。
あと5万円くらいあれば、もうちょっと遊べるだろうけど。

なお、フライト代はエアアジアのプロモーションで往復2万円数千円。
日本で買い物して用意していったものなどを合わせると、総トータル32万円くらい。

所見

やはり、特定の女性とべったり過ごすとカネがかかる。
バーファインも払ってないし、一見、安上がりに思えるかもしれない。

ブンブン代と対価としてのチップは、とても安上がりだ。
カラオケ嬢とはブンブンした日は1000バーツというのが、暗黙の了解となっていた。
ブンブンなしの日は、お小遣い100バーツとか200バーツだけ。
普通にバービアでペイバーしてロングで連れ出していたら、BFとチップで1800バーツ。
ゴーゴーバーなら、4000とか5000とかかかる。
それを思えば、毎日のように超ロングで過ごしていても、とても安上がり。

が、細かい食事や何やらの出費が、本当にバカにならない。
毎日毎食のことなんで、1ヶ月近く一緒にいると、大きな額となってくる。
たとえ1日あたり200バーツ余計に使うとしても、一ヶ月で6,000バーツ。バービアで3回新規ペイバーできてしまう。
これが長期滞在の出費を考える上での恐ろしさ。4,5日程度の短期滞在なら取るに足らない金額でも、一ヶ月単位ではバカにならない総額となってしまうのだ。
このあたりのことがルーズになってしまう人は、たぶん、海外での長期滞在に向いていないと思う。特にパタヤなんていう誘惑だらけの街ではなおさらだ。まあ、予算が潤沢にあれば話は別ですが。

これでもカラオケ嬢への出費はそこそこシビアにやってきたほうだし、またカラオケ嬢も、やれスマホだの金の指輪だのといった定番のおねだりは一切してこなかった。
高いものでせいぜい洋服150バーツとか200バーツとかそんなもの。
それでもカネがかかってしまう。

一人だけで過ごすなら我慢や節約できることも、二人でいるとそうもいかないのだ。
日本での生活に置き換えてみれば、ワンルームでつつましく暮らしているところに同居人が転がり込んできて、衣食住の面倒を見てあげているようなもの。しかもよく食べる同居人である。そりゃあ、カネがかかって当然。

まあ、しかし、おカネの問題だけがすべてではない。
精神的な満足感が得られる部分が大きいんで、こればっかりは何とも言えない。
ヤルばっかりがパタヤじゃないしね。

大食いチャンピオンの酔っぱらいだけど、いい子だったなあ。

 

前半戦はバタフライ路線で、後半戦は一穴主義にちょっとだけ浮気を混ぜた路線。
終わってみれば、意外とバランスが取れていたかな、と。

 

そんなわけで、2ヶ月間のパタヤ沈没生活の費用は、宿代生活費夜遊び代すべて込みで29万円でした。

さあ、あなたも30万円ほど用意して今すぐパタヤで2ヶ月間沈没生活を送ろう。
極楽か地獄かはあなた次第だ。
楽しいよ。

ちなみに、現地での両替は、現金とキャッシングの半々くらいにしておいた。
なるべく現金は持ち歩かないようにして、手持ちの現金がない時はキャッシングで対応。
毎回、バンコク銀行でJCBカードのキャッシングを利用している。手数料がかからないんで、ついついFAST CASHのボタンを押してしまうのだった。ATMがおそろしい。
(もちろん金利はかかるんで、繰り上げ返済はお早めに。)

関連記事:タイでキャッシング。バンコク銀行でJCBカードを使えばATM手数料無料。


関連記事

ソイLKメトロ

特定の相手との安定の日々か、新規開拓の不安定な日々か。それが問題だ。

50日目 カラオケ嬢との日常 もはや、わたしのベッドはカラオケ嬢の定位置と化した。 彼女は一日

記事を読む

バービアのB52

パタヤカン散策後、バービアのタダ酒で酔っ払う

55日目つづき パタヤカン付近散策 夜、レンタルバイクでお出かけ。 パタヤカン方面へ行ってみよ

記事を読む

27歳バービア嬢下着

500バーツの借金を体で返しにくるバービア嬢

33日目 妹と大げんかした27歳バービア嬢は、一晩中ぐっすりと寝ていた。 翌朝になっても、な

記事を読む

バービアパーティ

19歳のゴーゴー嬢が部屋に泊まりに来る。ロング代2000バーツなり。

20日目 パーティナイト バービア恒例の出張DJを呼んだパーティ。 最近、あちこちでパーティを

記事を読む

ソイ7と8の間の食堂

バービア新規開拓を目指す。新人発掘への道。

12日目 体調もほぼ回復。 ぼちぼちやっていこう。 昼飯はコンビニ弁当 たまには

記事を読む

バービアめぐりマップ

ソイハニー、ソイ10、ソイ8、ソイ7バービアめぐり

49日目つづき 出勤するカラオケ嬢を見送ってから、部屋で一休み。 ソイハニー、ソイ10、ソイ

記事を読む

23歳新人バービア嬢1

パタヤ初日の新人バービア嬢をペイバー

4日目 コヨーテさんとは完全に決別。 新たな道を進むことにする。 現在の第一候補は、もちろ

記事を読む

19歳女子大生バービア嬢

19歳現役女子大生バービア嬢をペイバー

25日目 洪水から一夜明けたパタヤ。 ソイブッカオの路上に大量に堆積されていたゴミは、概ね片

記事を読む

クラブ4

泥酔カラオケ嬢が泣きじゃくる。タイの夜の女性の心の闇は深いのか。

(52日目つづき) 気持ちのよいブンブンを終えて、カラオケ嬢を見送ってから、部屋に戻る。

記事を読む

イサーン屋台飯ラーブムー、揚げ春巻き、カオニャオ、ゆで卵

睡眠時間1日15時間。タイの女性はどこまで寝続けるのか?

42日目 どこまで寝続けるのかカラオケ嬢 相変わらずカラオケ嬢はひたすら寝ている。 昨夜床につ

記事を読む

アドステア

Comment

  1. ナムケン より:

    http://pattayalife.net/archives/2601
    こちらの記事のLAVA iris353で
    日本のsimは試されましたか?

    MVNO使えますか?

    • pattayan night より:

      日本のSIMカードは入れてないので、わかりません。試してみようかとは思うのですが、まだです。アンドロイド端末だし、いけるはずですけどね。

  2. たん太郎 より:

    月20万円あれば沈没生活が送れそうですね。僕はかなりのオッサンなので次の円高の機会に移住予定です。来年ぐらいに中国が経済破綻してくれないかな~。

    • pattayan night より:

      まあ、滞在スタイルは人それぞれなんで、予算も人それぞれですね。ほんと、円高になってくれませんかねえ。

  3. ヨッシー より:

    2ヶ月に渡るパタヤ滞在お疲れ?さまでした。
    私も貴殿から聞いてから、バンコク銀行でのJCBキャッシングはボイボイです。
    他のカードだと200バーツくらい手数料を取られますから、JCBの無料はお得です。
     ソイブッカオにはレンキーの角のセブンやケッティシリー向かい側にバンコク銀行のATMがあるので便利です。
    日本語表示もあるので、やっぱりそれだけエロ日本人の利用者が多いという事でしょうか・(笑)

    話は変わりますが、バンコクには10ほどあるウオッシュレットのあるホテルはパタヤには無いのでしょうかね?
    聞いたことが無いので知っている人が居れば、ぜひ教えてください。
    読者さんの情報をお待ちしておりまーす! 

    • pattayan night より:

      今回も明細をチェックしてみましたが、やっぱり手数料はかかってませんね。カシコーンのATMも日本語表記ありますよね。デポジットの方にはありませんが。
      ウォシュレットは知りませんねえ。ヒルトンのラウンジのトイレも、ウォシュレットじゃなかったような。

  4. ちゃいまい より:

    いつもありがとうございます、このように数字をしっかりと教えて頂き勉強になってます、他のブログの方は~をロングとか~と何をしたとかは書いてあるんですが、恥ずかしいお金の部分をしっかり書いていただき、本当に参考になりますすでにパタヤから離れて七年になっており、仲間からは早く来いと言われてますが、こちらのブログを見て日々勉強しております、これからもどうぞよろしくお願いします。

    • pattayan night より:

      まあ、貧乏節約がウリのブログなもんで、恥ずかしながら公表しております。参考にしてください。

  5. 感謝感激 より:

    うーん。お見事です。
    これだけ羨ましい2ヶ月を30万弱とは。。
    いつか私もこのようなロングステイしてみたいものです。でも想像できませんなぁ(笑)。
    これからもグルメ情報、サクッとイタダキます!
    本日早速楽天JCBカードのキャッシング枠とリボ枠を変更しちゃいました。。

    まずは、ごゆっくりと。
    余韻に浸ってくださいませ。

    • pattayan night より:

      楽天のJCBブランドで、手数料無料になるかは定かではありませんので、現地で確認してくださいね。
      あと、楽天カードの早期繰り上げ返済の仕方も調べておいたほうがいいでしょうね。
      パタヤで2ヶ月程度のロングステイは簡単ですよ。半年1年となるとビザの問題にぶつかりますけどね。

  6. biwaheide より:

    パタヤでの生活お疲れ様でした。
    現在のタイのATMは日本語も使えるので便利ですね。

    「ジャパンネット銀行」や「新生銀行」のキャッシュカードを使いATMでおろすよりもJCBのクレジットカードでバンコク銀行でキャシングしてすぐに返すほうが得なんでしょうね。180バーツの手数料が不要らしいので。

    • pattayan night より:

      JCBカードの手数料は無料ですが、キャッシングは金利がバカ高いんで、繰り上げ返済すれば、かなりお得になるはずです。ま、国際電話代がかかりますけど。

  7. 感謝感激 より:

    私が持っているヒマラヤのセディナカードはネットで繰り上げ返済が出来るので国際電話する必要がなく中国などではよく使うのですが、MASTERカードなんですね~これが。JCBに変更しようかな。。と考え中です。
    でもインドなどはマスターカードの方が為替が有利だったんです。。
    なんにしてもいつも有用な情報ありがとうございます。

    • pattayan night より:

      為替レートは、VISAやJCBよりマスターが上みたいですよ。繰り上げ返済の国際電話代なども考えると、微妙なところかもしれませんね。調べれば調べるほど、海外キャッシングは難しいです。

アドステア

p1170958
沈没日記スタート。まずはバンコク2泊から。

沈没日記1 最初に とりあえず、ここから今回の新しいパタヤ沈没日記

champaign-cyotes-2
オープン初日の新コヨーテクラブ、Champagne Coyotes(シャンペーンコヨーテ)@ソイLKメトロ

ソイLKメトロのソイダイアナ側にあるChampaignの横に、新しいコ

donmuang-airport-3
バンコク・ドンムアン空港深夜到着時の移動方法。タクシー利用でスクンビットまで。

フライトがディレイしたため、ドンムアン空港に到着したが午前0時20

kix-scoot-delay-3
関空発バンコク行きスクートが大幅ディレイ、関空で4時間暇をつぶした話

今回のタイ行きは、LCCのSCOOT便を利用。 理由は単純に安か

nana-burger-bangkok-2
今さらながら、あえてナナバーガーを食べる

ナナバーガー。 熱心なバンコクリピーターには説明不要。 ナナプ

→もっと見る

PAGE TOP ↑