*

エアアジアがパタヤ・ウタパオ空港で本格運用開始。マカオ路線も新規就航。

公開日: : プチ情報・便利帳, 空港やバス関連


タイ・エアアジアが、パタヤ(ウタパオ)空港発着便を増設。
2015年9月25日から、パタヤと中国を結ぶ2路線が新たに運用開始となる。

それぞれ、南寧(Nanning)、南昌(Nanching)とパタヤを結ぶ路線だ。
この路線は日本在住の日本人にはほとんど関係はなさそう。

さらに、11月27日からは、パタヤ・マカオ路線も開設。

エアアジア・パタヤマカオ路線
http://www.airasia.com/mo/en/home.page

マカオ路線は、日本人でも使い勝手がありそうだ。

時刻表
11月27日より毎日運行
パタヤ発11:15⇒マカオ着14:50
マカオ発15:25⇒パタヤ着17:10

どちらの便も使いやすい時間帯。

ピーチ航空や香港エクスプレス航空で日本から香港へ。フェリーでマカオに渡って遊ぶ。それから、エアアジアでパタヤへ直行。
ウタパオ空港からパタヤ市内のホテルまでは、乗り合いバンで簡単に移動できる。単純にパタヤ市内まで行くなら30分くらいだが、渋滞次第。
パタヤで遊んだ帰りは、ドンムアンまで移動してエアアジアなどの直行便で日本へ帰国。
その他、いろんなパターンが考えられる。
もちろん逆のルートでもいい。

ためしにパタヤからマカオへの片道運賃を検索してみた。

エアアジアパタヤマカオ予約

片道990バーツ。おお、安いね。

マカオは、カジノにサウナと、大人の遊びが堪能できる贅沢な街。
パタヤは、ご存知の通り、大人の遊園地だ。
まさに、大人のための新路線。

タイ・エアアジアは、パタヤと杭州(Hangzhou)やシンガポールを結ぶ国際線も開設予定。
タイ国内線は、チェンマイを検討しているようだ。

バンコクを経由せずにパタヤやチェンマイを訪問可能にして、中国からの旅行客を呼び込もうという戦略だ。

パタヤ(ウタパオ空港)への路線が増えるのは、選択肢が増えることになって嬉しい半面、ますますパタヤへの中国人旅行者が増えそうな気もして、ちょっと不安になる。

エアアジアは、タイ国内のハブ空港として、ドンムアン、チェンマイ、プーケット、クラビの次に、ウタパオ空港に力を入れていくようだ。

参照:Thai AirAsia expands hubs

すでに、クアラルンプール・パタヤ間のフライトは運行開始済み。
2016年には、さらに路線を増やすつもりのようで、タイ・エアアジアのウタパオ空港路線からは目が離せない。
個人的には、ラオス・ビエンチャン路線を開設してほしい。

せめてウドンタニー行き路線が開設してくれたら、嬉しい。

エアアジアの予約画面では、パタヤ発の便は以下のように表示される。
エアアジアパタヤウドンタニー

でも、ウドンタニ線は、実際には予約できない。

パタヤからウドンタニーまでバスで12時間はきつい。飛行機なら、おそらく1時間ちょっとだろう。
就航開始となったら、パタヤからのイサーンめぐりやビエンチャンへのビザ取りトリップがかなり楽になりそう。

SPONSOR LINK

関連記事

移動遊園地観覧車

タイの移動遊園地は、どこか昭和チックで懐かしい雰囲気。一度は行くべし。

パタヤのソイエキサイト空き地に移動遊園地がやって来ていた。 せっかくなんで、ちょっと遊びに

記事を読む

カイカーオ (1)

タイのゆで卵あれこれ。カイトム、カイケム、カイヨーマー、カイカーオ。

ゆで卵が好きだ。 ご飯と食べるもよし、パンと食べるもよし、カレーに入れるもよし、ラーメンに

記事を読む

サプライススクリーンショット (6)

サプライスのクーポンセールつづき。さらに2000円キャッシュバックで合計7000円引き。バンコクまで往復2万円。

格安航空券販売のサプライス(Surprice)の5000円クーポン情報の続きです。

記事を読む

スクリーンショット_030616_073717_AM

本日朝10時からスクートがプロモ開始。バンコクまで8000円。

何かというとプロモーションばかりやっている印象のLCC、スクート(SCOOT)。 今回のプ

記事を読む

スクートプロモーション (1)

LCCのスクートがプロモーション中。関空発バンコク行きが8000円。

今年就航したばかりのLCCスクートがプロモーション中だ。 関空とドンムアンが片道800

記事を読む

ドンムアン空港発ローカルバス (3)

ドンムアン空港からローカルバスでスワンナプーム空港やモーチットへ行く方法。バスを乗り換えてパタヤへ。

ドンムアン空港からパタヤへ行く方法 以前、ドンムアン空港からパタヤへ行く方法を紹介した。

記事を読む

ノートパソコン

次回のパタヤ沈没に向けて購入したものとソンクラーン対策

新たなるパタヤ沈没に向けて、日本にいる間にいろいろと買い物しておくことにした。 ノートパソコン

記事を読む

カップ麺ママートムヤムクン

タイのカップラーメン、ママーのトムヤムクン味には2種類+αあるよ。トムヤムナムコンがおすすめ。

日本発祥の食べ物ならが、もはやタイの国民食と化した感のあるインスタントラーメン。 タイで一番メ

記事を読む

cabin-zero-classic-44l-6

LCC機内持ち込み可能。バックパッカー個人旅行向けのおすすめバックバック、キャビンゼロクラシック44L。

LCCは安い。 安いが、大きな荷物を預けるには別料金が必要となる。 せっかく安い航空券を購入

記事を読む

エアアジア予約

エアアジアのクレジットカード決済手数料がさらに値上げ。でも、安くする方法あり。(追記の追記)

日本からタイへの格安航空券として定着してきたタイ・エアアジアX。 通常のプロモーション価格でも

記事を読む

アドステア

Comment

  1. マイク より:

    南昌便はちょっと怖いですね。仕事で延べ4ヶ月程滞在したことが有るのですが、英語が殆ど通じず苦労しました。中国の田舎都市の典型でした。多少なりとも国際化されている都市部の中国人観光客でも鬱陶しいのに、田舎者が大挙して来る事を考えると恐ろしいです。
    大量のロシア人を見なくなった昨今、中国人観光客がターゲットなのはわかりますが…

    • pattayan night より:

      中国は田舎都市でも人口が多いんで、ばかにならないです。今調べてみたら、南昌市の人口が200万人くらいらしいです。
      中国路線が増えると、パタヤの中国人は確実に増えますね。

アドステア

スヌーズゾテル Snoozzotel pattaya (1)
2017年改築新装オープンホテル、スヌーズゾテル (SnoozZotel)内部見学レポート

ホテル予約サイトを眺めていると、見慣れぬホテル名を見つけた。 ス

スクリーンショット_072317_043908_PM
AIS、12callの7日間ネット使い放題パッケージを使ってみた。おすすめは4Mbps。

わたしがタイで使っている携帯電話の通信会社はAIS。12callと

GINZA ギンザ (1)
【昨日のWS】GINZAリニューアルオープンとBLISSのナースパーティ

昨日7月23日のパタヤの様子です。 晴れ間がさしたり、雨が降った

Soi9 coffee (6)
Soi9.Coffeeは、ソイブッカオのお手軽カフェ。ブレックファースト90バーツ。

ソイブッカオのほぼ北端、セブンイレブンのある角を曲がるとサードロー

Ginza ギンザ (2)
【昨日のウォーキングストリート】GINZA開店せず。ハッピーとランウェイ盛況。

快晴のパタヤ 久々に快晴となった昨日のパタヤ。 パタヤ

→もっと見る


PAGE TOP ↑