*

【ビザニュース】タイ入国6ヶ月マルチプルビザ発給が11月開始決定の模様

公開日: : ビザ関連手続き


かねてより噂になっていた、タイ入国マルチプルビザの発行がようやく正式決定したようだ。

2015年11月13日から運用開始。
6ヶ月有効。
1回の入国での滞在期間は最大60日間。
出入りは複数回可能(マルチプル)。
ビザ代が5000バーツ。
すべての国籍に適用可能。

タイ外務省のフェイスブック投稿ページより

Thailand will soon grant multiple-entry visas to visitors to facilitate the forthcoming ASEAN Community and to boost Thailand’s tourism industry. The multiple-entry tourist visa (METV), costing 5,000 baht, will grant travelers multiple entries during a 6-month period, for up to 60 days per entry. All foreign nationals are eligible to apply for METV. Thailand’s METV will be available from 13th November 2015

FACEBOOKより

とりあえず、わかっている詳細は今のところ、これだけ。

http://lovepattayathailand.com/a-six-month-multiple-entry-visa-two-months-away/

などの英語サイトには、この新しいマルチプルビザでの滞在期間の延長が可能になるだろうと述べている。その他、いろんな考察が書かれているので、英語のみですが、ご一読を。

 

ノービザ入国での滞在期限延長に必要な書類が増えたことは、当ブログでもお知らせしたばかり。

関連記事:タイ・ノービザ入国30日滞在期間延長の必要書類が追加。最新手続き方法。

また、読者の方からの情報では、ノービザでの居住証明書の取得は不可能になったとのこと。

タイのイミグレーションの規則はころころ変わるのが常。
今回の発表も、本当に実施されるのかは当日になってみないとわからないというのが、正直な感想だ。

でも、O-Iスタンプを押されてしまったパスポートを持つ、わたしのようなタイリピーターには非常に嬉しいニュース。
もし本当に実施されれば、次回の訪タイでは、ビザの心配がいらなくなる。
5000バーツはすごく高いと思うが、やむを得ないかなとも思う。

タイに1ヶ月から2ヶ月の滞在、日本に2ヶ月くらい、またタイに1ヶ月から2ヶ月といった感じで、日本とタイを行ったり来たりで生活しているわたしには、ぴったりのビザである。できれば1年有効にしてほしい。

ただ、いくつか気になる点もある。

・そもそも、新しいマルチプルビザの取得は空港でできるのか?
これまで通り、ビザの取得はタイ国外の大使館や領事館のみとなれば、事前に入手する必要があり、それほどメリットがない。
逆に空港や陸路チェックポイントでのビザ入手が可能となれば、たとえ短期旅行者でも年に何回も訪タイしているリピーターに「5000バーツ払って、ビザを取れ」とその場で迫りそうな気もする。新手のビザ代稼ぎの手段となりうる。まあ、これはうがち過ぎかな。

・従来のツーリストビザはどう扱われるのか?
もし、シングルビザ1000バーツですむなら、これまで通りビエンチャンでツーリストビザを取得したほうが安上がりとなる。手間はかかるが、5000バーツと1000バーツでは大違いだ。

もし2ヶ月以上3ヶ月未満のタイ滞在だと、マルチプルビザの1回あたりの最大滞在日数が60日なので、どっちみち、一度タイ国外へ出る必要がある。それだったら、1000バーツのシングルビザを取得してから、タイ国内で1900バーツ払って、30日の延長申請をしたほうがいいということになる。これなら合計2900バーツ。

6ヶ月滞在の場合はどうか。
ダブルビザが2000バーツ。1回の滞在が60日で現地イミグレーションで30日の延長が可能。その後は、一度タイ国外へ出てから再入国することによって、2回目のビザが発動する。これでまた60日+30日となり、総合計180日だ。ダブルビザ代2000B、延長代1900B×2=3800B、合計5800バーツ。
これなら、新しいマルチプルビザのほうが安くなる。
ただし、マルチプルビザの最大滞在日数が1回あたり60日なので、180日滞在するなら、最低2回のビザランが必要となる。

 

とまれ、現時点であれこれ考えても、たぶんあまり意味はなさそう。
実際に施行されてから様子を見るのが一番かな。

ぬか喜びに終わりませんように。

SPONSOR LINK

関連記事

イミグレーション (12)

タイ、ノービザ入国での30日滞在期間延長申請のやり方。パタヤのイミグレーションオフィス。

現在、日本人がタイへビザなしで入国した場合の滞在期限は空路陸路問わずに30日。 今回、わたしは

記事を読む

ジョムティエンイミグレーション (2)

2016年5月最新版、タイ・ノービザ入国30日滞在延長申請方法@パタヤイミグレ。居住証明書の取り方も。

本日2016年5月3日、パタヤ・ジョムティエンにあるイミグレーションで、ノービザ入国での30日滞

記事を読む

ビエンチャンタイ大使館ビザ取得 (3)

ラオス・ビエンチャンでのタイ観光ビザ申請方法。2016年1月。

ビエンチャンで、タイの観光(ツーリスト)ビザを取得してきた。 システムが変わって、以前よりもわ

記事を読む

ウドンターニービエンチャン国際バス (1)

ウドンターニー発ビエンチャン行き国際バスの乗り方。始発に乗ればタイのビザ申し込み時間に間に合うのか?

ウドンターニーからラオスのビエンチャンへ移動するには、国際バスに乗るのが便利。 料金は80バー

記事を読む

バンコク銀行

タイで海外キャッシング。バンコク銀行でJCBカードを使えばATM手数料無料。

海外旅行で頭を悩ませる問題の一つが両替と現金の管理。 昔、バックパッカーを

記事を読む

pattaya-immigration-office-3

パタヤのイミグレーションで、タイノービザ入国30日滞在延長方法。2016年12月。

タイにノービザで入国した場合の滞在期限は30日。 イミグレーションで申請すれば、さらに30日の

記事を読む

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88_121716_011951_pm

タイ、ビザなし陸路入国は年2回まで。

2016年12月15日付けで、在タイ日本国大使館のHPにお知らせが掲示された。 大使館から

記事を読む

イミグレーション(7)

タイの居住証明書の取得方法。タイの運転免許証取得や銀行口座開設に必要。パタヤイミグレーション。(追記あり)

通常の旅行者には無用かもしれないけれど、熱心なタイリピーターならば、タイ現地での運転免許証や銀行

記事を読む

pattaya-immigration-6

タイ観光ビザ&ノービザを30日滞在延長する方法。パタヤイミグレーション、2016年9月最新情報。

タイ観光(ツーリスト)ビザの滞在期限は60日。 ノービザ入国の場合は30日。 どちらも、

記事を読む

東京タイ大使館HPビザ

タイのマルチプルエントリー観光ビザが取得できるのは日本国内だけ?

2015年11月13日から運用開始予定のタイ・マルチプルエントリー観光ビザ。 その発給要件が、

記事を読む

アドステア

Comment

  1. AOKI より:

    ●当ビザは諸外国にある各タイ大使館・総領事館等で申請・取得すること。

    ●従来の観光ビザのように30日延長できるのか?とか、国境ビザランでOKか?などはまだ分かりません。

    ●当ビザは6カ月毎に、連続して取れるのかどうかも不明です。

    ●60日滞在し、翌日に出国し、当日中に再入国するのもOKかどうか?も運用を見ないと分かりません。

    • pattayan night より:

      情報ありがとうございます。
      不明な部分が多すぎるんで、これからの情報待ちと、実際の運用次第ですよね。
      アライバル取得不可なのは、面倒ですね。

  2. 芽きゃべつ より:

    日本での取得となると 色々と面倒な書類が必要に成りそうですね、無犯罪証明書とか英文による残高証明書(公証役場で認証を受けて、外務省の認証印が必要)とか・・・・・
     すんなりと出してはくれないような気がいたします。
    現在の観光ビザでも日本で取ろうとすると必要書類が多いです。

    • pattayan night より:

      日本でビザを取得するのは諦めています。取れないことはなさそうですが、書類集めが面倒なんで、ビエンチャン行ったほうが楽です。2日かかりますけど。
      このマルチプルビザがどうなるかは、ほんと、様子見です。

アドステア

FRYDAY breakfast (6)
FRYDAYがブレックファーストを始めた。昼2時からなのに朝食とはこれいかに。

当ブログで頻繁に登場するFRYDAY。 ソイニュープラザにあるフ

Robin's nest guesthouse pattaya (16)
LKメトロ至近、ソイダイアナのロビンズネストゲストハウス宿泊レポート

ソイダイアナイン(普通は略してソイダイアナ)にあるロビンズネストに

Ekamai bus (2)
パタヤ沈没生活開始

パタヤ沈没日記1 (バンコクはトランジット滞在。テーメーとソイカ

Asoke noodle soup (4)
手作りルークチンが名物。アソーク・スクンビットソイ19のクイティアオ屋。

宿泊しているサムズロッジとBTSアソーク駅の間にクイティアオ屋を見

Bangkok bank ATM free coke (1)
バンコク銀行ATMで外国のクレジットカードを使うとコーラ1本プレゼント中

どうでもいいようなプチお得情報を一つ。 タイのバンコク銀行A

→もっと見る

PAGE TOP ↑