*

屋台の串かつとカノムトーキョー。パタヤに大阪と東京を見た。

公開日: : グルメレポート


ソイブッカオからソイエキサイト方面へ歩いていると、ふと気になる屋台に出くわした。
通り過ぎそうになったが、やっぱり引き返す。
こういった屋台は一期一会だ。その場を逃すと、二度と見つからないことがある。

どん!

串かつとカノムトーキョー (2)

どっからどう見ても串かつだろ、これは。
隣の鉄板で焼いているソーセージ的なものも気になるが、まずは目の前の串かつの山を処理したい。

屋台のおばちゃんに、「ニーアライ(これ何?)」と質問。
外国人の客が珍しいのか、おばちゃん、ちょっとテンパり気味。
ちょっと考えてから、「チキンチキン」と連呼していた。

なるほど、中身は鶏肉の串かつだな。

「アンラタオライ(一個いくら?)」
タイ語で質問しているのに、おばちゃんまたも考える。
ちょっと口ごもってから、「テンバー テンバー」と繰り返している。

一個、10バーツね。了解。

これは食べてみたい。
「アオソーン(2個ちょうだい)」

まさに大阪・新世界名物の串かつそのものだ。
こんなパタヤの片隅で大阪に遭遇できるとは。
大阪の串かつは豚肉を使うのが一般的だが、ここはタイランド。鶏肉でもマイペンライ。

ソースは二度づけ禁止ですよね、おばちゃん。
と、思いきや、おもむろにマヨネーズをぶっかけられた。

串かつとカノムトーキョー (3)

部屋にお持ち帰り。

串かつとカノムトーキョー (4)

がぶりと、かじる。
やっぱり、串かつだ。
どこをどう切り取っても、串かつ以外の何者でもない。
肉に卵と薄力粉をつけてから、パン粉をまぶして油で揚げる。
ちょっと衣が分厚すぎるが、立派な串かつである。

串かつとカノムトーキョー (5)

具が鶏肉のせいもあるだろうけど、マヨネーズが意外とマッチしている。
これは、普通にうまい。
うまくないはずがない。

関空を出発してから1週間ちょっとで、ふたたび大阪の味に出会えるとは思わなかったなあ。

これでソースがあれば完璧であった。
フレンドシップスーパーあたり購入したとんかつソースとウスターソースをブレンドして特製ソースを自作してやろうかと一瞬考えた。
そのブレンドソースで、ここの串かつを食べれば、もっとうまくなるはずだ。
ま、面倒なんで、マヨヨーズでいいですけどね。

わざわざ日本式居酒屋や日本食レストランへ行きたいとはまったく思わないけど、こんな屋台の串かつなら大歓迎です。

カノムトーキョー

串かつに目と心を奪われてしまったが、その隣の鉄板も気になっていた。

串かつとカノムトーキョー (1)

クレープのような生地の上にソーセージが乗っかっている。
これは、ひょっとして、カノムトーキョーでは?
いや、間違いなく、カノムトーキョーだ。

まだ調理途中なので完成形が見えないが、クレープ生地をソーセージ巻けば、できあがりのはず。

カノム=お菓子
トーキョー=東京

直訳すれば、東京お菓子となる。

関西人なので東京のことは詳しくないが、東京にこんなお菓子はないだろう。
噂では、東京に大阪焼きなるものがあるらしいが、大阪にはない。
スパゲッティのナポリタンはイタリアのナポリにはない。

話にきいたところ、カノムトーキョーは、ソーセージ以外にも練乳バナナをクレープでくるむことがあるそうだ。
どっちしろ、東京には売っていないお菓子だし、またパタヤでもほとんど見かけない。
パタヤの屋台でも東京クレープはよく見かける。これは、日本式のクレープ。中身は、チョコレートだったり練乳だったりバナナだったりと、まあ日本と似たようなもの。
あと、ロティと呼ばれるパンケーキ屋台も多い。

が、パタヤでカノムトーキョーは見たことがない。
ローカルタイ人のに聞いたところ、子どもが好きな食べ物なので、小学校前にはカノムトーキョー屋台が出没するそうだ。
パタヤでは、ソイアルノタイに大きな小学校があって、下校時にはそういったお菓子屋台が多数現れると言っていた。

ソイアルノタイの小学校
ソイアルノタイ小学校

 

結局、この屋台ではカノムトーキョーを購入せず。
とにかく串かつが気になったもので。

が、カノムトーキョーのことが忘れられず、数時間後ソイエキサイトへ引き返した。
しかし、おばちゃんの屋台はすでにいずこかへ立ち去っていた。
その後数日間、ブッカオ界隈を捜索したが、見つけることかなわず。

いつぞやの幻のカツカレー屋台と同じ道をたどるのか。

ああ、また串かつが食べたいぞ。
カノムトーキョーも食べてみたい。

勝手な推測だが、普段はソイアルノタイかどこかの小学校前で営業している屋台が、たまたま遠征してきただけなのではないかと。
1本10バーツの串かつも、いかにも子どもが買い食いしそうだ。
お母さんに20バーツくらい小遣いを渡された子どもが下校時の空腹しのぎについつい買ってしまうもの。
日本なら駄菓子屋だが、タイでは屋台となる。

が、串かつは子どもだけに食わすのはもったいない。
是非とも、パタヤのバービア群にも出没してほしい。
日本人なら即買いしますよ。おばちゃん、よろしく。

SPONSOR LINK

関連記事

モーファイ (1)

タイ料理のモーファイ(火鍋)は、大盛りの激辛トムヤムラーメンだった

以前、ワンタンスープで紹介したサードロードの屋台。 ここの売りは、モーファイ(火鍋)のようなん

記事を読む

ヌアヤーンとナムトックムーのダブル焼き肉丼

ヌアヤーンとムーヤーンのダブル焼き肉丼うまし

ある夜のこと。 食事中の友人たちから誘いを受ける。 食べきれないくらい量があるんで、食べに来

記事を読む

イエンターフォー (1)

イエンターフォーのうまいクイティアオ屋@パタヤタイ・ソイ16

イエンターフォーは、クイティアオのスープの一種。 ピンク色のスープが特徴的だ。 紅腐乳(タオ

記事を読む

queen-vic-breakfast-6

THE QUEEN VICのブレックファスト105バーツ@ソイハニー

セカンドロードのソイ11(ソイハニー)は、いかがわしい通りでもあり、長期滞在系ファランのたまり場

記事を読む

グラポプラー魚の浮袋スープ屋台 (3)

グラポプラー。魚の浮袋スープは、なんちゃってフカヒレスープのお味。

大きな寸胴から湯気が立ち上っている屋台を発見。 予想ではジョークかなあと思ってタイ人に質問して

記事を読む

i-rovers-pattaya-breakfast-3

ソイLKメトロ、i-roversのブレックファーストがうまい。スモール99B、大盛り129バーツ。

ソイLKメトロは、ファラン向けのゲストハウスが何軒も並んでいる。 1階部分はバー&レストランに

記事を読む

豚のトン焼 (1)

ししゃもフライと豚のタン。ミミガーも買えるよ@ブッカオ常設市場。

庶民の台所といえば、市場(タラート)。 パタヤの中心部では、パタヤタイのワットチャイモンコン向

記事を読む

ice-frost-bingsu-pattaya-6

パタヤで巨大かき氷。韓国式かき氷屋「ICE FROST」は噂通りの山盛りだった。

以前ちょろっとだけ日記に登場したはずの、かき氷屋「ICE FROST」。 パタヤタイのスクンビ

記事を読む

シーフードトムヤムスープクィティアオ屋 (3)

これはうまい。シーフード満載の海鮮トムヤムスープが絶品のクイティアオ屋。

少し前の沈没日記で取り上げたサードロードにあるクイティアオ屋。 満席で座れなかったり、

記事を読む

カオピヤック (1)

カオピヤック。ラオス版のクイジャプ、フォー、クイティアオ、もしくはうどん。

アジアといえば麺料理である。 日本、中国、タイ、ベトナム、いたるところで麺料理を食べることがで

記事を読む

アドステア

Comment

  1. サライ より:

    アルノタイ小学校近くにカノムトーキョー屋台が日中ほぼ常駐してますが、売り子はおっさんで、串カツもありません。串カツ、揚げたてであればオカズに買いたいです。一読者の勝手な希望ですが、希少な屋台など、電話番号を聞いて載せて頂けると非常にありがたいです。

    • pattayan night より:

      やはり、カノムトーキョーはアルノタイ小学校前に出ていますか。でも、串かつがないとすると、どこから来た屋台なんでしょうかね。
      串かつは、残念ながら揚げたてではないですね。鉄板は屋台についてますが、フライ鍋は見当たりませんでした。作りおきですね。それでも、衣がさくさくしておいしかったです。
      電話番号は、またしても聞き逃してしまいました。珍しい屋台に関しては、電話番号を聞いておくようにします。自分でもまた串かつ食べたいんで。
      あと、カツカレー屋台の捜索もしないとなあ。

  2. 猫大好きパパ より:

    大阪にある某有名串かつ屋より美味しそうですねw
    できたらあの深みのあるソースをバシャっとつけて食べてみたいです^^

    • pattayan night より:

      マヨネーズも意外といけますよ。
      おやつや、おつまみ用に最適です。

  3. ヨッシー より:

    ケチャップ好きの私なんですが、ケチャップソースは屋台では通じませんね・・。
    ソー マクアテート(トマトソース)と言わなければ出してくれません。
    ただ、これも声調の発音が悪いと通じないです。
     kraphao muu sap khaidaao は屋台で注文する私の定番ですね。
     khaidaaoにケチャップをかけるのが好きです。

    • pattayan night より:

      ハンバーガー屋台やケバブ屋台では普通にケチャップで通じるんですけどね。キィチャップみたいな発音になりますが。
      たしかに、マクアテートの発音は難しいですね。
      わたしは、カイダーオには問答無用でナンプラーをかけてます。ケチャップもおいしそうですね。
      ケチャップ好きなら、カオパットも、ケチャップ風味のアメリカンチャーハンにしてみてはいかがですか。
      マカロニ炒め(パットマカロニー)も、もろにケチャップ味ですね。意外とタイ人もケチャップ好きかも。

アドステア

p1170958
沈没日記スタート。まずはバンコク2泊から。

沈没日記1 最初に とりあえず、ここから今回の新しいパタヤ沈没日記

champaign-cyotes-2
オープン初日の新コヨーテクラブ、Champagne Coyotes(シャンペーンコヨーテ)@ソイLKメトロ

ソイLKメトロのソイダイアナ側にあるChampaignの横に、新しいコ

donmuang-airport-3
バンコク・ドンムアン空港深夜到着時の移動方法。タクシー利用でスクンビットまで。

フライトがディレイしたため、ドンムアン空港に到着したが午前0時20

kix-scoot-delay-3
関空発バンコク行きスクートが大幅ディレイ、関空で4時間暇をつぶした話

今回のタイ行きは、LCCのSCOOT便を利用。 理由は単純に安か

nana-burger-bangkok-2
今さらながら、あえてナナバーガーを食べる

ナナバーガー。 熱心なバンコクリピーターには説明不要。 ナナプ

→もっと見る

PAGE TOP ↑